無料ブログはココログ

« 気になる脇役俳優を探せ | トップページ | 烙印の女 佐々城信子 »

2016年4月24日 (日)

谷崎潤一郎、二番目の妻

Img_0029 「僕は初めてほんとうの夫婦生活というものを知った。精神的にも肉体的にも合致した夫婦と云うものの有り難味が45歳の今日になって漸く僕に分かった」と谷崎潤一郎は書いている。だが谷崎の21歳も年下の婦人記者、古川丁未子(ふるかわとみこ、画像)との二度目の結婚生活はスピード離婚に終った。昭和6年4月24日に挙式しているので、85年も昔の話である。昭和8年5月には別居、昭和9年10月には離婚している。丁未子は根津松子とは対照的で、断髪が似合うモダンガールだった。「猫と庄造と二人のをんな」「蘆刈」や「寝園」(横光利一)などの作品のモデルとなっているので、かなり出版関係者の間では知られた女性だったようだ。谷崎潤一郎との3年ばかりの短い結婚生活の後、丁未子はどう生きたのだろう。離婚して間もなく、若い文芸春秋の編集員、鷲尾洋三(1908-1977)と再婚している。鷲尾は優れた編集者で、専業主婦に収まった。丁未子は、谷崎が亡くなってから4年後の昭和44年に亡くなっている。

« 気になる脇役俳優を探せ | トップページ | 烙印の女 佐々城信子 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気になる脇役俳優を探せ | トップページ | 烙印の女 佐々城信子 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31