無料ブログはココログ

« 福沢諭吉「演説のすすめ」 | トップページ | 中国関係図書文献目録 »

2016年6月27日 (月)

中村震太郎殺害事件 

Img_   昭和6年6月27日、農業技師になりすました中村震太郎(1897-1931)は、チチハル在住の井杉延太郎予備役曹長とともに興安嶺方面を密偵していた際、中国軍にスパイ行為として捕縛され殺害された。関東軍は、この事件を満州における武力発動の口述にしようとしていた。驚いた中国側は、9月18日、殺害責任者・関玉衡中佐らの取り調べを始めることを告げたが、すでに遅かった。その日の夜半、関東軍は奉天北方約8kmにある柳条湖付近の満鉄線を自ら爆破した。関東軍は自衛のための行動と称して、満鉄沿線一帯にわたって行動をおこし、その日のうちに、長春、四平衡、奉天などの中国軍を攻撃してこれを占領した。これが満州事変のはじまりとなった。なお事変の発生地として伝えられた柳条溝は元来「柳条湖」であって、ニュース伝達のさいに誤まり伝えられてその後定着してしまったものである。

(参考:鶴栖登里「中村大尉虐殺事件秘聞」改造13-10 昭和6年、小柴壮介「中村大尉遭難事件」文芸春秋臨時増刊 昭和の三五大事件 昭和30年8月)

« 福沢諭吉「演説のすすめ」 | トップページ | 中国関係図書文献目録 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

戦争は2度とごめんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福沢諭吉「演説のすすめ」 | トップページ | 中国関係図書文献目録 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31