無料ブログはココログ

« ロバート・キャパ | トップページ | 広辞苑記念日 »

2016年5月25日 (水)

江戸の渡来象ブーム

Photo_2

    1729年、海をわたって2頭の像が交趾(ベトナム)からやってきた。貿易商人の鄭大成が徳川吉宗の命で中国船で輸入したのだ。うち1頭は病死したが、残るオス1頭は享保13年(1728)3月、長崎を出発、4月26日には伏見から京都に入った。「爵位のない者が宮中に入つた例はない」「では象に従四位の位を授けよう」となり、28日に叙されたうえで、中御門天皇、霊元上皇に拝謁した。その後29日に京都をたち、東海道を下って、5月25日江戸に到着した。初めてパンダが来日したときのような江戸のフィーバーぶりだった。そして5月27日には将軍吉宗と対面した。象は浜御殿で13年間生活し、1741年4月に、多摩郡中野村(東京都八王子市)の源助にお預かりとなる。4月28日を「象の日」と制定されている。

« ロバート・キャパ | トップページ | 広辞苑記念日 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロバート・キャパ | トップページ | 広辞苑記念日 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31