無料ブログはココログ

« 子育ての費用 | トップページ | 夏は文庫本で! »

2016年5月19日 (木)

吉沢独陽

  芦屋裏山

識らず知らずに 来は来てみたが

さるとりいばらの 赤い実が

ぽつりぽつりと あるばかり

遠い昔の おもいでに

雑木林の細道の 空の深さよせつなさよ

Img_0008     吉沢独陽(1903-1968)。本名は吉沢舛男。信州伊那市の生まれ。大正5年に上京。神田神保町の古本屋で丁稚奉公のかたわら、明治薬学専門学校に学び、薬剤師の免許をとり、ラジウム製薬会社(錠剤工場)を創設。大成中学校の講師を兼任。関東大震災の後、芦屋に移る。芦屋市西山町18に聖樹薬局(聖樹薬詩園)を経営。戦前、日本詩壇を創刊。さらに戦後は、「聖樹」を坂本勝と共に刊行(日本詩人クラブ、日本文芸協会に所属)芦屋在住40年余りの間、登山にうちこみ日本アルプスに70余回、芦屋の裏山は我が庭も同然だった。昭和43年死去。昭和5年5月19日に生田春月は瀬戸内海に投身自殺する2日前に吉沢独陽を訪ねている。折り悪く吉沢が留守だったので、春月は自分の写真を一枚置いていった。著書に「地に潜る虫」(昭和3年刊、序・白鳥省吾、富田砕花)がある。

« 子育ての費用 | トップページ | 夏は文庫本で! »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントします。

色々なことをよくごぞんじのようですが、吉沢独陽について何か知っておられることがあれば、またブログに載せていただきたいな…と思いまして…

お便りありがとうございます。吉沢独陽は地元では薬局屋の御主人として知られているが、実は関西では有名な詩人だったんですね。「日本詩壇」(昭和8年創刊)の編集委員として活躍していた。死後、蔵書の中から全国の同人誌千点が大切に保管されていたそうです。これからも注意して調べてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子育ての費用 | トップページ | 夏は文庫本で! »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31