無料ブログはココログ

« ローマ教皇を狙撃したテロリストは今どうしている・・・ | トップページ | つくられた英雄「アラビアのロレンス」 »

2016年5月13日 (金)

芭蕉と平泉

Img_2

   藤原清衡が平泉に中尊寺金色堂をつくったのは1124年で、松尾芭蕉が憧れの平泉にたどりついたのは元禄2年5月13日(陽暦6月29日)のことで565年後であった。高館に登って一望すると、武士の夢の跡の儚さが感じられる。高館にたてこもった源義経は、応戦むなしく自刃。享年31歳であった。山頂には義経堂が建てられ木像が祀られている。

    高館の丘を下り、中尊寺へと向かうと、金色堂と経堂の二つだけを残して、その他は一面の廃墟であった。さぞかし荒れ果てた景色に芭蕉は涙をおとしたことだろう。明治以後、中尊寺の金色堂が再建された。金色堂内陣には、本尊阿弥陀如来、その前には蓮を持った観音・勢至菩薩、左右に三体ずつ六地蔵が立つ。最前列に持国天と増長天。須弥壇の中央に初代清衡、向かって左に二代基衡、右に三代秀衡の遺骸が納められている。

  夏草や 兵どもが 夢のあと

   五月雨に降り残してや光堂

« ローマ教皇を狙撃したテロリストは今どうしている・・・ | トップページ | つくられた英雄「アラビアのロレンス」 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

(*゚∀゚)=3 ムッハー!!松尾芭蕉と平泉・・つわもの達の夢・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ローマ教皇を狙撃したテロリストは今どうしている・・・ | トップページ | つくられた英雄「アラビアのロレンス」 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31