無料ブログはココログ

« 異説日本史 | トップページ | 日ハム、広島独走 »

2016年7月 9日 (土)

道は近きにあり

   ある僧が趙州和尚に向かって「如何なるか是の道」と問うたところ、趙州が答えていうには「墻外底」(墻の外を見よ)、おぬしそこを通って来たろう、あれが即ち道じゃ、ということであった。それで僧が改めて「這箇の道を問わず」いや、私はそんな道を尋ねているのではありません、大道を尋ねておるのですというと、趙州曰く、「大道、長安に通る」そうか、大道なら長安に通っておるよ、と言ったという話がある。

つまり、「春は何処、春は何処」と草鞋ばきで一日中あちこち尋ねまわったが、一向に花にもめぐり会わない。それで疲れきった足を引きずってわが家にかえってみると、ふとよい香りがして、見れば庭の梅の木に花が咲いていた。春はまさにここにあったのである。

「道は近きにあり、然るにこれを遠きに求む」孟子離婁上「道在邇而求諸遠」人が追い求める理想は手近な日常生活にこそあるものだが、人は理想が現在とはまったく遠く離れたところにあると思い込み、結果遠回りしてしまう。この逸話の趙州和尚とは唐末の禅僧、趙州従諗(じょうしゅうじゅうしん)のこと。メーテルリンクの劇「青い鳥」も人間は幸福を遠くに求めたがるが、それは実はわれわれの身辺にあることを述べている。

« 異説日本史 | トップページ | 日ハム、広島独走 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 異説日本史 | トップページ | 日ハム、広島独走 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31