無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月31日 (火)

髙杉晋作

 ♪六十余州を揺り動かして 菊を咲かせる夜明けが近い 望むところだ幕末嵐 剣をつかんで ゆくぞ高杉晋作が♪

 子供のころよく聞いた歌で「ゆくぞ高杉晋作が~」のフレーズは印象的だ。YouTubeで三波春夫の歌だと分かった。ドラマは宗方勝巳主演の「高杉晋作」(1963)。

   幕末動乱期、髙杉晋作の行くところ、つねに風雲を呼ぶというありさまだった。上海に行けば、相談もなしに軍艦を買いつけてくる。その始末がつけば、すぐ品川御殿山でイギリス公使館の焼打ちを指導する。かと思うと頭を剃って十年の暇を願い出る。下関で外艦を迎え撃つ命をうけると、町人百姓などの身分をとわない奇兵隊をつくる。しばらく藩主の側にあったかと思うと、もう脱藩している。髙杉晋作のとっておきの逸話を一席。下関攘夷の罪で謹慎中の晋作であったが、急遽、許されて外交交渉の矢面に立たされる羽目になった。敗戦の講和となれば、賠償金を出せ、領土をよこせといわれるにきまっている。そこをどう切り抜けるか、各国公使の前で、晋作は、「魔王のように傲然と構えていた」と、外国側の記録に書かれている。談判がすすみ、賠償金の要求が出されると、これは幕府の責任であるとして相手にせず、彦島を租借させろという問題が出ると、彼は大演説を始め、通訳を困らせた。このとき彼は、日本の歴史を初めから喋って、相手を煙に巻いてしまったのだ。こうして、藩は一文の賠償金も払わず、土地も奪われずに、難局を切り抜けることができたのである。

数字の暗記が苦手

   ロザンの宇治原史規は歴史年号をスラスラと言える。女優の清水冨美加は円周率100桁まで言えるという。世の中には暗記を趣味とする人もいるらしい。わたしは暗記や記憶が苦手で自分の家の電話番号や郵便番号、暗証番号を記憶するのが精一杯で、ほかの事柄は脳味噌の容量ないのか記憶できない。世界史年号で暗記しているのは「イヨクニ」だけである。コロンブスが新大陸を発見。1492年「地球は丸い、いよー国だ!(1492)」 トスカネリの地球球体説にヒントを得て、スペインのイザベラ女王の援助を受けて新航路に船出し、1492年に西インド諸島のサン・サルバドル島に到達した。しかしコロンブス自身は最後まで新大陸であることに気づかなかった。

「に」 ファースト・ネームから引く人名一覧

Nickolauscopernicus06    ポーランド出身の天文学者ニコラウス・コペルニクスは天動説を覆す地動説を唱え、近代天文学の出発点となった。

ニキ・ラウダ
ニキータ・フルシチョフ
ニキータ・ミハルコフ
ニコラ・サルコジ
ニコラ・プッサン
ニコラ・ポール・ステファヌ・サルコジ・ド・ナジ
ニコライ・オガリョフ
ニコライ・コンドラチェフ
ニコライ・ドミートリエヴィチ・コンドラチェフ
ニコライ・ドルジーニン
ニコライ・ブハーリン
ニコライ・ブルガーニン
ニコライ・ぺトロヴィチ・レザノフ
ニコライ・ベルジャーエフ
ニコライ・ポドゴルヌイ
ニコラーイ・オストロフスキー
ニコライ・ネクラーソフ
ニコライ・リムスキー・コルサコフ
ニコライ・ルカビシュニコフ
ニコライ・レザノフ
ニコライ・ロバチェフスキー
ニコライ・ワシリエビチ・ゴーゴリ
ニコラウス・クザーヌス
ニコラウス・コペルニクス
ニコラエ・チャウシェスク
ニコラス・ケージ
ニコラス・ホールト
ニコーラス・マース
ニコール・カルファン
ニコール・キッドマン
ニコロ・パガニーニ
ニッキー・リード
ニック・ノールティー
ニッコロ・マキァヴェリ
ニナ・フォック
ニナ・リッチ
ニニ・ロッソ
ニーノ・ロータ
ニール・アームストロング
二ール・ジョーダン
二ール・セダカ
二ール・ダイヤモンド
ニルス・アドルフ・エリク・ノルデンショルド
ニールス・ヘンリク・ダヴィド・ボーア

Original
   ニコール・カルファン

ホタルはなぜ光る?

1182435921    ホタルは世界に約2000種、日本には約50種類がある。そのうち発光するのはゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメホタルなどの8種類に限られている。成虫の発光は種類を確認し、相手を呼びよせる信号として交尾行動に重要な意味をもっている。発光器にルシフェリンという発光物質があり、酸素と結びついて化学反応することで光る。その化学反応を触媒するのが発光酵素ルシフェラーゼで、これがホタルの種類によって異なるので、光の色もホタルの種類によって様々になる。雄・雌の両方が光る。(luciferin,luciferase)

2016年5月30日 (月)

南北戦争と奴隷解放

Slaves

   1619年8月、バージニアの植民地が、オランダ商船から20人の黒人奴隷を購入。ここに、長きにわたる黒人の悲劇の歴史が始まった。1862年9月22日、米大統領リンカン(1809-1865)は奴隷解放予備宣言を布告した。これによって、翌年1月1日を期して約400万人の黒人奴隷に自由が与えられた。しかし、この宣言は南部の多くの奴隷には適用されていない。アメリカ全土の黒人奴隷が、事実上解放されるのは、1865年12月18日、憲法修正第13条が成立してからである。それはリンカン暗殺の8ヵ月後のことである。

   南北戦争は、はじめ南軍が優勢で、首都ワシントンは二度もあやうくなったが、リンカーンの考えていたとおり、「奴隷解放宣言」によって、国際関係に好影響を与え、イギリスやスペイン・フランスの干渉の動きはなくなり、南部の黒人奴隷や白人下層民が反乱をおこし、北軍は勝利をにぎることができたのである。

Slaveship01s Slaveship_picture1奴隷船

間違いやすい熟語

   百科事典と国語辞典。同じ音の「じてん」でも、事柄を説明した事典とことばを説明した辞典では漢字の使い方が異なる。花嫁修業を花嫁修行とよく誤る。傷害保険と障害物競走。過少申告と過小評価。絵画鑑賞と演劇観賞。証拠物件と担保物権。選挙公報と公聴広報。固体燃料と個体概念。保健所と生命保険。民俗芸能と民族紛争。排水工事と工場廃水。門戸開放と奴隷解放。夏季休暇と夏期講習。あ~あ、ややこし、ややこし。

間違いやすい英単語 

   英語にはよく似た英単語があります。たとえば、dessert と desert。sが2つあるのが食後のアイスクリームなどの「デザート」。desertは「見捨てられた場所、砂漠」です。ヒットポップのラップは rap。食品を保存するときのラップは wrap。「フリーマーケット」のフリーは free(逃れる)ではなく、蚤を意味する fleaである。peace と piece も両方とも発音は「ピース」だが、意味は全然違う。peace は「平和」を意味するが、pieceは a piece of cake ケーキ一切れ。

dare(大胆である) dear(いとしい) deer(シカ)

flower(花) flour(小麦粉)

hair(髪) hare(野ウサギ)

pole(棒)  poll(投票)

principal(校長) principle(原理・原則)

sew(縫う)  sow(種をまく)

steal(盗む)  steel(鋼鉄)

week(週)  weak(弱い)

葛城襲津彦

  韓国の女性には美人が多い。なかでも慶尚北道の大邱(テグ)は美人が多いといわれる街である。大邱から約60㎞離れたところにある慶州はかつての新羅の都があったところである。この話は神功皇后の三韓征伐の時代で、古代朝鮮の話であるがやはり韓国美人が登場する。

   葛城襲津彦(はかつらぎのそつひこ)は武内宿禰の子とも伝えられ、「日本書紀」に登場するが、「百済記」にも伝えるところから、だいたい4世紀後半から5世紀前半の実在の人物と考えられる。朝鮮半島の戦いで数々の武勲をあげた将軍だった。応神天皇のとき、新羅が朝貢を怠ったので、葛城襲津彦は新羅へ討伐に向かう。すると新羅は美女2人を送り、襲津彦を誘惑させた。襲津彦は美女に籠絡されて、その言うことに従い、新羅を討たず、加羅国を討った。加羅国王や多くの難民らは百済に亡命した。加羅国王の妹、既殿至(けでんち)ははるばる大和を訪れて、応神天皇に苦境を訴えた。天皇は大いに怒り、新たに援軍を派遣して加羅を回復させ、国の復興を助けた。襲津彦は密かに日本に舞い戻り、身を隠していたが、天皇の怒りが消えないのを知って自害する。

活字メディアの終焉

201111080125401317  北海道で一番古いといわれる小樽市の工藤書店が閉店した。同店は明治36年に開業し、伊藤整の小説「若い詩人の肖像」の中にも実名で出てくる。ブック・オフなど新古書店で文学全集が一冊百円で売られるのをみて、紀田順一郎は「教養の時代は終わった」と嘆いた(読売新聞2000.6.13)。多くの親は将来子どもが読むだろうと思って定期購読を書店に申し込んでいた。世の親たちが「将来、わが子が本を読むことなどありえない」と思うようになったとき、全集の時代も教養の時代も、あっさりと終わりを告げた。「出版は天下の公器である」 出版物販売額は1996年をピークに減少傾向にある。書店数はバブル経済崩壊後の1992年が2万2500店であったが、2015年には1万3488店と9012店の書店が減少した。このような活字メディアの急激な衰退は諸外国も同様なのか、日本だけの現象なのか私は知らない。テレビのCMなどをみてもスマホばかりだが、どうも日本人は流行に敏感だが、短慮の傾向があるように思えてならない。

ツルチック

Camucamuclws   向田邦子の随筆に「ツルチック」(文芸春秋1975年6月号)がある。小学校6年生のとき、父が持ってきたジュースを家族で飲んだ思い出が書かれている。その名前は「ツルチック」というが、味は美味しかったことは記憶にあるが、正確には覚えていないらしい。1972年に南米に旅行していたとき、ペルーのイキトスという村で飲んだカムカムが遠い昔を思い出させてくれた。「続・ツルチック」によると、この話を書いてから全国から向田邦子の元に多数の手紙が寄せられた。ツルチックというのは朝鮮の羅南で作られ売られていた飲み物で存在していたという。正しくは「ツルチュク」でクロマメノキという高山植物。カムカムはフトモモ科の常緑低木。ツルチュクとカムカムは別物だった。camucamu

ビアフラ飢餓

Biafra2  1967年のこの日、ナイジェリアの東部州が「ビアフラ共和国」として独立を宣言した。だが1968年5月18日、ナイジェリア連邦政府がビアフラ唯一の港町ポートへーコートを制圧しビアフラは降伏した。ビアフラは外部からの補給を受けられなくなり、飢餓状態となる。ナイジェリアでは、イボ族への反感から、1966年7月、イボ族3万5000人が殺害された。このためイボ族が故郷の東部州に逃げ帰り、1967年5月30日、ビアフラ共和国として独立を宣言。連邦政府軍と戦闘状態に入っていた。ビアフラは、1970年1月11日まで抵抗を続け、150万人にのぼる餓死者がでた。現在、ナイジェリアでは、ビアフラの地名は使われなくなり、ビアフラ湾もボニー湾と呼ばれている。

アレキサンダー・ポープ

Pope    18世紀の英詩人アレキサンダー・ポープは1744年のこの日、死去した。優雅で感受性にあふれた上品な詩が特徴である。生来虚弱で学校教育を受けず、身長がわずか137cmしかなかったといわれる。(Alexander Pope) 5月30日

2016年5月29日 (日)

なぜヨシノブと名で呼ばれるのか

   巨人の高橋由伸新監督。やっと7連敗のながいトンネルを脱出。なぜか現役時代から名の「ヨシノブ」で親しまれている。それは投手の高橋尚成が2000年に入団したため、2人は「ヨシノブ」「ヒサノリ」と名でよぶ習慣となったのだろう。また一時期、高橋一三もコーチで在籍していた。由伸巨人(ヨシノブジャイアンツ)というのはむかし高橋ユニオンズという弱い球団があったから。

巨人の選手の次の名は誰か?

1.勇人

2.智之

3.誠司

4.慎之介

5.麗斗

 全問正解ならあなたはG党。答えは坂本勇人あるいは高木勇人、菅野智之、小林誠司、重信慎之介。(現在2軍の阿部は「慎之助」です)。田口麗斗。

翻訳家列伝

   小谷野敦編著「翻訳家列伝101」を読む。井上勤(1850年生れ)から鴻巣友季子(1964年生れ)までおよそ101人の翻訳者を紹介している。フランス文学の平野威馬雄(1900-1986)を探すが記載なし。さきごろ女優の上野樹里がロックの和田唱との結婚を発表したが、平野威馬雄は祖父にあたる。一般にはファーブル昆虫記の翻訳で知られるが、昭和26年、松戸淳の変名で「情婦ヒル」(ファニー・ヒル)を紫書房から刊行し、発禁本として摘発されている。平野は晩年には幽霊やお化け、宇宙人、UFO、怪奇現象の関係の本を多く著している。娘レミの名は「家なき子」に因んだものである。

加賀騒動と大槻伝蔵

  北陸の加賀藩は加賀、能登、越中にまたがる120万石の大大名。しかしその家格を維持するための出費は増大し、元禄以降、領内の金銀山の不振によりさらに財政は悪化の一途を辿っていた。六代藩主前田吉徳は財政改革のために足軽の三男で御居間坊主にすぎなかった大槻伝蔵(1703-1748)を側近として登用し、経済節減や金融に独自の施策をおこなわせた。保守的な家臣たちの不満は募り、重臣前田直躬らはこれをひどくにくみむ、1745年吉徳の急死後大槻を失脚させた。俗説によれば、伝蔵が、吉徳の愛妾お貞(真如苑)と密通し、お貞を利用し、お貞の子利和を藩主とするため、吉徳と七代藩主宗辰を暗殺したということになっている。しかしながら、これらには虚説が多く、裏付けとなる資料も存在しない。藩主・後室の複雑な勢力争いが絡んで、直躬らが事件をでっちあげたという可能性が高い。

メフメト2世の艦隊、丘を越えていこう

Img_0027

    1453年5月29日、メフメト2世(1430-1481)の率いるオスマン軍は、約2ヵ月の包囲の末に東ローマ帝国の都コンスタンティノープルの西側の城塞を破って、市内に突入した。125代東ローマ皇帝コンスタンティノス11世バラオロゴス・ドラガセスは討死し、ついに東ローマ帝国は西暦330年以来、1123年間続いた歴史に幕が下ろされた。塩野七生は「一都市の陥落が一国の滅亡につながる例は、歴史上、さほど珍しいことではない。だが、一都市の陥落が、長い歳月にわたって周辺の世界に影響を与えつづけてきた一文明の終焉につながる例となると、人類の長い歴史のうえでも、幾例を数えることができるであろうか」(「コンスタンティノープルの陥落」新潮社)と述べている。

    メフメト2世は19歳で父ムラートのあとを継いで、このとき23歳である。アレクサンドロス大王やユリウス・カエサルのような野望を抱いていた。16万のオスマン軍は海と陸からコンスタンティノープルを包囲していた。東ローマ帝国は西欧に向けて、援軍を要請していたが、ギリシア正教会とカトリック教会との問題があって、援軍はヴェネツィア艦隊のみであった。だがコンスタンティノープルは三重の城壁(メソティキオン城壁)で囲まれ、ボスポラス海峡と金角湾とは鉄鎖によって封鎖されていてオスマンの艦隊は侵入できなかった。

    メフメト2世は陸上に軌道を敷設して、ボスポラス海峡から船を運び入れ、船を車輪つきの荷台にのせて、海抜60mほどのガラタの丘を越えて、金角湾側のガラタ地区に移動させた。それを一夜のうちに移動させ、封鎖された金角湾内に船を送り込むという奇策であった。さすがの難攻不落を誇ったコンスタンティノープルも陸上と海上からの砲撃のために忽ちのうちに陥落した。血刀さげたトルコ兵の虐殺ぶりはまるで地獄絵をみるようだった。(Konstantinos Palaiologos Dragases)

白桜忌

201404070005_001_m   1942年のこの日、女流歌人・与謝野晶子は家族や弟子らにみとられ、東京荻窪の自宅で没した。享年65歳だった。晶子の法名は「白桜院鳳翔耀大師」。同年9月に歌集が刊行され、法名にちなんで「白桜集」と名付けられた。晶子の忌日も「白桜忌」とも呼ばれる。

   与謝野晶子と言えば日露戦争に出征した弟を思い、「君死にたまふこと勿れ」という反戦詩を書いたことで知られているが、実は時代の変化と共に天皇崇拝に傾倒し、戦争賛美を詠むようになっていく。

 水軍の大尉となりて我が四郎 み軍にゆく猛く戦へ

「白桜集」に載せられた歌を詠んだ頃には、息子に「戦地へ行け」と詠って送り出す母になっている。(5月29日)

コンニャクは英語でkonjac?

Konjac_package

   本日は「こんにゃくの日」。語呂合わせで日本こんにゃく協会が1989年に定めた。カロリーがなく、カルシウムが多く含むことからダイエット食品として人気が高い。英語版ウィキペディアではkonjacとある。ほかにも、konjak、konnyaku、konjakuなどの表記が見られる。またデビルズ・タングdevil's tongue(悪魔の舌)ともいう。

    地下に球茎を生じ、これを採取し、粉末にして水を加えてこね、石灰乳を混ぜて煮沸し固めて製した食品。原産地はインドで、日本へは奈良時代、中国を通じて渡来した。漢語の蒟蒻(コニャク)の音転で「コンニャク」となった。鎌倉時代の僧侶はコンニャクを味つけして煮たものを糟雞(そうけい)と称して食べていた。コンニャクの田楽が現れるのは元禄のころで、芭蕉はコンニャクが好物だったといわれる。江戸時代にコンニャクの料理が実に多く行なわれた。5月29日

ジョン・F・ケネディの生い立ち

Photo_3  ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ(1917-1963)は、ケネディ家の次男として1917年5月29日、ボストン郊外ブルックラインで生まれた。両親ともカトリック系アイルランド移民の後裔で、母は元ボストン市長の娘ローズ、父ジョゼフは実業家だった。株や不動産の取引で資金を増やし、禁酒法時代には薬用酒と称してウイスキーを輸入するなど、儲けるためには手段を選ばない野心家だった。

   ジョン・F・ケネディの出自を語るとき、そこにはつねに「アイルランド系アメリカ人」という表現がついてまわる。1620年、メーフラワー号に乗ったイギリス清教徒たちによって、移民の国、アメリカの歴史が始まったが、アイルランド移民が大幅に増えたのは19世紀中頃になってからのことである。1845年、アイルランドでは主食であるジャガイモに原因不明の病害が蔓延し、10年間に100万人もの餓死者が出た。このため多くの人々が故国を捨てて、アメリカを目指した。

   その4年後の1849年、「最初のアメリカのケネディ」、パトリック・ケネディがボストンに上陸する。アイルランドでも裕福な農家の三男であった彼は、飢えから逃れるというよりは、新天地での成功という野心を抱いてアメリカにやってきた。しかし当時のアメリカはあとからやってきた貧しいカトリック教徒のアイルランド移民に対して冷たかった。街には「アイルランド人お断り」の看板が出現し、仕事の口もままならなかった。パトリックはやがてウイスキーの樽づくりを始めるが、ボストンに来てわずか9年で貧困のうちに他界する。しかしその長男でジャックの祖父にあたるパトリック・ジョゼフ・ケネディは、政治の世界で頭角をあらわし、1886年には州議会議員に当選。酒類の輸入業も成功し、ボストンのアイルランド系社会にケネディ家の名を築いていったのである。

   ジャックの母ローズの祖先「フィッツジェラルド家」はケネディ家より2年先にアメリカに渡った。両家はボストンで成功した4つのアイルランド人一家に数えられている。

野口雨情のペンネーム

Photo_3    野口雨情は明治15年5月29日、茨城県北茨城市に生まれた。本名は野口英吉。一時、詩作をはなれ北海道へ渡る。石川啄木とわずか1か月であったが、新聞記者として交友を深めた。借金がかさみ、芸者と情死をこころみ、啄木が追悼文を書いたという逸話が残っている。大正中期に興った児童文学運動に参加し、童謡「十五夜お月さん」「七つの子」「赤い靴」「青い眼の人形」「シャボン玉」、民謡「船頭小唄」「波浮の港」などで有名になる。昭和歌謡への流れを作った。

   雨情は20歳ころから、雑誌に俳句や詩の投稿をはじめ、烏城、勿南、蚊骨、烏蝶、草中木治、芋杖などという筆名を用いた。また北海道時代は、北鳴家人、北洞野客など、「北」のつく筆名を多用したことがある。「雨情」の号を用いたのは明治35年7月の「労働世界」に発表した「村の平和」「茄子の花」の2篇である。この号に関して雨情自身は「少年のころでしたが、まぎらわしくない号をつけようと支那の古い本をあさって、雲恨雨情といふ詩語からとりました。この本には雨情とは春雨の降る意だと注釈がついていました。それ以来、30年ほど用ひています」(私の雅号の由来変名の由来」と書いている。

参考:金子未佳「野口雨情の筆名の変遷について」解釈45(1.2)1999.1。

2016年5月28日 (土)

明治文学史

111010784000001   明治維新によって江戸幕府が崩壊し、代わって天皇親政の新政府が生まれ、日本は新しい国家を築いていく。しかし、明治維新による政治上・社会上の変革が、ただちに近代文学創出の道をひらいたわけではない。明治にはいって、教育が普及して文盲が少なくなり、また出版業が発達して新聞・雑誌・書籍の刊行がさかんとなり、文学が広く国民の間に読まれる素地ができたといえる。明治初年は江戸文学の系統をひいた仮名垣魯文の「安愚楽鍋」などのいわゆる戯作文学が盛んであった。明治13年前後から、自由民権運動の発展につれ、その思想を宣伝し国民に啓発するための政治小説が盛んになった。矢野竜渓の「経国美談」などがその代表である。文明開化は西洋事情の紹介を目的とする翻訳物が盛んとなったが、明治20年前後になると欧化政策に対する批判、反動としての国粋主義が台頭し、雑誌の創刊が相次ぐなど、さまざまな混沌と萌芽をはらむ思想の新しい動きが見えてきた。坪内逍遥の「小説神髄」や二葉亭四迷の「浮雲」は近代小説の出発を告げる文学史の上の記念碑的作品となったが、まだ当時の読者に十分には受け入れられるものではなかった。明治30年代の文壇の主流を占めたのは、「多情多恨」「金色夜叉」などを書いた尾崎紅葉を中心とする硯友社のグループであった。広津柳浪・泉鏡花らがこの一派から出ている。紅葉に対して、明治文壇の双璧と目されたのは幸田露伴である。人間の自由な感情を重視するロマン主義も、北村透谷・島崎藤村らによって大きな文学運動となった。日露戦争前後になると、フランスやロシアの文芸思潮の影響のもとに自然主義の文学が興隆し、写実主義の文学理念が新しい形で復活した。こうした文壇の流れにあって独自の存在を示していたのは森鷗外と夏目漱石である。鷗外ははじめ「舞姫」などのロマン主義的な作品を発表したがせ、のちにはしだいに歴史小説に傾いた。また漱石は「吾輩は猫である」で作家生活に入り、西欧の近代的個人主義を踏まえて社会の俗悪さに鋭い批判の目を向けたが、「心」「道草」「明暗」などの晩年の作品では醜い人間のエゴイズムとの対決から、いわゆる則天去私という東洋的な悟りの倫理が追求されている。鷗外も漱石も大正・昭和の文学に大きな影響を及ぼした。参考:中村光夫「明治文学史」 筑摩書房 1963

名家の悲劇「カラカラとゲタ」

591pxseveran_dynasty__tondo  偉大な人物の息子がひどくできが悪いと、「不肖の息子」という汚名を着せられる。親がとても源頼朝の息子「源頼家」、足利義政の息子「足利義尚」、大内義興の息子「大内義隆」、加藤清正の息子「加藤忠広」など。親が偉大だと子供はかなり努力しても親を超えることは至難である。ある程度の力がありながらも長嶋一茂や野村克則も期待したほどの成績を残すことはでなかった。リチャード・クロムウェルは父の後を継いで護国卿に就任したものの、無能で人望がなかった。そのような悲劇の息子は世界史ではカラカラとゲタではないだろうか。211年2月4日、ローマ皇帝の名君として知られたセプティミウス・セウェルスが亡くなった。後継者となったカラカラとゲタは共同統治をするも兄弟仲が悪かった。カラカラは弟ゲタを暗殺する。カラカラは残忍な性格で、ローマに大浴場を建設して淫楽にふけった。217年4月8日、カラカラは近衛隊長マクリヌスにより暗殺された。(Caracalla,Geta)

雨の日の読書

Photo

    当読書施設にご来館される方のなかには、明確な読書目的をもって来られるとはかぎらない。時間つぶし、たまたまの気まぐれに、あるいは雨宿りに。実は雨宿りが結構多い。傘をもたずに外出して、驟雨に遭い、よそ行きの服を着ていたりしたので、雨宿りに入ってみるというケース。それでもいい。雨はうれしい。

本ぶりになって出て行く雨やどり

   ☆ ☆ ☆ ☆

林達夫「歴史の暮方」、柳宗悦「蒐集物語」、三枝博「日本の思想文化」、小林秀雄「人生について」、鏑木清方「こしかたの記」、武井武雄「本とその周辺」、岡茂雄「本屋風情」、出久根達郎「古本綺譚」、藤木九三「雪、岩、アルプス」、増田義郎「インカ帝国探検記」、梅棹忠夫「文明の生態史観」、レッシング著、大庭米次郎訳「賢者ナータン」、リッケルト著、野上豊一郎訳「春の目ざめ」、安倍能成「綱島梁川集」、谷川徹三「教養と人生」、堀秀彦「恋愛」、秋山英夫「人間ニーチェ」、ヒルティ「希望と幸福」、シュヴァイツァー「愛と思索の日々」、山室静「世界文学小史」、神宮輝夫「子供に読ませたい本」、カザミヤン「イギリス魂」、和歌森太郎「歴史の見かた」、吉田光邦「江戸の科学者たち」、中村浩「糞尿博士世界漫遊記」、賀川豊彦「聖書の謎」、庄司浅水「奇談千夜一夜」、川合彦充「日本人漂流記」、江戸川乱歩「探偵小説の謎」、宮本常一「伊勢参宮」、近野不二男「幻島の謎」、ウェスターマーク「人類婚姻史」、ゴルドマン「隠れたる神」、松田修「植物世相史」、篠田統「米の文化史」、金森健生「マンガ昭和史」、串田孫一「博物誌」、長尾久「ロシヤ十月革命の研究」、呉濁流「泥棒に生きる」、吉岡三平「岡山の女性」、高峰秀子「いいもの見つけた」、常石茂「中国の故事と名言」、栃折久美子「モロッコ革の本」、中島梓「美少年学入門」、西口克己「山宣」、クルプスカヤ「児童教育論」、山崎謙「人間論」、ルカーチ「レーニン論」、「ことわざ名言事典」、「翻訳家列伝101」、「眠る盃」、「早わかり日本文学」、「不肖の息子」

一所懸命か、一生懸命か?

3492f752   SMAPの「世界に一つだけの花」を聞いていると、歌詞に「一生懸命」という言葉がでてくる。ケペル世代では、中学生時代の書き取り試験などで「一生懸命」というのは誤りで、正しくは「一所懸命」だと覚えた。漢字書き取りの傾向と対策のようなもので、「危機一発ではなくで危機一髪が正しい」というのと同類の認識をもっていた。ところが、いつごろからか日本では「一生懸命でもよい」から「むしろ一生懸命のほうが良い」とまで進展しているらしい。小学生の孫のプリントには「一生懸命(若い物事に全力を尽くすこと)」とある。若い方の説明によると、一所懸命は、ある人が一ヶ所の領地をめぐって、命がけでその土地を守ったことに由来するが、平和な今の時代人生において命がけで勉強する、とか頑張るという程度のことであれば「一生懸命」のほうがよいという。「一所懸命」と使うのは「俺は知っているんだ」という感じがでてしまう、という意見をネットでみた。言葉は変化しているものである。いろいろ調べてみても「一所懸命」は分が悪い。もともとは「必死」「「死にものぐるい」「背水の陣」という壮絶な死の覚悟があったが、本来の意味からトーンダウンして「生き死に関係なく、人生において「全力をあげて何かをする」という程度の気持ちなので使い勝手のよい言葉となった。「一生懸命」の大安売りである。武部良明「四字漢語の用法」を見ても「一生懸命」を見出し語としている。センスの問題だが自分は「一所懸命」のほうが気概とか覚悟が込められて真剣味を感じる。日本人でたった自分ひとりになっても「一所懸命」を使用したい。

堀辰雄と眼鏡

Hori1   1953年のこの日、堀辰雄の忌日。馬酔木は早春に白い色のつぼ形の花を咲かせる。アセビの咲く頃になると堀辰雄(1904-1953)を思い出す。「浄瑠璃寺の春」という一文に馬酔木が出てくる。高校の国語の教科書に抜粋されていたのを読んだに過ぎないが、万葉集で詠まれた馬酔木の花をみたくて夫婦で旅をするというのが、想像しても絵になる世界であった。それも戦時下である。堀が病弱であることは知っていたが、あらためて年譜で確認すると、やはり悲惨な人生そのものである。関東大震災で母を亡くし、その前後から胸を病んでいたが、戦時中にやはり悪化させ、昭和21年10月から、死ぬ28年までの7年間は病床に伏していた。妻多恵さんも介護が大変だったろう。享年48歳。堀文学には知性と気品があり、芸術的な人生だったような気がする。彼の作品はいつまでも色あせることがない。本人の希望により戒名はなく、墓碑にも「堀辰雄之墓」とだけ記されている。

   堀辰雄のトレードマークは丸メガネである。戦前は、眼鏡の作家がとくに多い。井伏鱒二、中野重治、山本周五郎、伊藤整など。(5月28日)

200pxmasuji_ibuse Ph5_156_nakano_shigeharu
  井伏鱒二               中野重治

1 20003000601m
  山本周五郎              伊藤整

在原業平の墓

20080619162620

    880年のこの日、在原業平の忌日。京都西郊の十輪寺(西京区大原野小塩町)には在原業平の墓と伝えられる宝篋印塔がある。十輪寺は850年に創建され、業平の隠棲地。

Heian39   実はもうひとつの業平の墓がある。十輪寺から少し離れたところに3基の五輪塔がある(大原野上羽町)。中央の大きな塔が業平の母・伊都内親王の墓、右側が父・阿保親王の墓、左の小さな五輪塔が業平の墓である。なお阿保親王墓は兵庫県芦屋市にある。(5月28日)

2016年5月27日 (金)

並木宗輔作「苅萱桑門筑紫のいえずと」

   いまから450年ばかり前のことである。九州の筑紫に、加藤左衛門繁氏という大名がいた。もとは平家方の大将だったが、平家が戦いに敗れた後、源氏に降り、源頼朝に仕えた。繁氏には千里姫という美しい側室がおり、世継ぎとして生れたのが石童丸だった。これが正室の妬みをかい、ある夜、千里姫の身の危険を感じて身代わりとして寝ていた侍女が、とうとう刃で刺されてしまった。繁氏はこのような醜い妻と妾の諍いをみて世の無常を感じ、ある夜、城を捨て、行方知れずとなってしまった。繁氏は出家して、刈萱道心と号して、高野山に登った。そして隣の大名である大内義弘が加藤の領地を奪ってしまう。息子の石童丸は成長すると父を慕う気持ちが強くなり、母とともに父親探しの旅にでる。旅の途中に出会った僧侶から父親らしい僧が高野山に居ると聞く。高野山は女人禁制、母を麓の宿において1人で山に登り、偶然父親である等阿法師苅萱道心に出会う。苅萱は引き寄せて、抱きしめて、ほんとうのことをいってしまおうかと心は乱れたが、「いや、まて!高野山へ登ったときから、ふたたび妻や子には会わないと、御仏に約束したじぶんではないか!」きびしい山のおきてと、仏への誓いを思い出し、あなたが尋ねる人はすでに死んだのですと偽りをいう。実の父親に会っていながらそれと知らずに戻った石童丸に不幸がさらにおそった。母親は長旅の疲れが原因ですでに他界していた。頼る身内を失った石童丸はふたたび高野山に登り、父親である刈萱道心の弟子となり、互いに親子の名乗りをすることなく仏に仕えることとなった。嘆き悲しむ石堂丸にも、不幸ばかりは続かなかった。やがて、にくい敵の大内義弘を滅ぼして、晴れて筑紫へ帰る日が、待っていたのである。苅萱道心は、高野山に残って、日夜仏道に励んだおかげでのちには、りっぱな僧となり、多くの人から尊敬されたと伝えられる。

ラコニア号遭難事件

1200pxu156_3735_laconia_1942_09_1_2   第二次世界大戦中、英国客船ラコニア号が南大西洋でドイツの潜水艦によって沈められ、約1100人が命を落としたという、痛ましい事件。1942年9月12日、イギリスの帰休兵、傷病兵、婦女子、イタリア兵の捕虜など約3000名を乗せ航行中のラコニア号は、U156に攻撃され、沈没した。Uボートの艦長ヴェルナー・ハルテンシュタイン(1908-1943)はイタリア兵捕虜が乗船していたことを知り、司令官に報告。これによりU506、U507、U459およびイタリアのカッペッリーニが救援に参加した。9月17日、現場を飛来したアメリカ軍の爆撃機がこれを発見。ハルテンシュタイン艦長は赤十字を甲板に表示したが、米軍機はUボートを攻撃した。これによりU156は損傷し、救命ボートは顛覆した。この事件後、デーニッツ提督はUボートによる救命作戦を禁止した。ハルテンシュタインは1943年3月8日にバルバトスの東沖でまたアメリカ軍機に襲撃されて乗員56名とともに戦死した。

   近年この事件をもとに英国BBCはドラマ「ラコニア号 知られざる戦火の奇跡」(2010)を製作している。(参考:「ラコニア号遭難事件 世界ノンフィクション全集46」ローレンス・ペイヤール著) Werner Hartenstein

2016年5月26日 (木)

どんな役でもこなす

   最近の若手俳優は一定のイメージに捉われず、どんな役にも挑戦するタイプが増えてきた。松山ケンイチや小栗旬、鈴木亮平など「ど根性ガエル」「ルパン三世」「変態仮面」にみえる。モンゴメリー・フォード主演のマカロニウエスタンを見ていると、仲代達矢が悪党の一味で出演していた。「七人の侍」のエキストラから文化勲章にいたるまで、ヒーローから悪役まで何でも演じてきたという感じがする。俳優には高倉健や吉永小百合のように一定のイメージの範囲で演じるスターとどんな役でも演じられる幅広い役者の2つのタイプがある。あのゲーリー・クーパーやジョン・ウェインといえば西部劇スターだが、長いキャリアの作品には「マルコ・ポーロ」(1938)や「ジンギスカン」(1956)もある。金田一耕助やサスペンスドラマでお馴染みの古谷一行にも諸葛孔明を演じたことがある(「三国志の大地」(1993)。田中裕子の西太后({「蒼穹の昴」2010)もかなり異色の作品である。丹下左膳で知られる大河内伝次郎が十和田湖のマスの養魚に成功した偉人、和井内貞行を演じたことがある。「われ幻の魚を見たり」(1950)は名作だった。

石川啄木と函館大森浜

Photo_2

  東海の小島の磯の白砂に

  われ泣きぬれて

  蟹とたはむる

 歌集「一握の砂」の巻頭を飾る秀歌で、石川啄木の作品中最も有名なものである。作歌は明治41年6月24日で、翌7月1日発行の「明星」に「石破集」の題下に発表された140首中の一首である。初出歌は「東海の小島の磯の白妙にわれ泣きぬれて蟹と戯る」と一行書きで発表され、明治43年7月の「創作」自選歌号にも再掲されている。「東海の小島」は特定の地名や場所を指すのではないという解釈も可能であるが、この一首を啄木の閲歴、実生活との関連において鑑賞するとき、彼が生涯において親しんだ唯一の海岸である函館大森浜を念頭において歌ったのではないかと考えられる。すでに函館に渡った直後の明治40年5月26日に作った「蟹」と題する詩が「ハコダテの歌」にある。

潮満ちくれば穴に入り、

潮落ちゆけば這ひ出でて、

ひねもす横に歩むなる

東の海の砂浜の

かしこき蟹よ、今此處を、

運命(さだめ)の浪にさらはれて、

心の龕(づし)の燈明(みあかし)の

汝(なれ)が眼よりも小(ささ)やかに

滅(き)えみ明るみすなる子の

行方も知らに、草臥れて、

辿り行くとは、知るや、知らずや。

    歌集「一握の砂」は明治43年12月1日、東雲堂書店から刊行された。四六判290頁、定価60銭であった。「東海の」歌は現在函館市住吉町共同墓地東南の一角、立待崎の眺望のよい断崖の上に建つ啄木一族の墓の碑面に刻まれているが、これは岡田健蔵と宮崎郁雨によって、大正15年8月1日建てられたもので、郁雨がその資金を提供した。岡田健蔵(1881-1944)は市立函館図書館(大正11年創設)の初代館長である。宮崎郁雨は本名宮崎大四郎といい、啄木が函館へ渡ったとき以来、生涯、生活的な援助をした人で、著書に「函館の砂」がある。

2016年5月25日 (水)

知ってる?リヒテンシュタイン公国のこと

   スイスとオーストリアに囲まれたアルプスの小国リヒテンシュタイン。面積は160㎢で、小豆島より少し大きいくらい。この国は、企業からは税金を取っているが、一般の国民には直接税(所得税、相続税、贈与税)がない。

藤原真楯

   藤原真楯(715-766)は聖武天皇時代の官僚。学問を好み、山上憶良らと親交があった。同時代の有力者は藤原仲麻呂(706-764)であったが道鏡によって排斥される。真楯から後年藤原氏で最も繁栄する道長の時代まで直系で8代である。すなわち、
真楯の子、内麿
孫、冬嗣
曾孫、良房
玄孫、基経
来孫、忠平
昆孫、師輔
仍孫、兼家
雲孫、道長

直系親族8代目を「雲孫」という。なお雲孫より先はなく、「雲孫以下」と呼ぶ。

道長「この世をば」の和歌について

この世をば我が世とぞ思ふ望月の かけたることもなしと思へば

    藤原道長は、娘・彰子を一条天皇の后妃としたが、なかなか子供が生まれない。兄・道隆の娘・定子には既に皇子が生まれているので、やきもきしていたであろう。道長は皇子誕生を吉野の金峯山にまで行って祈願する。金峯山の効験があったのか、ようやく皇子が誕生する。入内して7年目のことである。出産に際しては、今度は安産を願って、加持祈祷などを常軌を逸するほどにののしり騒ぐのである。その験厚く、無事に皇子が誕生するや、道長は、皇子の敦成(あつひら)親王、後の後一条天皇を我がものにして喜ぶ。1016年、敦成は8歳で天皇に即位し、道長は摂政となり、権勢を振った。四人の娘を入代させ、皇室の外戚として政権を独占した。「この世をば」の歌は、1018年、四女の威子が後一条天皇の女御から皇后に昇進したのを喜んで、道長自身が即興的に詠んだといわれる。「御堂関白日記」には見えず、道長に批判的だった小野宮右大臣藤原実資の日記「小右記」に記されているため、世に知られることとなった。

アフリカデー

Japan    5月25日は「アフリカデー」。アフリカには現在54ヵ国の独立国があるが、そのうち日本(37.8万k㎡)の面積より広い国が30ヵ国ある。同じ島国であるマダガスカル共和国と面積を比較すれば、マダガスカルは日本の1.6倍の広さをもつ。アフリカ最大のヴィクトリア湖は九州と四国とを合わせてもまだ大きい。地図帳で認識する以上にアフリカは大きい。アフリカの大陸と島嶼部をあわせた面積は3036万k㎡。これは日本の80倍の大きさである。21世紀になってルワンダなど経済成長が著しく「アフリカの奇跡」と呼ばれている。

C1cedf00
  携帯電話を使うマサイ族

江戸の渡来象ブーム

Photo_2

    1729年、海をわたって2頭の像が交趾(ベトナム)からやってきた。貿易商人の鄭大成が徳川吉宗の命で中国船で輸入したのだ。うち1頭は病死したが、残るオス1頭は享保13年(1728)3月、長崎を出発、4月26日には伏見から京都に入った。「爵位のない者が宮中に入つた例はない」「では象に従四位の位を授けよう」となり、28日に叙されたうえで、中御門天皇、霊元上皇に拝謁した。その後29日に京都をたち、東海道を下って、5月25日江戸に到着した。初めてパンダが来日したときのような江戸のフィーバーぶりだった。そして5月27日には将軍吉宗と対面した。象は浜御殿で13年間生活し、1741年4月に、多摩郡中野村(東京都八王子市)の源助にお預かりとなる。4月28日を「象の日」と制定されている。

ロバート・キャパ

Capa_robert_19442  1954年のこの日、世界で最も有名な写真家のひとり、ロバート・キャパがインドシナ戦争取材中に地雷に触れて爆死した。本名はアンドレ・フリードマン(1913-1954)といい、「ロバート・キャパ」という名は、当初フリードマンとドイツ人女性ゲルダ・タローの2人によって創り出された架空の写真家であった。1944年の解放されたパリ。戦車の上に座った少年が鼻くそをほじくる写真が悲惨な光景ばかりの中で少しほっとする。(5月25日)

2016年5月24日 (火)

なぜ「江戸の敵を長崎で討つ」のか?

   「江戸の敵を長崎で討つ」という諺がある。意味は、「意外な所で、また筋違いのことで、昔のうらみをはらす」こと。では、江戸の敵をどうして長崎で討つのか。なぜ長崎なのか。元来、この諺は商売上の競り合いから生まれたものらしい。もとの形は「江戸の敵を長崎が討つ」であったといわれている。1812年、大坂の一田正七郎という籠職人が、「三国志」の関羽などの人形を製作した。彼は江戸の浅草で小屋を建て、この人形を見世物にして、大成功を収めた。そこで江戸の亀井斎なる籠職人もまねをして商売を始めたが、客はなかなか集まらなかった。これとほとんど時を同じくして長崎の商人がギヤマン細工の見世物を始めたが、大坂を凌ぐ人気となった。つまり江戸を負かした大坂を、今度は長崎が負かしたわけである。江戸の人々にとっては、大坂に負けた恨みを長崎が晴らしてくれたようなもの。そこから「江戸の敵を長崎が討つ」という表現が生まれた。ところがやがて、その表現の由来は忘れられ、いつのまにか「長崎が」という語句が「長崎で」になってしまったと考えられている。

「山」がつく都道府県はどこ?

  「山」の字がふくまれている都道府県名は6つある。北から山形県、富山県、山梨県、和歌山県、岡山県、山口県。では「海」の字がふくまれている都道府県はどこ?答えは北海道。

「メトロ」には地下鉄という意味はない

200806_f7_midosujiline   「♪こぬか雨降る御堂筋心変わりな夜の雨 あなた あなたはどこよ」

   大阪市営地下鉄御堂筋線。梅田駅の駅番号は「M16」。これは江坂が始点の11で、以下、12東三国、13新大阪、14西中島南方、15中津、16梅田、17淀屋橋、18本町、19心斎橋、20なんば。

  ところでMとは、メトロの頭文字であろう。最近わが国でも東京メトロとか普通に地下鉄の意味で使われている。世界で最初に地下鉄が開通したのはイギリスのロンドンで、1863年10月10日のことである。その後、ハンガリーのブダペスト(1896年)、イギリスのグラスゴー(1897年)、アメリカのボストン(1898年)、フランスのパリ(1900年)に地下鉄が通っている。地下鉄のことは英語では underground、米語ではsubway、ドイツ語ではウー・バーンU‐Bahnという。1900年に開通したパリの地下鉄はパリ首都鉄道株式会社 Compagnie du chemin de fer metropolitain de Paris の建設運営によるもので、「メトロ」はメトロポリタンmetoropolitainを略したものだが、metoropolitainは首都という意味である。したがって本来、「メトロ」には地下鉄という意味はないわけだが、20世紀初頭、地下鉄網として特にパリのメトロが優れていたのでmetorpolitainを略した「メトロ」が地下鉄の意味に用いられるようになった。フランスより後に地下鉄が開通したヨーロッパの諸国、イタリア、スペイン、スウェーデン、フィンランド、ロシア、ギリシャなどではみな地下鉄のことを メトロ metroと呼んでいる。

「ミ」事項索引インデックス

Mieszko_i   「ミェシュコ1世(935-992)」ポーランド最初の君主。ピヤスト家のミェシュコは966年カトリックに改宗したことによって、ドイツ人が異教徒討伐を名分として征服することはできなくなった。▽「ミラノ勅令」313年にローマ皇帝コンスタンティヌス帝と東の正帝リキニウスが、いずれの宗派の信仰も認めることにした内容の勅令。▽「粛慎」満州に住んでいたとされるツングース系狩猟民族。▽「美豆良」古代の男の髪の結い方をいう。▽「みゆき族」1964年、東京銀座のみゆき通りにたむろしたハイティーンの男女のこと。女の子は白いブラウスにロングスカート、男の子はバミューダズボンやアイビー・スタイルで大きなコーヒー袋や紙袋を下げており、「みゆきスタイル」と呼ばれた。(みみみみ)
Aa6d6003f08f740766c80bab219fd326

ミーアキャット
みあれ祭
美以教会
三池炭鉱
三井寺
ミイラ
三浦按針
三浦梧楼
三浦梅園
ミェシュコ1世
未回収のイタリア
ミカ書
ミカドアゲハ
三河一向一揆
三行半
三国峠
御蔵島
ミクロネシア
ミケーネ
ミケランジェロ
三坂峠
三朝温泉
ミシガン
ミシシッピ
粛慎(みしはせ)
三島通庸
三島由紀夫
ミズバショウ
美豆良(みずら)
ミズーリ協定
ミタンニ王国
水戸学
ミッドウェー海戦
ミトラ教
緑の羽根運動(1950年)
港町
源義経
源頼朝
ミナハラ半島(スラウェシ島)
水俣病
南アフリカ共和国
ミネソタ
美濃部達吉
ミハイル・ロマノフ
任那日本府
屯倉
三宅雪嶺
ミャンマー
みゆき族
ミュール紡績機
ミュンツァー
ミュンヘン
ミュンヘン会談
明経道
ミラノ
ミラノ勅令
ミラボー
ミール
ミルトン
ミレー
ミロのヴィーナス

民主党
民本主義
民法
民友社
明律

ザ・ベストテンの時代

  ザ・ベストテンは1978年1月19日から1989年9月28日までTBS系列局で生放送されていた音楽番組である。「追いかけます。お出かけならば、どこまでも」当時、飛ぶ鳥を落とす勢いの山口百恵を出演さすために、映画撮影中や移動中でも追っかけマン松宮一彦が実況するのが売りだった。サザンオールスターズがこの番組に初登場したのは1978年8月31日だった。スポットライトのコーナーでライブハウス「新宿ロフト」からの生中継だ。司会の黒柳が桑田に質問する。まだライブハウスという言葉は一般的ではなかった。「そこは、どういう場所なんですか。歌声喫茶みたいなところですか」「古いですね、黒柳さん」「どんな人がいらっしゃいますか」「酒を飲む人…」ライブハウスがドッと湧く。「急上昇で有名におなりですが、あなたたちはアーティストになりたいのですか」「いえ、目立ちたがり屋の芸人で~す」そう言った後もラララ、ラララと「勝手にシンドバット」の前奏が流れ、熱気に包まれた桑田佳祐は、しゃがれた声で早口にまくしたてるように歌い始めた。初めて聴いた人のうち、のちに彼がトップアーティストになると予想した人は、はたして何人いるのだろうか。

   第1回放送の第1位がピンク・レディーの「UFO」で、最終回が工藤静香「黄砂に吹かれて」だった。最高視聴率が41.9%。沢田研二、山口百恵、田原俊彦、松田聖子、近藤真彦、中森明菜、まさにアイドル黄金時代であった。NHK朝ドラ「あまちゃん」では、黒柳と久米をイメージしたと思われる司会者を清水ミチコと糸井重里が扮して放送された。ザ・ベストテンは80年代そのものであった。

グレンジとグレンジャー運動

Grange_poster    南北戦争は農民の生活にも大きな変化をあたえた。それまでの農民は自作農が主であり、自給自足的であった。しかし、しだいに農業も商業化するようになった。また都市の発達とヨーロッパ市場の拡大は、アメリカ農業をこれまでの独立自営から、農業機械を買ったり、より広大な耕作地を借りたりする必要がでできた。このような商業的な農業は、南部の綿花やタバコとおなじように、地域に主要農産物を集中させることになった。小麦はミネソタ・ダコタ・カンサス、トウモロコシはイリノイ・カンサス・ネブラスカ・アイオワに集まった。しかし、1870年以降、農産物の生産コストが高まった反面、生産物そのものの価格は下落する傾向をしめした。それは主として、鉄道の普及による生産組織の拡大の結果であった。農民の不満の爆発は、まず鉄道に向けられた。鉄道は、東部の産業資本家が支配していたので、東部の工業製品が西部に運ばれる場合に、荷主に対して鉄道会社がリベートを支払ったり、また荷主に対して無料パスを発行したりしたが、農産物を西部から東部へおくる農民にはなんらの特典もあたえられなかった。また、農民が農産物を貨車輸送するために設けられた穀物積込み倉庫なども、鉄道会社に保管料、積込み料などを支払わねばならなかった。農民のこれらの不満はいろいろな運動となって表明され、とくに鉄道と倉庫業に対しては激しい反抗がおこなわれた。これが組織されたのが、いわゆるグレンジャー運動である。

   ワシントンの一官吏であったオリヴァー・ハドソン・ケリー(1826-1913)は1867年に、農民の社会活動を促進するために各農村に農業保護者(パトロンズ・オブ・ハズバンドリー)通称グレンジ(Grang)という支部をつくることを提案した。このグレンジはピクニックや音楽や講義など多彩な文化と社交活動を通じ、男性だけでなく、農村で淋しい生活をしている婦人にもよびかけた。これは理想社会を目指す結社団体であるから、急速に中西部、南部に広がった。これが全国的な組織になって1875年ころには最盛期を迎え、ほとんどの州にグレンジができ、グレンジの数は約2万、会員の数は80万に達した。はじめは政治運動には参加せず、物資の協同購入や販売運動をおこなっていたが、1873年7月4日の大会では、鉄道その他の独占に対して闘争をおこなうことが宣言され、それ以来グレンジャー運動は政治活動をおこなうようになった。グレンジたちは代表を州議会へ送り込み、グレンジ法など州法を制定し、企業への規正をおこなった。これらは、1876年の最高裁による合憲判決、1886年の違憲判決をへて、1887年連邦政府による「州際通商法」の成立をみるが、企業活動に対する政府の規正の最初の試みであった。Granger MOVEMENT,Olive H.Kelly

蝉丸と逢坂関

   本日は蝉丸忌。逢坂関は相坂関、合坂関とも書く。山城・近江国境の峠道。かつては畿内の北限とされ、関が設けられた。ここを越えれば東国であった。古歌にもさかんに歌枕として詠まれた。百人一首第10番の蝉丸の歌が有名である。

これやこの 行くも帰るも 別れては

 知るも知らぬも 逢坂の関(「後撰集」)

(通釈)これがまあ、あの都から東国へ行く人も、東国から都へ帰る人も、ここで別れては、また、知っている人も知らぬ人も、ここで逢うという、その名も逢坂の関なのだなあ。

   孝徳天皇の大化2年(646年)、鈴鹿関(三重県関町)、不破関(岐阜県関ヶ原町)、愛発関(福井県敦賀市)の三関が設置され、国家の守りに備えたが、やがて愛発関に代わって、この近江の逢坂関(滋賀県大津市大谷町)が王城鎮護の関となった。逢坂関の設置年は明らかではないが、延暦年間に三関は一旦廃止されたが、「文徳天皇の天安元年(857年)に初めて逢坂関を建つ」(「文徳実録」)とみえることから、再び設置されたようである。清少納言(966?-1025?)の「枕草子」にも「関はあふさかのせき」と記しているし、百人一首にも「夜をこめて鳥の空音ははかるとも世に逢坂の関はゆるさじ」(「後拾遺集」)などと詠まれている。(5月24日)

Ousaka
 現在大津市大谷町の逢坂山検問所前に関址碑が建つ

2016年5月23日 (月)

ルネサンスの人々

13735   中世末期にめざましく発達したヨーロッパの諸都市には、封建社会の殻を破ろうとする自由な空気があふれ、そのなかから人間精神の全般的な革新をめざす大きな文化運動がおこってきた。これがルネサンスであり、その時期はおよそ14世紀から16世紀にわたっている。ルネサンスはまずイタリアにおこり、やがてアルプスの北方にもひろまったが、その新しい文芸や思想を導いた根本精神を人文主義あるいは人間主義とよぶ。

ダンテ・アリギエーリ          1265-1321
ジオット・ディ・ボンドーネ   1266-1337
ピエトロ・ロレンツェッティ   1280-1348
シモーネ・マルティーニ    1284-1344
フランチェスコ・ペトラルカ    1304-1374
ジョヴァンニム・ボッカチオ  1313-1375
ジョン・ウィクリフ        1330-1384
コルッチョ・サルターティ    1331-1406
ジェフリー・チョーサー        1340-1400
ジレンティーレ・ダ・ファブリアーノ 1360-1427
フィリッポ・ブルネレスキ       1377-1446
ロレンツォ・ギベルティ     1381-1455
ドナテルロ                      1386-1466
パオロ・ウッチェロ       1397-1475
ヨハネス・グーテンベルク     1400-1468
マザッチョ            1401-1429
ニコラウス・クザーヌス      1401-1464
ヤーコププ・フッガー       1407-1469
ピエロ・デッラ・フランチェスカ 1417-1492
ベノッツォ・ゴッツォリ     1421-1497 
アントニオ・デル・ボッライオーロ 1429-1498
アンドレア・マンテーニャ    1431-1506
ルイジ・プルチ                    1432-1484
マッテーオ・マリーア・ボイアルド 1434-1494
サンドロ・ボッティチェリ        1444-1510
ドナト・ブラマンテ              1444-1514
ロレンツォ・デ・メディチ     1449-1492
ドメニコ・ギルランダイオ    1449-1494
レオナルド・ダ・ヴィンチ        1452-1519
ジロラモ・サヴォナローラ    1452-1498
アンジェロ・ポリツィアーノ     1454-1494
ヨハン・ロイヒリン              1455-1522
ヴィットーレ・カルパッチョ    1455-1525
ヤーコボ・サンナザーロ    1456-1530
フィリッピーノ・リッピ      1457-1504
ヤーコプ・フッガー       1459-1525 
エアハルト・エッツラウプ    1460-1532 
ジョヴァンニ・ピコ・デラ・ミランドラ 1463-1494
ハンス・ホルバイン       1465-1524
クエンティン・マサイス      1465-1530 
ヤコポ・リパンダ         ?-1516
ニッコロ・マキァヴェリ          1469-1527
デジデリウス・エラスムス    1469-1536
ニコラウス・コペルニクス     1473-1543
ルドヴィーコ・アリオスト    1474-1533
ミケランジェロ・ブオナローティ 1475-1564
ジョルジョーネ          1477-1510
バルダッサーレ・カスティリオーネ 1478-1529
トマス・モア            1478-1535
ラファエロ・サンティ           1483-1520 
フランチェスコ・グイチャルディーニ 1483-1540
ジョバンニ・ダ・ヴェラッツァーノ 1485-1528
エルナン・コルテス       1485-1547
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 1488-1576 
フランソワ・ラブレー         1494-1553
アンブロシウス・ホルバイン  1494-1519
ハンス・ホルバイン(子)    1494-1519
ジョヴァンニ・デッレ・バンデ・ネーレ 1498-1526
マルティン・ファン・ヘームスケルク 1498-1574
ルッツァンテ           1500-1542
アントン・フランチェスコ・グラッツィーニ 1503-1584
イッポリート・デステ       1509-1572
ヤコポ・バッサーノ        1510-1592
ジョルジョ・ヴァザーリ      1511-1574
ゲラルドゥス・メルカトル    1512-1574
ウリッセ・アルドロヴァンディ  1522-1605
ピーテル・ブリューゲル        1528-1569
パオロ・ヴェロネーゼ     1528-1588
ミジエル・ド・モンテーニュ     1533-1592
ルーカス・ヴァン・ヴァルケンボルク 1535-1597
トルクァート・タッソ        1544-1595
ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラ 1547-1616
ジョルダーノ・ブルーノ     1548-1600 
ルドウィコ・カラッチ        1555-1619
フランシスコ・ベーコン      1561-1626
ウィリアム・シェークスピア     1564-1616
ガリレオ・ガリレイ                1564-1642
トマソ・カンパネッラ       1568-1639
ヨハネス・ケプラー          1571-1630
フーゴー・グロティウス     1583-1645
ヤン・アーモス・コメニウス   1592-1670
ガブリエル・ノーデ        1600-1653

男女の待ち合わせ場所、今昔

  東京の男女待ち合わせスポットとしては渋谷ハチ公前が有名である。そのほかに銀座三越前のライオン像、和光デパート、有楽町マルイ、数寄屋橋交番など。江戸で最も有名なスポットは浅草の仁王門だった。それはどうしてか。  そこが男女の出会いの場になったのには、久米平内(1616-1683)という人物が関係している。彼は剣術の達人で、千人斬りの願を起こして、夜ごと辻斬りに出たとされる。その後、禅の修行をして改心して、その罪滅ぼしに、自分の像を石で刻み、それを浅草の仁王門前に埋め、多くの人々に踏みつけてもらった。江戸っ子たちが、その「踏みつける」を「文(ふみ)つける」(恋文を渡す)と読み変えた。そこから仁王門前は、男女の出会いの場になっていったのである。のちにその像は、仁王門横の祠に収められた。「江戸名所図会」にその像の絵が載っている。

最近あまり読まれなくなった昭和の作家たち

Hirabayata   なにか面白い読み物はないか。毎日そんなことばかり呟く。図書館から借りて来た大庭登の「昭和の作家たち 誰も書かなかった37人の素顔」 簡潔に作家の評伝が書かれていて読書案内によい。企業誌「大塚薬報」に昭和56年から59年に連載されたものである。みな有名な作家ばかりだが、横光利一、川端康成や太宰治、織田作之助、火野葦平、吉川英治、川口松太郎、井上靖、石坂洋次郎といった人気作家がのっていない。むしろ最近あまり読まれなくなった作家をあえて選んでいるような気がする。その昭和期よく読まれて、最近ほとんど読まれなくなった作家といえば、源氏鶏太や獅子文六、平林たい子らが代表であろう。とくに平林は、かつて女流作家といえば林芙美子、宮本百合子らと並んで長らく、女流作家の第一人者だった。最近、平林たい子の作品が話題になることはほとんどない。林芙美子「放浪記」、宮本百合子「伸子」と代表作があるが、平林の代表作はなにか。戦前の平林には長篇の作品はない。最初の長篇「地底の歌」(昭和23年)、自伝的な作品の「砂漠の花」(昭和30年)あたりか。平林は戦後転向して「地底の歌」のようなヤクザものを書く続けた。プロレタリアから右翼へと大きく変遷している女流作家を理解するにはあまりに時が流れたようである。ところが「地底の歌」読み始めるとなかなか面白そうである。「平林たい子文学賞」というのがあるから名前はその高名はいまも健在である。谷崎潤一郎「痴人の愛」や太宰治「人間失格」はいま読んでも新しい。没後32年になる有𠮷佐和子も「恍惚の人」「複合汚染」など多数のベストセラーをもつが、あまり読み継がれていく作家とは思えない。

スイカの話あれこれ

20140728142719   沖縄が梅雨入りしたが、夏はもうすぐ!そこまでやってきている。夏の風物誌と言えば「スイカ」である。日本では昔からスイカに塩を掛けて食べるが、なんと中国人は砂糖を掛けて食べる。最近、海外でも日本式のスイカの食べ方が美味しいと評判となっている。▽スイカは日本列島、北海道から九州までとこでも作られる。収穫量の日本一は熊本県。北海道当麻町の「でんすけすいか」は一玉35万円するものがある。▽スイカは室町時代に伝わったが、庶民にまで広まったのは江戸時代1770年以降である。品質もよくなく、また人の生首のようで、気味の悪い食べ物とされていた。かぶりついて食べるのは、娘としてははしたない。だから、娘はスイカを食べるとき苦労する。「西瓜食う娘の口のむずかしさ」▽福井特産「金福すいか」は光沢のある黄色いスイカ。

20130213203934a91s

中国と日本で意味が全く異なる漢字

  「中国語はいいね。言葉がわからなくても、筆談で何とか通じるから」という。同じ漢字を使っているから、そういう面があることは確かだが、それで安心していると思わぬ勘違いをしてしまうこともある。日中間で共通する単語の中に、語感や意味が異なるものが少なくない。同字異義語、あるいは同形異義語という。たとえば、「愛人」という日本語は、不倫関係の相手に使われることが多い。そして日本語の「愛人」は女性を指している。しかし、中国語の「愛人(アイレン)」は性別に関係なく、文字通り「愛する人」「最愛の人」の意味で、「配偶者」を指している。ちなみに、日本語の「愛人」は、中国語では「情人」という。ただし、日本でも、戦前までは不倫相手という意味は無く、恋人という意味で使われていた。「愛人」が不倫相手という意味になったのは戦後からである。「勉強」という漢語も日中で少しニュアンスが異なる。中国語の「ミエンチャン(勉強)は「無理に」「しぶしぶ」何々する、といった強制的なときに用いる。勉学の意味には「学習」あるいは「トゥシュ(読書)」を使う。

  このほかに「手紙(ショウズイ)」はトイレの紙のことで、手紙は「信」という。「飯店」はホテル、「麻雀」はスズメ、「工夫」は時間、ひま。「空中小姐」はスチュワーデスのこと。「老婆(「ラオポー)」は妻のこと、「娘」は母親のこと、「汽車」は自動車・バスのこと。中国語で汽車は「火車」と言う。自転車は「自行車」、バイクは「摩託車」。「刺身」は文字通り身を刺すこと。「器用」は有用な人物。「大丈夫」は男の中の男。「便利商店」はコンビニ。

P1030136_tcm1361479756
 台湾では「便利商店」、中国では「便利店」

 

大名の石高ランキング

    江戸時代、徳川幕府は全国に200以上の大名を支配下においた。北の松前藩から南の薩摩藩まで、その数はおおむね200半ばから後半であった。明治を迎えたときは約270の藩が存在していた。

   その大名たちの石高の大きさは、100万石以上のものから1万石程度のものまでさまざまだったが、その中で、一番大きな石高をもっていた大名は?文久3年の調査によると、一番大きなのは120万石の加賀前田家、次は72万8000石の薩摩島津家、62万仙台伊達家、61万9500石の尾張徳川家、55万5000石紀伊徳川家の順である。

人名索引「ア」

220pxalvaraalto1976 「ア」で始まる人名はとても多く。ギリシア哲学者、アナクシマンドロス、アナクシメネス、アナクサゴラスの区別ができない。

    「ア」で始まる人名を五十音順に配列すると誰が一番先頭にくるのか?日本人名では女性シンガーソング・ライター「みんながみんな英雄」のAI(あい)がトップ。「相磯秀夫(情報学)」「阿井英二郎(野球)」「阿井渉介(小説家)」「安威了佐(武将)」「相生千恵子(女優)」「相生由太郎(実業家)」「相川勝六(政治家)」が五十音順排列は上位に並ぶ。ある時、相川勝六は強風で帽子を飛ばされた。「帽子がないと様にならないぞ」と昭和天皇がいいながらその帽子を拾ったという。愛沢寧堅(あいざわやすかた)は明治期の政治家。番外に靉光(あいみつ)という戦前の洋画家がいる。靉川光郎(あいかわみつろう)の略称である。

     芸能人では、ヤフーテレビGガイド出演者一覧によると「アイアム野田」(鬼ヶ島,本名:野田祐介)がトップにくる。ほかに「藍美代子」「相川七瀬」「愛田健二」。紅白出場リストでは「愛内里菜」「aiko」「アイ・ジョージ」の3人がいる。ただし愛内は「垣内りか」に改名。80年代後半のアイドルに相川恵里がいる。相川佳予子(服飾史)、相川梨絵(アナウンサー)、ほかにカーナビーツのアイ高野など。韓国のセクシーシンガー「アイビー」がいる。(画像下)

D11259f2s    世界人名では古代ギリシアの3大悲劇詩人のひとりアイスキュロスの名が事典に載せられているが、フィンランドの建築家アルヴァ・アールト(1898-1976)が切手の肖像になるほど有名である。古代エジプトのヒクソス時代の王にはアアウセルラー・アペピ(前1585-前1542)がいる。広辞苑トップは「ガープの世界」の小説家ジョン・アーヴィング。フルネーム順ならアイヴァン・ディクスン(映画監督)、アイヴス・マガフィー(掃除機の発明者)。アルファベット順では、アロン(aaron、モーセの兄)。Alver Aalto,Aauserra Apepi,IVY,John Irving

世界亀の日

Tortuga    本日は「亀について知り、亀に敬意を払い、亀の生存と繁栄のために人間の手助けをする日」だそうだ。

    アメリカでは亀を全部、turtle と呼ぶが、陸生のものを tortoise(トータス) とも言う。イギリスでは turtle はおもに海水産のもので、陸生・淡水産の亀を通例 tortoise と言う。

  陸亀のことをフランス語、ドイツ語、スペイン語では、それぞれ、tortue(トルテュ)、Schildkrote(シルトクレーテ)、tortuga(トルトゥーガ)。イタリア語はtartaruga(タルタル―ガ)、スウェーデン語は skoldpadda(シェルドバッダ)。ロシア語はチェレバーハ、ギリシャ語はへロナ、アラビア語はソルホファー。

海亀のことは、フランス語tortue marine(トルテュ・マリヌ)、ドイツ語Meeress childkrote(メーレスシルトクレーテ)、スペイン語 carey  (カレイ) もしくは tortuga marina(トルトゥーガ・マリーナ)と言う。

   亀は長寿の象徴とされることから、石碑の台座によくみることができる。これを「亀跌(きふ)」という。亀の胴に龍の首を持った神獣で、中国、朝鮮、日本などみられる。

Img_4
  金昌寺の亀跌(秩父市)


Sn3j0026   名前に「亀」の漢字がつくと「カメ」とか「カメちゃん」と呼ばれることが多い。著名人を集める。亀山天皇(大覚寺党の祖)、亀井南冥、亀井勝一郎、亀倉雄策(デザイナー)、亀井静香(政治家)、亀田興毅(ボクサー)、亀梨和也(ジャニーズ)、亀井善行(野球)。アトピー治療でモーニング娘を退団した亀井絵里は元気にしているだろうか。「水戸黄門」や必殺シリーズなど数々の時代劇で悪役として活躍している亀石征一郎。若い頃は「特別機動捜査隊」や「鉄道公安36号」など二枚目の青年だった。「燃えよ剣」(1970)の七里研之助あたりからニヒルな剣鬼が似合うようになった。(5月23日)

こつこつと苦労を重ねて努力すること

00000427    連続クイズホールドオン!2013年5月23日の問題。「中国の詩・農を憫(あわれ)む」から生まれた四字熟語。一粒一粒が苦労の結晶であることを「粒々(?)」35歳の男性回答者「粒々細々」×。正解はもちろん「粒々辛苦」米を作る農民の一粒一粒にかける苦労のひととおりでないこと。転じて、ある仕事の成就にこつこつ苦労を重ねて努力すること。ご飯の一粒一粒、みんなお百姓さんの汗と苦労の賜物だ。ところで四字熟語「粒々辛苦」の出典を初めて知る。李紳は中唐の詩人、政治家。農民が苦しい作業をしてもなお、餓死する者があることを慨嘆し「憫農の詩」で百姓の労苦を詠い、その刻苦勉励ぶりを称えている。もともと律詩であるが、日本では五言絶句として知られている。(訳)春に一粒だけ穀物の種を播くと、秋には万もの実がなる。国内には休耕田はなく農民は精励しているのに、なお餓死しようとしている。稲の間の草を除こうと鋤きかえしていると、太陽は真南に来て、もう昼時である。汗は稲の根元に滴り落ちる。誰が知ってくれよう。食器の中の飯つぶの来歴を。その一粒一粒のすべてが、農夫の苦労の結晶である事を。

Risin

石川丈山と詩仙堂

   本日は丈山忌。宮本武蔵と吉岡一門との決闘で知られる一乗寺下り松を見た帰りに、洛北詩仙堂凹凸窠を訪れた。ツツジやサツキの庭園が美しい石川丈山(1583-1672)の山荘である。丈山は、大坂夏の陣で一番乗りで敵将を討ち取って功をあげるが、この時の軍律では先陣争いを禁じていたため、蟄居の身となった。そこで武士をやめ、学問に没頭した。その後、詩仙堂で30数年の閑適生活をし、1672年5月23日、90歳で没した。

    閑適を写す

              石川丈山

山棲 静幽に熟し

天性 伊優を辟く

黄巻 観れども尽くること無く

白駒 挽けども留まらず

暮堂 蚊蚋沸き

泉水 月星流る

酒に対して元亮を怜れみ

杖に倚りて阮修を憶う

病羸 双雪鬢

行理 一虚舟

淡を茹いて安楽に居り

道心 万事休す

    山中の隠棲も長くなり、閑静な暮らしにもすっかり慣れた。自分は生まれつき、他人に媚びへつらうことをきらってきた。書物は、いくら読んでも尽きることなく無限にある。だが歳月は、ひきとどめようにも過ぎ去ってゆく。夕暮れの座敷には蚊やブヨが沸いたように襲来するが、庭の池水には、月や星が影を映していく。酒に向かうと、あの酒好きの陶潜のことを慕わしく思い、杖をついて出ようとすると、阮修の故事が思い出される。病みつかれたこの身は、すでに両鬢とも雪のように白くなってしまったが、生き方としては、虚舟のように気ままにしてきた。あっさりした食べ物で安らかに楽しみ、道心を抱いて、何事に対しても、心のはたらきをとめてしまう。(参考:石川忠久「漢詩を読む」1999)

2016年5月22日 (日)

「い」 ファースト・ネームから引く人名一覧

600fullirinademick   「い」から始まる外国人名は意外と少ない。とくに英語圏に少ない。「史上最大の作戦」のイリナ・デミック(画像)フランス女優だが、実はロシア人。イ・ビョンホン、イ・ヨンエなど韓国姓「李」は大数なので省く。▽「イレネウス・アイブル・アイベスフェルト」1928年オーストリア生まれの動物行動学者。

E・G・マーシャル
イアン・ソープ
イアン・フレミング
イアン・ホルム
イアン・マッケラン
イヴァン・モジュヒン
イヴォ・アンドリッチ
イヴォンヌ・ジョルジュ
イヴォンヌ・ストラホフスキー
イヴォンヌ・プランタン
イーヴリン・アンダーヒル
イーヴリン・ウォー
イヴリン・ヴェネブル
イヴリン・ブレント
イエジ・J・ヴィアトル
イオアニス・メタクサス
イオアニス・ラリス
イオセブ・ベサリオニス・ジュ・ジュガシヴィリ(スターリン)
イグナツィ・ヤン・パデレフスキー
イグナティウス・デ・ロヨラ
イーゴリ・ストラヴィンスキー
イサーク・バーベリ
イサドラ・ダンカン
イザベラ・デステ
イザベラ・バード
イザベラ・ロッセリーニ
イザベル・アジャニー
イザベル・ユペール
イーサン・ホーク
イタリア・アルミランテ・マンツィーニ
イタロ・ズヴェーヴォ
イーデス・ハンソン
イーデス・シットウェル
イナ・バウアー
イナマ・シュテルネック
イブ・モンタン
イブン・アルハイサム
イブン・サウード
イブン・シーナー
イブン・ハズム
イブン・バットゥータ
イブン・ハルドゥーン
イブン・ファドラーン
イブン・マージド
イブン・ルシュド
イベット・ジロー
イメルダ・マルコス
イーライ・ウォラック
イライザ・タルカット
イライザ・ドゥシュク
イライジャー・ウッド
イリア・カザン
イリア・トラベルグ
イリエール・ジェルマン・エドガー・ドガ
イリナ・デミック
イリヤ・エフィーモヴィチ・レーピン
イリヤ・グリゴリエビッチ・エレンブルク
イレーヌ・ジャコブ
イレーヌ・ジョリオ・キュリー
イレーネ・パパス
イレネウス・アイブル=アイベスフェルト
イワン・アイワゾーフスキー
イワン・ゴンチャロフ
イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ
イワン・ニコラーイェヴィチ・クラムスコイ
イワン・パブロフ
イワン・ピエトロビッチ・パブロフ
インガー・スティーブンス
インキジノフ
イングマール・ベルイマン
イングリッド・クリスチャンセン
イングリッド・バーグマン
インディラ・ガンディー
インラック・シナワトラ

Evelyntorchlookalike
 イヴリン・ヴェネブル

ワシントン条約

   ワシントン条約には有名なもので三つある。ひとつは、1871年にアメリカとイギリスの間で結ばれた条約。南北戦争中に両国間に生じた種々の問題の解決をうたってはいたが、実際上はアメリカとカナダの問題、特に漁業権と水利権のからまる問題でこの条約で解決された。

  二つ目は1921年にアメリカのハーディング大統領の提唱で開かれた海軍軍縮会議。1922年にアメリカ、イギリス、日本、フランス、イタリアの5か国で調印された。正確には「ワシントン海軍軍備制限に関する条約」。

   三つ目は1973年2月から3月にアメリカ合衆国のワシントンDCで採択され、1975年に発効した野生動植物保護のための国際条約。正式名称は「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」。日本を含む多くの会議参加国が条約に署名した。条約の条文が採択されたのみならず、附属書と呼ばれる規制対象種のリストも作成された。特命全権会議が開かれた都市名に因んでワシントン条約、条約名の英文頭文字わとってCITESとも称され、国際的にはCITESのほうが通りがよい。参考:「魚たちとワシントン条約」2016年

水戸黄門の「黄門」とは何か?

   徳川光圀は黄門様として庶民に親しまれている。どうして「黄門」という名前がついたのか。当時は、老中や若年寄などの幕府の官職のほかに、京都の天皇からもらう官職があった。光圀が天皇からもらったのは、中納言という官職で、この別称が「黄門」である。広辞苑の説明によれば、「唐の門下省の次官である黄門侍郎の職掌に似ているからいう。中納言の唐名。」とある。映画やテレビでは助さん格さんを連れて旅に出たことになっているが、実際には、諸国はおろか、ほとんど旅に出ることはなかった。学問好きの光圀は「大日本史」の編纂事業に専念していた。

    大岡忠相は町奉行として知られるが、いまでいえば、都知事と警視総監、さらに裁判長を兼ねたような高官で、実際に直接携わった裁判は1件しかなかった。小石川養生所の医師、榊原伊織は架空の人物である。

    「この桜吹雪が目に入らぬか」の決め台詞の刺青判官、遠山金四郎。金さんは実在していた人物で、1793年に生まれ、62歳の生涯を送り、1855年に没している。義賊、鼠小僧次郎吉も実在していたらしく、1797年に生まれ、初め鳶人足であったが、博打に身をもちくずし、大名屋敷専門の盗賊となった。1832年、小塚原の刑場で磔・獄門となった。

雨に濡れた東京タワー

  2012年のこの日、東京の新ランドマークとして東京スカイツリーが開業した。地上634mは世界一の高さである。タワーの足元には東京ソラマチという300を越える商業施設がある。「スカイツリーは雲の上」(さくらまや)、「夜空のスカイツリー」(西郷輝彦)、「東京スカイツリーの歌」(みどりこ)、「東京スカイツリー音頭」(相原ひろ子)と、スカイツリーを題材にした歌謡曲もあるが、あまり耳にしたことはない。韓国人歌手チェウニは東京をテーマとした曲をこれまで歌ってきた。新曲は「ガラスの東京タワー」。でもなぜか東京タワーを歌った曲はヒットしないというジンクスがある。通天閣なら村田英雄「王将」という大ヒット曲がある。なぎら健壱「東京タワー」、角松敏生「Tokyo Tower」、松任谷由実「手のひらの東京」、CHAGE 「トウキョータワー」、美空ひばり「東京タワー」、池田聡「東京タワーを消せるなら」、アグネス・チャン「東京タワーを鉛筆にして」など多数あるが歌うことすらできない。あまりに有名な観光スポットであるため、ベタになり映画、小説、流行歌になりにくいのだろうか。でも最近は江國香織の小説でちょっと事情が変わってきたようだ。「世の中でいちばんかなしい景色は雨に濡れた東京タワーだ」という書き出しで物語ははじまる。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」でも東京タワーは重要な役割を果たしていた。完成から半世紀を経て歴史的建造物となって風格がでてきたのだろうか。高さ333m。内藤・日建設計。内藤多仲(1886-1970)の設計による。(5月22日)

「人生不可解」 藤村操、華厳の滝に投身自殺

Photo_6     明治36年5月22日、一高生徒の藤村操が日光・華厳の滝に投身自殺した。投身に先立ち、かたわらの大樹をけずり、巌頭之感を書き残した。

悠々たる哉天壌、遼々たる哉古今、五尺の小躯を以て此大をはからんとす。ホレーショの哲学竟に何等のオーソレチーを価するものぞ、萬有の真相は唯一言にして悉す、曰く「不可解」。我この恨を懐いて煩悶終に死を決す。既に巌頭に立つに及んで、胸中何等の不安あるなし、始めて知る、大いなる悲観は大いなる楽観に一致するを。

   ここで引き合いに出されているホレーショというのは、シェークスピアの「ハムレット」の登場人物のことである。それはともかく、当時夏目漱石は第一高等学校で英語を教えており、藤村は教え子であった。野上豊一郎は漱石との関係を次のように語っている。

   先生は何しろ生徒が下読みをして来ないのを嫌われたが、藤村は自殺する頃二度ほど怠けた。最初の日先生から訳読を当てられたら、昂然として「やって来ていません」と答えた。先生は怒て「此次やって来い」と云って其日は済んだが、其次の時間に又彼は下読みをして来なかった。すると先生は「勉強する気がないなら、もう此教室へ出て来なくともよい」と大変に叱られた。するとその二三日後に藤村の投身のことが新聞に出た。その朝、第一時間目が先生であったが、先生は教壇へ上るなり前列にゐた学生の心算では、あの時手ひどく怒った故彼が自殺をしたのじゃないかと、ふと思ったのだったさうだ。後年小説の中で藤村の死に対する先生の理解を示されたが、藤村についてはそんな挿話があったのである。

  藤村操の投身自殺は同世代の青年に大きなショックを与えた。

ローレンス・オリヴィエと3人の妻

Leigholiver    ローレンス・オリヴィエは1907年5月22日、英サリー州ドーキング生まれ。父は牧師ジェラルド・カー・オリヴィエ。16世紀末の宗教戦争でフランスから逃れてきた新教徒の子孫。15歳のときシェークスピア記念劇場で「じゃじゃ馬ならし」で初舞台。1925年にブライトンのヒポドロー劇場での「幽霊列車」で注目されて以来、名優の名をほしいままにした。オリヴィエは3回結婚している。ヴィヴィアン・リーは2度目の妻。一度目はジル・エズモンド。三度目はジョーン・プロウライト。3人の妻は、いずれも女優である。

5973565245_1e5d7ed74e Joanplowright01
   ジル・エズモンド         ジョーン・プロウライト

(Laurence Olivier,Jill Esmond,Vivien Leigh,Joan Plowright)

にんじん

Ninjin03   フランソワ・ルビック少年は赤い髪とそばかすのある顔のため家族から「にんじん」という仇名で呼ばれている。作者ジュール・ルナールは1910年5月22日、46歳で亡くなっている。原題は「Poil de Carotte」(ボアル デ カロットゥ)「にんじんのような毛」を「赤毛」と訳されたが、「にんじん」で定着した。

 英語carrot(キャロット)、仏語carotte、ドイツ語Karotte(カロッテ)、スペイン語Zanahoria(サナオリア)、イタリア語carota(カロータ)、スウェーデン語morot(ギリシャムーロット)、ギリシャ語カロート、アラビア語カザル、ロシア語マルコーヘフィ、ラテン語carote((カロト) 。(Jule Renard)

2016年5月21日 (土)

知ってる?県名の由来「佐賀」

 佐賀県は玄海灘と有明海の2つの海に接する。吉野ヶ里遺跡、ムツゴロウ、大隈重信、葉隠などで知られるが、唐津・伊万里・有田などは古くから陶磁器の産地として有名である。ところで佐賀県の地名の由来には諸説ある。

①大きなクスノキが繁っているのをみた日本武尊が、「この国は栄の国(さかのくに)と呼ぶのがよい」といった。「肥前国風土記」の記述に由来し、「さか(栄)」が変化した。

②「砂州」「低湿地」を意味する「すか」が変化した。

③「さか(坂)」が変化した。

➃佐嘉川(現在の嘉瀬川)の河口付近は、満潮時に潮流が逆流するため、「逆流する川」の意味で「さか川」となり、この地域を「佐嘉」「佐賀」と呼ぶようになった。

世界のリンゴ

1401205top   「1日1個のりんごを食べると医者から遠のく」といわれ、昔からリンゴは健康に良いとされている。リンゴはまさに果物の王様なのである。世界の年間生産量は、7637万トン(2012年)、国別では中国がダントツの1位で、以下アメリカ、トルコ、ポーランド、インド、イタリア、イラン、チリ、ロシア、フランスの順である。日本は世界で第16位。

apple  アップル  英語

Apfel アプフェル  ドイツ語

pomme  ポム   フランス語

mela    メーラ  イタリア語

manzana   マンサーナ  スペイン語

maca   マサン  ポルトガル語

apple   エップレ  スウェーデン語

omena  オメナ   フィンランド語

malum   マールム  ラテン語

ヤーブラカ  ロシア語

jablko   ヤブルコ  チェコ語

メーロン  ギリシャ語

トファーハ  アラビア語

苹果   中国語

サグァ  沙果  韓国語

tao   タォ  ベトナム語

   アツプン   タイ語

elma    エルマ  トルコ語

長篠の戦いと松平信康

Obj09    1575年のこの日、織田信長、徳川家康連合軍と武田勝頼とは、三河国南設楽郡(愛知県新城市)の長篠城と、その西南の設楽原で激突した。信長が用意した3000挺の鉄砲が勝敗を分けた。徳川家康の長男、松平信康はこのとき初陣で16歳。その戦いぶりを敵将勝頼は「かの小冠者長生せば必ず天下に旗を立つべし」と評したという。4年後、武田と内通したと信長に問責され自害する。(5月21日)

津山三十人殺し

    昭和13年5月21日、岡山県西加茂村の貝尾・坂元集落で失恋青年が銃刀で30人を惨殺するという前代未聞の残虐な犯罪があった。犯人は都井睦雄という21歳の秀才の青年だったが、結核を患っていた。「阿部定事件以上のどでかいことをしてやる」と友人にもらしていた。犯行は計画的で遺書を残して自殺しているが、関係者がすべて死んだため詳細は不明な部分も多い。以後、横溝正史「八つ墓村」や西村望「丑三つの村」などの題材に使われることも多い。

百恵と不入斗

Photo    1973年のこの日、山口百恵は「としごろ」でデビューした。横須賀「不入斗」(いりやまず)とは不思議な感じを受ける地名だが全国に多数ある地位である。かつて花街や遊郭だった所が多い。旅籠、湯屋、飯屋、飲み屋、遊郭が狭いところに集まれば、迷路のようになる。イリヤマズとは地形のことを指しているのだろう。元来は「不入計」と記して「イリヨマズ」と読み、神領(免租地)を表わした。百恵は横須賀の不入斗中学校に通っていた。品川中学校に転校しているので長くはいなかっただろう。「ひと夏の経験」という歌は青い性路線といわれて好奇の目でみられたが、歌詞とは裏腹に清純な印象を人々に与えた。だが高い人気もアイドル路線ではいつか飽きられる。シングル13曲目「横須賀ストーリー」が百恵の分岐点だった。少女時代の情景を歌に入れることでリアルになった百恵とファンは一体となり、他のアイドルとは異なる稀有のスターになった。(5月21日)

ニューヨークのチャイコフスキー

Carnegiehall   ニューヨーク市マンハッタンにあるコンサートホール、カーネギーホールの杮落として指揮したのは、チャイコフスキー(当時51歳)だったことはクラシック・ファンには余りに有名な話であろう。チャイコフスキーは1891年3月ペテルブルグからベルリンを経由してパリに着いた。パリではコロンヌのオーケストラを指揮して自作を演奏し、4月18日にルアーヴル港を出発して、大西洋を渡り、26日にニューヨークに着いた。演奏は5月5日の杮落としも含めて、4回の演奏会はすべて大成功でチャイコフスキーは2500ドルを貰って満足した。ナイアガラの滝を見たり、ボルティモアやフィラデルフィアでもオーケストラを指揮したりして、5月21日に、ニューヨークを後にした。26日間のアメリカ演奏旅行だった。

2016年5月20日 (金)

タイ人名キャテポン・ラッチャギャングライ

   リオ五輪アジア代表がかかる日本対タイの女子バレーボル。試合は熱戦になり最終セツトまでもつれた。序盤タイが大きくリードしたが異変が起きた。タイのキャテポン監督が審判から2度もレッドカードを受け、日本が逆転勝利した。試合後もキャテポンは判定に不満を爆発させ、好勝負も後味の悪い結末となった。真相は選手交代をしようと、タブレット端末のボタンを2度押したが、了承されなかった。埒が明かず、タイムアウトを要求したが、それが遅延行為とみなされたらしい。キャテポン監督の正式な名前はとても長い。キャテポン・ラッチャギャングライという。タイの人名は名・姓の順で、ラッチャギャングライが家族名。タイ中東部にあるナコンラッチャシマ出身の49歳。タイの首都バンコクの正式名が長いことは知られるが、一般に名前も長い姓が多いらしい。

   タイ人の有名人といえば、キックボクサーが多い。チューチャイ・ルークパンチャマ、バナナン・ルークパンチャマ、サネガン・ソーパッシン、クンタップ・ウィラサレック、チャンプアック・チョー・シープラ―サート。Kiattipong Radchatariengkai

ユリシーズ・アルドロバンダス

300pxulysse_aldrovandi   イタリアの博物学者。1522-1605。現地語に近いウリッセ・アルドロヴァンディと表記されることもある。ボローニャの貴族の家に生まれた。1553年に医学と哲学の学位を得て、1554年からボローニャ大学の論理学と哲学を教えはじめ、1561年に博物学の教授職についた。イタリア各地に採集旅行を行ない、多くの動植物誌を執筆した。

相生垣瓜人から椀屋久右衛門まで(日本の人名)

   名前を配列するには一定のルールが必要である。①姓と名を区分するのか②電話帳のように漢字排列にするのか、カタカナの五十音とするのか③アルファベット表記をどう扱うのか

    すべての日本人名を一挙に五十音順に配列するのは膨大なる作業で不可能なので、特定の苗字をピックアップして記事をまとめる。先ずは「相生」と「相川」から始める。コンサイス日本人名事典では相生由太郎がトップにくるが、俳人に相生垣瓜人(1898-1985)がいる。「あいおいがきかじん」と読み、兵庫県高砂の生まれだが、長く静岡県浜松で暮らした。ほかに、女優の相生千恵子(1934-2013)はがいる。相生由太郎(1867-1930)は日本郵船、三井鉱山を経て、三井物産に入社。その後、満鉄に入社し、大連埠頭の仲仕組・運送組を満鉄直営とした。満鉄を辞職後、大連で実業家として成功した。相川勝六(1891-1973)は官僚、弁護士、政治家、のち厚生大臣を歴任。ある時、強風で帽子を飛ばされた。なんとその帽子を拾ったのは天皇陛下だった。天皇は「帽子がないと様にならないぞ」と軽いジョークを言われた。江戸時代の回船問屋の商人、会津屋八右衛門。なお人名五十音配列のラストは、大坂堺筋の豪商「椀久(わんきゅう)」こと椀屋久右衛門である。豪遊の果てに座敷牢へ入れられ、1677年に狂死した。

コロンブス忌

    クリストファー・コロンブスは地位も名誉も失い不遇のうちに、1506年5月20日、マラリアの後遺症と痛風にいためつけられてスペインのバリャドリッドで没した。自身はアメリカ大陸のことは死ぬまでインドだと信じていた。55歳だった。イタリアのジェノヴァの生まれと一般にいわれるが、幼年時代の記録はなく、両親がスペインのバルセロナ出身という説もある。スペインでユーロ切り替え以前に発行された5000ペセタ紙幣にコロンブスの肖像が使用されている。(Christopher Columbus、5月20日)

Spainpapermoney5000spanishpesetasbi

田中館愛橘

Photo_3    本日は「ローマ字の日」。ローマ字国字論を唱えた田中館愛橘の命日に因む(本当は21日が命日)。ローマ字の表記にはヘボン式と訓令式の2種類がある。パスポートの場合、ヘボン式を推奨している。shi(シ)、chi(チ)、tsu(ツ)

   田中館愛橘(1856-1952)は、安政3年9月、陸奥国二戸郡福岡町(現:岩手県二戸市)に生れた。明治5年に盛岡の照井小作塾に入り、その後、慶応英語学校などを経て、明治11年に東京大学理学部に入学してメンデンホール、ユーイングの指導をうける。明治13年にはメンデンホールに従って東京と富士山頂の重力測定を行ない、その後、明治20年まで日本各地や朝鮮半島で重力測定を実施していった。明治21年にイギリスに渡ってグラスゴー大学で学び、さらに明治23年にはベルリン大学に移って研究を重ね、明治24年に帰国した。

    帰国後、帝国大学教授となったが、その年の10月28日早朝に濃尾大地震が発生した。この地震の被害は建物被害全壊14万2千戸、半壊1万8千戸、死者7,273人に達した。現地には田中館をはじめ、大森房吉(1868-1923)、今村明恒(1870-1948)、小藤文次郎(1856-1935)、長岡半太郎(1865-1950)、巨智部忠承(1854-1944)、そしてミルンらが調査にあたった。田中館はこの地震に際して地磁気観測で根尾谷断層を発見して、その後の地震研究に貢献した。明治25年には、震災予防調査会委員となって、地磁気観測を行ない、明治27年に万国測地学協会委員となり世界各国の国際会議に多数出席し、重力、地磁気、地震などわが国の地球電磁気学の発展に貢献した。(5月20日)

D0201458_14351414

Img_1501906_60809079_2_2    難波のローマ字表記はNAMBAになる。「ん」の後が、B、M、Pの場合は、NではなくMになる。

ヴァスコ・ダ・ガマとインド航路

Photo_2

    16世紀大航海時代をもたらした要因の一つは、香辛料をはじめアジア物産に対するヨーロッパ人の欲求であったが、ヴァスコ・ダ・ガマ(1469-1524)とカリカット領主のやりとりはアジア物産の豊かさを物語っている。1498年5月20日、ガマは香辛料や宝石の交易で賑わうカリカットに上陸すると、この地の領主ザモリンに面会を求めた。ガマが領主に用意した贈物は、布、帽子、珊瑚玉などである。領主の執事はこれを見て、「とても王様に差し出す品物ではない。アジアの最も貧しい商人でもこれ以上の贈物を持ってくる」と罵った。ガマはどうにか香辛料を手に入れたが、結局、贈物は拒否され、出航許可として税金を命じられた。しかし、ガマはその税金も支払わず、出航を強行したのであった。( keyword;Vasco da Gama,Zamorin )

2016年5月19日 (木)

古代ローマ人の道路建設

Photo_2

   すべての道はローマに通ず(ラ・フォンテーヌ「寓話」)

  AII roads lead to Rome.

  ローマ帝国は放射状の道路があらゆる地方へと結ばれ、いくつもの道路を建設したことで名高い。その建設には捕虜や奴隷が用いられ、全長は約8万㎞に及んだ。これらの軍道は建設した役人(ケンソル)の名をとってフラミニア街道、アエミリア街道、アンニア街道、カッシニア街道、サラリア街道、ラディナ街道などと名づけられた。その中で最も有名なのはローマから南東に向かうアッピア街道で、前312年にアッピウス・クラウディウス・カエクスによって建設され、ローマからカプアまでいく道だった。後ベネウェントゥムを通ってブルンディシウムまで延長された。全長540㎞、幅8m。舗装の厚さは約1.5m。中央部をやや高くして、雨水が側溝に流れ込むように設計されている。土を盛ることを、ローマ人は「アッゲル」と言った。アッゲルとはもともと「土手」とか「城壁」を意味する言葉で、道路自体を周辺地盤より高く盛り上げることをいい、土手道とか盛土道と訳されることもあった。

    道路は最初は軍事用に建設されたものが多かったが、まもなく経済面で役に立つようになり、大量の商業運輸に使われた。州境では輸入税が課せられ、帝政時代後期には荷の積み過ぎを防ぐために荷車を検査する任務の役人がいた。道路維持経費の一部は、道が通ることで利益を得る地域社会が負担させられた。Via Appia 

明治のスクイズ

Ngy201107180071

   巨人の川相監督代行の采配が面白いように的中し、原監督が不在の期間、4勝1敗で乗り切った。川相といえば現役時代、バントの名手として知られた。通算533本の犠牲バントはギネス記録。そのうちスクイズは何本あるのか。スクイズとしての記録は残らないそうだが、確認できるのは1991年5月19日広島戦の1回のみ。

   スクイズという戦法はいつ頃から使われたのだろうか?なんと明治からあった。明治39年10月、長野師範で行われた長野県の第5回連合運動会において、松本中学と上田中学の試合で、松本中学の大沢選手が試みたスクイズが日本初である。(参考:森岡浩「高校野球がまるごとわかる事典」 2005年) squeeze

天皇プラカード事件

Img_2
戦後の全国巡幸は現人神から象徴天皇へ変身するためパフォーマンスだった

   松島松太郎(1915-2001)は、大正4年、東京芝高輪で唐木職人の父・末吉、母・いねの次男として生れた。昭和5年、高等小学校を卒業して日本銀行に給仕として就職し、同時に大倉商業学校の定時制に入学した。在学中に、のちの理論社などの出版業を営む小宮山量平と左翼グループを結成した。昭和16年、東京三田の田中精機株式会社に総務課長扱いで就職した。敗戦をへて、昭和20年11月初旬、日本共産党に入党し、同時に田中精機に労働組合を結成して委員長に就任した。翌21年1月、春日正一(1907-1995)らと連絡をとりながら、日本共産党の組織づくりを指導した。昭和21年5月19日、皇居前広場で開かれた食糧メーデーにおける「天皇プラカード事件」で検挙される。この年は都市には失業者があふれ、物価は高騰し、食糧は不足していた。食糧メーデーで松島はプラカードの表に「詔書 国体はゴジされたぞ、朕はタラフク食ってるぞ、ナンジ人民飢えて死ね、ギョメイギョジ」、裏に「働いても働いても、何故私たちは飢えているのか、天皇ヒロヒトよ答えよ」と書いた。事件は社会的波紋を呼び、裁判所では弁護側が「不敬罪の存続は天皇制批判の自由を圧迫するものだ。天皇を国民的象徴とする改正憲法は不敬罪を以て国民に天皇を尊敬せしむるという根拠をさえ失っている」と反論するなど、そのゆくえが注目された。結局、昭和21年11月2日、「ポツダム宣言を受諾し降伏文書に調印した後においては、従来の天皇の特殊的地位は完全に変革し、その時以後これまで法的に認め難かったところの天皇の個人性を認めるに至った結果、かかる天皇の一身に対する誹謗、侮蔑などにわたる行為については不敬罪をもって問擬すべき限りでなく、名誉に対する罪条をもってのぞむを相当とする」として名誉毀損による懲役8ヵ月の有罪判決が言い渡される。一審有罪の後、弁護側は「親告罪である名誉毀損が、天皇の告訴なしになぜ成立するのか」という理由で控訴したが、二審(昭和22年6月28日判決)では「不敬罪だが大赦で免訴」となり、三審(昭和23年5月26日大法廷判決)では「大赦で審議できず」となった。松島松太郎は、のち党活動指導部の全国オルグを務め、昭和25年以降は神奈川県川崎に転居し、日本共産党の専従として活動した。昭和35年の安保闘争では神奈川県民会議の代表幹事として運動を指導した。昭和48年11月中央委員に就任。のち中央党学校(静岡県伊豆)の主事を務めた。平成13年8月9日、胃がんにより死去。享年85歳。

夏は文庫本で!

Img_0001_2児の本にふえし漢字や麦の秋(木下夕爾)

 わが子が読む本に、漢字が増えてきたことに気がついた。子の健やかな成長の喜びを、麦の成長、実りに重ねる。「麦の秋」は秋ではなく、初夏の季語。

    今年も夏が来た!と感じるのは、書店にお薦めの文庫本のキャンペーンがはじまるのを見る時だ。「読書の秋」というけれど、最近は夏の文庫本フェアのほうに出版各社は力を入れている。もともとは中学生、高校生の夏休みの読書感想文をねらった企画であったが、サラリーマンや主婦にもそのターゲットは広がってきた。社会人も夏は昔読んだ名作をもう一度読み返して、青春にかえる気分であろうか。そして各出版社から小冊子がでている。店頭でタダで貰えるのでいつしかむかしのものが何冊も本箱にあった。「発見、夏の百冊」「海と山と太陽と一冊、理沙のオススメ」「角川文庫の名作150完全カタログ」。宮沢りえの「新潮文庫の百冊」(1991年)の内容は充実している。山田太一・鷺沢萌の対談「そこにはいつも本があった」、小川洋子のエッセイ「夜の高田馬場」などを掲載している。夏休みから読書をはじめてみようか。女優をモデルにして本を宣伝するのは、河出書房などの全集ブームの頃からあった。しかし文庫本のキャンペーンは何時から始まったか正確には知らない。1970年代の半ば頃にはあったような気がする。

Img_3

  昭和42年頃のカラー版日本文学全集

Img_0002_2

Img_0003_2

Img_0004_2

   内藤洋子、深田恭子、後藤理沙、夏帆とモデルの子が可愛いので古くなるとコレクションとして結構楽しめる。

   これらの小冊子にどんな本が紹介されているのか。「坊ちゃん」「こころ」「舞姫」「河童」「たけくらべ」「人間失格」「走れメロス」「斜陽」「銀河鉄道の夜」「友情」「堕落論」「車輪の下」「絵のない絵本」「ロビンソン・クルーソー」「シャーロック・ホームズ傑作選」などの古典。新しいものでは赤川次郎「午前0時の忘れもの」、江川晴「救急外来」、江國香織「なつのひかり」、岡崎弘明「学校の怪談」、北杜夫「船乗りクプクプの冒険」、北方謙三「檻」、小池真理子「無伴奏」、田辺聖子「お気に入りの孤独」、椎名誠「岳物語」「麦の道」、辻仁成「ピアニシモ」「オープンハウス」、花村萬月「風に舞う」、原田宗典「平成トム・ソーヤー」などなど。

   新潮文庫のロングセラーのベストテンが紹介されていた。(1991年3月)①「人間失格」②「こころ」③「友情」④「老人と海」⑤「破戒」⑥「異邦人」⑦「悲しみよこんにちは」⑧「雪国」⑨「坊ちゃん」10「斜陽」

    1位から3位までは日本の作品だが、4位にヘミングウェイ「老人と海」が注目される。キューバの老漁夫と巨大なカジキとの死闘を描き、自然の厳粛さと人間の勇気をたたえた海洋小説である。

吉沢独陽

  芦屋裏山

識らず知らずに 来は来てみたが

さるとりいばらの 赤い実が

ぽつりぽつりと あるばかり

遠い昔の おもいでに

雑木林の細道の 空の深さよせつなさよ

Img_0008     吉沢独陽(1903-1968)。本名は吉沢舛男。信州伊那市の生まれ。大正5年に上京。神田神保町の古本屋で丁稚奉公のかたわら、明治薬学専門学校に学び、薬剤師の免許をとり、ラジウム製薬会社(錠剤工場)を創設。大成中学校の講師を兼任。関東大震災の後、芦屋に移る。芦屋市西山町18に聖樹薬局(聖樹薬詩園)を経営。戦前、日本詩壇を創刊。さらに戦後は、「聖樹」を坂本勝と共に刊行(日本詩人クラブ、日本文芸協会に所属)芦屋在住40年余りの間、登山にうちこみ日本アルプスに70余回、芦屋の裏山は我が庭も同然だった。昭和43年死去。昭和5年5月19日に生田春月は瀬戸内海に投身自殺する2日前に吉沢独陽を訪ねている。折り悪く吉沢が留守だったので、春月は自分の写真を一枚置いていった。著書に「地に潜る虫」(昭和3年刊、序・白鳥省吾、富田砕花)がある。

2016年5月18日 (水)

子育ての費用

  少子高齢化は大問題である。ある校長の発言は波紋を投げかけたことは記憶に新しい。「女性にとって最も大切なことは、こどもを2人以上産むことです。これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります」と。しかし問題はお金。ある民間保険会社の調査によれば、出産から大学卒業までの総費用は約3000万円かかるそうである。まだ物価が低かった昭和32年頃はいくらかかったか。「これからの家族計画」(主婦と生活10月号付録)によると、陣痛から出産そして退院まで一万一千円。人工栄養としてのミルク代二万二千円。母乳がたっぷり出ても18歳までの食費とおやつで446,400円。幼稚園に行くとしたら2年間で36000円。小学校は6年間で80,000円。中学校は3年間で60,000円。高校は公立で20万円、私立で27万円。男子は大学を4年間で卒業させるとして、国立で55万円、私立は80万円。合計約1,527,000円。女児は高校卒業して間もなく結婚するならば結婚費用は調度も式も旅行の費用もすべて含めて20万円として、合計約1,033,400円なり。この半世紀で30倍物価が上がったがさらに消費税が10%になるとますます生活は苦しくなるだろう。

聖書

3z20120815gz0jpg0023910010    聖書はユダヤ教およびキリスト教関連の宗教にはもっとも重要な宗教文書とされる。もっとも旧約聖書と新約聖書の両者を聖書と呼ぶのはキリスト教の立場に基づくものであることは留意すべきである。ユダヤ教にとってはいわゆる新約聖書は経典ではないし、イスラム教にとっては両聖書とクルラアーンとはいずれも経典である。ただしクルアーンが優越すると考えられている。図版はエルビス・プレスリー所蔵の聖書。聖書の内容は、天地創造、アダムとイブの禁断の果実、ノアの方舟、アブラハムと子供たち、天使と格闘してイスラエルの名前を授かったヤコブ、モーゼの出エジプト、王国に繁栄をもたらしたダビデとソロモン、バビロン捕囚、キリストの復活など。このような歴史的な叙述だけでなく、法律、預言、詩、格言、歌、手紙などさまざな文章が集められている。エホバの証人の本によると、「聖書は西暦前1513年に書き始められ、1600年以上かけて、西暦98年に書き終えられた」とある。これは66冊の書からなる聖書の初めの部分、「創世記」「出エジプト記」「レビ記」「ヨブ記「民数記」「申命記」「詩編90編」をモーセが書いたと考えているからである。そうすると、聖書は今から約3500年前に書き始められたことになるが、文字の発達していない時代にこのような複雑な文章を残すことは歴史学的立場から考えるとあり得ない話である。(Bible,Quran)

  聖書・キリスト教関係文献目録

摩太福音書 ジョナサン・ゴーブル  1871
西洋教草 永田方正          1873
新約聖書 日本聖書協会       1879
旧約聖書 日本聖書協会       1888
聖書辞典 平文・山本秀煌編纂 基督教書類会社 1892
引照新約全書 大日本聖書館 1894
上川基督教育青年会憲法及細則 上川基督教青年会 1902
約翰傳福音書新約聖書 聖書館 1903
戦争と宗教 デフォリスト述 警醒社書店 1905
聖書物語 通俗文庫 百島冷泉訳 内外出版社 1907
ルナン氏耶蘇会 エルネスト・ルナン 日高有倫堂 1908
旧約聖書出埃及記 米国聖書会社 1911
使徒行伝 新約聖書 米国聖書会社 1915
基督再臨問題講演集 内村鑑三 岩波書店 1918
新約聖書一日一訓 松本苦味編 大日本雄弁会 1918

お尻をみせると悪魔が退散する

Photo アイドル歌手きゃりーぱみゅぱみゅはお風呂のあとで自分のお尻をプリンプリンして、友だちに見せつける癖があるという。癖といえば笑福亭鶴瓶の露出癖。いまでこそ鶴瓶は全国区のタレントだが、一時期、在京のテレビ局から、まったくおよびがかからない時代があった。鶴瓶は山口百恵が歌っている最中に急に下半身を露出し、百恵がその局部を見て絶叫したという。事態を重くみた、テレビ局は数年間、鶴瓶を出入り禁止処分とした。民放で見放された鶴瓶だが、さだまさしの後を継いだ家族に乾杯で人気を回復したというのは人生わからないものである。下半身を露出したり、お尻をカメラに突出したりすることは、タブーだが、むかしのヨーロッパの迷信に「お尻をみせると悪魔が退散する」というのがある。お尻信仰の由来は、ほかの類人猿にはない丸いお尻こそが、人間であることの特徴とされるからだと説かれている。

古戦場跡は桶狭間ではなく田楽狭間

Tz_22_25    本日は桶狭間の戦いがあった日。永禄3年(1560)5月、天下に野望を抱く今川義元は、斎藤道三の亡きあと衰えた美濃を踏み破り、諸城を落として一気に上洛せんものと25000の大軍を率いて西上の途にのぼった。5月18日、織田領の丸根・鷲津両城にも今川の脅威が迫ったとの報に接した信長は清洲城で軍議を開いた。織田の兵力はわずか3000にすぎず、籠城説が大勢を占めた。しかしその夜信長はにわかに出陣を触れ、真っ先に馬を駆けさせた。信長のあとを追ってきた兵は熱田神宮まできたとき1000人となり、善照寺についたときは3000人にふえていた。今川の25000人に比すれば問題にならない劣勢である。しかし危機に立たされた信長としては、死中に活を求めるしかなかった。翌19日。今川義元はこのとき、桶狭間の北、田楽狭間(愛知県豊明市栄町)に駐屯して、勝ち戦の祝杯をあげていた。兵士にも酒を配り、警備は全くおろそかにしていた。折から空には黒雲がたれこめ、豪雨がふり注ぎ、あたりは全く見通しがきかなくなった。その機をのがさず信長は横合いから義元の旗本めがけて襲いかかった。義元の軍はたちまち混乱し、軍を立て直す暇もなく、ついに義元が毛利新助によって討ち取られたのである。大将を討たれた今川軍はたちまち敗走した。この時徳川家康は義元軍に従軍していたが、この合戦ののち自立し、信長に属している。この戦いには迅速果断な信長の面目がよくあらわれている。信長の武名は一躍とどろき、今川義元に代わって上洛を志すに至った。

2016年5月17日 (火)

「み」 ファースト・ネームから引く人名一覧

20321   ミヒャエル・エンデ(1929-1995)ドイツの児童文学者。時間泥棒から人々を救う少女を描いた「モモ」が、世界的ベストセラーとなる。文明批評を織り込みながら空想の世界をたくみに描き、広く人気を得た。他に「はてしない物語」「鏡の中の鏡」。

ミア・ファーロー
ミア・ワシコースカ
ミケランジェロ・アントニオーニ
ミケランジェロ・ブオナローティ
ミゲル・デ・ウナムーノ
ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラ
ミシェール・ファイファー
ミシェル・オバマ
ミシェル・ピコリ
ミシェル・アイケル・モンテーニュ
ミシェリーヌ・プレール
ミース・ファン・デル・ローエ
ミッキー・ルーニー
ミシェル・フーコー
ミッシェル・モルガン
ミッキー・ローク
ミドハト・パシャ
ミハイル・アルツィバーシェフ
ミハイル・カトコフ
ミハイル・クトゥーゾフ
ミハイル・グリンカ
ミハイル・シューマッハ
ミハイル・ショーロホフ
ミハイル・セルゲーエヴィチ・ゴルバチョフ
ミハイル・トゥガン・パラノフスキー
ミハイル・フョードロヴィチ・ロマノフ
ミハイル・ユーリエヴィチ・レールモントフ
ミハイル・ラリオーノフ
ミハイル・ロマノフ
ミハイル・ワシリェヴィチ・ロモノーソフ
ミラ・クニス
ミラ・ジョヴォヴィッチ
ミラード・フィルモア
ミラン・クンデラ
ミリアム・ホプキンズ
ミリイ・バラキレフ
ミルチャ・エリアーデ
ミレーヌ・ドモンジョ
ミレーユ・ダルク

Miriamhopkinsmovieposter19021020246
ミリアム・ホプキンズ(1902-1972)

長い都市名

   ロシア東部サハリンにあるアレクサンドロフスク・サハリンスキー。カナ16文字はかなり長い都市名である。アントン・チェーホフは1890年に2ヵ月間ここに滞在したことがある。1990年には歴史文学博物館「チェーホフとサハリン」が開館した。ほかにメキシコ南部の都市ミアワトラン・デ・ポルフィリオ・ディアス。カナ17文字。ドイツ西部の工業都市ノイシュタット・アン・デア・バインシュトラーセ。カナ19文字。タイの首都バンコクの正式名称クルンテ-プ(初めの部分だけ)はとても長い。Aleksandrovsk-Sakhalinskii Krung

図書館員・関位太郎の死

   「蟹工船」の小林多喜二(1903-1933)の名前を知っている人は多いが、同時期に「戦旗」などで活動していた関位太郎(1905-1938)と聞いても誰もご存じないかもしれない。関位太郎は明治38年9月27日、関位平太郎の子として北海道に生まれた。大正11年札幌第一中学校の在学中、左翼運動に参加し、北大予科を軍事教育反対運動に努力し放校される。大正15年9月、府立図書館に書紀兼司書として採用される。この頃より無産階級解放運動に接近する。関位太郎、永島房雄、駒林菊松らは日刊新聞に反資本主義的な短歌などを載せる。昭和2年には日本プロレタリア芸術連盟の演劇の北海道の興行に尽力する。この頃、関位は小林多喜二とも交流を深める。小林と共にナップ(全二本無産者芸術連盟)北海道地方協議会を主宰する。関位はにわかに強まった文化運動への弾圧の中で、地下に潜ることを余儀なくされたが、昭和13年4月、突如、逮捕され札幌署に拘留中、容態急変し入院、窄孔性腹膜炎で5月17日、死んだことになっている。真相は闇に包まれているが、特高の拷問によって虐殺された可能性が強い。機関誌「戦旗」は小林多喜二、徳永直、三好十郎らの有力な新人が続々登場したが、関口が変名を用いたと考えられるので著作は特定できない。(秋田雨雀からもらったとされる「鷹栖林之介」というペンネームを一時期使用したとされる)当時の関係者たちもアカと聞くと口を閉ざしているので、詳細は闇に消えてしまった。(参考文献:梅澤幸平「忘れられた図書館員・関位太郎」みんなの図書館1985.8)

2016年5月16日 (月)

生き残った俳優

Photo 映画「カサブランカ」(1942)最後の俳優マデリーン・ルボ―(1923-2016)が亡くなった。主人公リックに恋する女性イボンヌを演じ、当時20歳だった。名作映画でクレジットされたキャストが全員故人となるのは70年以上はかかる。

 1954年4月26日に公開された黒澤明監督の「七人の侍」は上映時間207分という日本映画史上屈指の大作である。「七人の侍」出演者たちのその後はどうなったのか。1972年に東宝創立40周年の記念に7人全員が勢ぞろいし、座談会を行なった。その後、1975年の加東大介を皮切りに1980年までに木村功、志村僑が没し、志村が没した際に当時のマスコミは「生き残った3人が先に逝った」と書き立てた。1985年に宮口精二が没して以降、しばらく残った3人は無事であったが、1997年に三船、1998年に稲葉、1999年に千秋と立て続けに没した。皮肉にも劇中最初に討死した平八を演じた千秋が最後の侍となった。主演の七人の侍はみな故人となったが、助演者の土屋嘉男(88歳)島崎雪子(85歳)などは存命である。また仲代達矢はエキストラ出演している。

透谷忌

20090502kitamuratokokufufu    北村透谷(1868-1894)は、明治元年12月29日、没落した小田原士族・北村快蔵の長男として、小田原唐人町に生まれる。最初、政治に志し、民権運動に情熱を燃やしたが、大阪事件に参加しなかったことで挫折を経験する。明治20年7月ころ、三多摩民権青年の指導者の石坂昌孝の長女石坂美那子(1865-1942)と知り合う。石坂は許婚者平野友輔を捨てて、明治21年11月3日、透谷と数寄屋橋教会で結婚する。透谷はその翌年長詩「楚囚之詩」を発表。次いで明治24年劇詩「蓬莱曲」を書き詩人としての新しい出発を始めた。明治25年正式に結婚届を出し、北村美那子となる。だが、精神の自由と民衆の解放を求める透谷の戦いは困難を極め、明治27年5月16日、ついに自宅の庭で縊死を遂げた。時に、満27歳4ヵ月余。

 夫透谷に先立たれた美那子は、明治32年6月、長女英子を義父に預け単身渡米する。苦労しつつインディアナ州のユニオン・クリスティアン・カレッジに学び、のちオハイオ州立ファンアンス・カレッジに入学。明治39年6月卒業。明治40年1月帰国。義母と娘を向かえて東京牛込宮比町に住む。以後、豊島師範学校、品川高等女学校で約6年間英語教師をつとめる。昭和3年1月から透谷の詩の英訳をはじめる。昭和17年、76歳で死没。

  透谷の親友で、美那子の実弟であった石坂公歴(いしざかまさつぐ、186-1944)は、大阪事件で父昌孝が逮捕されるや、アメリカに亡命して「新日本」や「革命」などという新聞を発行し、抵抗をつづける。のち西部の開拓者、アメリカ、カナダ、アラスカを転々と放浪して、昭和19年、日本人強制収容所で波乱の生涯を終えた。

田部井淳子ら日本の女子登山隊が初のエベレスト登頂

Photo   2012年5月19日、渡辺玉枝(当時73歳)が女性最高齢でヒマラヤ登山の記録更新に成功した。

    1975年5月16日、田部井淳子は世界で初めて女性としてエベレスト登頂に成功した。しかし田部井だけが有名だが、実際は女子登山隊15人のメンバー(久野英子隊長)の成果だった。酸素ボンベの不足から頂上アタックを1人選ばねばならなかった。久野隊長は田部井を指名した。№2の渡辺百合子は惜しくも選らばれることはなかった。この決断で田部井は「世界のタベイ」となり、渡辺の名が広く知られることはなかった。ネットで渡辺の近況を調べたが詳しいことは不明だった。メンバー全員の名前を記す。久野英子、田部井淳子、渡辺百合子、真仁田道子、平島照代、穂谷由美、奈良文枝、塩浦玲子、三浦洋子、永沼雅子、藤原すみ子、中幸子、北村節子、荒山文子、阪口昌子(医師)

Photo

2016年5月15日 (日)

「ヌ」事項索引インデックス

Photo 「ぬりかべ」夜道を歩く者の前に突然立ちはだかり、行く手を遮るという悪戯をする妖怪。▽「布引の滝」(神戸市)は平安貴族が風雅を楽しんだ景勝地として「伊勢物語」第87段などでも広く知られている。▽「ヌーヴェル・ヴァーグ」1959年頃フランスに起こった映画運動。「新しい波」を意味する。代表作「いちこ同志」「大人は判ってくれない」「勝手にしゃがれ」 ▽「ヌートリア」げっ歯目のイリネズミ科の獣。(ぬぬぬぬ)

ヌー(怒江)
ヌアクショット(モーリタニア)
ヌイイ条約
ヌーヴェル・ヴァーグ
鵺(ぬえ)
ヌエボラレド(メキシコ)
ヌオロ(イタリア)
額田王
ぬかに釘
ヌクアロファ(トンガ)
ヌクレイン
ヌーシャテル(フランス)
ヌジャメナ(チャド)
淳足柵(ぬたりのき)
ヌドラ(ザンビア)
ヌートリア
沼河比売(ぬなかわひめ)
ヌニェス・デ・アルセ
沼波瓊音(ぬまなみけいおん)
布引の滝(神戸市)
ぬばたまの
ヌビア砂漠(エジプト)
ヌバール(フランス)
ヌーボー・ロマン
沼津市(静岡県)
沼間守一
ヌミディア
ぬりかべ
ヌルデ
ヌルハチ
ヌルミ
温湯温泉(ぬるゆおんせん)
ヌレデバ

「ツ」事項索引インデックス

2153393  「通州事件」1937年7月29日、北京郊外の通州(つうしゅう)で邦人200人が殺害された事件。日本軍の誤爆が契機となっており、冀東防共自治政府(殷汝耕主席)側の責任とはいえなかったが、殷汝耕(1889-1947)は責任を問われて辞職し、同年末後任の池宗墨(ちそうぼく)との間で、120万円の賠償金を居留民の遺族に支払う条件で解決した。新聞社は号外をだし、大々的に虐殺と報じ、中国に対する敵意を高め、日中戦争拡大の心理的要因を煽った。▽「ツアボの人喰いライオン」1898年ウガンダ鉄道の建設中、2頭のライオンが出没し多くの作業員が殺された。▽「ツンドラ」タイガ地帯以北の不毛の草原。▽「ツァーベルン事件」1913年10月ドイツ・エルザスの小さな町ツァーベルンで、駐屯ドイツ軍と住民との衝突事件。▽「通済渠」隋の煬帝が開いた運河。▽「ツォンカバ(1357-1419)」ラマ教の改革者。▽「ツツガムシ病」ツツガムシに媒介されるリケッチアによっておこる風土病。

105_0543_2▽「鶴見事故」1963年11月9日、東海道線鶴見で二重衝突。横浜市立大学長の三枝博音ら死者161人。▽「頬貫」鎧を着て乗馬するときにはく毛皮のくつ。 ▽「ツルマギ(トゥルギ)」(画像)朝鮮族の男子の礼服にあたる外套。のち女子も着用するようになった。▽「辻が花」室町時代から安土桃山時代にかけてわずかな間だけ出現した、独特な絞り染め。辻が花の語源も作者も定かではなく、幻の染めともいわれる。花模様が多く、大ぶりな柄の輪郭を縫い絞りの繊細な線で染め、筆による墨書きや墨・暈し、帽子絞りの花模様などをあしらい、刺繍も用いられている。上杉謙信、豊臣秀吉や徳川家康が着用した胴服などが現存している。(つつつつ)


ツァーベルン事件
ツアボの人喰いライオン
ツァラトゥストラはこう語った(ニーチェ)
ツァーリ
ツイッギー
追捕使
ツヴィングリ
通貨
通済渠
通州事件
通天閣
ツェッペリン
ツォンカバ
築地小劇場
ツキジデス
筑紫国造磐井
ツキノワグマ
津雲貝塚
辻が花
対馬海流
津田梅子
津田左右吉
津田真道
ツタンカーメン
土一揆
土井晩翠
ツチノコ
ツチブタ
土御門通観
ツツガムシ病
つつもたせ(美人局)
津波
ツヌガアラシト
ツパイ
ツベルクリン
坪内逍遥
罪と罰 (ドストエフスキー)
冷たい戦争
梅雨
つらぬき(頬貫)
敦賀(福井県)
ツルゲーネフ
ツルマギ
鶴見事故
鶴屋南北
つんく
ツングース系
ツンドラ

桃子と五・一五事件

Photo

   犬養毅(1855-1932)は膨大な漢籍の蔵書の整理に困っていた。「だれかよい人はおらんかのう」と息子の犬養健に話した。「菊池にでも聞いてみます。きっと見つかりますよ」菊池とは文芸春秋の菊池寛である。そしてある日、「お父さん、いい人が見つかりました」「おおそうか」と犬養も喜んだ。「その人はいつ来るね」「お父さんのいいときに、いつでも」「おお、そうか。それは有難い」

    当日、犬養家に現れた人は意外に若い人だった。もっと意外だったのは海老茶の袴をはいていた女性だったことだ。桃子という名の若い女性は、笑みをたたえて自己紹介をした。77歳の背中をまるめた老人と24歳の桃子との取り合わせも漢籍を仲立ちにしたものであったが、異様なものであった。それは桜の花びらの舞う季節だった。

    5月15日はよく晴れた日曜日だった。犬養毅は総理官邸でくつろいだ休日を過ごした。夕方5時半ごろ、三上卓海軍中尉と黒岩予備少尉ほか陸軍士官候補生ら5名が首相への面会を申し入れた。同時に裏門にも陸海軍の将校が現れ、やはり首相に面会を申し出た。受付係や巡査が、対応に手間取っていると、正門組は警備の巡査一人を射殺し、一人に重傷を負わせて官邸内に乱入した。犬養は健やその夫人、孫の道子たちとくつろいで夕食をとろうとしていたときであった。犬養は「話せばわかる、あっちへ行って話を聞こう」と将校たちを日本間のほうへ案内した。「何しに来たか、わかるだろう。何か、いうことがあればいえ」三上がそう言って、犬養が身を乗り出すようにして話し出そうとしたとき、正面にいた海軍中尉山岸宏が叫んだ。「問答無用!撃て!」すかさず三上や黒岩が犬養めがけて引き金を引いた。そうして首相が倒れるのを見て、一行は引き揚げた。犬養は、翌朝早く息をひきとった。事件を聞いた桃子は直ちに官邸に駆けつけた。桃子とは、戦後、英米児童文学の紹介や「ノンちゃん雲にのる」などの創作でも知られる石井桃子である。

2016年5月14日 (土)

おやつといえば「タマリンド」

   巨人の助っ人、クルーズ内野手の華麗な守備には定評がある。メキシコ・ソノラ州ナボホア出身。ナボホアはメキシコ北西部、カリフォルニア湾にある人口16万人の町。小麦・トウモロコシ・豆類など農産物の集散・加工地。クルーズ選手の好物は「タマリンド」。メキシコではおやつといえばタマリンドというほど有名で、タマリンドとはアフリカ原産のマメ科の植物。色は茶褐色で鞘の中に入っている暗赤色の果実がお菓子の原料に使われる。さて肝心のタマリンドのお味はどんなでしょうか。一度も食べたこと無いですが、甘辛すっぱい味らしい。Navojoa

14379navojoalocatormap

カエサル暗殺

800pxcesarsa_mort
 「カエサルの死」  ヴィンチェンツォ・カムッチーニ画

  スペインの研究チームがカエサルの暗殺された場所を特定したという。ローマ中心部のトッレ・アルジェンティーナ広場の一角。「ブルータス、お前もか」 シェイクスピアの芝居、「ジュリアス・シーザー」で有名なこの言葉が本当に史実かどうかはさておき、シェークスピアより先に芝居で使われていた名セリフだそうだ。歴史家カッシウス・ディオは「暗殺者がいっせいにおそいかかったため、カエサルは言葉を発することも抵抗することもできずにたおれた」という伝承がもっとも真実に近いとしている。

   ブルータス、正式名はマルクス・ユニウス・ブルートゥス(前85頃ー前42)。暗殺事件当時、母親のセルウィア・カエピオニスはカエサルの愛人だった。父はブルトゥスが幼い頃に死んでおり、彼はカエサルを父親代わりに育ったといわれる。カエサルもクレオパトラとの間にできたカエサリオン以外、子宝にはほとんど恵まれなかったので、彼を可愛がったといわれる。フィリッピの戦いで死んだブルトゥスの遺灰は母セルウィアの元に届けられた。彼女の晩年については歴史は何も記していない。(Caesar,Largo di Torre Argentina) 参考:毛利晶「カエサル 貴族仲間に嫌われた英雄」世界史リブレット人007 山川出版社 2007

世界で最も売れた歌手

Tumblr_ljg4m0qarw1qf6jy9o1_500
Franksinatra1 Frank9
Franksinatraandjohnfkennedyfranksin Frank_sinatra_mia_fa_45167s

    1998年のフランク・シナトラの忌日。わが家で最初にレコードが来たのは、兄貴が買ってきたフランク・シナトラのEP盤4曲入りだった。はじめたった1枚きりのレコードなので何回もすりきれるほど聞いた。「夜のストレンジャー」「夜も昼も」「愛の泉」「慕情」。それから私はビング・クロスビーやナット・キング・コール、パット・ブーン、アンディ・ウィリアムなどのLPを集めはじめた。しかしネットで調べるとシナトラはランキング10位にも入らない。ビートルズ、エルヴィス・プレスリー、マイケル・ジャクソン、ABBA、クイーン、マドンナ、エルトン・ジョン、レッド・ツェッペリン、A.R.、ラフマーン、ナナ・ムスクーリ、ティノ・ロッシ、フリオ・イグレシアス、アーラ・プガチョワ、マライア・キャリー、ビージーズ、ピンク・フロイド、AC/DC、セリーヌ・ディオン、ローリング・ストーンズ、ホイットニー・ヒューストン、エアロ・スミス、U2、スティーヴィー・ワンダー、ジュネシス、デヴィッド・ボウイ、バーバラ・ストライサンド、バックストリート・ホーイズ、ボン・ジョヴィ、ガース、ブルックス、シカゴ、ダイア・ストレイツ、ブルース・スプリングスティーン、イーグルス、ステイタス・クオー、二ール・ダイアモンド、バリー・ホワイト、ガンズ・アンド・ローゼス、ビリー・ジョエル、ボニーM、ブリトニー・スピアーズ、ブライアン・アダムズ、カーペンターズ、シェール、ティープ・パープル、デパッシュ・モード、ドリー・パート、フリードウッド・マック、ジョージ・マイケル、ジョニー・アリディ、ケニー・ロジャース、キッス、ライオネル・リッチー、ルチアーノ・パヴァロッティ、メタリカ、オリビア・ニュートン・ジョン、ポール・マッカートニー、フィル・コリンズ、スコーピオンズ、ロッド・スチュワート、ティナ・ターナー、ザ・フー、グロリア・エスティファン、レディー・ガガ、エミネム、アイアン・メイデン、B’z、ドアーズ、プリンス、リアーナ、カルロス・サンタナ、ヴァン・ヘイレン、ビヨンセ、ジャーニー、ユーリズミックス、ルイス・ミゲル、ユパック

これらは順位ではない。たえず新しいアーティストが生れる。しかし私はシナトラが一番と思っている。

   1942(年12月30日、ニューヨークのパラマウント劇場。フランク・シナトラはベニ―・グッドマンに紹介されてステージに立った。割れんばかりの歓声。グッドマンは思わずつぶやいた。「こりゃ、いったい、どうしたっていうんだ?」スマートな容姿、情感豊かな甘い歌声。その年にデビューを果たしていたシナトラはすでに女学生たちのアイドルだった。興奮のあまり失神するファンも現れた。とんとん拍子に人気を得たが、第二次大戦後、その人気は一時下降する。だが、1953年、映画「地上より永遠に」でアカデミー助演男優賞を受賞、みごとに返り咲いた。しかし、その華やかな名声の陰には、黒い噂が絶えなかった。ジョン・F・ケネディにモンローを紹介したのはシナトラだったため、ふたりの謎の死に関わったのではないかと囁かれ、映画「ゴッドファーザー」のジョニー役はシナトラがモデルともいわれている。その私生活の明暗も、歌声に反映されたのか、1969年、波瀾の人生を思うかのような名曲「マイウェイ」は空前の大ヒットとなる。「ザ・ヴォイス」と呼ばれ、歌手の第一人者はシナトラである。5月14日)

島田一郎の墓

Haka

2b005    明治11年5月14日、島田一郎(左画像、1848-1878)ほか5人は、内務卿大久保利通を東京麹町紀尾井坂で暗殺した。その足で自首し、同年7月27日に斬首された。

   谷中霊園(台東区)には、6人の墓が並んでいる。実行犯は、石川県士族島田一郎、長連豪、杉本乙菊、脇田巧一、杉村文一および島根県士族の浅井寿篤である。

富永有隣と松下村塾

    安政3年(1856)9月、吉田松陰は久保五郎佐衛門の依頼を受けて「松下村塾記」を書いた。そこには、教育の理想が述べられている。秋頃から、増野徳民(17歳)、吉田栄太郎(16歳)、松浦亀太郎(20歳)らが松陰に学ぶ。松陰主宰の松下村塾が実質的にはじまった。

   安政4年になると、松陰の教学場はますます盛大となり、さらに加えて久保塾の門人たちも松陰に学ぶようになる。7月には富永有隣が野山獄を出獄し、松陰の人柄にひかれて、松下村塾で教えるようになる。11月、学びの場が、杉家の幽閉室から、納屋を改修した8畳間に変わったとき、主宰者は久保五郎左衛門だが、実質的には松陰が教えていた。このときから、安政5年11月までが、松陰の松下村塾であった。

   当時の松下村塾には、錚々たる面々が通っていた。久坂玄瑞(18歳)、中谷正亮(27歳)、吉田稔麿(17歳)、久保清太郎(26歳)、高杉晋作(19歳)、伊藤博文(17歳),品川弥二郎(15歳)、前原一誠(24歳)たちである。

   これら10代、20代の塾生に混じって、当時37歳の富永有隣(1821-1900)は野山獄で松陰を知り、松下村塾で教えるようになった。富永有隣(富永弥兵衛)は文政4年5月14日、周防国吉敷郡陶村に生まれる。御膳夫士・富永七郎右衛門の長男。9歳で明倫館に入り、13歳のとき藩主の前で「大学」を講義して秀才ぶりをうたわれたが、狷介な性格がわざわいして人におとしいれられ、嘉永5年、32歳のとき見島に流され翌年、野山獄につながれた。容貌魁偉の堂々たる体格で、はじめて訪れた人びとに松陰先生と間違えられたという。

   安政5年12月に塾を閉める後、松陰は、助教の富永有隣に塾を続けるように任せた。しかし、有隣は、親戚のところに行くと言って出たまま、戻ってこなかった。裏切られた松陰が、「有隣の脱去、老狡憎むべし」と怒ったのはともかく、「同志中残らず絶交」というから、彼の教え子でもあった塾生たちからもそっぽを向かれたらしい。狷介な彼は、塾中の人びとと合わなかったのだろう。

35343aa0000016616_1   その後、奇兵隊、南奇兵隊、集義隊を転々とし、明治2年、大楽源太郎らと脱隊運動の首謀者とみなされ、事敗れて諸国を流浪、明治10年土佐に潜伏中を捕えられ、石川島監獄につながれた。明治17年、特赦で出獄、都下の甥の家で開塾したが、明治19年帰郷した。吉敷郡陶村には帰らず、近親者のいた山口県熊毛郡城南村(田布施町宿井)に身を寄せ、近隣の子弟に教授した。不遇のうちに明治33年、80歳で亡くなっている。(画像は山口県田布施町の富永有隣旧宅跡)

    国木田独歩が、富永有隣をモデルにして小説「富岡先生」を書いたのは有名である。小説では、頑固でひねくれ者の富岡先生と美しく気立てのいい娘・梅子が、小学校の教師の細川と結ばれるまでを書いている。ほとんどフィクションであるが、独歩は明治24年ごろ、実際に富永に会っている。また小説に登場する明治顕官への道を歩む弟子たち、江藤三輔は伊藤博文、井下は井上馨がモデルと思われる。

愛された国王・アンリ4世

Henri4     アンリ3世(在位1574-1589)が熱狂的なドミニコ会士の凶刃によって暗殺されヴァロア朝が絶えると、1589年、ナヴァル王であったブルボン家のアンリ4世(1553-1610、在位1589-1610)がフランス国王に登った。プロテスタントであったアンリ4世は、即位に際してカトリックに改宗し、その一方、1598年にはナントの勅令を発して、ユグノーにも信仰の自由と市民権を認める政策をとった。ブルボン家のアンリ4世は35歳、均斉がとれた身体、活気にあふれ、威厳に満ちた歴戦のつわもの、柔軟な知性と明敏な政治力を持っていた。プロテスタントとカトリック双方の信頼を勝ち得て、フランスの王権は急速に強化された。シュリー公(マクシミリアン・ド・べテューヌ、1559-1641)を財務官に起用して、財政改革と農業保護にあたらせた。王とほとんど同年輩で、その同志にして友人、宗教内乱歴戦の勇将、王に改革をすすめこそすれ、自分はつねにルターとカルヴァンの肖像を壁にかけていた気難しく頑固な人物は、勤勉そのもの、吝嗇なまでに節約家であった。「耕作と牧畜とはフランスの二つの乳房」とは、彼の有名な言葉である。シュリー公にとって国土の復興とは、フランス農村の立て直しをはかることであった。農業とそれに従事する人間だけが、フランスに国富と平和をもたらす、というのが、彼の信念であった。もちろんシュリー公の仕事にも限界はあった。農業中心で商業、工業にはあまり関心がなかった。だが、明敏なアンリ4世は養蚕、絹織物、ゴブラン織などの工業をおこし、海外貿易に力をいれた。サミュエル・ド・シャンプラン(1567-1635)がカナダを探検してケベック植民地などの建設がはじめられ、東インド会社がつくられたのも、アンリ4世の治世のことである。

    アンリ4世は色事でも勇名をはせたが、一説に恋人の数は56人以上に及ぶという。最初の妻であるマルグリッド・ド・ヴァロアとはサン・バルテルミの虐殺という忌まわしい事件のため別居状態が続き、子供もなかった。アンリ4世はガブリエル・デストレとの結婚を望んでいたが、1599年4月にガブリエルは24歳の若さで急死した。身分の低さからガブリエルを嫌ったマルグリッドも、メディチ家の娘マリー・ド・メディシス(1573-1642)との縁組には応じた。国王47歳、新しい王妃は26歳であった。二人の結婚式は、1600年10月5日にフィレンツェ大聖堂で挙行された。アンリ4世は政務多忙のためフランスを離れられなかったので、トスカーナ大公が新郎の代理となった。荘厳な結婚式と1週間に及ぶ祝祭のあと、マリーは金襴緞子で飾られた豪華なガレー船でマルセイユに向けて船出した。そしてリヨンで初めてアンリ4世にまみえ、1600年11月にその地で結婚の儀は完了をみた。イタリア人のマリーはフランス語が喋れなかったため宮廷での暮らしは孤独だった。それを紛らすためか、マリーの浪費癖は尋常ではなく、毎日のように宝石を購入したりする生活だった。だが翌年の9月には世継ぎであるルイ13世を出産した。アンリ4世も放蕩を自重し、自分が不在の場合に王政の全権をマリーに与える布告を出した。夫妻の生活を取戻しやっとこれから王宮での穏やかな生活を送ることができると思われたが、1610年5月14日、狂信的なカトリック教徒フランソワ・ラヴァイヤックによってアンリ4世は暗殺された。国民の驚き、悲しみは、祖父により、父によって、子々孫々にまで語りつがれた。フランスの王のなかで、これほど死をいたまれた王はあるまいといわれる。勇敢で良識があり、陽気で豪放で庶民的なこの王はまことに国民から敬愛されていた。

2016年5月13日 (金)

戦後強くなったのは女性と靴下

おそるべき 君等の乳房 夏来る(西東三鬼)

Yjimage4uo5ikum 戦後、いままで抑圧されていて慎ましさを求められてた日本女性が夏へ向けて薄着する。そして街には乳房のかたちが鮮やかに見える、若い女性の颯爽と歩く姿を見かけるようになった、という戦後風俗を印象的に詠んでいる。

   大宅壮一の1954年の造語に「恐妻病」というのがある。妻に頭の上がらない夫の症状をいう。だが一般に戦後風俗を象徴する言葉「戦後強くなったのは女性と靴下」は誰が最初に言ったのか。一説によれば、朝日新聞の門田勲という記者が、愛媛県の農協職員が口にしたのを紙上で取り上げ、流行語となったといわれる。1953年のことである。

「た」 ファースト・ネームから引く人名一覧

Danielradclifferesimleri     ダニエルという名は旧約聖書の「ダニエル書」に登場するユダヤ人の預言者。容姿が美しく、才能と智慧があり、「ベルテシャツァル」と呼ばれてバビロンの宮廷で仕えた。ダニエルは英語圏では通常は男性名だが、フランス女優のダニエル・ダリュー、ダニエル・ドロルムのような場合もある。

ダイアン・ウィースト
ダイアン・キートン
ダイアン・クルーガー
ダイアン・フォーチュン
ダイアン・レーン
タイロン・パワー
ダヴィッドソン・ブラック
ダウエント・ステイントロップ・ホイットルセー
タウンゼント・ハリス
ダグ・ヒャルマル・アニュ・カール・ハマーショルド
ダーク・ボガード
ダグラス・アダムズ
ダグラス・フェアバンクス
ダグラス・ワキウリ
ダコタ・ファニング
ダシール・ハメット
ダスティン・ホフマン
ダドリー・ムーア
ダナ・アンドリュース
ダニー・アイエロ
ターニー・ウェルチ
ダニー・グローバー
ダニー・カレル
ダニー・ケイ
ダニー・サヴァル
ダニー・デビート
ダニー・トレホ
ダニー・ボイル
ダニー・ロバン
タニア・ロバーツ
ダニエル・オーターユ
ダニエル・クレーグ
ダニエル・ゴーベール
ダニエル・ジェラン
ダニエル・スターン
ダニエル・ダリュー
ダニエル・デイ・ルイス
ダニエル・デフォー
ダニエル・ドロルム
ダニエル・バーナム
ダニエル・ブーン
ダニエル・ブリュール
ダニエル・ベルヌーイ
ダニエル・ラザフォード
ダニエル・ラドクリフ
ダニエル・ルイ・アームストロング
ダブニー・コールマン
ダフネ・ズニーガ
ダフネ・デュ・モーリア
タマラ・プレス
ダミア
タムリン・トミタ
ダーモット・マルロニー
タリア・シャイア
ダリオ・アルジェント
ダリル・ハナー
タルコット・パーソンズ
ダルトン・トランボ
タルラー・バンクヘッド
ダン・エイクロイド
ダンテ・アリギエーリ
ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
タンディー・ニュートン

B_and_w_2
  タムリン・トミタ

Daphnedumaurier051
 ダフネ・デュ・モーリア

父親の呪縛から解き放たれよ

   朝ドラ「とと姉ちゃん」の視聴率が好評だという。しかしネットでの評判では「つまらない」「面白くない」といった意見も多い。わたしも毎日みているが「あまちゃん」のような爽快感がなく、ただ物語を繋げているだけのように感じる。お話しは死んだ父(とと)の代わり、母を助け、ふたりの妹の面倒をみて、力強く生きる常子の人生がメインである。父は遺言で自分の代わりに家族を守ってほしいと言い残して死んだ。このことは若い女性にとっては大きなプレッシャーであろう。結婚や職業など人生の岐路に立ったとき、選択の巾は狭まる。もっと自由に生きればと願う。死者の遺言や遺品をあまり重く受け止めることがはたして是なりや。仏教の教えでは諸行無常といって、父は父、自分は自分の人生を生きることを説いている。多くの資産や遺品を残した故人がいる場合も、燃やして供養することをすすめている。「とと姉ちゃん」は実在の人物がモデルだが、父の遺言に重きをおいたのは脚色ミスの感あり。

セカンド・ラブ

   映画は女優で観るか、監督を追うか、それが問題だ。東陽一監督、大原麗子主演「セカンド・ラブ」(1983)を観る。一般的な評価の低い作品であるが、見所は多い。東陽一(83歳)は現役最古参の監督の1人であり、最新作は常盤貴子主演の「だれかの木琴」(本年9月公開予定)。女性映画の第一人者といわれる。これまで「サード(森下愛子)」「四季奈津子(烏丸せつこ)」「ザ・レイプ(田中裕子)」「化身(黒木瞳)」「ラブレター(関根恵子)」「マノン(烏丸せつこ)」「うれしはずかし物語(川上麻衣子)」があり、俗に脱がせ屋の異名をとる。当時、「少し愛して、なが~く愛して」のCMで人気絶頂だった大原麗子だから、その脱ぎっぷりを期待した御仁には残念な映画だったに違いない。大原麗子は有名な女優の割には代表作がない。映画よりもむしろテレビドラマのヒロインが多かった。映画で印象的なのは高倉健と共演した「居酒屋兆治」や「男はつらいよ」のマドンナ役か。しかしいずれも主演作品ではない。この東陽一の「セカンド・ラブ」が彼女の数少ない主演作品といえる。内容は年下の男と再婚した女性の夫婦愛の話。タイトルから感じるような「セカンド・バージン」「コントレール」のようなドラマチックな展開はない。むしろ日常的な映像がリアルに訴えてくる。やはり監督の力であろう。アイ・ジョージの演技もお世辞にも上手いとはいえないが、本作以降目立った芸能活動がないだけに貴重な作品となっている。演技派の小林薫もここでは目立つことなく、ういういしい感じがする。

明治期牛疫流行と蠣崎予防液

    牛疫とはウィルスによって起こる牛の伝染病で、世界的に牛に最大の損害を与える病気である。これにかかると牛は発熱はもちろん下痢が強く、下痢便にぬかを混入したような消化器粘膜の死滅片が排出され、口粘膜にも牛疫爛斑と称する欠損部ができ、牛の唇の裏側に乳嘴突起が脱落する。

    日本では江戸時代から牛疫の流行に悩まされたが、明治になって安価な朝鮮牛を輸入するようになり、再び牛疫が流行して大害を受けた。明治24年と明治25年に大流行し、朝鮮牛の輸入を禁止した。明治27年、大阪で牛疫が再発し、これより以降、港湾検疫が始まるようになった。明治29年には獣疫予防法が発布された。これを防ぐため、日本で考案されたのが蠣崎予防液である。蠣崎千晴は明治3年5月13日、仙台に生まれ、東京大学農科大学医学部を卒業して農商務省などを勤務し、大正7年から朝鮮総督府獣疫血清製造所の所長として活躍し、朝鮮における家畜の病気の撲滅に貢献した。蠣崎予防液は驚くべき効果を示し、昭和5年第1回十大発明家の一人として選ばれた。このように日本および朝鮮の牧畜を救った偉人であるが、何故か晩年について詳しいことがわからない。広辞苑やコンサイス人名辞典にもその名は収録されていない。ちなみに昭和5年の政府から表彰を贈られた他の9人の発明家は次の人たち。みな著名人として今日でも知られているのに蠣崎千晴について評価されていないのは謎である。

   本多光太郎(1870-1954)KS鋼・新KS鋼、鈴木梅太郎(1874-1943)ビタミンB1・ビタミンA、御木本幸吉(858-1954)養殖真珠、杉本京太(1882-1972)邦文タイプライター、山本忠興(1881-1951)テレビジョン、密田良太郎(水銀避雷器)、島津源蔵(1869-1951)蓄電池、田熊常吉(1872-1953)ボイラー、丹羽保次郎(1893-1975)NE式写真電送機。

メガネの似合う著名人

120210163907_4    本日は小説家、田山花袋の1930年の忌日。

メガネの似合う著名人というランキングがある。アンジェラ・アキ、ペ・ヨンジュン、古田敦也、タモリ、八嶋智人、古館伊知郎、黒田俊介(コブクロ)、光浦靖子とかいろいろな人の名前が上がっている。ケペル流にメガネの似合う著名人を勝手にランキングを考えてみよう。(5月13日)

第1位はなんといっても、昭和天皇裕仁。

Photo_4

第2位 東海林太郎

Photo_5

第3位 速水御舟

Hayamigyoshu2

第4位 菊池寛

第5位 棟方志功

第6位 武者小路実篤

第7位 西田幾多郎

第8位 津田左右吉

第9位 古川緑波

第10位 大村崑

番外。東条英機、吉田茂、石橋湛山、池田勇人、浅沼稲次郎、堀辰雄、田山花袋、杉狂児、高瀬実乗、別当薫、手塚治虫、水木しげる、森川信、三木のり平、中条静夫、チャーリー浜、石橋エータロー、仲本工事、山川静男、山本健吉、司馬遼太郎、松本清張、野坂昭如、遠藤周作、大江健三郎、竹村健一、荒木経惟、キダ・タロー、国松彰、井上陽水、南こうせつ、さだまさし、鈴木雅之、鈴木ヒロミツ、大江千里、三谷幸喜、宮崎駿、やくみつる、森永卓郎、生島ヒロシ、大木凡人、笑福亭笑瓶、笑福亭鶴瓶、柴田理恵、宮川花子、斉藤祐子、Tommy feburary6。

つくられた英雄「アラビアのロレンス」

Lowell_thomas_travelogue_poster_191

Lowellthomas    アメリカの新聞記者ロウエル・トマス(左画像1892-1981)は第一次世界大戦が悲惨な塹壕戦が続き、誰かをヒーローに仕立てようと考えていた。それが若きイギリス情報将校・考古学者のトマス・エドワード・ロレンス(1888-1935)である。アラブ服を着て砂漠を疾走しトルコ軍を撹乱する。そしてフセイン・マクマホン協定の立役者となった。だが実際のロレンスはアラブ人を利用し、彼らを裏切ったことに自責の念を感じ、46歳で除隊し、ドーセットの山荘に籠った。それから3ヵ月後の1935年5月13日に、オートバイ事故で4日後に没した。( keyword;Thomas Edward Lawrence,Lowell Thomas )

芭蕉と平泉

Img_2

   藤原清衡が平泉に中尊寺金色堂をつくったのは1124年で、松尾芭蕉が憧れの平泉にたどりついたのは元禄2年5月13日(陽暦6月29日)のことで565年後であった。高館に登って一望すると、武士の夢の跡の儚さが感じられる。高館にたてこもった源義経は、応戦むなしく自刃。享年31歳であった。山頂には義経堂が建てられ木像が祀られている。

    高館の丘を下り、中尊寺へと向かうと、金色堂と経堂の二つだけを残して、その他は一面の廃墟であった。さぞかし荒れ果てた景色に芭蕉は涙をおとしたことだろう。明治以後、中尊寺の金色堂が再建された。金色堂内陣には、本尊阿弥陀如来、その前には蓮を持った観音・勢至菩薩、左右に三体ずつ六地蔵が立つ。最前列に持国天と増長天。須弥壇の中央に初代清衡、向かって左に二代基衡、右に三代秀衡の遺骸が納められている。

  夏草や 兵どもが 夢のあと

   五月雨に降り残してや光堂

ローマ教皇を狙撃したテロリストは今どうしている・・・

Photo_verybig_112043     1981年5月13日、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世はバチカンのサン・ピエトロ広場で白いパパ・モビル(専用のオープンカー)に乗っているところを銃撃された。弾丸は教皇の腹部と右肘、左手に命中した。車はその場からすぐに病院に直行した。大手術の結果、腹部から弾丸を摘出し、一命をとりとめた。犯人は、イスラム教過激派のアルメニア系トルコ人、メフメト・アリー・アジャで、1年前から教皇暗殺を計画していた。教皇は、手術4日後には、犯人を許す旨のコメントを発表している。5月23日、ローマの重要裁判所は犯人のアジャに対し、終身刑を言い渡している。2000年には教皇の恩赦によりイタリアを出所、イスタンブールに移る。2010年に出所している。

2016年5月12日 (木)

38度線

Yjimage   北緯38度線といえば一般に朝鮮半島の中央部、北朝鮮と韓国との国境線のことをさす。この38度線は日本では宮城県の白石市を通っている。道路の路肩に「北緯38度線」の標識が見える。ギリシャのアテネも同じ38度線上にある。アテネのように38°00に位置することはめずらしい。ノルウェーのオスロもほぼ北緯60度に位置するが正確には59°55である。北京、アンカラ、フィラデルフィアも北緯40度付近に位置するが、若干ずれている。

新語と広辞苑

Photo_2  オタクとは自分の好きな事柄や興味のある分野に傾倒しすぎる人への呼称である。揶揄を伴なってヲタクと表記されることもある。RPデイリサーチの調査によると、自分について、何らかの分野のオタクだと思いますかという質問に対し、10代では62%で、70代では23%という結果だった。若い人ほど「自分をオタクだと思う」割合が高い。ケペルは専門というほどの知識はないが「広辞苑オタク」になりたいと思っている。何か知らない言葉があるとすぐに辞書を引く習慣がある。最近はオタクのライト化(一般化)が進んでいて、昔ほど軽蔑されなくなったからであろうが、高齢者ほどオタクという言葉に抵抗感があるようだ。広辞苑の「御宅」の項には「特定の分野・物事にしか関心がなく、その事には異常なほどくわしいが、社会的な常識には欠ける人」とある。オタクへの侮蔑が顕わな表現である。

    新語は毎日のように生まれる。野球で「コリジョン・ルール」が採用される。collisionとは「衝突」の意味。ASKAが吸引を認めた薬物「アンナカ」とは「安息香酸ナトリウムカフェイン」のこと。「卒婚」とは長年連れ添った夫婦が子供の独立や夫の定年退職などを機に、婚姻関係は解消せず、それぞれの新しい道に進んでいくライフスタイルをいう。「ネット選挙」大学生に調査すると25%が「ネットで投票できる」と理解していることが判明した。サルコペニア(筋肉減少)肥満。2013年5月12日、警察庁は「振り込め詐欺」に変わる新語として「お母さん助けて詐欺」を発表した。こうした言葉が国民の間に定着するかどうかは分からない。NHKのニュースでも「オレオレ詐欺」が使われている(7月9日放送)。富士山が世界遺産に登録されてから、新聞には「弾丸登山」がよく見られる。意味は、睡眠など十分な休息を取らずに一気に山頂を目指すこと。「ボカロ小説」。ボーカロイドvocaloid歌声の合成技術を応用して作られた曲が原作となっているライトノベルズ。「特別警報」。「ノマドワーキング」とは、遊牧民のように、オフィスにしばられることなく、喫茶店などを活用して、仕事する働き方をいう。佐々木俊尚著「仕事するのにオフィスはいらない」(2009年)からの造語。

    日本において広辞苑の権威を現す事例として、国会答弁広辞苑引用問題があげられる。政府の国会答弁で広辞苑の記載を引用して、字句の意味を示すのみで答弁することが、不誠実であり、不適切であるという意見が出されている。日本人の権威主義的な姿勢、議論をさける姿勢がみえる。

  言葉が広く使われても中々広辞苑に採録されない場合もある。インターネット上のブログなどに非難や批判が殺到すめ現象を「炎上」というが、「火が燃え上がること」だけである。「ネタバレ」 連続ドラマで気になるのがストーリーの展開。ネットでドラマの展開を書き込む人がいる。「ネタバレ」という言葉が頻繁に社会にあふれている。「ネタバレ注意」とか「ネタバレ禁止」とか複合して使える。ところが広辞苑を引いても「ネタバレ」は収載していない。「ネタが割れる」とある。「リア充」もない。「恋愛や仕事など現実生活が充実している人間」のこと。言葉は絶えず変化している。「就活」はあるけど「婚活」はない。

    現在、広辞苑にない次のような言葉がある。味写、ウェルテル効果、英熟語、オブローク(年貢)、オメルタ(仲間意識)、オレオレ詐欺、ガラケー、カローリング、球電、久恋、逆玉(野球解説でよく耳にする)、行徳のまな板、グラウンドホッグ・デー、クールビズ、グレムリン、ゲリラ豪雨、腰パン、コモン・マン、婚活、細光峰(さいこうほう)、サブリース、ツイッター、中二病、ツンデレ、統一球、飛び出し坊や、成田離婚、ネクラ(もう完全に日本語)、鼠鋳鉄、ノマドワーキング、箱ひげ図、ハットトリック、パラパラ(ダンスの一種)、バルシチナ(賦役労働)、氷筍(ひょうじゅん)、ヘタウマ、へタレ、ボラード(係船柱)、マラニック、ユンノリ、ラムスデン現象、ランバダ、ルリユール(製本)。

399   反対に「ハウスマヌカン」という言葉が広辞苑で収録されているが、本当に現在も使われているのだろうか。この言葉の由来や使われ方には怪しげなものがあるように感ずる。たとえばいま「あなたのご職業は?」とたずねて、「ハウスマヌカンです」と答える人がいるのだろうか。

柳田国男と牧口常三郎

Photo_8   柳田国男(1875-1969)と牧口常三郎(1871-1944)は、明治42年5月2日、英文学者の馬場孤蝶の紹介で知り合う。その後新渡戸稲造主催の郷土会で二人の交流が始まる。牧口と柳田は農村調査のため明治44年5月12日から15日にかけて旅行をしている。のち柳田は、創価教育学説支援会の発起人の一人にもなっている。しかしそのような二人もやがて疎遠になる。柳田は仏教きらいであるらしく、牧口の温厚な人柄に好意を抱くものの宗教に対する根本的な考え方の相違が理由の一つに考えられる。とくに昭和になると、牧口が戦争反対や平和論を唱えることに柳田は否定的であり、「反抗が最も悲しむべき不幸を伴なうたのも、むしろ結果であった」と冷たく書いている。本書によれば二人は喧嘩別れをしたとある。昭和26年、柳田は文化勲章を受章し、「後狩詞記」「石神問答」「遠野物語」「山島民譚集」などの著書でその栄誉はゆるぎないものではあるが、一方の牧口常三郎の遺志は戸田城聖、池田大作と受け継がれ現在の精華を思うと、二人の偉人の遭遇と阻隔には、大きく考えさせられる問題がある。(参考:村尾行一「柳田国男と牧口常三郎」)

実篤の色紙に添えられた言葉

Photo  本日は1885年、武者小路実篤の誕生日。薬師丸ひろ子の歌に「天に星、地に花」(作詞・松本隆、作曲・筒美京平)がある。NTTのCMに使用された「あなたを・もっと・知りたくて」がヒツトしていた頃である。歌詞には「優しい人が言いました。いま天に星、地には花、君に愛を」というサビのフレーズが印象的であった。この言葉はオリジナルではなく、どうやら武者小路実篤がルーツであることを知ったのは最近のことである。昭和40年頃から実篤の人生論の図書や色紙の複製品などが広く世の中に出回っていた。「仲良き事は美しき哉」「この道より我を生かす道なし。この道を歩く」こういう色紙に見覚えある人は多いだろう。「天に星、地には花、君に愛を」という色紙は見たことはない。芳賀書店から出版していた「実篤人生論シリーズ」(昭和42年頃)は第6集まで刊行されたが、その第3集のタイトルが「天に星地に花人に愛」である。現物を見ていないが、同タイトルの詩があるのかも知れない。二見書房から刊行された「愛ただひとつの言葉」(昭和44年)のタイトルページには「天に星地に花人に愛」という画と画賛が掲載されていた。松本隆は実篤をパクったのだろうか。それとも武者小路実篤というあまりにも有名な人の言葉ということで、文化的な共有財産ということで容認されるのであろうか。そのような著作権上のことはおいておくとして、実篤は40歳頃にあたる大正末年頃から絵筆をとり始め、昭和51年に90歳で亡くなる直前まで書画の制作を続けていた。色紙に添えられた言葉を画賛というが、その数もかなりなものになるだろう。幾つか印象に残った言葉を取り上げる。(5月12日)

思い切って咲くもの萬歳(向日葵、昭和43年)

何故に我が花咲くか知らねども我は素直に我が花咲かす(木蓮)

勉強勉強勉強のみよく奇跡を生むかく思ひつつ我は勉強する也(勉強勉強 昭和12年)

我ただ天意に従って生長す(樹木図 昭和10年代)

生まれけり死ぬる迄は生くる也(自画像 昭和15-25年)

我水を愛し又沈黙を愛す(「鯉之図 昭和34年)

わが行く道に茨多し。されど生命の道は一つ。この道より我の生きる道なし。この道を歩く(この道 昭和35-40年)

この世に美しき物あるは我等の喜び(この世に美しき物 昭和47年)

一滴の水 書になり画になる よく生かしたし(昭和42年)

花ありて人生楽し

共に咲く喜び

君は君 我は我也 されど仲よき

和而不同

美愛眞

石を愛せ草を愛せ喜びその内にあり

7987_2


戦前の思想弾圧小史

Photo_4     1940年、津田左右吉の「古事記及日本書紀の研究」「神代史の研究」などが、記紀を批判し、皇室を冒瀆しているとして発禁となった。戦前の思想弾圧の概略を記す。

    1925年のこの日、日本最初の男子普通選挙法制定とほぼ同時に成立した治安維持法は、国体を変革し、私有財産を否認しようとするいっさいの結社・行動を禁止した。特高警察と結合して国民生活の末端にまで暴威をふるい、国民に深刻な恐怖を与えた。滝川幸辰(ゆきとし)事件、美濃部達吉の天皇機関説事件、矢内原忠雄事件、二次にわたる人民戦線事件、河合栄治郎事件、津田左右吉事件など思想弾圧が相ついだ。直接に刑事罰の対象とはされないまでも、出版物にたいする発禁・削除・改訂などの処分は数えきれないほどの数にのぼった。

    こうした統制は映像文化にも及び、昭和14年の「映画法」は、作品の検閲にとどまる域をこえて、映画製作やその配給自体を許可制にした。太平洋戦争が始まると、言論弾圧はいっそう苛酷となり、「中央公論」「改造」の二大総合雑誌が廃刊を命じられたばかりか、編集者たちを検挙して拷問で四人の獄死者をだす、いわゆる横浜事件がおこった。

    このような統制の強化により、人々は神国意識のとりことなりはて、言論や映像・造形芸術は、戦意高揚の手段と化した。しかしそういう苛烈な状況下にあっても、理性への目を失わなかった人々もいた。美濃部達吉・矢内原忠雄・津田左右吉らをはじめとする受難の人々はそうであったし、「ミケルアンヂェロ」を書いた羽仁五郎、封建社会のなかでの近代精神の成長を追いつづけた丸山真男や、グループとしては「世界文化」や「土曜日」に拠る中井正一ら京都の人々が、狂気のなかで理性の立場をとりつづけた。また柳宗悦は、沖縄での方言撲滅運動を正面きって批判した。しかし文化活動としての抵抗は、おおむね偽装を余儀なくされ、戦争協力と紙一重の論理を錯雑としたかたちでくりひろげる場合が少なくなかった。5月12日(参考:「図説日本文化の歴史12」小学館)

2016年5月11日 (水)

ああそうかい(「あ」で始まる話)

Photo 「ア」で始まる言葉を集める。「アアソウカイ(亜阿相界)」 きょうちくとう科の多肉植物。マダガスカルが原産。▽「アードウルフ」南・東アフリカに生息するシマハイエナに似た哺乳類。▽火山の噴出物は、溶岩がもっとも多い。噴出してガサガサの模様ができて岩に固まる場合がある。これを「アア溶岩」という。ハワイの現地語でこれをa‐a lavaと呼ぶのに由来する。 ▽アイドルグループ「嵐」の芸名の由来は頭文字が五十音で最初「ア」になっていて、「必ず一番になる」という意味が込められている、とMステで発言している。▽アート引越センターの「アート」に意味はなく、電話帳でトップに来るようにするためである。その後、これを真似た業者が、アーク引越センター、アース引越センター、アーア引越センターなどが登場する。消費者金融も「あ」で始まる会社が多い。アイフル、アコム、アエル、アースなど。

   百科事典などをみても「あ」の項目は多い。「あ」は発音しやすく、明るい感じがするからであろうか、地名、人名、タイトルなど固有名詞が多い。日本人名では「愛」「阿井」という苗字が初めにくる。剣術家・愛洲移香斎、実業家・鮎川義介(あいかわよしすけ)、相生由太郎、小説家の阿井渉介、芸能人ではAI(歌手)、愛京子、愛内里菜、相川恵理、愛川欣也、哀川翔、相川七瀬、あいざき進也、アイ・ジョージ、相本久美子などが最初にくる名前である。

   日本地名は大阪府茨木市の「安威(あい)」がトップにくることが多いが、実際は香川県の「アアラ島」である。外国人名ではアメリカの小説家アーヴィング、古代エジプトのヒクソス時代の王アアウセルラー・アペピやアアフメス1世など。ちなみに一番後ろに来る人名はワレンチナ・テレシコワやササン朝ペルシャの王ワルガシュ(在位484-488)。用語ではワンボックス・カー。

世界地名はドイツ西端部の都市アーヘンやオランダのアアルスメール、オーストラリア南部のアイアンノブ鉱山。芸能人ではアイス・キューブがトップに来る。男女7人の音楽グループ「AAA(トリプルエー)」も名簿トップを意図したものであろうか。

   一般の事典の見出し語では、外来語の長音「アーク灯」などを除くと、「アイアイ」やゴルフのクラブ「アイアン」「アイガモ」などが最初にくる事項である。索引では「アア溶岩」が見られる。「アーガー agar」はテングサ、寒天の意味。アーカイヴズ archivesは公文書館。アーガイル argyleは菱形格子柄(の靴下)。

  日本映画のタイトルの排列トップは神代辰巳監督「嗚呼!おんなたち 猥歌」(1981)。

   欧米語「a」の単語数は「s」「c」「p」より少ないが、aで始まる単語は使用頻度が高いものが多い。aba(ラクダまたはヤギの毛の織物)、abaca(バショウ科の多年草)、abacus(そろばん)、abandon(捨てる)、abate(減少する)、abbey(寺院)、abderhalden reaction(アブデルハルデン・リアクション)、abhor(憎悪する)など。abcつづり字順では世界人名はAeschhylus(アイスキュロス)、世界地名ではAbadan(イランのアバダン)。

P1200614
世界地理の地名索引ではトップに来るオーストラリアの鉱山の町アイアンノブ
 

(Aahmes,Aauserra Apepi,John Irving,Aachen,Iron Knob,Ice Cube)

実証された真空の存在

Img_0001

   1686年のこの日、物理学者オットー・フォン・ゲーリケ(1602-1686)の忌日。 ドイツ中部ザクセン・アンハルト州のマグデブルクの名門の家に生まれたオットーは、初め法律を学んだが、後に数学、力学を勉強しながら1646年、市長に就任した。そして、ゲーリケは真空の問題を実験によって解決しようとして手動式の真空ポンプを製作、これを利用していろいろな実験を試みた。

   まず容器内でベルを鳴らしてもその音が外部に聞えないこと、またロウソクの火は消え、動物も生きていけないことなどを示した。そして1654年には、金属製の半球2個を密着させ内部の空気を抜くと、大気圧のため半球が容易に引き離せないという実験をした。真空にした半球は、両側をそれぞれ8頭の馬が引っぱっても、引き離すことはできなかった。(なぜかウィキペディアには8頭の馬で双方から引っぱり、やっと半球は外れた、とある)

    これが中学理科の教科書でお馴染みの「ゲーリケとマルデブルクの半球実験」である。(Otto von Guericke、5月11日)

土方ジュテーム伝説

01015231     1869年5月11日、新選組・土方歳三は箱館五稜郭で抗戦中、流弾に当たって戦死した。まだ34歳だった。テレビ東京恒例の新春ワイド時代劇「白虎隊~敗れざる者たち」(2013年1月放送)。過酷な運命を生きる会津藩士とその家族の物語だが、明るい場面もあって楽しませてくれる。白虎隊よりも西郷頼母や土方歳三などが中心に描かれている。西郷の一族が自刃して果てた後屋敷に来た土方歳三(岸谷五郎)はまだ息がある眉寿子(国仲涼子)を発見する。土方と眉寿子は想いを寄せ合っていた仲だった。土方の腕の中で息絶えた眉寿子に、土方が「ジュテームじゃ」と叫ぶ。さすがジェームズ三木の脚本じゃ。このフランス語を土方に教えたのは中沢鉄之助である。中沢は眉寿子の許婚で帰国後、この言葉をいって眉寿子を驚かしてやろうと考えていた。(Je t'aime、5月11日)

点字新聞事始

Img_0013_2 中村京太郎

  点字とは紙面の突起した点を指先の触覚により読み書きの用を果たす盲人用の文字である。日本点字は明治23年、東京盲唖学校訓導、石川倉次(1859-1944)がフランスのルイ・ブライユ(1809-1852)の縦3点、横2点を基本とする6点点字をアレンジして考案、明治34年には拗音を加えて完成を見る。

    週刊点字新聞「点字毎日」は、「点毎」の愛称で大正11年5月11日、創刊された。英国留学から帰国した中村京太郎(1880-1964)は東京で点字新聞「あけぼの」を自力で細々と発行していた。好本督(1878-1973)らの強い働きかけで大阪毎日新聞社を動かし、大毎本社新築記念事業として点字毎日の発行が決まった。中村を編集主任に迎え、大野加久二(1897-1983)、小畠謹一の3人に、中村夫人アツを迎えて点字新聞の編集が始まった。

紫雲丸報道写真論争

Img_0001
     紫雲丸

  昭和30年5月11日、修学旅行の児童生徒375人を含む乗客781人を乗せて高松を出航した国鉄宇高連絡船紫雲丸(中村正雄船長)は、第三宇高丸(三宅実船長)と衝突した。紫雲丸は衝突5、6分後の午前7時ごろ沈没、中村船長ら乗員2人と乗客166人が死亡した。

    紫雲丸事故は、もうひとつの大きな論争を起こす問題を提起した。報道カメラマンが助けを求める乗客を撮影した写真が新聞に掲載されたことに対して、シャッターを切る時間があったのなら、なぜ一人でも救おうとしないのか、という批判の声が上がったのである。この論争はその後も大きな事件や事故のたびに繰り返されている。秋葉原で起きた通り魔事件では、被害者を携帯電話、デジタルカメラで撮影する野次馬のモラルが問題となった。ライブドアでは、世論調査サイトで、事件現場の撮影がモラルに反すると思うかどうかのアンケートをした。その結果、「思う」が66.89%で、「思わない」が33.1%だった。紫雲丸事故の論議で評論家の大宅壮一は、専門家とアマチュアとの差があることを論じ報道の使命を主張した。

津田三蔵のトラウマ

180pxsanzo_tsuda     明治24年5月11日、来日中のロシア皇太子ニコライ・アレクサンドロヴィッチ・ロマノフ(1868-1918)が滋賀県大津市で警備中の巡査・津田三蔵(1854-1891)に襲撃され負傷した。いわゆる大津事件(湖南事件ともいう)から110年あまりが経つ。どうしてこのような大事件が発生したのか、津田の動機が実際のところあまりわからなかった。ところが、近年、津田三蔵の自筆書簡53通が三重県上野市の個人宅から発見された。

    津田三蔵は安政元年12月29日、上野の津藩士の子として生れた。西南戦争に従軍し負傷したが、少なからぬ功績があったようで勲七等を授与されている。当時22歳の青年だった津田にとって西南戦争の記憶は14年たっても生々しい記憶として残っていた。ロシア皇太子の警護は厳重を極めた。津田は同僚と街道からわずか入った御幸山にある西南戦争記念碑付近の警備を担当していた。この慰霊碑は大津の第九連隊戦死者441名の霊を慰めるために建立されていた。ニコライ皇太子は、観音堂を訪れた際、この記念碑にまで足を伸ばした。そのとき、突然、津田はサーベルを抜いてニコライに斬りかかり、右側頭部を負傷させた。

   津田の動機としては、大きく次の4点が考えられる。

①ロシアの強行姿勢に不満があった

②死んだ西郷隆盛がニコライと一緒に帰国し、西南戦争で受勲した者から勲章を剥奪されるのを怖れた

③ロシアの随行員が西南戦争記念碑に敬礼せずに通過した非礼に対する制裁

④皇太子の歓迎の花火の音から西南戦争の大砲の音を想起した

    津田三蔵の精神状態の解明は困難ではあるが、津田にとって西南戦争という悲惨な出来事がトラウマとなっていたことは事実のようである。

ヘンミ計算尺

Photo   計算尺は海外では17世紀に発明されていたが、日本では算盤が普及していたためあまり注目されなかった。1894年、ドイツ製マンハイム計算尺を近藤虎五郎(内務省土木課長)と広田理太郎(工学博士,1865-1935)が留学先から持ち帰ったのが初めとされる。1895年、逸見治郎(1878-1953)がマンハイム計算尺をもとに試作品を始める。1903年、孟宗竹を使った合板による計算尺完成。1912年5月11日、ヘンミ計算尺の特許を取得。

2016年5月10日 (火)

アレクサンダー大王とブーケファラス

Zpage230

 アレクサンダー大王の少年時代のお話。ブーケファラス(ブケパロス)という名馬がいたが、ひどい暴れ馬で、だれも乗りこなせなかった。様子をじっと見ていた王子は、「自分ならうまく乗れるのに」と言いだした。彼は、馬が自分の影におびえていることに気づいていたので、馬の首を太陽のほうに向け、馬をあやしながらひらりととび乗った。そんな王子を見て父王フィリッポス2世は「マケドニアはおまえには小さすぎる。おまえにふさわしい大きな国を捜すがよい」と言ったという。ギリシアからインドにまたがる世界帝国を作り上げた若き大王の生涯が伝説化されると、愛馬ブーケファロスには「人肉を食らう馬」という性格が与えられた。(AlexandrosⅢ,Bucephalas,PhilipposⅡ)

アレキサンダー大王をめぐる女性

Alexandros     「英雄豪傑、色を好む」というが、世界帝国を一代で築いた英雄アレキサンダー大王の女性関係はどのようなものだったのだろうか。プルタークによれば、大王は「女性に関して誰もおよばないほど節制を守った」といっている。当時の一般の性道徳からいえば、たしかに彼は節制を守ったほうだったろう。結婚以前に彼の知った唯一の女性はバルシネだった。

   アレキサンダー大王は前333年、イッソスの戦いでペルシアのダレイオス3世を破った。ペルシア王はからくも逃げたが、その母、妻、娘は捕虜となった。大王はその後、部下のパルメニオンにすすめられ、イッソスの戦いで捕虜にしたバクトリア太守のアルタバゾスの娘バルシネを愛人としている。彼女はのちに庶子ヘラクレス(前327-前309)をもうけている。

   アレキサンダーの結婚はかなり遅く、前327年、29歳の時にバクトリア豪族オクシュアルテスの娘ロクサネと結婚する。プルタークは彼女のことをアレキサンダーが「愛情に負けた唯一の女」といっている。ロクサネはたいへん美しい女性だったらしい。スサでは大王以下マケドニア人1万人とペルシア婦人の婚礼をした。大王自身はペルシア王の娘スタテラーとバリュサティスと結婚している。そのあと大王は熱病のためBC323年6月10日、33歳で急逝した。この時、王妃ロクサネは妊娠中であり、愛人バルシネには庶子ヘラクレスがいた。間もなくロクサネに男の子が生まれた。これがアレキサンダー4世である。大王の死後、その大帝国は部下の将軍たちの奪いあうところとなった。彼らはそれぞれ大王の後継者(デイアドコイ)と称した。ロクサネ、バルシネは子供とともに殺され、アレキサンダー大王の血を引く者は前310年までに完全に絶えた。ちなみにオリバー・ストーン監督の「アレキサンダー」(2004年)では幕僚へファイスティオンとの関係を同性愛として描いており物議をかもしている。(AlexandrosⅢ)

ハリウッド物語 歴史劇

Photo_4    アメリカは歴史が浅いせいか、古い歴史に対してコンプレックスのようなものがある。20世紀の初めに映画が誕生したときから、しばしば見世物のように歴史劇がつくられた。とくに聖書の世界や古代エジプト、美女や英雄が登場するスペクタクルが好まれた。1935年、世界初の長編カラー映画が「虚栄の市」(画像)である。スターが歴史上の人物を演じることが流行り、ゲーリー・クーパーがマルコポーロを、ジョン・ウェインがジンギスカンを演じた珍品もつくられた。50年代テレビに対抗するため登場したワイド・スクリーンにとってこのジャンルは最大限に特色を生かせる事ができた。シネマスコープ第一弾「聖衣」や、ビスタビジョンによる「十戒」など横長のスクリーンを最大限に利用したスペクタクル史劇である。

   史劇略年表

1915 国民の創生
1916 イントレランス
1917 クレオパトラ(ゼダ・バラ)
1923 十誡
1923 ジークフリード
1926 ベンハー
1934 クレオパトラ(クローデッド・コルベール)
1935 クリスチナ女王
1935 虚栄の市
1945 ヘンリー5世
1945 シーザーとクレオパトラ
1949 サムソンとデリラ
1951 ジンギスカン
1952 黒騎士
1952 クオ・ヴァディス
1953 ジュリアス・シーザー
1953 聖衣
1953 円卓の騎士
1953 悲恋の女王エリザベス
1954 デジレ
1954 ユリシーズ
1954 エジプト人
1954 獅子王リチャード
1955 ピラミッド
1955 トロイのヘレン
1956 征服者
1956 アレキサンダー大王
1957 ヴァイキング
1959 ハンニバル
1959 ベン・ハー
1959 ソロモンとシバの女王
1960 スパルタカス
1961 ロード島の要塞
1963 クレオパトラ
1964 ローマ帝国の滅亡
2000 グラディエーター
2004 トロイ
2004 アレキサンダー
2007 300
     

ぺちゃパイ騒動記

Basuto 「笑点」の座布団運びで知られる山田隆夫。彼がアイドルグループ「ずうとるび」を脱退したきっかけは「ぺちゃパイ騒動」だった。「ぺチャパイ」とは若い女性の乳房が未発達な様子を指す。バストサイズはだいたいAかBくらい。高齢で萎れて垂れた乳には使われない。同義語に「貧乳」「つるぺた」「まな板」「洗濯板」「ちっぱい」など。どちらかと言うえばこのような同義語の方がよく使われ、ぺチャパイという言葉は現在ほぼ死語となっている。いつごろから使用されたか明らかではないが、1970年代初めころであろう。アイドルグループのずうとるびに「ぺちゃパイブギ」(1976年5月10日発売)がある。作詞・作曲が山田隆夫。この歌の歌詞「ナイナイぺチャパイブギ モミモミぺチャパイブギ」は、フェミニスト団体から抗議を受けた。リーダーだった山田は仲間たちとも意見の違いから「ずうとるび」を脱退した。

赤の広場と二葉亭四迷

Img    本日は二葉亭四迷の忌日。東京書籍から国語の副教材として刊行されている「新総合 図説国語」がある。手元にあるのは改訂7版(2000年)発行である。カラー写真が豊富で作家の写真の背景にはゆかりの名所が所載している。津和野の町並み(森鷗外)、東大三四郎池(夏目漱石)、双柿舎(坪内逍遥)、熱海の海岸(尾崎紅葉)という具合である。二葉亭四迷は赤の広場。ピョートル1世以降、ロシア帝国の首都はサンクトペテルブルグであり、ソ連の首都がモスクワに定められたのは1917年からである。ところが二葉亭四迷が朝日新聞特派員としてサンクトペテルブルグに赴いたのが1908年のことで、翌年肺炎を患い、帰国途中、ベンガル湾航行中の船室で病死している。5月10日にシンガポール郊外で火葬された。四迷がロシア滞在中、モスクワに訪れたかもしれないが、主な活動拠点はサンクトペテルブルグである。下宿先は「罪と罰」にもでてくるストリャールヌイ通りにある安宿である。13番館の2階40号室で今も残っている。中村光夫や十川信介などが訪れているが、このような粗末な部屋で日本の文豪が暮らしていたのかと思うと、感慨ひとしおであるという。それにしても赤の広場と四迷の配合はミスマッチである。「赤の広場」は昔「キタイ・ゴドロ」Kitai‐gorod(中国街の意)と呼ばれ、露天市場が開かれていた。「赤」といえば共産主義の別名ともとられるが、ロシア語のクラーイスは「赤い」のほかに、「美しい」という意味がある。この広場の呼び名は、帝政時代の1782年にすでにあった。(参考:十川信介「ペテルブルグの二葉亭」図書2001.11)

Img_0001
 サンクトペテルブルグにある二葉亭四迷のアパート

鉄道唱歌の歌詞に金閣寺がない理由とは?

Blog11005

  北山の金閣(鹿苑寺)は1397年に足利義満が造営した別荘で、1950年の火災により再建。東山の銀閣とともに室町時代の様式を伝えている。1900年のこの日、「鉄道唱歌」(作詞・大和田建樹)第1集東海道篇が発行された。歌詞第50番には京都各社寺の四季折々の表情が詠まれている。

夏は納涼の四条橋

冬は雪見の銀閣寺

桜は春の嵯峨御室

紅葉は秋の高雄山

   ところが鉄道唱歌には何故か金閣寺は詠まれていない。ほかにも東寺、清水寺、知恩院、真如堂、賀茂神社、南禅寺はでてくる。鉄道唱歌が作られたときはまだ金閣寺は火災に遭っていない。「冬は雪見の金閣寺」でもよいのではないだろうか。金閣寺がないのは鉄道唱歌最大の謎である。当時、銀閣寺の東山文化という歴史用語はあったが、金閣寺の北山文化はまだなかった。(5月10日)

浜松第一中学校大福餅事件

Img567a3fdezik6zj    昭和11年5月10日、浜松第一中学校の運動会で配られた紅白の大福餅を食べた生徒・家族を中心に患者2244人、死者44人の犠牲者がでる食中毒が発生した。原因はサルモネラ菌の中でも毒性の強いゲルトネル菌。ドブネズミが媒介となった。翌年には受難者慰霊のため慰霊碑が建立された。現在、浜松北高校の校庭にある。

2016年5月 9日 (月)

神尾春央(かんお はるひで)の年貢増徴策

   八代将軍徳川吉宗の時代、老中松平乗邑のもとで、神尾春央(1687-1753)は勘定奉行に就任。年貢増徴を推進し、延享元年(1744)には、自ら中国地方へと赴き、徹底した年貢率強化と隠田の摘発を実施し、民衆の反感をかった。翌2年に吉宗が引退した後、乗邑が失脚したのに続き、それまでの春央の専管であった金銀銅山懸り、長崎懸り、検地奉行などが勝手方の共同扱となった。「胡麻の油と百姓は絞れば絞るほど出る物也」という春央の言葉は彼の増徴政策を端的に表している。参考:谷山正道「延享元年勘定奉行神尾春央の西国幕領巡見をめぐって 年貢増徴をめぐる東と西」 内海文化研究所18 19、1990年。

「ほ」 ファースト・ネームから引く人名一覧

Jose_de_san_martin_por_navez     ホセ・デ・サン・マルティン(1778-1850)はアルゼンチンの軍人。南アメリカ諸国をスペインから独立されるために活躍した。1822年ボリーバルとの会談の結果、すべての地位を辞職し、フランスに亡命、貧窮のうちブーローニュで没した。▽「ポーラ・ラドクリフ」女子マラソン世界記録保持者、2時間15分25秒。▽「ポール・ベルナ」フランスの児童文学者。「首のない馬」1908-1994。Jose de San Martin。▽「ホーレス・ケプロン」明治初期、北海道の開拓顧問を務める。

ボー・ブリッジス
ホー・シャオシェン
ホー・チ・ミン
ホアキン・フェニックス
ホイットニー・ヒューストン
ホセ・アルベルト・ムヒカ・ユルダノ
ホセ・オルテガ・イ・ガセット
ホセ・パディーヤ・サンチェス
ホセ・フェラー
ボニー・ベデリア
ボニー・ライト
ボビー・ジョーンズ
ボビー・ダーリン
ボブ・ディラン
ボブ・ホスキンス
ボブ・ホープ
ホープ・ラング
ボボ・ブラジル
ポーラ・ネグリ
ポーラ・ラドクリフ
ポリー・ウォーカー
ホリー・ハンター
ボリス・チチェーリン
ボリス・ニコラエヴィチ・エリツィン
ポリス・カーロフ
ポリス・パステルナーク
ポール・アザール
ポール・アンカ
ポール・ヴァーホーヴェン
ポール・ヴィダル・ドゥ・ラ・ブラーシュ
ポール・ウォーカー
ポール・ギャリコ
ポール・グリーングラス
ポール・ゴーギャン
ポール・ニザン
ポール・フレデリク・サイモン
ポール・ジアマティー
ポール・シニャック
ポール・ジュリアス・ロイター
ポール・スコフィールド
ポール・ストランド
ポール・セザンヌ
ポール・デルヴォー
ポール・トーマス・アンダーソン
ポール・ニューマン
ポール・ハギス
ポール・ベタニー
ポール・ベルナ
ポール・ヘンリード
ポール・モーリア
ポール・ラマディエ
ポール・ラングラン
ポル・ポト
ポール・マッカートニー
ポール・ムニ
ホルスト・ケーラー
ホルスト・ブッフホルツ
ホルへ・ルイス・ボルヘス
ホルローギン・チョイバルサン
ホレーショ・アルジャー
ホレーショ・ネルソン
ホレス・ウォルポール
ホーレス・ケプロン
ポーレット・ゴダード

Annex2020bogart20humphrey20casablan
   ポール・ヘンリード(写真左)はナチを避け渡米したオーストリア出身のスター。「カサブランカ」でも反ナチスの指導者ラズロを演じた。

友情は悲しみを半分にする

Img_889500_16648953_0 Img_889500_24007460_0

Christopherandpeter

    近藤勇&土方歳三、夏目漱石&正岡子規、マルクス&エンゲルス、ピーター・カッシング&クリストファー・リー、星野仙一&田淵幸一、草薙剛&香取慎吾、美川憲一&コロッケ。古今東西を問わず、世の中には、不思議とウマの合うコンビがいる。ゲーテとシラーもなぜか相性がよかった。

友情は喜びを二倍にし、悲しみを半分にする(シラー)

    ヨハン・クリストフ・フリードリッヒ・フォン・シラー(1759-1805)は、1759年11月10日、シュヴァーベン地方のネッカール河の小さな町マールバッハに生まれた。1787年7月21日、シラーはワイマールに着いた。ゲーテ(1749-1832)はイタリア旅行中であったが、ウィーラント、ヘルダーなどと会った。9月7日、ゲーテと初めて会う。1788年12月15日、シラーはゲーテの推薦によってイェーナ大学の歴史の員外教授に就任した。その後、二人の間で手紙のやりとりが交わされたものの、1794年7月20日頃、イェーナの自然科学の学会の帰途ゲーテとはじめて胸襟をひらいて語り合うことができた。これが機縁となって二人は急速に親密な友情で結ばれる。

   シラーと付き合いはじめてゲーテの文筆活動は急速に活発になっていった。「ヴィルヘルム・マイステルの修業時代」が完成を見る(1796年)。シラーと共同で文芸批評的な短詩「クセーニエン」(1796年初めより)を書き続ける。1797年3月には「へルマンとドロテーア」ができる。そして「ファウスト」が書き継がれていった。

   1805年5月9日、46歳でシラーが没すると、ゲーテは数日間泣き続けた。親友の音楽家ツェルターにあててこう書いている。「私は自分が死ぬかと思ったが、その代わりに一人の友を失った。そしてこの友のうちに私の存在の半分を失った」。

「か」 ファースト・ネームから引く人名一覧

Marx    カール・マルクスが「自分はマルクス主義者ではない」と言っていたのは有名な話である。歌手ガブリエル・アプリの「パニック・コード」が洋楽チャートにて初の1位に。「カルロ」「カルロス」はとても多い。

ガイ・ガバルドン
ガイ・ハミルトン
ガイ・ピアース
ガイ・フォークス
ガイ・マディソン
ガイ・リッチー
ガイウス・ユリウス・オクタビアヌス
ガイウス・ユリウス・カエサル
カイラ・セジウィック
カイル・マクラクラン
カウント・ベーシー
ガエル・ガルシア・ベルナル
カーク・ダグラス
ガス・ヴァン・サント
カースティ・アレイ
ガストン・ルルー
カスバー・ダーヴィト・フリードリヒ
ガスパール・カサド
ガスパール・ド・コリニー
カーソン・マッカラーズ
カタリナ・サンディノ・モレノ
カート・ヴィネガット
カート・ラッセル
カトリーヌ・スパーク
カトリーヌ・ド・メディシス
カトリーヌ・ドヌーヴ
ガートルード・スタイン
ガートルード・ローレンス
カーネル・サンダース
ガブリエラ・アンデルセン
ガブリエル・アプリ
ガブリエル・アーモンド
ガブリエル・アンウォー
ガブリエル・ガルシア・マルケス
ガブリエル・ノーデ
ガブリエル・バーン
ガブリエル・ファーレンハイト
ガブリエル・ホセ・ガルシア・マルケス
ガブリエーレ・ダヌンツィオ
カミーユ・クローデル
カミーユ・コロー
カミーユ・サン・サーンス
カミーユ・ピサロ
カミラ・パーカー・ボウルズ
カミーラ・ベル
カムタイ・シーパンドーン
カーメン・キャヴァレロ
カラ・ムスタファ・パシャ
カリスタ・フロックハート
ガリレオ・ガリレイ
カール・アウグスト・ウィットフォーゲル
カール・アドルフ・フォン・バセドー
カール・アーバン
カール・アンドレ
カール・カウツキー
カール・グスタフ・ユング
カール・サムナー・シャウプ
カール・シャウプ
カール・シュナイダー
カール・シュミット
カール・ハインリヒ・マルクス
カール・ハラー
カール・バルト
カール・ヒルティ
カール・フォン・クラウゼヴィッツ
カール・フォン・ドライス
カール・フォン・リンネ
カール・ブッセ
カール・フリードリッヒ・ガウス
カール・ベンツ
カール・マイ
カール・マリア・フリードリッヒ・エルンスト・フォン・ヴェーバー
カール・マルデン
カール・ヤコブ・ブルクハルト
カール・リープクネヒト
カールハインツ・シュトックハウゼン
カール・リッター
カール・ヤスパース
カール・ユーハイム
カール・ラントシュタイナー
カール・ルイス
カール・シュミット・ロットルフ
カルビン・クーリッジ
カルメン・ミランダ
カルロ・アツェリオ・チャンピ
カルロ・カッラ
カルロ・コッローディ
カルロ・ドニーダ
カルロ・マデルナ
カルロス・ゴーン
カルロス・サウラ
カルロス・サンタナ
カルロス・ハンコック
カレル・アベル
カレル・ファブリティウス
カレン・アレン
カレン・ブラック
カレン・モーレイ

2016年5月 8日 (日)

あの山越えて養老院へ

Over_the_hill_to_the_poorhouse_1920  本日は「母の日」。日頃の母の労苦を労わり、母への感謝を表わす日である。母性愛を主題とした物語や映画は古来から数多くある。母もの映画といえば、戦後の三益愛子の大映作品、また近年では吉永小百合が「母べえ」「母と暮せば」がある。アメリカ映画ではバーバラ・スタンウィックの「ステラ・ダラス」、戦後のジェーン・ワイマン、ラナ・ターナーの作品など。母もの映画のルーツはサイレントの「オーヴァー・ゼ・ヒル」(1920)といわれる。壮年時代から老年にいたるまでをメアリー・カー(1874-1973)が自然に演じている。アメリカの貧しい農村が舞台で、父母と五人の子供たち。母はやがて年老いて養老院に入れられるが、成長した子供の1人が引き取り、一緒に幸せに暮らす。詩人ウィル・カークウッドの詩「あの山越えて養老院へ」という詩が原作である。映画はニューヨークで1年以上も大入り満員を取り、25000本プリントを製作したとか、いかに多くの人に愛された映画であるか分かろう。1931年にヘンリー・キング監督で「オーバー・ザ・ヒル」として再映画化。小学館の少年少女世界の名作文学16に「あの山越えて」村松千代の訳で知られる。 Over the Hill to the Poorhouse

ゴーギャン最後の自画像

Self_portrait_1903    1903年のこの日、ポール・ゴーギャンはタヒチ島から1300㎞も離れたマルケサス諸島(マルキーズ諸島)で亡くなった。ゴーギャンは最後の2年間はこの地で過ごした。貧しく、病気がちで、ときとして画材代にもこと欠いていた。死亡したときには、ゴーギャンはほとんど忘れ去られていたが、3年後パリで開かれた彼の展覧会でその非凡な才能が明らかとなった。スイス・バーゼル美術館が所蔵するゴーギャン最後の自画像は、安らかに死を受け入れようとする姿が表れている。(Paul Gauguin,Marquesas Islands、5月8日)

Photo_3

フローベールの一語説

00000000012222   1880年のこの日、フランスの小説家フローベールが亡くなった。生島遼一(1904-1991)は次のように述べている。「フローベールは文体というものを、小説家が自分の観念をうまくはめこんでゆけばいい出来あいの鋳型のごときものとは考えなかった。一つの観念、一つの視覚、それを正確に表現するには、唯一の表現、唯一の言葉あるのみで、それを求めるのが芸術家の働きだといちずに信じていた。路傍の小石一つ一つに特色を見出いだし、特殊の表現をさがせ、というのがかれの信条だった」(『文体』)

    ともかくフローベールは、一つの目に見えるものを、正確に表現するためには、たった一つのことばがあるのみであると考えた。これが有名な一語説というものである。それほどフローベールは表現に対して厳格な立場を守った作家であり、芸術至上主義の作家といえるものである。(5月8日)

仏教伝承芸能「仏舞」

Photo_3
  松尾の仏舞

   仏舞(ほとけのまい)の正確な由来は不詳であるが、奈良時代に唐から伝えられた宮廷舞楽が各地に伝播したものといわれる。現在全国各地に数箇所残されている。

「松尾の仏舞」京都府舞鶴市松尾、松尾寺(まつのおでら)、毎年5月8日)、

「糸崎の仏舞」福井県福井市糸崎、糸崎寺、隔年4月18日

「小國の仏舞」静岡県岡智郡森町一宮、小國神社の十二段舞楽、4月18日に近い日曜

「花園の仏舞」和歌山県伊都郡かつらぎ町

「隠岐国分寺の仏舞」

    「松尾寺の仏舞」は江戸時代から伝わる民俗芸能で、大日如来、釈迦如来、阿弥陀如来の三像の面をつけた優雅な舞が奉納される。「糸崎の仏舞」は、鷹巣海岸にある真言宗智山派・育王山龍華院糸崎寺の糸崎観音堂の正面に設けられた石組の舞台で披露される。金色の菩薩面に黒染めの法衣をまとい、鐘や太鼓にあわせて幻想的な舞を奉納する。舞手は糸崎に住みここで産湯を浸かった長男に限られる。唐の高僧禅海が糸崎寺を訪れたとき、その景観が明州育王山に酷似していることに喜び、菩薩や天女が喜びの舞を踊ったことが仏舞の由来とされる。全国に仏舞は伝わるが、昔ながらの舞を伝承しているところは少なく、重要無形民俗文化財に指定された。大陸から渡来した奈良時代の舞楽を今に伝える伝統芸能である。島根県の隠岐は平安時代から伝承される「隠岐国分寺蓮華会舞」など貴重な伝統芸能の宝庫である。

2016年5月 7日 (土)

ブログのネタは入浴が一番

Hansinyoku    三上(さんじょう)という言葉がある。欧陽脩は「余、平生作る所の文章、多くは三上に在り。すなはち馬上・枕上・厠上なり」(帰田録)

   文章を考えるのに最も都合がよいのは、馬に乗っているとき、寝床に入っているとき、便所に入っているとき。なかなかうまい事を言ったものだと思う。移動中、就寝前、トイレの中、いずれも肉体的には不自由な拘束された状況にありながら、むしろ邪魔が入らず自由な時間が保てる。現代人が通勤電車内で新聞や文庫本を読んだりするのも同じだろう。欧米にも「3B」といって、bath、bed、bus お風呂、ベット、バスの中、という。お風呂の中が一番リラックスできて、よいアイデアがでそうな気がする。

モンタナ生れのゲーリー・クーパーとマーナ・ロイ

   モンタナといえば何を想像するだろうか。ロッキー山脈の麓の西部の大自然だろう。ロバート・レッドフォードの「リバーランズ・スルー・イット」や「モンタナの風に吹かれて」のようなアメリカらしい雄大な自然に魅かれる。ゲーリー・クーパーは1901年5月7日モンタナ州へレナの生まれである。クーパーのデビュー作は「夢想の楽園」(1926)とあるが、ネットなどで調べると1925年に「轟く牛の群れ」「荒馬のメサ」「幸運の馬蹄」「滅び行く民族」「荒鷲」と5本のエキストラ出演があり、「トリックス」(短編)にも出演している。同年にマーナ・ロイは「美人帝国」という映画の端役でデビューしている。マーナ・ロイもモンタナ州のレイダーズバーグ(ヘレナとはそれぼど離れていない)の出身である。つまりクーパーとロイは同郷で映画デビューも同じ。クーパーが4歳上であるが、活躍時期も同じである。パーティーなどで2人は会っているとは思うが、共演作は一本もなかった。パナマウントとMGMとライバル関係であるが、惜しいことだった。最も愛すべき善良なモンタナ男と良妻賢母のロイの夫婦映画を見たかった。

2016年5月 6日 (金)

飛龍頭

  がんもどき(雁擬)。豆腐をくずして中に細かく切った野菜・麻の実などを入れて油で揚げたもの。関東で「がんもどき」、関西で「飛龍頭(ひりょうず)」といった。飛龍頭の語源はポルトガル語の fillhoses で、「ひりうず」とか、「ひろうず」とよんだ料理をあて字したもの。もともとは南蛮渡りの油菓子の名称であったのが、元禄のころにはすっかり日本化して、精進料理の揚げ物の名になっていったようである。

中島孤島「こども世界歴史」

   小学生向きのやさしい世界歴史がはじめて出版されたのは、明治期であろうが、本格的な通史として広く読まれたのは中島孤島の「子供世界歴史」(昭和5年、冨山房)であろう。序文に「小学校には世界歴史の科目がないので、大抵の子供は、中学へ行くまでは、世界歴史の話を聞かずに過ぎてしまいます。そういふ子供に、童話を読むような心持で、歴史上の偉い人物や大事件の話を読ませることが出来たら、きっと童話から離れかかった子供の心に新しい満足が与えられるにちがいない」と記している。中島孤島はそれまでも「沙翁物語」「グリム御伽話」「千一夜物語」「西遊記」など翻訳再話を得意としてきたが、坪内逍遥のすすめで世界歴史にとりくんだ。歴史物語を専門の歴史家ではなく、文学者が執筆しているところがおもしろい。「こども世界歴史」は名著として戦後も版を重ね、影響するところ少なくなかった。

玄宗皇帝と鑑真

   鑑真の763年の忌日。唐の第6代皇帝玄宗(685-762、在位712-756)は武韋の禍を治め、父の睿宗を復位させ、のち28歳で即位した。年号を開元と改め、賢臣を起用し、政治に精励したので、「開元の治」とよばれる中唐一大盛時を現出させることになった。

    この、玄宗という皇帝は、なかなか日本との縁が深い。当時の日本は、東大寺大仏の鋳造などにみられるように仏教文化の花盛りで、8世紀だけでも5回の遣唐使が海を渡っている。中国の土を踏んだ日本人は数千人に及んでいる。正倉院にはそのころ渡来した品々が多く秘蔵されており、また正月に屠蘇をのみ、端午の節句に菖蒲の葉を軒端にさすなどの習慣はそのころの唐から入ったのだという。玄宗は皇太子時代に日本の留学僧弁正とよく碁を打ったらしい。阿倍仲麻呂が唐の都長安を訪れたのは、玄宗が即位して6年目である。鑑真が5回も失敗したあげく、ようやく日本に着いたのは、玄宗の治世がおわる3年前、753年12月20日であった。楊貴妃のうわさも、その在世中に日本に伝えられていたであろう。(参考:村山孚「人物中国志5美女猛女の系譜」、5月6日)

井上靖と伊豆湯ヶ島

Staff_inoue     井上靖は明治40年5月6日に、軍医だった父の任地である北海道旭川町に生まれている。6歳のときに父母の許を離れて、静岡県伊豆湯ヶ島の祖母の許で生活する。しかし実際には、医師をしていた曽祖父の妾だったかの(「しろばんば」のおぬい婆さん)という女性によって育てられた(「わが母の記」による)。土蔵に住む後に戸籍上の祖母となった彼女と一緒に暮らしたが、その頃の様子は幼少時代の自伝的小説『しろばんば』に描かれている。小学校6年の時かのが亡くなり、湯ヶ島から両親の家のある浜松に戻っている。井上の孤独な少年時代の経験は、『しろばんば』のほかにも『夏草冬濤』『あすなろ物語』『滝へ降りる道』『ざくろの花』『白い街道』などの短編にも美しく描かれている。このような詩人的資質は、孤児の感情と、おおらかな自然感覚によって育てられていったといっていいだろう。

2016年5月 5日 (木)

「エクレア」おもしろ雑学事物起源

Photo   細長く焼いたシュークリームの上にチョコレートをかけたエクレア。正式名称は、フランス語でエクレール・オ・ショコラ。「エクレール」とは「稲妻・雷」のこと。中からシュークリームが飛び出すので、電光石火のごとく一瞬にして食べてしまうようにという意味で、こう名づけられたといわれる。(eclair au chocolat)「雑学全書」知恵の森文庫

深沢七郎と今川焼

320x320_rect_5231659   「楢山節考」「笛吹川」で知られる深沢七郎は話題に事欠かない作家だった。とくに「風流夢譚」は主人公がバスの車中で見た夢のなかで、天皇皇后の首のない胴体を見たという箇所がある。世間では「皇室の名誉を毀損する」と大々的な批判がおこり、中央公論社社長の嶋中邸が右翼青年に襲われる。この小説の影響で深沢は2年間にも及ぶ逃亡生活を強いられる。そして1965年に埼玉県に農場を開き話題も多かった。1971年には東京墨田区東向島の曳舟駅近くで今川焼「夢屋」を開店した。ところが夢屋の入っている建物の3階に住む女性が窓から水を捨てたところ、それが誤って客にかかってしまった。激怒した深沢は彼女を殴り、傷害罪で逮捕・書類送検されてしまった。ちなみに今川焼という小麦粉でアンコを包んだ菓子は、戦国大名の今川義元とは何の関係もない。江戸の神田に今川橋というのがあり、そこで売っていたことからついた名前である。

虎の巻

  虎の巻とは、門外不出の秘伝が書かれている書。転じて、答えが書かれているような参考書や種本のことを指す。高校入試問題集虎の巻。語源は、中国の兵法書「六韜」から出た言葉。六韜は文・武・竜・虎・豹・犬の6巻からなり、その中の「虎韜(ことう)」が略され、虎の巻になった。中国から伝えられてきたものを坂上田村麻呂が愛読していたといわれる。

尾道の風景

   坂と海と社寺の町として知られる尾道は、今まで数多くの文人墨客がその美しい風景に創作意欲を掻き立てられてきた。林芙美子、志賀直哉、画家の小林和作、映画監督の大林宜彦。ドラマ作家の高橋玄洋もその一人である。広島で育った高橋は戦後の一時期、尾道で暮らしていたという。いまチャンネルNECOで放送されている芦川いづみ主演の「志都という女」(1967)は尾道・福山の瀬戸内海などが主な舞台で、愛のない結婚生活に苦悩する悲しい女の物語。この頃のテレビドラマはあまり保存されていないというが、よく残っていたものである。当時のドラマは文芸調メロドラマが好まれた。尾道ロケが行われ、当時の風景がわかる貴重な作品となっている。

啄木の大衆性

Img_0001

  船に酔ひてやさしくなれる
  いもうとの眼見ゆ
  津軽の海を思へば

   石川啄木(1886-1913)が妻子を盛岡に、老母を渋民に残し、妹の光子と津軽海峡を越えたのは、明治40年5月4日であった。その時の心境を啄木は日記に記している。

「夜九時半頃青森に着き、ただちに陸奥丸に乗り込みぬ。夜は深く、青森市の電燈のみ眠た気に花めきて、海黒し」

    新しい運命を切り開くべく、北海道・函館の地を踏んだのは、翌日の5月5日であった。

    啄木の歌の特徴を挙げるとすれば、先ず第一にその庶民性、大衆性であろう。歌はいずれも平明であり、その点が広く大衆性を受け入れられ、日本近代文学史上、最も有名な国民詩人といわれるゆえんであろう。

  東海の小島の磯の白砂に
  われ泣きぬれて
  蟹とたわむる

    啄木は北海道に渡って函館、札幌、小樽、釧路と漂白生活を送ったが、明治41年の春、上京して小説家を志すが、その小説が売れないために悩み多い日々を送っていた。啄木「東海の歌」は『一握の砂』巻頭の歌で、啄木の作品中最も有名なものである。

  頬につたふ
  なみだにごわず
  一握の砂を示しし人を忘れず

        *

  砂山の砂に腹這ひ
  初恋の
  いたみを遠くおもひ出づる日

        *

  いたく錆びしピストル出でぬ
  砂山の
  砂を指もて堀りてありしに

   こうして啄木の歌を並べて見ると、津軽海峡、函館、小樽、釧路など流行歌の舞台となる所が多い。石原裕次郎の「錆びたナイフ」(萩原四郎・作詞)がある。

  砂山の砂を 指で掘ってたら
  まっかに錆びた
  ジャックナイフが出て来たよ
  どこのどいつが 埋めたか
  胸にじんとくる 小島の秋だ

   この歌謡曲を聞く一般大衆の胸中に漂白の悲しみが沸き起こるのは、たぶん啄木の愛唱歌を想起するからではないだろうか。

むかし5月5日は女の子の日だった!?

    古来、日本には邪気を払うため「五月忌み」といって、男性が戸外に出払い、女性だけが家の中に閉じこもって、田植えの前の穢れを祓い身を清める儀式を行う風習があった。これが中国から伝わった端午と結びつけられた。端は月の初めの午の日、のち午は五と音通などにより5月5日となる。近世以降、「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであることから端午は男の子の節句とされるようになった。

2016年5月 4日 (水)

コックが被っている帽子が高いのはなぜ?

113972ae64e    フランスの有名な宮廷料理人アントナン・カレーム(1784-1833)が背の高い山高帽の客を見て、同じような白く背の高い帽子を調理場で被るようになったのが始まり。カレームは政治家タレーランの料理人で、あのウィーン会議で有名になった人物。ゼリーやさまざまなお菓子を考案した。フランスではトックブランシェ toque blanche(白いコック帽)、イタリアではカッペッロ・ダ・シェフ cappello da chef(シェフの帽子)という。コック帽の高さは役職ごとに差があり、総料理長が最も高い。(Antonin Careme)

五風十雨

O0800119913612435007   本日も熊本で震度4の地震▽昨日神戸三ノ宮で暴走事故▽超円高で大損した▽そろそろお寺に納骨しないといけない▽便所の掃除をした▽アクタ西宮の図書館はよい。古い全集が開架に多い▽「とと姉ちゃん」森田屋の富江さん。表情がカワイイ。▽映画「セーラー服と機関銃~卒業」は興行的に失敗だったが、作品の評価は賛否さまざま。映画評論家の北川れい子「キネマ旬報」の採点が酷い。これまでも辛口批評で知られるが、自分の感性だけを重視するだけで、あまり事前の調査はしないタイプらしい。美術鑑賞や映画鑑賞、作品そのものにあたる姿勢はよいが、あまりに自己本位。▽土屋太鳳「まれ」ではその魅力が不発だったが「お迎えデス」で溌剌。ミニスカートから美脚を覗かせ、キックがさく裂するシーンは最高デス。

これを何と呼ぶのか?(物の名前)

Balconnieresquaretray_2  普段なにげなく使っている身近にあるものでも、意外と名前のわからない物が多い。正式な名称を調べてみよう。

  お金の受け渡しに使うお皿。通称キャッシュトレーとも呼ばれるが、一般には「スクエアトレイsquare tray」。クッション材の気泡緩衝材。通称ぷちぷちとも呼ばれるが、英語では「バブルラップbubble wrap」。

  耳かきのてっぺんについているフワフワした綿の房の部分は「梵天(ぼんてん)」という。お正月のお年玉を入れる小さな紙袋は「ぽち袋」。

001b   喫茶店でコーヒーを頼んだときに一緒に出される1人分用のコーヒーミルク。ポーションパックという。portion とは「割り当て、一人前」の意味。ただしポーションパックとはカタカナ英語で、海外では通じない。英語はポーションパッケージである。portion package

A5876_i1   登山などで使われる命綱を繋ぐ鉄製の器具。ザイルとポイントを連結する。カラビナ(carabiner)という。騎銃用フックを意味するドイツ語Karabienerが英語化したもの。

 

Mud2013013101    水面上に浮かんで位置を標示する「浮標」。英語でブイ(buoy)。海岸にある三角形のコンクリートブロック。「消波ブロック」という。テトラポッドは商品名。

 

Nejicrown3    検便検査のときに、うんこをつける棒は「検便キット」。腕時計のぜんまいを巻くつまみは「竜頭(りゅうず)」。波止場にある船を岸壁から離れないようにロープで止める杭は「係船柱(ボラード)」。

 

   ラクロスという競技で使う先端に網の付いたスティックの正式な名称は「クロス」。

 

Stickheadlacrosse_2218_672252

   グラウンドの土を平らにならす道具。正式名は「グラウンドレーキ」。俗称は、その形から「とんぼ」という。

O0600040112593845004

 

   介護用品のひとつで、ベッドの上で寝たまま髪を洗うとき使用する「ケリーパッド」

 

L_00008901_2

 

   エスカレーターのステップの両側にあるブラシ状の部分をその目的から「何ガード」と呼ぶ?(ホールドオン出題256) ドレスの裾挟まれ防止から「ドレスガード」という。

 

20080415fuji1

 

   サッカーゴールの左右にある2本の縦の棒をゴールポスト、上にある横の棒をクロスバーという。

 

Goal2

 

  交通情報を得るために道路上に設置された光学式車両感知器。「光ビーコン」という。

 

Photosyuu03

「笊」 この漢字読めますか?

Zaru_dai_naname_ue   ざるに盛り付けたそば「笊蕎麦」。へたな囲碁「笊碁」。竹で編んだ「ざる」は漢字で「笊」と書く。国字であり日本で作られた文字であるが、なぜか日本人でこの文字を読める人は少ない。笊は、中国に渡った僧が言い伝えた「笊籠」(そうり)から転化した呼び方、とする説がある。

 この漢字、読めますか?

蒅     すくも

藕糸    ぐうし

      ばち

頻りに   しきりに

蛹化    ようか

簓      ささら

鎹      かすがい

2016年5月 3日 (火)

コンビーフの缶詰を開けるときに使う鍵のようなモノの名前は?

Photo_4   普段なにげなく使っているのに名称を知らないモノがある。知らなくても日常生活になんら支障はないけれど、でも知りたい。コンビーフと言えば、附属の鍵を使ってクリクリと缶を一周してパカッと開封する。巻取鍵という。1950年に日本で初めて巻取鍵を使い缶を開ける方法が取り入れられた。

これを何と言うの?(物の名前)

Nougyo_004 足踏脱穀機

 

 回転を利用して稲穂からモミをとる道具

 

.

 

 

Nougyo_003 稲刈鎌

 

 イネを刈る時に使う道具

 

.

 

.

 

Nougyo_001 鋤簾(じょれん)

 

 畔作りや堰にたまった泥などをすくいとる道具

 

.

 

Nougyo_008漏斗(じょうご)

 

   モミなどを袋づめにする時に使う道具。もと水時計の意の漢語「漏斗(ろうと)」を水や酒などの液体を注ぐときに使う道具に形が似ているところから当てたらしい。

 

 

Nougyo_007箕(み)

 

モミを入れて両手であおりながら、モミとゴミを分ける道具

 

 

 

Nougyo_002除草機

 

ハネを回転させて雑草をとる道具

 

Detail_16203宮本ラッパ

 

むかし豆腐屋が行商で「パ~プー、パ~プ~」と鳴らし使用したラッパ。正式には宮本喇叭製作所で作られていたので「宮本ラッパ」という

35267574_o1スパチュラ

 

薄いへら。スポンジケーキに生クリームを塗ったり、化粧品を塗るときなどに使う。

 

 

背の高い人

Sultankosen2065_2
  スルタン・コーセン

Leonid_stadnyk_tallest_man
  レオニード・スタドニク

   世界にはとてつもなく背が高い人がいる。トルコのスルタン・コーセンは2m46cm、ウクライナのレオニード・スタドニクは2m57cm。日本人ではバスケット・ボール選手岡山恭崇は2m30cmだった。関脇の出羽ヶ嶽文治郎(1902-1950)は2m7cm、プロレスのジャイアント馬場(1938-1999)は2m9cmだった。記録に残る世界一はフィンランドのカイヤメスの2m83cm。日本人の最高は長野県の松坂良光(1935-1962)の2m37cm。

長塚節の縁談

Photo     明治44年の春、33歳の長塚節(1879-1915)は黒田照子(1890-1962)と神田の料亭でお見合いをした。黒田家からは照子の兄と本人が臨席、長塚家では本人と母たかが臨席した。その頃母は在京して病気療養中だが、愛息の見合いということで無理を押して出たらしい。照子は一目節を見るなり頗る乗り気だったようだが、見合い後照子の兄・黒田昌恵は医師という職業柄節の様子を冷静に観察していたらしく、「何うもあの咳は只物ではない、結核の疑があるから此姻談はお断りすべきだ」と言っている。

    一方の節であるが井上子爵の令嬢との縁談が不調に終わったあとで、彼の心中には令嬢への未練があったようだ。節は婚約の同意を渋っていた。節の弟の長塚順次郎は黒田昌恵と中学、一高時代と共に野球部に在って刎頚の仲だったので、なんとか二人をとりもとうとする。ようやく明治44年の秋には婚約が成立した。ところがその直後の11月、根岸養生院で節は喉頭結核と診断される。そのため節分は婚約を破棄する。しかし、照子は既に節を夫たるべき人と決めていたので、11月24日、病院を訪れている。この日節は生憎外出していて会えなかった。しかし、彼女の盲目的な挙措にいたく感激、初めて彼女の本能を知るのである。相手が不運に陥るやとかくしり込みして離反し去るのが世の常である。しかるに彼女は敢えて苦難を共にしようとするのである。節はほとほとその行為に心服、迷うことなく自らも進んで彼女に立ち向かうことになるのであるが、結局は悲恋に終わる。

   二人に4年の歳月が流れた。長塚節は大正3年3月14日、神田錦町2丁目の橋田病院に入院する。それから50日ほど経った5月3日のことである。黒田てる子が訪れた。見合以来実に4年ぶりの再会である。その後、晩年の節から次の名歌がうまれた。

垂乳根の母が釣りたる青蚊帳を

すがしといねつ たるみたれども

    「病室の一室にこもりける程は心に悩むことおほくいできてまなこの窪むばかりなればいまは只よそに紛らさむことを求むる外にせん術もなく、5月30日といふ雨いたく降りてわびしかりけれどもおして帰郷す」という詞書がある。黒田照子の純愛に悩んだ節は、ついに決意して、ふるさとの母のもとへ帰ったのである。折りしももう蚊帳を吊る季節である。母は久しぶりに帰って来た節のためにみずから青蚊帳を吊ってくれたのである。老いかがまった母のすることで蚊帳はたるんでいる。しかしたとえたるんではいても、慈愛の深いなつかしい母のこころづくしを思えば、気にもならない。むしろすがすがしい思いがする。母のふところに抱かれたような心安さにその蚊帳の仲に身を横たえたという心情をのべたものである。

  大正3年6月、福岡の九州帝大病院に三度赴いた長塚節は、大正4年2月8日、37歳の若さで遂に没した。法名秀岳義文居士。その墓は「土」をはじめ、多くの歌にもうたわれた鬼怒川のほとりにある。

    節の死の知らせにショックをうけた黒田照子は、その後幾つかの縁談が持ち込まれたというが、一切耳をかそうとしなかった。だが、年を経るとともに傷心も薄らいだのであろう。大正10年に文学士石田貞一郎に嫁し、一男一女を挙げている。昭和37年7月24日、72歳で他界した。

2016年5月 2日 (月)

これを何と言うの?(物の名前)

13162674   ビーチサンダルは英語でフリップ・フロップ flip-flopsやトング thongs(鼻緒の意)というが、ギリシャではサヨナラ sayonaraという。マーロン・ブランド主演映画「サヨナラ」(1957年)で日本人が履いていた草履が起源といわれる。

 お店でお金の受け渡しに使うお皿。「カルトン」

710025a


 食品をピンセットのように挟み込む器具を「トング」という。

Imagel645ipus

 病人が寝たままでも水を飲めるようにした容器。「吸飲み」

Img58408994

 厚紙製の箱。タバコ10個を詰めた紙箱。「カートン」

Caissecartonrajabox0002420574

 海底や湖底の堆積物や岩盤などを採取する採泥器(さいでいき)。grab sampler。

Using_the_grab






これ何というの?(物の名前の研究)

Photo  ①酉の市で売られ、竹製の道具に小判やおかめの面などを飾りつけたもの。

 

. 

. 

.

 

Nz13285top ②心づけ・お年玉などを入れる小さな紙袋。祝儀袋。

 

..

 

 

1a597a1a5f199f3457198c1b99b08d27③小麦粉に卵、砂糖、そば粉をまぜ、こねた生地を薄く圧延する。これを梅の花形で抜き、天板にとってオーブンで焼き上げた和菓子。

 

 

 

20081028_3 ④植物の腋芽(えきが)で、地上部に生じ、養分を貯蔵して多肉となり、母体から離れて栄養繁殖に役立つ。特にヤマノイモに見られる。

.

20100826_173191⑤自転車の車輪の中心部にあってスポークを取り付ける回転体で玉軸受によって回転する部品のこと。中心という意味。

.

.

 

①熊手②ぽち袋③蕎麦ぼうろ④むかご(零余子)⑤ハブ(hub)

これ、何て言うの?(物の名前)

Picrecyclekenzan   剣山(けんざん)。華道において花を固定する花留めの一種。多数の針を束ねた用具を剣山留めという。

 

.

 

 

 

Bde9a4e1a4c6a4cea5dca5eba5c0a5eaa5f   ボルダリング(bouldering)。フリークライミングの一種で2mから4m程度の岩や石を確保無しで登るスポーツ。

 

 

Y_02_6b   弓道の標的の正式名称は「霞的(かすみまと)」という。

 

.

 

 

Photo_4 筆巻き。竹で編んだ小さなすだれ。

 

.

 

.

 

 

Photo_5   岩の割れ目に金属製のクサビを打ち込み、穴にザイルを通し、登攀の手がかりにする登山用具。ハーケン(Haken)。

 

 

 

Kensuis  建水(けんすい)。茶道において茶碗を清めた湯や水を入れるもので「こぼし」ともいう。

 

 

 

0808211  サシェ(Sachet)とは「香り袋」のこと。中にはハーブやドライフラワー、香木のチップなどが入っている。

 

 

 

P2petonline_2341703    ポイ。金魚すくい用の紙のアミ。

 

.

 

.

 

 

 

8120705   万力(まんりき)。機械工作において工作物を口に挟み、ねじで締め付け、簡単にしっかりと固定させる器具。

 

 

 

B0167759_1551047   キャレル(carrel)。むかし図書館は閉架制だったので書庫の片隅にキャレルが置かれていた。最近は閲覧室、参考室に置かれる一人用の机のことをいうようになった。

 

 

Martini_golf_tee   ティー(tee)。ゴルフボールを載せる直径1㎝ほどの逆円錐形の台と、地面に刺す長さ10㎝ほどの杭からなる。各ホールの最初の球を打つことをティーショットという。

 

 

 

Photo_2   茶道で、抹茶を入れておくためのもの。形が棗の果実に似ているので「なつめ」という。

 

.

 

.

 

 

Photo_3   アイスホッケーで使うスティックとパック(a stick and puck)

 

.

 

  

220pxtripod_easel   イーゼル(easel)。画架ともいう。画家が絵を描くとき、カンバスを固定しておくのに用いる。最近はレストランなど店のメニューを書きディスプレーとしても使われる。

 

.

 

.

 

.

 

  

Photo_2 モルタルボード(mortarboard)。アメリカやイギリスの大学の卒業式で被る、房のついた正方形の帽子。

 

..
.

.

Madonna_mitre  ミトラ帽。ミトラはカトリックの司教が典礼の時にかぶる大きな帽子。

新作映画の傾向

168906_02   米国大統領選がいま熱い話題となっているが、クロエ・グレース・モレッツは、まだ19歳ながら、民主党ヒラリー・クリントン候補を熱烈に支持している。女性の地位向上は世界的なトレンドである。映画では女性起業物が目立つ。ひとつはフィンランド映画「ファブリックの女王」。戦後まもない1951年のフィンランドでデザイン会社、マリメッコを創業したアルミ・ラティアが世界的ブランドへと急成長する話。もうひとつはジェニファー・ローレンス主演のアメリカ映画「JOY」。アメリカの主婦を家事から解放したミラクル・モップを発明したジョイ・マンガーノの伝記映画。日本でも「あさが来た」や「カーネーション」のような実在の女性をモデルとした起業サクセスものが好まれるようである。

   次にいつの時代も多いのが、リメーク映画と「柳の下のドジョウ」を狙ったシリーズ企画。洋画はヒット作のシリーズものばかりだ。「シビル・ウォー」はアイアンマンとキャプテン・アメリカの戦いを描く。「ゴーストバスターズ」も30年ぶりに復活。「ブリジット・ジョーンズ・ベイビー」は前作から12年ぶり。「スター・トレックBeyond」は劇場版の第3弾。「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」はスター・ウォーズのスピン・オフ。「ハリー・ポッター」シリーズはダニエル・ラドクリフが演じたハリー・ポッターは完結したが、エディ・レッドメーン主演で新シリーズが始まる。エイリアンを撃退した「インデぺンデンス・デイ」だが、あれから20年、エイリアンの再襲来を描いた「インデぺンデンス・デイ:リサージェンス」が製作された。リサージェンスとは復活の意味。主演はリーアム・へムズワーズが抜擢された。1977年に「決して一人では見ないでください」のコピーでホラー映画の魁となった「サスペリア」もタコダ・ジョンソンでリメークされる。

   邦画は少女漫画原作の学園ものが多い。中島健人の「黒崎くんの言いなりになんてならない」、土屋太鳳「青空エール」、「orange」「先輩と彼女」「ヒロイン失格」「ストロボ・エッジ」「ホットロード」「僕等がいた」「君に届け」「花より男子ファイナル」など。漫画の実写化がめだつ。「アイアムヒーロー」(大泉洋、有村架純、長澤まさみ)、「ヒーローマニア 生活」「ドクムシ」「ちはやふる」「テラフォーマーズ」「ヒーローマニア」「HK変態仮面」「ゲゲゲの鬼太郎」「珍遊記」。高畑充希の「植物図鑑」は有川浩の小説が原作。

朝鮮のネロ「燕山君」

   映画「背徳の王宮」(2015)は暴君として有名な朝鮮王朝第10代の燕山君(1476-1506)の実話を基にした時代劇である。王は全土から1万人の美女を集め、円覚寺を享楽の場である掌楽寺に変え、淫蕩と暴政のかぎりを尽くした。1506年朴元宗らのクーデターによって燕山君は失脚した。

竜門点額

   昔の中国では、科挙(官吏登用試験)に及第するのが出世の第一歩だったので、これを登竜門という。竜門とは黄河の途中にある急流。ここに登ることのできた魚は、竜になるという。反対に、竜門を登りそこねた魚は、まっさかさまに落下して、額を打って点(きず)をつける。つまり試験に落第してすごすごと帰ることをいう。

これを何と言うのか?(物の名前)

S8ff6e2c4 竹や木を編んで作られた蒸し料理用の調理器具「蒸籠(せいろ、せいろう)」。▽豆腐屋が行商で鳴らすラッパを「宮本ラッパ」という。▽酉の市で売られ、竹製の道具に小判やおかめの面などを飾り付けたものを「熊手」という。▽障子の一部を左右または上下に開閉できるようにしたものを「猫間障子」という。
Photo 

知識と教養の話

Vitruvian20man   テレビ番組「Qさま‼学力女王頂上決戦&トレンド王決定戦」天明麻衣子は東大卒の才色兼備なフリーアナウンサー。嫌われキャラで売り出し中。才女タレントは次々現れては消えて行く。大桃美代子はまだ可愛げがあったが惜しい。とにかく現代ほど知性と教養が求められる時代はない。ノーベル賞受賞者や芥川賞受賞者が毎日のようにテレビに出演していると、勉強している時間はあるのか、と心配したくなる。漱石・鷗外の時代に比べると、相対的に教養人のレベルが低下したと感じるのは私だけだろうか。

   ルネサンスが生んだ偉大な天才レオナルド・ダ・ヴィンチの興味や関心は当時知られていた学問のほとんどすべての分野に及んでいる。レオナルドが残した手稿の大半が科学や技術に関するものである。そしてそこにはレオナルドの深い洞察力と自然に対する鋭い観察がある。

Marnold  イギリスのマシュー・アーノルドは19世紀繁栄をもたらした自由主義が本来の姿を失って、社会の各階級は物質万能の思想にとりつかれ、政治・経済・文化・宗教の各領域に混乱と無秩序が現出していることを憂い、この無秩序を教養によって救うことを説いた。主著「教養と無秩序」(1869年)では個人の教養の充実によって社会の文化もまた進歩するものとされる。

    では常識や知識・教養とは何か。現代人はこのことにつねに悩む。若い人は学校などで教わる科目や授業内容で将来役に立つのだろうかと。また大学の進路で、人文科学・自然科学・社会科学のいずれを選択するのか。画家や音楽家になりたかったが、親のすすめで法学部や経済学部へ行ったという人も多いだろう。またクイズ問題が得意で、実社会では物知りと言われても、教養人とは言われないだろう。口語的に「あの人は教養がある」と言う場合は、人付き合いや社交の場において、洗練された会話や身のこなし、マナーのある人ができる能力をさすことが多い。だが人ウケがする話術だけが教養人の要素ではない。ある人は教養人とは「慎みと品格」である、と言っていた。その人が学習して得た知識をひけらかして得意満面の人間は教養を感じさせない。だからといって、過去の人類の知識をまったく貯蔵しなければおバカといわれる。つまり人格プラス知識の貯蔵庫、の両輪が求められる。

   日本国際ギデオン協会という団体がある。日本人にはこの「ギデオン」がわからない。ギデオンとは旧約聖書・士師記に登場する12人の士師の1人。神からの召命を受け、当時のイスラエル人を近隣の部族の襲撃から守るリーダーとなった。わずか300人の兵で12万人のミデヤン人の軍勢を破った戦いは有名で、信仰の勇者として知られる。女士師デボラや怪力のサムソンの物語など教養として知っておくべきだろう。

異常なまでに高められた常識のことを、世間は知恵と呼んでいる(コールリッジ)

Matthew Arnold、5月2日

2016年5月 1日 (日)

「オ」 事項索引インデックス

Virgin_orans_conch_of_apse  「オランス」ラテン語で「祈り」のこと。両手を広げ、天に向かって祈る姿は、十字架の型になっている。▽「大山祇神」山の神霊を統轄する神を意味する。▽「オケラ(朮)」キク科の多年草。花は白~ごくうすい紅色で、筒状花で、秋開花。根茎は白朮(ビャクジュツ)と称する漢方になる。▽「おしらさま」東北地方で広く信仰されている家の神様。▽「オタワ協定」1932年、カナダのオタワで開かれたイギリス帝国経済会議で結ばれた協定。世界恐慌に対処するため、ブロック経済を構成し、外国商品に対しては高関税を課し、一定の成果をみるが、そてまでの自由貿易から保護貿易へと転換する。▽「オネーギン」プーシキンの小説。▽「オプシーナ」19世紀、ロシア正教を中心とした精神的な共同体。▽「岡倉天心」近代日本美術の発展に功績を残した美術運動家。▽「オペラ座」パリ・オペラ座はルイ14世のもと、1661年に王立舞踏アカデミーが創立。オペラハウスは1875年1月に杮落しを迎えた。建築デザインはコンクール形式で行われ、当時無名だった35歳の建築家、シャルル・ガルニエが栄冠を手にした。古典様式とナポレオンが好んだバロック様式を取り入れた絢爛豪華な意匠が施されている。▽「オル・チキ文字」インド東部のサンタル人、ラグナート・ムルムにより、サンタル語を表記するために考案された文字。現在、サンタル語のインドでの話者人口は600万人を超えている。(おおおお)

オアシス
オアハカ州(メキシコ)
オアフ島(ハワイ諸島)
オイカワ
オイケン,ルドルフ・クリストフ
オイデュブス王
奥入瀬川
オイラート
オイラーの定理
花魁(おいらん)
奥羽山脈
オーウェン,ロバート
オームの法則
オーリニャック文化(旧石器後期)
オーロラ
王安石
横隔膜
欧化主義
黄金海岸
王水
王政復古
負うた子に教えられる
黄熱病
黄檗宗(臨済宗の一派)
近江泥棒伊勢乞食
近江八幡
オウム真理教
オウン・ゴール
大分
大垣
大きいことはいいことだ
大久保利通
大隈重信
大蔵省
大阪
大塩の乱
大相撲
大台ケ原
大津事件
大鳴門橋
大村益次郎
大宅文庫
大山祇神(おおやまつみのかみ)
大和田建樹
御陰参(おかげまいり)
岡崎
岡崎フラグメント
岡場所(おかばしょ)
男鹿半島(秋田県)
オカピ
陸稲(おかぼ)
岡目八目(当事者でない立場にいる者には、かえって物事の真相やよしあしがよくわかること)
オカリナ
オカルト
おかんこ船
隠岐(島根県)
荻江節
置き字
オキシドール
沖田総司
沖縄
オクターブ
奥の細道
奥むめお
小栗忠順
オーケストラ
桶狭間の戦い
おけら(朮)
小河内ダム(東京都)
オゴタイ・ハン国
尾崎行雄
大仏次郎
小沢一郎
オーシャン島(ギルバート諸島)
おしらさま
オシリス神
オスグッドシュラッター病
オストラコン
オーストラリア
オーストリア
オズボーン,ヘンリー・フェアフィールド
オスマン朝
オスマン・トルコ
オスロ
尾瀬沼(群馬・福島県境)
オゾン層
小樽
オタワ(カナダ)
オタワ会議
落合直文
オックスフォード大学
オッペケペー節
御局(おつぼね)
オドアケル

オートポシー(autopsy 検死解剖)
オドンターグ(odontagra 抜歯用の器具)
小名浜(いわき市)
鬼のいないうち、洗濯しましょ
鬼のへそをたですで食う
オニヤンマ
オネーギン
帯に短したすきに長し
御百度(おひゃくど)
オプシーナ
小渕恵三
オペト祭り
オペラ座
オベリスク(Obelisk)
オホーツク海
溺れ谷
溺れる者は藁をも掴む
思い立ったが吉日
オヤケアカハチ
オランス
オランダ
オリエント文明
オリオン
オリザニン
オリノコ川(ベネズエラ)
オリーブ
オリーブの首飾り(ポール・モーリア)
オリンピアの祭典
オリンピック
オルガン
オルゴール
オル・チキ文字
オルテガ・イ・ガセット,ホセ
オルトク(斡脱)
オルドス
オルドビス紀
オルニチン
オルメカ文明
オルレアンの少女
オレイン酸
オレゴン州(アメリカ)
オロス族
恩貸地制度(ベネフィキウム)
俺たちに明日はない(アーサー・ペン監督の映画)
尾鷲(三重県)
遠賀川(福岡県)
音楽
御嶽山
オンタリオ湖
温度
オンド・マルトノ
オンドル(朝鮮・満洲の民家の暖房設備)
女大学
女手(おんなで) 女の筆跡
女の一生(モーパッサンの小説)
音便

「ところてん」はなぜ「心太」なの?

Photo_6    トコロテンは紅藻類テングサ目の海藻を熱湯で煮て寒天質を取り出し、冷却してできるゼリー状の食品である。製法は遣唐使が中国から持ち帰ったとされる。当時はテングサを漢名で「大凝菜」といい、わが国では「凝海藻」と書いて「古留毛波(こるもは)」という。また和名で「古呂布止(こころふと)」というと「和名類聚抄」にある。また「こごろも」ともいう。これを煮るとこごる(凝)からである。ココロモをココロブトと訛った。俗に「心太」の2字を用いるのはそのためである。ココロブトを訛ってココロテイ、それをさらに訛ってココロテン、これがまたさらに訛って、トコロテンとなったとされる。トコロテンは江戸時代初期の「料理物語」(1643)に見られる。だが最近では新説もある。江戸時代に「心」の2点で「とこ」と読んで、「大」を「ろ」と読んで、最後の点を「てん」と読む洒落から生まれたとする。

怪談河内介

F0122653_11183914     1862年のこの日、維新の志士、田中河内介は捕らえられて、薩摩への護送の船中で殺された。

    大正の初め、京橋の画博堂で何人かが怪談話をしていると、一人の見慣れない男がやってきて、自分にもひとつ話をさせてくれという。田中河内介の最期である。河内介は幕末の勤王家で祐宮(明治天皇)の教育係でもあり、立派な人物であった。伏見寺田屋で薩摩藩士有馬新七らと関白九条尚忠暗殺を画策する。だが島津久光は奈良原繁、大山綱良らを派遣して鎮撫させた。河内介は捕らえられ、鹿児島へ護送される途中、子の瑳磨介とともに殺害された。ところが座の一同はこの結末を聞くことはなかった。男の話は、いつまでも本題に入らない。語り始めるとまた最初に戻ってしまう。やがて皆あきあきして、一人、二人と席を立つものが現れた。いつか部屋には、男一人だけとなった。そして皆が一斉に席を外していたその僅かな時間の間に、何と男は死んでしまった。結局、河内介の最期は語られることはなかった。このような田中河内介禁忌はいまでも続いている。NHK大河ドラマ「篤姫」「龍馬伝」「八重の桜」でも田中河内介は登場しない。「天皇の世紀第9話」で丹波哲郎が演じたのが最初で最後であろう。田中殺害事件がタブーとなったのは、明治天皇が河内介を大変に憐れみ明治元勲たちが禁忌としたと一般には理由づけられている。むしろ祐宮時代をよく知る田中河内介が、明治天皇すりかえの首謀者にとって邪魔な存在であり、禁忌としたのが真相ではないだろうか。(5月1日)

ミスター剣の舞

    「剣の舞」で知られる作曲家アラム・ハチャトリアンの忌日。歌手の円広志や有吉弘行らが自虐的に「一発屋」と称することがある。「一発屋とは、一時的に活躍をみせた芸能人など対するやや侮蔑的な意味合いのある呼称」とウィキペディアにある。クラシックの世界にも一発屋といわれる音楽家がいる。ピアノ曲「乙女の祈り」はアジアではよく知られているが、西洋ではあまり知られていない。ポーランドの女流作曲家テクラ・バダジェフスカの作曲である。サラサーテの「チゴイネルワイゼン」など。

   ハチャトリアンも演奏先で「ミスター剣の舞」と呼ばれてムッとしたことがある。もちろん「剣の舞」はバレエ「ガイーヌ」の中でクルド人が剣を持って舞う戦いの場面で使われ、ハチャトリアンの代表曲である。しかし、この曲だけが、独り歩きしてしまい、どこに行っても、ハチャトリアン=剣の舞という扱いを受けるようになってしまい、大変うとましく思うようなった。ハチャトリアンを元祖一発屋と呼ぶのは失礼にあたる。(5月1日)

ニューヨーク・エンパイアステートビル

   アメリカ合衆国は広大な国である。その総面積980万平方キロは、わが国の実に26倍の広さで、太平洋岸のカリフォルニアの一州の中に、本州・四国・九州・北海道の4つの島がすっぽりとおさまってしまうほどである。しかし、広さという点にだけ限定すると、ロシアはおよそ1.7倍だし、カナダや中国はアメリカよりも広い。アメリカが熱帯と寒帯との間とにはさまれた、人間の活動にもっとも適した温帯と冷帯とにその国土の大部分を位置づけていることが、国土の広さとならんで、どのぐらいこの国に幸いしているかは、北隣りのカナダと比べてみると、すぐに理解できることである。

   ニューヨークはマンハッタン島の南端に、1626年オランダ人がつくったニューアムステルダムという植民地に端を発している。1664年にイギリス人がここを占拠して、現在のニューヨークに名を改めた。時の国王チャールズ2世の弟ヨーク公にちなんで名付けたという。ニューヨークはマンハッタン、ブルックリン、クイーンズ、ブロンクス、スタテンアイランドの五区(ファイブ・ボローズ)に分かれる。ニューヨークいある自由の女神像は米独立100周年を祝い、フランスから1886年10月28日、寄贈された。エンパイアステートビルが完成したのは1931年5月1日のことである。観光地トップ10。自由の女神、ウォール街、ブルックリンブリッジ、チャイナタウン、ティファニー、エンパイアステートビル、メトロポリタン美術館、セントラルパーク、リンカーンセンター。the five boroughs

280px5_boroughs_labels_new_york_cit

①マンハッタン
②ブルックリン
③クイーンズ
④ブロンクス
⑤スタテンアイランド

メーデー

Baltimore

   1877年、ボルティモア、オハイオ鉄道で働く労働者が起こした賃金カットに抗議するストライキは、ピッツバーグ、シカゴ、セントルイスなどへと広がり、全国的な鉄道ストとなった。つづく1880年代は、労働運動の組織ができた。労働騎士団の加盟員は75万人に達したといわれる。1886年5月1日は8時間労働を求めるデモが行なわれ、メーデーの発祥となる。1886年12月8日、サミュエル・ゴンパーズ(1850-1924)はアメリカ労働総同盟(AFL)を結成した。

3t1   1889年、サンフランシスコの北にあるポイント・アリーナという小さな町の製材所で働いていた高野房太郎(1869-1904)は、ある本屋で一冊の本と出合う。ジョージ・マクニール(1837-1906)の「労働運動:今日の問題」という本である。高野はこの本によって労働組合の存在こそが、アメリカの人々の豊かさを支えていることを知った。(Samuel Gompers,Point Arena)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31