無料ブログはココログ

« ミッドウェー海戦 | トップページ | 世界地名インデックス、アアラ島、アアルスメール »

2016年6月 5日 (日)

勝者と敗者の美学

   元ヘビー級世界王者モハメド・アリが3日アリゾナ州フェニックスの病院で死去した。30年以上にわたりパーキンソン病を患っていたことはよく知られていた。通算成績は56勝5敗だが、つねに勝利者という印象がある。日本でのアントニオ猪木との試合は引き分けという結果だった。アリは最初カシアス・クレイと呼んでいた。日本にもカシアス内藤というボクサーがいた。沢木耕太郎は彼をモデルに「一瞬の夏」を書いた。アリと1971年に対戦したジョー・フレージャーは5年前に死去している。ベトナム戦争とともにカシアス・クレイの名前はその時代を生きた人の記憶に強く残っている。

« ミッドウェー海戦 | トップページ | 世界地名インデックス、アアラ島、アアルスメール »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミッドウェー海戦 | トップページ | 世界地名インデックス、アアラ島、アアルスメール »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31