無料ブログはココログ

« 檸檬の話 | トップページ | 「ローマの休日」トリビア2題 »

2016年6月24日 (金)

心が折れる

   心の支えを失い、意欲がなくなる際の精神状態を表わす言葉として「心が折れる」と広く使われるようになったのは1990年代になってからのことである。そのルーツは「女子プロレス伝説の試合」にあった。1987年7月18日、神奈川県の大和車体工業体育館でのジャパン女子プロレスの一戦。神取しのぶ対ジャッキー佐藤。試合後、勝った神取のインタビュー時に「心が折れる」という言葉が誕生した。井田真木子著「プロレス少女伝説」によると「あの試合のとき、考えていたことは勝つことじゃないもん。相手の心を折ることだったもん。骨でも、肉でもない、心を折ることを考えてた」という神取の発言が残っている。

« 檸檬の話 | トップページ | 「ローマの休日」トリビア2題 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 檸檬の話 | トップページ | 「ローマの休日」トリビア2題 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31