無料ブログはココログ

« 天皇プラカード事件 | トップページ | 中国史関係文献目録 »

2016年5月19日 (木)

明治のスクイズ

Ngy201107180071

   巨人の川相監督代行の采配が面白いように的中し、原監督が不在の期間、4勝1敗で乗り切った。川相といえば現役時代、バントの名手として知られた。通算533本の犠牲バントはギネス記録。そのうちスクイズは何本あるのか。スクイズとしての記録は残らないそうだが、確認できるのは1991年5月19日広島戦の1回のみ。

   スクイズという戦法はいつ頃から使われたのだろうか?なんと明治からあった。明治39年10月、長野師範で行われた長野県の第5回連合運動会において、松本中学と上田中学の試合で、松本中学の大沢選手が試みたスクイズが日本初である。(参考:森岡浩「高校野球がまるごとわかる事典」 2005年) squeeze

« 天皇プラカード事件 | トップページ | 中国史関係文献目録 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天皇プラカード事件 | トップページ | 中国史関係文献目録 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31