無料ブログはココログ

« ツルチック | トップページ | 葛城襲津彦 »

2016年5月30日 (月)

活字メディアの終焉

201111080125401317  北海道で一番古いといわれる小樽市の工藤書店が閉店した。同店は明治36年に開業し、伊藤整の小説「若い詩人の肖像」の中にも実名で出てくる。ブック・オフなど新古書店で文学全集が一冊百円で売られるのをみて、紀田順一郎は「教養の時代は終わった」と嘆いた(読売新聞2000.6.13)。多くの親は将来子どもが読むだろうと思って定期購読を書店に申し込んでいた。世の親たちが「将来、わが子が本を読むことなどありえない」と思うようになったとき、全集の時代も教養の時代も、あっさりと終わりを告げた。「出版は天下の公器である」 出版物販売額は1996年をピークに減少傾向にある。書店数はバブル経済崩壊後の1992年が2万2500店であったが、2015年には1万3488店と9012店の書店が減少した。このような活字メディアの急激な衰退は諸外国も同様なのか、日本だけの現象なのか私は知らない。テレビのCMなどをみてもスマホばかりだが、どうも日本人は流行に敏感だが、短慮の傾向があるように思えてならない。

« ツルチック | トップページ | 葛城襲津彦 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツルチック | トップページ | 葛城襲津彦 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31