無料ブログはココログ

« 間違いやすい熟語 | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

2016年5月30日 (月)

南北戦争と奴隷解放

Slaves

   1619年8月、バージニアの植民地が、オランダ商船から20人の黒人奴隷を購入。ここに、長きにわたる黒人の悲劇の歴史が始まった。1862年9月22日、米大統領リンカン(1809-1865)は奴隷解放予備宣言を布告した。これによって、翌年1月1日を期して約400万人の黒人奴隷に自由が与えられた。しかし、この宣言は南部の多くの奴隷には適用されていない。アメリカ全土の黒人奴隷が、事実上解放されるのは、1865年12月18日、憲法修正第13条が成立してからである。それはリンカン暗殺の8ヵ月後のことである。

   南北戦争は、はじめ南軍が優勢で、首都ワシントンは二度もあやうくなったが、リンカーンの考えていたとおり、「奴隷解放宣言」によって、国際関係に好影響を与え、イギリスやスペイン・フランスの干渉の動きはなくなり、南部の黒人奴隷や白人下層民が反乱をおこし、北軍は勝利をにぎることができたのである。

Slaveship01s Slaveship_picture1奴隷船

« 間違いやすい熟語 | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 間違いやすい熟語 | トップページ | 何でも知って、何でも考えよう »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30