無料ブログはココログ

« コーヒーの語源 | トップページ | ふみの日 »

2016年6月23日 (木)

江戸の拷問「石抱き」

Img_959149_17627361_1   江戸時代の裁判は、物的証拠がそろっていても、被疑者の自白をとりつけねばならなかった。そのためさまざまな拷問がエスカレートしていく。「鞭打ち」から始まって「石抱き」「海老責め」「釣責め」「吊るし責め」「逆さ釣り」「水責め」「ぶりぶり」などの拷問がある。なかでも「石抱き」がよく時代劇などに登場するが、想像以上にすさまじい拷問である。三角形の木材が並ぶ(算盤板)上に座らされ、重さ50キロもの石板をその膝の上に乗せる。明治大学刑事博物館(東京都千代田区神田駿河台)には常設の拷問・処刑具が展示している。とりわけ「ギロチン」「ニュルンベルクの鉄の処女」は、日本でここしかない展示資料だ。目をそむけたくなる拷問具の数々は、法と人権の大切さを教えてくれる。

« コーヒーの語源 | トップページ | ふみの日 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コーヒーの語源 | トップページ | ふみの日 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31