無料ブログはココログ

« 津山三十人殺し | トップページ | 野口英世の言葉 »

2016年5月21日 (土)

長篠の戦いと松平信康

Obj09    1575年のこの日、織田信長、徳川家康連合軍と武田勝頼とは、三河国南設楽郡(愛知県新城市)の長篠城と、その西南の設楽原で激突した。信長が用意した3000挺の鉄砲が勝敗を分けた。徳川家康の長男、松平信康はこのとき初陣で16歳。その戦いぶりを敵将勝頼は「かの小冠者長生せば必ず天下に旗を立つべし」と評したという。4年後、武田と内通したと信長に問責され自害する。(5月21日)

« 津山三十人殺し | トップページ | 野口英世の言葉 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

信長は、天下人となる資質を見抜いて、切腹させたのでしょうか。

長男信康が生きていて德川二代将軍になっていたならば、また違っていたかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 津山三十人殺し | トップページ | 野口英世の言葉 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30