無料ブログはココログ

« 「人生不可解」 藤村操、華厳の滝に投身自殺 | トップページ | 水戸黄門の「黄門」とは何か? »

2016年5月22日 (日)

雨に濡れた東京タワー

  2012年のこの日、東京の新ランドマークとして東京スカイツリーが開業した。地上634mは世界一の高さである。タワーの足元には東京ソラマチという300を越える商業施設がある。「スカイツリーは雲の上」(さくらまや)、「夜空のスカイツリー」(西郷輝彦)、「東京スカイツリーの歌」(みどりこ)、「東京スカイツリー音頭」(相原ひろ子)と、スカイツリーを題材にした歌謡曲もあるが、あまり耳にしたことはない。韓国人歌手チェウニは東京をテーマとした曲をこれまで歌ってきた。新曲は「ガラスの東京タワー」。でもなぜか東京タワーを歌った曲はヒットしないというジンクスがある。通天閣なら村田英雄「王将」という大ヒット曲がある。なぎら健壱「東京タワー」、角松敏生「Tokyo Tower」、松任谷由実「手のひらの東京」、CHAGE 「トウキョータワー」、美空ひばり「東京タワー」、池田聡「東京タワーを消せるなら」、アグネス・チャン「東京タワーを鉛筆にして」など多数あるが歌うことすらできない。あまりに有名な観光スポットであるため、ベタになり映画、小説、流行歌になりにくいのだろうか。でも最近は江國香織の小説でちょっと事情が変わってきたようだ。「世の中でいちばんかなしい景色は雨に濡れた東京タワーだ」という書き出しで物語ははじまる。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」でも東京タワーは重要な役割を果たしていた。完成から半世紀を経て歴史的建造物となって風格がでてきたのだろうか。高さ333m。内藤・日建設計。内藤多仲(1886-1970)の設計による。(5月22日)

« 「人生不可解」 藤村操、華厳の滝に投身自殺 | トップページ | 水戸黄門の「黄門」とは何か? »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「人生不可解」 藤村操、華厳の滝に投身自殺 | トップページ | 水戸黄門の「黄門」とは何か? »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31