無料ブログはココログ

« リバイバルと名曲カバー | トップページ | 「ア」 事項索引インデックス »

2016年5月14日 (土)

カエサル暗殺

800pxcesarsa_mort
 「カエサルの死」  ヴィンチェンツォ・カムッチーニ画

  スペインの研究チームがカエサルの暗殺された場所を特定したという。ローマ中心部のトッレ・アルジェンティーナ広場の一角。「ブルータス、お前もか」 シェイクスピアの芝居、「ジュリアス・シーザー」で有名なこの言葉が本当に史実かどうかはさておき、シェークスピアより先に芝居で使われていた名セリフだそうだ。歴史家カッシウス・ディオは「暗殺者がいっせいにおそいかかったため、カエサルは言葉を発することも抵抗することもできずにたおれた」という伝承がもっとも真実に近いとしている。

   ブルータス、正式名はマルクス・ユニウス・ブルートゥス(前85頃ー前42)。暗殺事件当時、母親のセルウィア・カエピオニスはカエサルの愛人だった。父はブルトゥスが幼い頃に死んでおり、彼はカエサルを父親代わりに育ったといわれる。カエサルもクレオパトラとの間にできたカエサリオン以外、子宝にはほとんど恵まれなかったので、彼を可愛がったといわれる。フィリッピの戦いで死んだブルトゥスの遺灰は母セルウィアの元に届けられた。彼女の晩年については歴史は何も記していない。(Caesar,Largo di Torre Argentina) 参考:毛利晶「カエサル 貴族仲間に嫌われた英雄」世界史リブレット人007 山川出版社 2007

« リバイバルと名曲カバー | トップページ | 「ア」 事項索引インデックス »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リバイバルと名曲カバー | トップページ | 「ア」 事項索引インデックス »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31