無料ブログはココログ

« デヴィ夫人とジャワ原人、そしてブンガワン・ソロ | トップページ | 日本三景の日 »

2016年7月21日 (木)

ヘミングウェイ生家

Dsc00361

    アメリカ・イリノイ州オークパーク。シカゴから西へ約16㎞に位置するこの町は、1800年代後半に開発されたニュータウンである。レイ・クロック(マクドナルド創業者)、バローズ(類人猿ターザンの作者)、フランク・ロイド・ライト(帝国ホテルの設計者)などこの町ゆかりの有名人は多いが、なかでもアーネスト・ヘミングウェイの生家があることで知られる。へミングウェイは1899年7月21日、姉マーセリンに次いで2番目の子としてここで生まれた。最近この生家が52万5000ドルで売りに出されているらしい。

Eh2010060p
 写真左からマーセリン(姉)、マドレーヌ(妹)、父クラレンス・エドモンズ、母グレイス・ホール、アーシュラ(妹)、アーネスト(9歳)、1906年撮影

(Ernest Hemingway,Oak Park)

« デヴィ夫人とジャワ原人、そしてブンガワン・ソロ | トップページ | 日本三景の日 »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デヴィ夫人とジャワ原人、そしてブンガワン・ソロ | トップページ | 日本三景の日 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30