無料ブログはココログ

« 「ハ」事項索引インデックス | トップページ | 小便小僧が作られた理由 »

2016年4月11日 (月)

スウェーデン語とフィンランド語

   フィンランドの児童文学作家トーベ・ヤンソンはスウェーデン系フィンランド人である。1945年に書かれた最初の「ムーミン」はスウェーデン語で書かれている。スウェーデン語とフィンランド語との違いはなにか。スウェーデン語は英語と同じゲルマン系なので、基本的な単語や文法はよく似たところが多い。ところがフィンランド語は、悪魔の言語といわれるほどヨーロッパ人には習得が難しくて、一部の外来語以外、単語は全然異なっている。例えば、リンゴはスウェーデン語では「apple」エップレ、フィンランド語では「omena」オメナである。

      スウェーデン語  フィンランド語

喫茶店 kafe  カフェー    kahvilla   カハヴィラ

映画  film   フィルム     elokuva   エロクヴァ

図書館 bibliotek  ビブリオテーク kirjasto  キリヤスト

帽子   hatt   ハット     hattu  八ットゥ

海    hav  ハーヴ     meri   メリ

山     berg  ベリ              vuori  ヴォリ

川    flod  フロード    joki  ヨキ

雨    regn  レグン     sade   サデ

音楽   musik ムシーク   musikki   ムシーッキ

駅    station スタショーン rautatieasema ラウタティエアセマ

本    bok  ボーク      kirjoja  キルヨヤ

枕    kudde  クッデ     tyyny  テューニュ

鳥    fagel  フォーゲル  lintu  リントゥ

« 「ハ」事項索引インデックス | トップページ | 小便小僧が作られた理由 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ハ」事項索引インデックス | トップページ | 小便小僧が作られた理由 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31