無料ブログはココログ

« アレクサンダー大王とブーケファラス | トップページ | 津田三蔵のトラウマ »

2016年5月11日 (水)

ヘンミ計算尺

Photo   計算尺は海外では17世紀に発明されていたが、日本では算盤が普及していたためあまり注目されなかった。1894年、ドイツ製マンハイム計算尺を近藤虎五郎(内務省土木課長)と広田理太郎(工学博士,1865-1935)が留学先から持ち帰ったのが初めとされる。1895年、逸見治郎(1878-1953)がマンハイム計算尺をもとに試作品を始める。1903年、孟宗竹を使った合板による計算尺完成。1912年5月11日、ヘンミ計算尺の特許を取得。

« アレクサンダー大王とブーケファラス | トップページ | 津田三蔵のトラウマ »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アレクサンダー大王とブーケファラス | トップページ | 津田三蔵のトラウマ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31