無料ブログはココログ

« 中島孤島「こども世界歴史」 | トップページ | モンタナ生れのゲーリー・クーパーとマーナ・ロイ »

2016年5月 6日 (金)

飛龍頭

  がんもどき(雁擬)。豆腐をくずして中に細かく切った野菜・麻の実などを入れて油で揚げたもの。関東で「がんもどき」、関西で「飛龍頭(ひりょうず)」といった。飛龍頭の語源はポルトガル語の fillhoses で、「ひりうず」とか、「ひろうず」とよんだ料理をあて字したもの。もともとは南蛮渡りの油菓子の名称であったのが、元禄のころにはすっかり日本化して、精進料理の揚げ物の名になっていったようである。

« 中島孤島「こども世界歴史」 | トップページ | モンタナ生れのゲーリー・クーパーとマーナ・ロイ »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中島孤島「こども世界歴史」 | トップページ | モンタナ生れのゲーリー・クーパーとマーナ・ロイ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31