無料ブログはココログ

« ふたりのチェンバレン | トップページ | 広辞苑に載っている少し面白い言葉 »

2016年4月30日 (土)

西から昇ったお日さまが東へ沈む♪

A あり得ないことの慣用句に「たとえ太陽が西から昇っても」という表現がある。古い手塚治虫の短編の漫画を探してます。手塚らしき人物がある中学校の校長室で、太陽が西からのぼっている絵、つまり太陽が右端に描かれた絵を見つけた。校長は古い話を語った。美術の時間に、ある生徒は太陽が西から昇る絵を描いた。校長はそんなことはあり得ない、として絵の描き直しを命じた。しかしその生徒は拒否して、とうとうそままま卒業してしまった。10年後、その生徒は宇宙飛行士になり、宇宙から通信してきた。「僕はもう地球を逆に8回も回りました。そして・・・僕は見た。太陽が西から昇る」と。この漫画のタイトルは忘れたが掲載誌のタイトル、発行年が知りたい。

Q 「太陽がさかさまだ」手塚治虫 中一コース 1962年8月15日号夏休み臨時増刊号

« ふたりのチェンバレン | トップページ | 広辞苑に載っている少し面白い言葉 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふたりのチェンバレン | トップページ | 広辞苑に載っている少し面白い言葉 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30