無料ブログはココログ

« 中国と日本で意味が全く異なる漢字 | トップページ | 最近あまり読まれなくなった昭和の作家たち »

2016年5月23日 (月)

スイカの話あれこれ

20140728142719   沖縄が梅雨入りしたが、夏はもうすぐ!そこまでやってきている。夏の風物誌と言えば「スイカ」である。日本では昔からスイカに塩を掛けて食べるが、なんと中国人は砂糖を掛けて食べる。最近、海外でも日本式のスイカの食べ方が美味しいと評判となっている。▽スイカは日本列島、北海道から九州までとこでも作られる。収穫量の日本一は熊本県。北海道当麻町の「でんすけすいか」は一玉35万円するものがある。▽スイカは室町時代に伝わったが、庶民にまで広まったのは江戸時代1770年以降である。品質もよくなく、また人の生首のようで、気味の悪い食べ物とされていた。かぶりついて食べるのは、娘としてははしたない。だから、娘はスイカを食べるとき苦労する。「西瓜食う娘の口のむずかしさ」▽福井特産「金福すいか」は光沢のある黄色いスイカ。

20130213203934a91s

« 中国と日本で意味が全く異なる漢字 | トップページ | 最近あまり読まれなくなった昭和の作家たち »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国と日本で意味が全く異なる漢字 | トップページ | 最近あまり読まれなくなった昭和の作家たち »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31