無料ブログはココログ

« 小栗上野介忠順と群馬 | トップページ | 板垣死すとも、自由は死せず »

2016年4月 6日 (水)

ナンセン北極海航路の発見

Np019982_2    本日は「北極の日」。1909年のこの日、アメリカの軍人ロバート・ピアリーが北極点に到達した。フリチョフ・ナンセン(1861-1930)ら13人の隊員を乗せたフラム号は、北極探検に1893年6月24日、オスロを出帆した。9月22日、フラム号は北緯78度50分、東経133度37分の地点で氷に閉じ込められた。ナンセンはヨハンセンを伴って下船し、犬ぞりとカヤックを使ってさらに北へ進み、前人未踏の北緯86度13分6秒という最高緯度に達した。途中でF・ジャクソン探検隊と出会い、1896年8月13日、ノルウェーに帰ってきた。

   ナンセンは北極点に到達することができなかったが、この冒険が北極の最も大事な流れ、地球の温度分布に多大な影響を与えるトランス・ボーラー・ドリフトのPeary1発見につながった。1909年4月6日、アメリカのロバート・ピアリー大佐(1856-1920)、マシュー・ヘンソンらによって北極点への到達は達成された。

ロバート・ピアリー

( keyword;North Pole,Fridtjof Nansen,Robert Edwin Peary )

« 小栗上野介忠順と群馬 | トップページ | 板垣死すとも、自由は死せず »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小栗上野介忠順と群馬 | トップページ | 板垣死すとも、自由は死せず »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31