無料ブログはココログ

« 虎の巻 | トップページ | 「エクレア」おもしろ雑学事物起源 »

2016年5月 5日 (木)

深沢七郎と今川焼

320x320_rect_5231659   「楢山節考」「笛吹川」で知られる深沢七郎は話題に事欠かない作家だった。とくに「風流夢譚」は主人公がバスの車中で見た夢のなかで、天皇皇后の首のない胴体を見たという箇所がある。世間では「皇室の名誉を毀損する」と大々的な批判がおこり、中央公論社社長の嶋中邸が右翼青年に襲われる。この小説の影響で深沢は2年間にも及ぶ逃亡生活を強いられる。そして1965年に埼玉県に農場を開き話題も多かった。1971年には東京墨田区東向島の曳舟駅近くで今川焼「夢屋」を開店した。ところが夢屋の入っている建物の3階に住む女性が窓から水を捨てたところ、それが誤って客にかかってしまった。激怒した深沢は彼女を殴り、傷害罪で逮捕・書類送検されてしまった。ちなみに今川焼という小麦粉でアンコを包んだ菓子は、戦国大名の今川義元とは何の関係もない。江戸の神田に今川橋というのがあり、そこで売っていたことからついた名前である。

« 虎の巻 | トップページ | 「エクレア」おもしろ雑学事物起源 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 虎の巻 | トップページ | 「エクレア」おもしろ雑学事物起源 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31