無料ブログはココログ

« 孔子及び論語関係文献目録 | トップページ | 米騒動の日 »

2016年7月22日 (金)

ムーミンだけじゃない森と湖の国フィンランド

Photo   フィンランド共和国は、フィンランド語でスオミ(沼人の国)と呼ばれているように森と湖の国である。ナポレオン戦争の時代にロシアに併合されたが、ロシア戦争が起こると、1918年フィンランド共和国として独立した。初代首相はペール・スヴィンヒュー(1861-1944)。第一次、第二次とソ連・フィンランド戦争により、敗北し、8年間ソ連に賠償金を支払うことになった。フィンランドで代表的な料理はニシンを初め、サケ、タラなどの豊かな魚介類が料理の重要な材料となっている。バルト海で捕獲されるニシンをシラッカ、バルト海以外の海のものはシッリと区別している。複雑な料理はなく、軽く塩味をつけた生のニシン「クラーヴィシラッカ」を好んで食べる。偉人としては作曲家ジャン・シベリウス、小説家のフランス・エーミル・シランぺー。国花はスズラン。トーべ・ヤンソンの童話「ムーミン」は世界中の子供から愛されている。(Finland,Silakka,Kraavisilakka)

« 孔子及び論語関係文献目録 | トップページ | 米騒動の日 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 孔子及び論語関係文献目録 | トップページ | 米騒動の日 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31