無料ブログはココログ

« フロリダとアダムズ・オニス条約 | トップページ | 「若気る」 この漢字読めますか? »

2016年7月10日 (日)

オマ―・シャリフの「ジンギス・カン」

  2015年7月10日、心臓発作のため83歳で死去した。映画「アラビアのロレンス」のオマ―・シャリフはエジプトに生れ、英語、仏語、アラビア語、ギリシャ語が話せる国際派スターだった。「ジンギス・カン」(1965年)を観る。エジプト人の彼がモンゴル人を演じるには違和感はある。妻のボルテはフランソワーズ・ドルレアック。ドヌーブの姉さん。「ベン・ハー」のメッサラで知られるスティーブン・ボイドがここでもライバル役。「邪魔者は殺せ」のジェームズ・メーソン。「刑事コジャック」のテリー・サバラスと出演者は多彩。夫人のボルテが略奪されるという話は、「元朝秘史」に見えることで、まったく荒唐無稽ということではない。西欧側が描いたジンギス・カンということで珍品で一見の価値あり。オマ―・シャリフの代表作は「ドクトル・ジバコ」だが、この作品と同年に作られているので彼の全盛期のものといえる。

« フロリダとアダムズ・オニス条約 | トップページ | 「若気る」 この漢字読めますか? »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フロリダとアダムズ・オニス条約 | トップページ | 「若気る」 この漢字読めますか? »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31