無料ブログはココログ

« 並木宗輔作「苅萱桑門筑紫のいえずと」 | トップページ | 堀辰雄と眼鏡 »

2016年5月28日 (土)

在原業平の墓

20080619162620

    880年のこの日、在原業平の忌日。京都西郊の十輪寺(西京区大原野小塩町)には在原業平の墓と伝えられる宝篋印塔がある。十輪寺は850年に創建され、業平の隠棲地。

Heian39   実はもうひとつの業平の墓がある。十輪寺から少し離れたところに3基の五輪塔がある(大原野上羽町)。中央の大きな塔が業平の母・伊都内親王の墓、右側が父・阿保親王の墓、左の小さな五輪塔が業平の墓である。なお阿保親王墓は兵庫県芦屋市にある。(5月28日)

« 並木宗輔作「苅萱桑門筑紫のいえずと」 | トップページ | 堀辰雄と眼鏡 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 並木宗輔作「苅萱桑門筑紫のいえずと」 | トップページ | 堀辰雄と眼鏡 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31