無料ブログはココログ

« アノミア「LAKE」 | トップページ | 実篤忌 »

2016年4月 8日 (金)

オイカワ魚名論争

Oikawa

淡水産の小魚オイカワは釣り人の最も好む魚種の一つである。東京ではヤマベまたはハヤ、栃木の一部ではアカバラ、関西ではハス、ハイ、ハエなど呼名が多い。和名オイカワの語源には古来から論争がある。①河で、魚を追い上げて漁をすることから「追河」となった(広辞苑)②水中でお互いに尾を追いて闘うことから「追川」となった(大言海)③和漢三才図会には「この魚、京洛の大堰川に多し。京にて俗に「オイカワ」という。大堰川は嵐山付近の川をいう。大堰川説が最も有力である。

« アノミア「LAKE」 | トップページ | 実篤忌 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アノミア「LAKE」 | トップページ | 実篤忌 »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30