無料ブログはココログ

« 斎藤実内閣と帝人事件 | トップページ | 柏原芳恵は女、和田芳恵は男である »

2016年4月18日 (月)

山本五十六が撃墜されたときの同乗者の名前は?

Photo_2

    昭和18年4月18日午前6時、山本五十六ら11人が乗った一番機と、宇垣纏ら12人が乗った二番機の一式陸攻がラバウルを発進した。護衛につくのはわずか6機の零式艦上戦闘機だった。一番機には、山本五十六、福崎昇、高田六郎、樋端久利雄、小谷立、大崎明春、田中実、畑信雄、上野光雄、小林春政、山田春雄(全員死亡)。 二番機には、宇垣纏、北村元治、林浩、友野林治、今中薫、室井捨治、藤本文勝、谷本博明、伊藤助一、八記勇、野見山金義、栗山信之が搭乗していた。(宇垣、北村、林は生存)。 護衛機6機は、森崎武、辻野上豊光、杉田庄、日高義巳、岡崎靖二、柳谷謙治。

    ブーゲンビル上空でアメリカ軍により撃墜された。(海軍甲事件と呼ぶ) 山本らの戦死は1ヶ月間、極秘にされた。5月21日、大本営発表で公表され、6月5日に国葬が行われた。明治27年から昭和20年までに帝国海軍は24人の連合艦隊司令長官が就任したが、在職中に戦死したのは山本五十六、唯一人である。

(参考:蜷川親正「山本五十六検死ノート」 光文社

高城肇「六機の護衛戦闘機」 光人社)

« 斎藤実内閣と帝人事件 | トップページ | 柏原芳恵は女、和田芳恵は男である »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 斎藤実内閣と帝人事件 | トップページ | 柏原芳恵は女、和田芳恵は男である »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30