無料ブログはココログ

« 百恵と不入斗 | トップページ | 長篠の戦いと松平信康 »

2016年5月21日 (土)

津山三十人殺し

    昭和13年5月21日、岡山県西加茂村の貝尾・坂元集落で失恋青年が銃刀で30人を惨殺するという前代未聞の残虐な犯罪があった。犯人は都井睦雄という21歳の秀才の青年だったが、結核を患っていた。「阿部定事件以上のどでかいことをしてやる」と友人にもらしていた。犯行は計画的で遺書を残して自殺しているが、関係者がすべて死んだため詳細は不明な部分も多い。以後、横溝正史「八つ墓村」や西村望「丑三つの村」などの題材に使われることも多い。

« 百恵と不入斗 | トップページ | 長篠の戦いと松平信康 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 百恵と不入斗 | トップページ | 長篠の戦いと松平信康 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30