無料ブログはココログ

« ハンカ湖を知っているか? | トップページ | デヴィ夫人とジャワ原人、そしてブンガワン・ソロ »

2016年7月20日 (水)

入り鉄砲に出女

   「入鉄砲に出女」 江戸に定住すべき大名の妻子が国もとに帰る(出女)と、逆に鉄砲が江戸に搬入される(入鉄砲)を厳禁したことを指すことばだが、とくに出女を厳重に取り調べた。武家の女だけではなく、一般女性まで「女改め」というしきたりがあり、「人見女」または「検見の婆」とよばれる役柄が設けられた。箱根の関所は、小田原藩士の妻女たちが「検見の婆」の役をつとめていたが、時代とともに、領内の百姓女房があたるようになり、彼女らは、職権をカサに、眼にあまる人泣かせをやったという。しぜん、それを切り抜けるには賄賂が必要であり、賄賂の額しだいでかなりの手心を加えたようである。関所には無気味な武器・捕獲道具が揃えてあり、女改めでは髪の毛まで解きほぐしたという。赤穂浪士の一人、矢頭右衛門七が母親をともなって江戸に向ったが、新居の関で母の手形がないのに気付き、あらためて大坂まで母を預けに引き返したという挿話は、関所のきびしさを物語っている。

« ハンカ湖を知っているか? | トップページ | デヴィ夫人とジャワ原人、そしてブンガワン・ソロ »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハンカ湖を知っているか? | トップページ | デヴィ夫人とジャワ原人、そしてブンガワン・ソロ »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31