無料ブログはココログ

« 黄河の河口 | トップページ | 読めない漢字「繧繝」 »

2016年4月 6日 (水)

赤毛のアンとアイスクリーム

   モンゴメリーの「赤毛のアン」の一節。

   「来週、日曜学校のピクニックがあるの。リンドおばさんがアイスクリームをこしらえてくれるんですって。考えてもみてよ!アイスクリームよ!ねぇ、マリラ、わたし行っていい?」「アイスクリームって食べたことないの、どんな味かってダイアナが説明しようとしたけど、アイスクリームだけはわたしの想像をおよばないらしいわ」この物語の時代は、モンゴメリが小学生だった1880年代の頃、グリーンゲイブルズではまだアイスクリームは特別な食べ物だったようです。

    アンが生れて初めて食べたアイスクリームは市販のものではなく、手作り。新鮮な牛乳、卵、砂糖、バニラ、小麦粉などを入れて作る。言葉にできないほどおいしいものだ。

    日本でも高村光太郎と智恵子が日比谷松本楼でアイスクリームを食べたという話があるが、大正時代のこと。

« 黄河の河口 | トップページ | 読めない漢字「繧繝」 »

料理」カテゴリの記事

コメント

光太郎の詩「涙」に松本楼のアイスクリームが出てきます。明治45年、明治天皇崩御直前のことを題材にしています。

http://iaozora.net/ReadTxt?filename=chieko_sho.txt&card_id=46669&person_id=1168&from=3834&guid=ON

大正、昭和に入ってからも行ったかも知れませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄河の河口 | トップページ | 読めない漢字「繧繝」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30