無料ブログはココログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月30日 (土)

「コ」 事項索引インデックス

P6155716    「穀雨(こくう)」とは、4月20日頃、春雨が降り多くの穀類が芽をのばし始めるころ。▽「纐纈(こうけち)」とは、絞り染めの古語。インドで発生し、中央アジアを経て中国、日本へと伝播した。▽「高山国(こうざんこく)」安土桃山時代の日本で用いられた台湾の別名。▽「コッシン」韓国王朝時代の靴。▽「コプト美術」は3世紀から6世紀にかけて栄えたエジプトのキリスト教美術。▽「米百俵」明治初期、戊辰戦争で荒廃した長岡藩に支藩・三根山藩から見舞いとして送られた米百俵を、藩の大参事小林虎三郎は、換金して学校建設に費やした。これが近代教育の礎となり、長岡は以後、多くの有為な人材を輩出した。▽「コチニール」は中南米のサボテンに生息する虫が原料の天然着色料。▽「蒟蒻本」とは江戸時代の洒落本。▽「コメニウス」17世紀チェコスロヴァキアの教育者。▽「コリオリの力」回転系において運動する物体に働く見かけの力。▽「コレサン・モネタリア」monetary correctionツウス通貨調整を意味するポルトガル語で、ブラジルのカステロ・ブランコ政権の下で導入された政策をさす。▽「ゴイセン」スペインによる迫害に抗して1566年に結成されたネーデルラントの貴族の同盟。▽「こやらい(児遣らい)」しつけということばと同様、子どもを一人前にまで育てあげる行為全体をあらわすために、わが国の民間社会で古くから使われてきた教育語彙である。▽「コンセイユ・デタ」フランスにおける最高位の行政裁判・諮問機関。1799年にナポレオンによって創設された。(ここここ)


ゴア(インド)
ゴイセン
五・一五事件
小出楢重
胡惟庸の獄
高圧ガス
広域行政
紅一点
項羽
公営住宅
黄河
公害
航海条例
黄海海戦
航海法
江華島事件
紅河ハニ棚田
康熙帝
後金
黄巾の乱
紅巾の乱
航空不況
高句麗
纐纈
寇謙之
高校
甲午年籍
甲骨文字
庚申農民戦争
高山国(こうざんこく)
孔子
孔子鳥(コンフキウソルニス)
甲子園
皇室
洪秀全
考証学
洪積世
幸田露伴
高知
光緒帝
河野談話
甲府
洪武帝
光武帝
神戸
香辛料
黄巣の乱
コウノトリ
公民権運動
高野山
康有為
高麗
功利主義
郡山(福島県)
高齢社会
呉越同舟
顧愷之
五家荘(熊本県)
後漢書
ゴーギャン
胡弓
穀雨
国際連合
黒陶
穀物法
五胡
小坂銅山(秋田県)
五山文学
古事記
甑列島
五・四運動
ゴシック様式
児島湾
コシューシコ
コジュケイ
ゴ・ジン・ジェム
コスイギン
コスタリカ
巨勢金岡
五線譜
小袖
コーダ
五大湖
後醍醐天皇
ゴータマ・シッダルタ
コチニール
国歌
黒海
コッカートン裁判
コッシン
骨髄バンク
ゴッホ
ゴ・ディン・ディエム
五島列島
コートジボワール
コトパクシ山(エクアドル)
琴平(香川県)
ゴードン
コナクリ(ギニア)
近衛文麿
小林一茶
五風十雨
コプト美術
古墳
コペルニクス
コペンハーゲン(デンマーク)
御坊(和歌山県)
コーホート
小堀遠州
小牧(愛知県)
ごまめの歯ぎしり
コマンチ族
コミンテルン
コムソモリスク(ロシア)
コムーネ
米騒動
米百俵
コモ,ペリー
ゴヤ
こやらい
コラーゲン
コラージュ
コーラン(クルアーン)
ゴラン高原(シリア)
コリオリの力
五稜郭
コリント
コルセーロ
コルテス,エルナンド
ゴールデンルーツ(黄金律)
コルドバ
コルネイユ
ゴルバチョフ
コルベール
ゴルフ
コレオリの力
コレサン・モネタリア
ゴレスターン条約
コレヒドール
コレラ
コロー
コロッセウム
コロナ
コロヌス
コロラド州
コロンビア
コロンブス,クリストファー
コンキスタドーレス(征服者)
コングロマリット(複合企業)
金光教
コンゴ民主共和国(旧ザイール)
コンゴ共和国
今昔物語
コンスタンティヌス帝
コンスタンティノープル
コンセイユ・デタ
根釧台地
健児の制
墾田永年私財法
コント
コンドラチェフの波
コンドロイチン
ゴンドワナ大陸
ゴンドワナ楯状地

2代目は凡庸

Katomitumasa001

  「江~姫たちの戦国」は徳川秀忠、豊臣秀頼、真田幸村・・・・。初代が築いた家財産を2代目、3代目がどのように発展させるのかに見所があった。秀忠は温和でがまん強い性格だが凡庸であった。加藤清正の嫡男・広忠も凡庸な人物らしく、肥後一国を没収され出羽庄内の酒井忠勝に預けられ、子の光正は飛騨高山に流された。光正は法華寺(岐阜県高山市)の墓に眠っている。秀忠、家光の時代、改易大名も多い。安芸広島の福島正則は改易、子の正利は旗本に落とされた。出羽山形の最上氏も義光の孫の義俊のとき改易となる。

    孔子の長男は孔鯉(前532-前481)。字は伯魚。前510年に結婚し、子どもももうけているが、孔子より先に亡くなっている。愚息ではないものの凡庸な感じがする。ソクラテスにも3人の息子がいた。ソクラテスが死刑になったとき、長男ランプロクレスLamproclesは青年であり、下の2人ソフロニコスSophroniscus、メネクセノスMenexenusはまだ小さな子どもだったが、後世とくに名を残すほどの業績はなく、「愚かで退屈(silly and dull)」の評である。ナポレオンといえば、一世も三世も世界史に大きな足跡を残した皇帝であるが、そのあいだにはさまれる二世のこととなると、知っている人は少ない。

広辞苑に載っている少し面白い言葉

   桂歌丸が笑点の大喜利司会を引退するそうである。長い間、お疲れ様でした!ところで大喜利は、お題に応じた面白い回答を披露し、よい答えには座布団をあげるというシステム。当時すでに他局でも大喜利の演芸番組があり、顔に墨を塗るものだった。大喜利という言葉はお茶の間に50年にもわたり浸透しているが広辞苑には「大切り」として載っている。「喜利」は客も喜び演者も利を得るという意味の当て字。もと、江戸歌舞伎で二番目狂言(世話物)の最後の幕のこと。また、一般的には演劇や演芸で、その日の最後の幕のことをいう。現在「大喜利」という言葉は、主に寄席で使われ、その日の最後の幕として何人かの落語家による頓智比べや洒落比べなどをいう。

   広辞苑に載っていない言葉は無数にあるが、反対に載ってなさそうで載っている少し面白い言葉を探してみる。ラブラブというのは「男女の仲が非常によいこと」だが、広辞苑にある。NMB48の新曲「甘噛み姫」。甘噛みとは、「家畜やペットなどが、(人の指などを)軽くかむこと」とある。「甘噛み姫」の歌詞の意味はもちろんペットではなく、男女関係の愛情表現の一つか。伊東ゆかりの「小指の思い出」に近いものであろうか。

西から昇ったお日さまが東へ沈む♪

A あり得ないことの慣用句に「たとえ太陽が西から昇っても」という表現がある。古い手塚治虫の短編の漫画を探してます。手塚らしき人物がある中学校の校長室で、太陽が西からのぼっている絵、つまり太陽が右端に描かれた絵を見つけた。校長は古い話を語った。美術の時間に、ある生徒は太陽が西から昇る絵を描いた。校長はそんなことはあり得ない、として絵の描き直しを命じた。しかしその生徒は拒否して、とうとうそままま卒業してしまった。10年後、その生徒は宇宙飛行士になり、宇宙から通信してきた。「僕はもう地球を逆に8回も回りました。そして・・・僕は見た。太陽が西から昇る」と。この漫画のタイトルは忘れたが掲載誌のタイトル、発行年が知りたい。

Q 「太陽がさかさまだ」手塚治虫 中一コース 1962年8月15日号夏休み臨時増刊号

ふたりのチェンバレン

   「詳説世界史研究」木下康彦・木村靖ニ・吉田寅編、山川出版社(初版1995年で第8刷の2000年版)の「ナチスの侵略」の項(474p)イギリスの「宥和政策(アピーズメント=ポリシー)」の註釈として次のような記述がある。

   当時のイギリスの世論は平和主義が強く、「ミュンヘンの妥協」が成り立ったとき、イギリスの下院では空前の歓声がおこった。チェンバレンの帰国は「平和の使徒が帰る」ごとくであったという。翌年のノーベル平和賞がチェンバレンに与えられたことなど、今日からみれば皮肉な現象であった。

   第二次世界大戦前のイギリスの有力政治家は、宥和主義者のチェンバレン首相、ハリファックス外相、反宥和主義者は、チャーチル元蔵相、イーデン前外相、元首相ロイド・ジョージなどが対立していた。ミュンヘン会議(1938年9月)のイギリス宥和政策には戦争の悲劇を拡大したという批判はつきまとうものの、この教訓を取り上げて現代政治に強硬外交を適用することも危険な面があり、世界史授業として一番重要な問題を含む教材であろう。

   1939月3月にはヒトラーはミュンヘン協定を反故にして、チェコスロヴァキアを保護国化している。本当にチェンバレンにノーベル平和賞が贈られたのだろうか、と記述に驚きと疑問を感じた。事実関係を調査してみると、この時期のイギリス政治家チェンバレンには二人いることがわかった。ジョセフ・オースティン・チェンバレン(1860-1937)とネビル・チェンバレン(1869-1940)である。異母兄のオースティンはミュンヘン会議の時はすでに故人であり、ミュンヘン会議に出席したのはもちろん首相のネビル・チェンバレンである。彼は会議から飛行機でロンドンに着くと、タラップを降りながらヒトラーのサインした協定書を掲げて「平和の使徒チェンバレンです」と満面の笑みで語っていたという。しかしこの彼がノーベル平和賞を受賞した事実はない。ノーベル平和賞を受賞したのは、1925年のロカルノ条約締結で評価された異母兄のジョセフ・オースティン・チェンバレンである。つまり同姓のチェンバレンを取り違えたのである。

   「詳説世界史研究」最新版を確認していないが、明らかなミスで、おそらく訂正されていることと思うが、誤解されやすい事例である。ネット検索すると、「ミュンヘン会議のあとネビル・チェンバレンはノーベル平和賞を受賞した」と書いたブログが二件あった。英首相にノーベル平和賞をという声が高まったことは事実であるが、首相は辞退したらしく、現在の受賞者一覧をみる限りネビルの名前は見当たらない。

   ちなみに「宥和政策(アピーズメント・ポリシー)」は、国際政治でしばしば使われる重要な用語である。三省堂によると「現状打破をはかる強硬な外交政策に対して、ある程度の譲歩をして衝突を避け、当面の安定を維持しようとする外交政策。第ニ次大戦勃発前にイギリス首相チェンバレンがドイツに対してとった政策に代表される」とある。今日、北朝鮮に対する6ヵ国協議などを考える上でも高校世界史から学ぶことは大きい。

Austen_chamberlain_nobel
ノーベル平和賞を受賞したオースティン・チェンバレン

200pxarthurnevillechamberlain
イギリス首相のネヴィル・チェンバレン

 

なぜ「揚子江」と呼ばれるようになったのか

   青海省のチベット高原を水源地域とし中国大陸の華中地域を流れ東シナ海へと注ぐ長江。全長は6300㎞で、中国およびアジアで最長、世界でも第3位。中国では長江と呼んでいるが、中国国外では揚子江の名で良く知られている。では、なぜ、中国以外の人が揚子江というようになったのか。

   これは誤解の産物である。19世紀の初め、西洋人が船を仕立てて長江を下っていた。そして、彼は船頭にたずねた。「ところで、この川の名前は何という?」聞かれた船頭は、川の名前を聞かれたとは思わず、たまたま近くに架かっていた橋の名称を答えてしまった。この橋の名称が、「揚子橋」だったのである。一方、西洋人のほうは、川の名前を聞いたのだから、揚子江の聞き間違いだろうと勝手に解釈した。かくして、中国以外では、揚子江が通り名になってしまった。(参考:「雑学全書」知恵の森文庫)

韓国最初の近代病院「広恵院」

   李朝末期の1885年、アメリカ人宣教師で医師のホレイス・ニュートン・アレン(1858-1932)が国王高宗の支援を受けて広恵院を開設する。韓国で最も歴史の古い近代西洋医学の病院である。まもなく済衆院に改称する。1904年、アメリカの事業家ルイス・H・セブランスの寄付により、済衆院を基盤としてソウル新村にセブランス病院が新築される。1957年にセブランス医科大学校が延禧大学校に統合され、延世大学校医療院へと発展する。

ジョージ・ワシントンと5人の兄弟

     1789年のこの日、ジョージ・ワシントン(1732-1799)が初代米国大統領に就任した。咸臨丸に乗ってアメリカに渡った福澤諭吉は「初代大統領ジョージ・ワシントンの子孫は、どこで何をしているのか?」と聞いた。ところが、誰も知らないし、興味も持っていない。福澤は、大いに驚いた。日本では、初代将軍徳川家康の子孫がどこで何をしているのか、誰でも知っている。福澤は、アメリカが日本とは全く異なる成り立ちの国であることを悟るのである。

    この逸話はあまりに有名である。ただしジョージ・ワシントンの一族が平家や豊臣家のように滅亡したということを意味するものではない。ジョージ・ワシントンの直系の子孫がいないだけで、親戚一族は繁栄している。

    ジョージ・ワシントンには5人の兄弟がいた。ワシントン家の系図。下段の右に6人兄弟の名前が記されている。 

Washington20family20tree

   長妹エリザベス・ワシントン、長弟サミュエル・ワシントン、次弟ジョン・ワシントン、末弟チャールズ・ワシントン、末妹ミルドレッド・ワシントン。ジョージ・ワシントンと妻マーサとの間に子どもはできなかった。マーサの2人の連れ子ジョン・パーク・カスティスとマーサ・パーク・カスティスを育てた。サミュエルはヴァージニア民兵大佐であり、治安判事、保安官などを努めた。ジョンはヴァージニア革命協議会議員を務めた。チャールズはウェスト・ヴァージニア州チャールズ・タウンの建設者である。(4月30日)

火の用心

Photo_4

    火災はいつ発生するかわからない。出火の原因は煙草などの不始末、漏電、飛び火、放火、落雷などの理由が考えられる。過去の有名な火事の原因を調べてもさまざまである。670年のこの日、法隆寺が落雷により全焼している。昭和25年11月18日、国鉄京都駅全焼。原因は駅構内の配電室から出火。昭和24年1月26日午前7時20分、法隆寺金堂の壁画が焼失した。電気座布団のスイッチの切り忘れが原因だった。2ヵ月前には石川県立図書館が類焼している。昭和23年11月15日午後11時50分に発生している。同年2月26日には強風によって東京永田町が火の海となる。新築したばかりの総理庁庁舎に延焼し多くの重要書類が失われた。昭和25年7月2日には金閣寺が炎上した。若い僧侶の動機には不明な部分もある。金閣寺に対するねたみ、とか、英雄死をとげるつもりが死にきれなかったとか謎である。この事件をすばやく三島由紀夫は小説「金閣寺」として発表し、「炎上」と題して映画化している。映画の中では、住職が戒律を犯して女色におぼれることを知り、堕落を意識するようになり、金閣寺に放火したことになっている。(4月30日) 参考:「京都の歴史10」京都市史編さん所

ヴァルプルギスの夜

Walpurgisnacht    北欧・中欧で行われる行事で、春を祝う祭「五月祭」の前夜祭。ブロッケン山で魔女が集まって酒宴を開くと信じられている。アドルフ・ヒトラーがこの日に秘書エヴァ・ブラウンと共に自殺したのは、この日が悪魔崇拝の上で重要な日であることを認識していたからだといわれる。(Walpurgisnacht、4月30日)

ナポレオンを救出せよ

Photo_4

  コロンブスの西インド発見以後、アメリカ南部の探検に着手したのは、最初スペイン人だった。その後、この地方は手つかずで放置されていたが、17世紀になってフランス人が北方大湖地方からミシシッピーを下ってやって来た。1681年、フランス人探険家ラ・サールはミシシッピー川を囲む土地をフランス国王にちなんで「ルイジアナ」と名づけた。1732年、ルイジアナはフランスの州となった。アメリカ独立戦争が勃発するや、フランスとスペインは革命軍を援助しイギリスと戦った。 

   1803年4月30日、ナポレオンはルイジアナと西フロリダをアメリカ大統領ジェファーソンに1500万ドルで譲渡した。ルイジアナがアメリカの州に正式に編入されたのは、それから9年後の1812年4月30日のことであった。その頃ニューオーリンズは州の首府であった。これより先、ナポレオンはイギリスに宣戦したため、ニューオーリンズはイギリス軍の侵略の標的になった。アンドリュー・ジャクソン将軍はイギリスの将軍サー・エドワード・パケナムの軍を破り、侵略を防いだ。このような諸事情からニューオーリンズではナポレオンの人気は高かった。ところが、ナポレオンがイギリスに敗れセントヘレナ島に流刑されることになると、密かにナポレオンをセラフィン号で救出し、ニューオーリンズに連れてこようとする作戦が企てられた。実際には、ナポレオンは1821年に孤島で死んでしまい、この作戦は頓挫した。ニューオーリンズ市長ニコラス・ジローが家を建て家具を整えて皇帝を迎える用意をしていたという邸宅が「ナポレオン・ハウス」として現在も残っている。

K87b5y9cfm8nb7yn   「ナポレオンを救出せよ!」という奇抜な話を映画や小説にしたらさぞかし面白いだろうと思ったら過去にあった。サイレント映画でフローレンス・ヴィダー(1895-1977)主演映画「海の荒鷲」(フランク・ロイド監督、1926年)。( Florence Vidor )

足利尊氏は逆賊か?

2363760163_b9ed3e18c9_m
 足利尊氏墓

   足利尊氏、1358年の忌日、尊氏の墓は等持院(京都市北区)にあるが、墓を参る人の数は少ない。それは「逆賊」の評判が今もあるからだろう。だが尊氏=逆賊というレッテルが貼られたのは明治になってからである。明治44年1月19日付の読売新聞の社説だった。ここでは、水戸学的な南朝正統論の立場から、当時使用されていた国定教科書「尋常小学日本歴史」を批判していた。それを受けて、大阪選出の代議士・藤沢元造が質問書を衆議院に提出。「南北朝正閨問題」は政治問題にまで発展した。桂太郎は明治天皇の勅裁を受けた。そこで南朝が正統と決められた。そのため、北朝の天皇は歴代天皇表に記載しないことになり、正統でない天皇を担ぎ出したということで、足利尊氏は「逆賊」とされたのである。ところで、このあと、足利尊氏に「逆賊」の烙印を押す決定的な事件が起きている。昭和9年、雑誌に「足利尊氏は人間的にはすぐれた人物だ」と書いた商工大臣の中島久万吉(1873-1960)は2月9日、大臣を辞任させられた。

   尊氏の生涯は波瀾の連続であった。楠木正行の亡きあとは、足利の天下であったが、直義とは不和の末にこれを毒殺し、わが子直冬にも叛かれるという不幸な晩年を過ごした。その尊氏も、病には勝てず、正平13年(延文3年)4月30日、54歳の幕を閉じた。

   これまで尊氏像とされていた京都国立博物館所蔵(旧・守屋美孝)「伝足利尊氏像」は、武具や馬具に描かれた紋章が足利氏のものではなく、高氏のものであることなどから、高師直もしくは、その子・師詮(もろあきら)ではないかと言われている。

Photo

2016年4月29日 (金)

十二指腸はなぜ12本の指!?

   神経という訳語は、杉田玄白がはじめて「解体新書」のなかで用いた術語である。玄白は「和蘭医事問答」のなかで、「神気」の神と、「経脈」の経とを合わせて、この新語をつくったと述べている。神経そのものについては、玄白よりも以前の南蛮医学や紅毛医学でも取り扱われていて、骨髄節または世奴(せいぬ)などと呼ばれていた。このほかにもクルムスの「解剖学図譜」(Anatomische Tabellen)の訳語には今日も医学用語として使われているものがある。「十二指腸」(duodenum)もその一つである。解体新書には「十二指腸は長さ十二の指の横径の如くして、胃の下口に接す」とある。だが実際の長さは25~30cmで、指12本の長さよりやや長い。これを翻訳者がインチの単位を知らなかったために生じた誤訳であるとするのは俗説でりあり、西洋でも古くからこの部分が指の幅の12倍ほどであるといわれていた。(M氏からの指摘により一部訂正2012.1.3)

○×クイズ問題集1

012345675

  〇×クイズ問題集です。お好きな問題を選んでチャレンジしてください!

剣戟スター近衛十四郎は出演作すべてが時代劇である。

世界中のカラスはみな黒い。

北極と南極、北極のほうが寒い。

大相撲内閣総理大臣杯を自ら国技館で手渡したのは小泉純一郎からである。

熊野市は和歌山県にある。

オスロ、ストックホルム、ヘルシンキ。三都市で一番緯度が高いのはオスロである。

   (答えはすべて×)

碁石の黒石と白石、黒石のほうが若干大きい。

チョウの羽は4枚ある。

加山雄三は岩倉具視の玄孫(やしゃご)にあたる。

麻生太郎は大久保利通の玄孫にあたる。

大島優子は前田敦子より年上である。

煙草のニコチンはニコという人名に由来する。

凸凹は漢字である。

    (答えはすべて○)

胡麻を摺る

   上司や得意先にお世辞を言ったり、へっらったりすることを「胡麻を摺る」という。なぜ食べ物の胡麻が用いられるのであろうか。煎ったゴマをすり鉢ですり潰すと、あちこちにゴマがくっつくことから、このようにベタベタくっつく様子と、上司にベタベタする様子とが重なって、こう言われるようになった。江戸末期の「皇都午睡」に「追随するをおべっかいといひしが、近世、胡麻を摺ると流行詞(はやしことば)に変名しけり」とある。

ロダン「考える人」は何を考えているのか?

Photo_9    ロダンの「考える人」は何を考えているのだろうか?この作品を見て、私は、人がどのような感想をもつだろうかということについてことに関心がある。ある人は、芸術的な美的感覚で鑑賞し、またある人は、深刻に考えている哲学者だと思うかもしれない。だがこの有名な彫刻は単独の作品ではなく、ロダンが未完成であったダンテの神曲に着想を得た地獄門の群像の中の1つであった。地獄の門は死後の世界への門なので、おそらく人間の業とか死の問題と関わりがあるのではないだろうか。「考える人」は発表された当時は「詩人」というタイトルだった。詩人ダンテから命名されたのであろう。しかし沈思のポーズに注目され、ブロンズ像を鋳造したレディエによって「考える人」と呼ばれるようになった。これは宗教上で言えば西欧では「キエティスム」(Quietisme)といわれている。静寂主義と訳される。休息、休養を意味するラテン語のクィエスquiesからきた言葉で、カルヴィン派の人々がルター派の信仰態度を軽蔑してこう呼んだのが始まりとされる。広義には、自己の意思や行為を否定して、神の意志とか運命のうちに自己をゆだね、そこにやすらおうとする受動的な精神の態度を意味する。17世紀にフランス、イタリア、スペインで広まったキリスト教哲学だが、純粋な信仰態度はのちの敬虔主義に影響を及ぼし、20世紀のロダンの信仰にも少なからず影響を与えたものと考える。(penseur)

ナポレオンと酒

Antiguabotelladebrandyjereznapoleon    皇帝ナポレオン・ボナパルトは高級ブランデーにその名がついていることから、さぞかし酒好きと思われるかたも多いが、実はあまり酒が飲めず、コーヒーを好んだといわれる。高級ワインを水で薄めて飲んでいた。ではどうしてブランデーにナポレオンという名称が付いたのか。1811年、ロシア遠征の前の年のこと、ヨーロッパの空に彗星が現れた。彗星は不吉な出来事とされていたのだ、人々は、戦争や飢饉が起こるのではないかと心配した。しかし、案に相違して、3月20日、ナポレオンの妃マリー・ルイーズがナポレオン2世(1811-1832)を出産。そのうえ、この年はまれにみる好天続きで、葡萄は空前の豊作、いわゆるビンテージ・イヤーだった。以前から彗星の出現した年のワインは「コメット・ワイン」として珍重されてきたが、この年、1811年の「コメット・ワイン」を蒸留してつくったブランデーは、ナポレオン2世の誕生にあやかって特に「ナポレオン・ブランデー」として名付けられ、珍重されてきた。今日では、世界中に残り少なくなったので、市販されることはなく、わずかに個人の酒庫に1本か2本ずつ秘蔵されている。現在、市販されているナポレオンは、これらは無関係のものである。(Napoleon,Brandy)

アチソンライン

Dean_g__acheson_u_s__secretary_of_s   トルーマン大統領の下で国務長官を務めたディーン・アチソン(1893-1971)とマッカーサーの政治顧問ジョージ・アチソン・ジュニア(1896-1947)は戦後の同時期に活躍した人物で2人は紛らわしい。「アチソンライン」で知られるのはディーン・アチソンのほうである(画像)。ジョージのほうは1947年に死亡している。1947年8月15日、ワシントンに戻るため、B17爆撃機に搭乗して東京を出発した。17日、ジョージ・アチソンを乗せた爆撃機はオアフ島の西方約100㎞の地点で燃料切れにより墜落した。アチソンの遺体は発見されず、8月17日に死亡したものと推定されている。アチソンラインとはディーン・アチソンが主張したもので、アメリカの極東防衛線から朝鮮半島を除外したため、朝鮮戦争の勃発原因になった宣言といわれる。ディーン・アチソンは1950年1月、太平洋でのアメリカ極東防衛線を、韓国と台湾を除外したアリューシャン列島ー日本の沖縄ーフィリピンを結ぶ線とした。この宣言により米軍は朝鮮半島から撤収し、その隙に乗じて金日成が6・25戦争を引き起こした。その後この宣言はアメリカ共和党から非難を浴びて廃止された。

昭和の日

Photo_8
 戦後の全国ご巡幸

Img_0033
 昭和天皇は将棋を好まれた 昭和30年

  「昭和の時代は 遠くになったけど…」(夕子のお店)  20世紀の幕開きのこの年、明治34年4月29日、午後10時10分、皇太子と節子(さだこ)妃殿下の間に男子(親王)が誕生。のちの昭和天皇(1901-89)である。皇位を継ぐべき親王の誕生に、翌30日には北海道から台湾まで号外の鈴が鳴りひびく。宮城や東宮御所は祝いの客であふれ、全国各地からは祝電が寄せられた。親王は裕仁(ひろひと)と命名され、称号は迪宮(みちのみや)とさだめられるのは5月5日である。大正5年、立太子礼を行なう。大正10年3月から9月までヨーロッパを旅行し、大正天皇の病気により、帰国後の同年11月摂政となる。大正13年1月、久邇宮良子(ながこ)女王と結婚。大正15年12月大正天皇の死により践祚。昭和と改元し、昭和3年11月即位礼を行なう。

北摂の古社寺 「満願寺」

11610_030    大江山の酒呑童子退治で知られる坂田金時(956-1012)は源頼光の家来で、古今無双の豪勇。九州征伐の途中で死去した。兵庫県川西市にある神秀山満願寺にその墓がある。満願寺は奈良時代の創建で、源氏ゆかりの寺として崇敬を集めた。本尊、千手観音の霊験によって、信仰する人はかならずその願いが満つることから満願寺と称したといわれる。

  ちなみに坂田金時とは、足柄山の金太郎のモデルになった人物である。金時の活躍は「今昔物語集」にも残っているが、これを題材にして江戸時代、近松門左衛門が金時の話を芝居にして庶民にも広く知られるようになった。もっとも、そのときは、金時の幼名は「快童丸」とされ、金太郎という名が登場するのは、江戸中期以降、草双紙や絵本に登場してからのことである。

2016年4月28日 (木)

「ロ」 事項索引インデックス

Romanholidayposterb1119    「ローマの休日」ダルトン・トランボはマッカーシズムにより、赤狩りのため禁固刑の実刑を受け、刑期終了後も事実上ハリウッドから追放されていた。だが、いくつかの偽名を使って脚本家として仕事を続けた。「ローマの休日」はトランボの友人でイギリスの脚本家イアン・マクラレラン・ハンターの名義で執筆し、ハンターの名でアカデミー賞脚本賞(原案)を受賞したのである。2010年にはクレジットが本来のトランボの名前が変更され、トランボの名誉が回復された。▽「ローレライ」ライン川が流れるサンクト・ゴア―ルスハウゼンの右岸に聳える高さ132mの岩山にローレライがある。黄金の櫛で髪をすきながらその歌声で船乗りたちを魅惑し、危険な流れの中に船を転覆させたという乙女の伝説は、ドイツのロマン派の詩人ブレンターノが1801年に発表した小説「ゴッドウィ」で主人公を慕う少女ヴィオレッテが「ローレライ」という物語詩を歌うのが起源といわれる。さらにハインリッヒ・ハイネによってその名は永遠に生きることになった。▽「ロンゴ神」ポリネシア神話に出る神。農業や豊饒の神。(ろろろろ)

ロイクラトン祭り(タイ)
ロイド・ジョージ
ロイヒリン
老子
老人と海
老荘思想
ロカルノ条約
ローガン山(カナダ)
六四天安門事件
ロケット
盧溝橋事件
ロココ式
ローザ・ルクセンブルク
ロサンゼルス
ローザンヌ条約
魯迅
ロゼッタ・ストーン
ローゼンバーグ事件
ロダン
ロック
ロディー朝
露土戦争
ロバート・オーウェン
ロビンソン・クルーソー
ロフォーテン諸島
露仏同盟
ロベスピエール
ローマ
ローマは一日にしてならず
ロマネスク式
ロマノフ家
ロマン主義
ロマン・ローラン
ロミオとジュリエット
ローラー作戦
ローラット法
ローランの歌
ロリータ
露梁海戦
ローリンソン
ローレライ
ロロ
論語
ロンゴ神
ロンドン会議
ロンドン塔
ロンメル
論より証拠
ロンバルディア同盟
ロンバルド王国
ロンバルド族
ロンボク島(インドネシア)

世界の郵便ポストは黄色が主流である

Buzon_amarillo  「空があんなに青いのも電信柱が高いのも郵便ポストが赤いのもみんなあたしが悪いのよ」 痴楽綴り方教室でお馴染みのこの台詞。世界各国で赤い郵便ポストがもっとも多いと思っている人が多い。実は世界中で一番多いのは黄色である。左画像、スペインでは郵便のことをコレオスcorreosといい、ポストは黄色である。ドイツ、フランス、スイス、スペイン、ポルトガル、フィンランド、ノルウェイ、オーストリア、ルクセンブルク、ユーゴスラビア、チュニジア、ブラジルなどヨーロッパの国は黄色が多い。なぜヨーロッパの多くの国が郵便ポストを黄色にしたのか理由は今もって謎である。考えられる理由としては、イギリスが赤なので、イギリス嫌いのドイツ、フランスは黄色にしたのではないかと推察している。当時「郵便時間厳守」で信頼性の高かったスイスが黄色いポストだったので、フランス、ドイツがまねたそうである。

Redpostalboxmailboxmyanmarburma300x  最近、ミャンマーの郵便事業の改善に日本が幅広く協力しているというCMを見た。郵便ポストの歴史は古く、フランスが世界で最初である。1652年にパリ市内の要所に設置されたが、何色であったかはわからない。次いでイギリスのカーライルで1852年に第1号のポストが登場するが、このときは円柱形で緑色だった。1874年にロンドンのトラファルガー広場に設置された赤色のポストが評判を呼び、10年かけて全国のポストを赤色に統一した。アメリカとロシアの郵便ポストは青色。中国、香港、アイルランドは緑色。赤色は日本のほか、韓国、台湾、タイ、インドネシア、インド、アルゼンチン、オランダ、ベルギー、ハンガリー、モナコ、南アフリカなどアジア中心に世界に広がっている。日本のポストが赤いのは、イギリスの郵便制度を真似たからである。つまり赤、黄、青、緑、この四色以外はほとんどない。

Usa_post_2
  アメリカのポスト

B0000801_23445666
  中国のポスト

4373739289_4ac278ea47
   アイルランドのポスト

Photo
   韓国の郵便ポスト


  世界の郵便ポストは赤、黄、青、緑の4色がほとんどだが、インドネシアのオレンジはめずらしい。

Photo
 インドネシアのポスト

Australiapost

オーストラリア。赤いポストは一般郵便物。黄色は翌日配達郵便(Express Post)

Photo_2

ホルンがデザインされたドイツの郵便ポスト。ポストの色は緑や青など様々な変遷の末、ヨーロッパに多い黄色を採用した。

左甚五郎

   1651年のこの日、江戸寛永の名工として知られた左甚五郎が56歳で逝去した。その作品があまりにも精巧をきわめたために、それらが抜け出て行動するという伝説がある。甚五郎は、きわめてさっぱりとした性格で、すこしもモノに対する執着というものが無かった。だから貯えているものがなくれば、その業につとめるという有様だった。ある人がこれを諌めると、甚五郎はニッコリとして、

 たのしみは貧しさにあり梅の花

と詠じたという。ただし類似の歌は「講談・紀伊国屋文左衛門」にもある。(4月28日)

100610052
 左甚五郎作「大黒天」 

   左甚五郎のまとまった伝記資料は講談などでお馴染みの人物のわりに少ない。出身地も播磨明石、紀伊根来、讃岐高松など諸説ある。

匠左甚五郎伝 柳沢武運三 福老館 1888

左甚五郎 名人奇談 中村兵衛 大学館 1908

左甚五郎 山本瑞雲 書画骨董雑誌100  1916

左甚五郎利勝の略史 香川県先哲宣揚会編刊 1934

名匠左小刀実記左甚五郎伝  左光挙 世界社 1953

讃岐と左甚五郎:考証左甚考  左光挙 先哲宣揚会 1958

左甚五郎考 森本一雄 飛騨春秋35  1959

 

ブラジル移民物語

Photo
アリアンサ移住記念館
北原地価造の住居跡(昭和4年頃)

   明治41年4月28日、水野龍(1859-1951)を団長とする第1回ブラジル移民団、170家族、792人は「笠戸丸」で神戸港を出港、6月18日、サントス港に到着した。明治43年には第2回移民団が旅順丸に乗って247家族、909人がブラジルに渡った。いまやブラジル日系社会は150万人を超え、成長著しいブラジル社会の支えとなっている。

   第1回芥川賞受賞作品の石川達三「蒼氓」が発表されたのは昭和10年のことだった。

   神戸三宮の「国立海外移民収容所」。ブラジル移民として全国各地から集まってきた家族たちの、昭和5年3月8日から15日までを描く。移民団を構成するのは、落葉のように掻き集められてきたものばかりである。気後れしながら移民収容所の受付をくぐる。待合室にあてがわれた倉庫には、秋田から来た貧農出の姉弟佐藤夏と孫市がいる。夏は、堀川との恋愛をあきらめ、門馬勝治を形式上の婿にして、孫市のためにブラジル行を決意した。孫市は、兵役をまぬがれるために移民の群れに投じたのか、「俺は忠義でねって言われるくれえだら、ブラジルさ行かねつもりだ!」とつっぱねる。貧しい日本での生活に追われてのものなのである。再渡航の堀内は本当のブラジルを知っている。ところが移民たちは、トラホーム、栄養不良など、体格検査で不合格になり、乗船許可のおりなくなることを気にかけている。話にきいたブラジルのいいところだけを空想しているにすぎないのだ。ロンドン軍縮会議、現職文部大臣の連座した疑獄事件にいたるまでにも、東京市会議員疑獄、私鉄疑獄、合同毛織事件、樺太山材事件とうちつづいている。こんなうそむさい日本のことは、もう知らないのに限るというのが堀内だった。最後の日の8日目、15日に900余名の移民集団の乗船した、ら・ぷらた丸は神戸港を出航した。(引用文献:今村忠純「日本名作事典」平凡社)

Photo
 水野龍

殺人鬼女べラ

    アメリカ、インディアナ州のラ・ポーテという小さな村で、大農場を経営する美しい未亡人がいた。名前をべラ・ガニス(1859-1908)といい資産家で孤児院に寄付をする近所でも評判の美人だった。1908年4月28日、ガニス農場で火事が起こり、べラ未亡人と3人の子供の焼け爛れた死体が発見された。だが焼け跡からは、それ以外にも無数の死体が発見されたのである。それらの殆どは腐乱しているか白骨化していた。警察はさらに捜索を続けると、家のセメント床の下に深い穴が掘られ人骨がいっぱい埋まっていた。べラが何年間、次々と人を殺し続けていたと考えられる。べラは作男を新聞広告で募集していた。選ばれたのはいつも身寄りのない者だった。殺人の動機は謎である。方法は、クロロホルムをかがして意識を失わせてから、男の頭に一気に斧で殺したという。その手際のよさは、ほとんど名人の域に達していた。安達ヶ原の鬼婆がアメリカにもいたのである。どれだけの人を殺したのか正確に数は不明であるが、ゆうに100人以上を数えるという。

ミハイル・クトゥーゾフ

Kutuzov  レフ・トルストイの名作「戦争と平和」にも登場する帝政ロシアの軍人。若いころトルコ軍と戦い、片目を失った。ナポレオンのロシア遠征に対する戦争で総司令官となり、1812年ボロディノの戦いでは敗れたものの、冬期に入ってナポレオンをモスクワから撤退させた。翌年、従軍中に没する。(1813年4月28日没) 享年67歳。天才ナポレオンに勝利した国民的英雄だが、クトゥーゾフに対する評価はまちまち。「片目のぐうたら、飲んだくれ、能無し」「消極的で臆病な老軍人」など。( keyword;Mikhail Kutuzov )

2016年4月27日 (水)

外国人名の漢字表記

Xinsrc_25212042516062651073532_2   西洋人名を漢字表記することは明治の日本や中国で幾種類の表記があるが、ここではおよそ中国でなされている一般的な表記をあげる。 中国では西洋人名・事物をすべて音訳して、もとの発音に近い漢字で表記する。

アインシュタイン 愛因斯坦

アウグスティヌス 奥古斯丁

アウグストゥス 奥古斯都

アクバル 亜格伯

アーサー 亜撒

アショーカ 阿育

アムンゼン 阿夢森

アルキメデス 阿基米得

アレキサンダー 亜歴山

アンデルセン 安得仙  安従生

イエス  耶蘇

イソップ 伊曽保

イプセン 易卜生

ウィリアム・テル 維廉・底爾

ウェーバー 韋伯

ウェブスター 韋白斯特

エジソン 愛迪生(恵智遜)

エマーソン 愛黙生

エリザベス 以利沙伯

エンゲルス 恩格思

オバマ 奥巴馬

カエサル 該撒

ガリバルディ 加里波地

ガリレオ 伽利略

ガンディー 甘地

カント 康徳

キリスト 基督

グーテンベルク 哥天百格

グラッドストーン 虞蘭得将軍

グリム 格林

クレオパトラ 久麗王葩都羅

クロムウェル 格朗穵

ゲーテ 歌徳

ケネディ 肯尼迪

ゴーゴリ 果戈里

ゴッホ 梵高

コロンブス 哥倫布(閣龍)

ザビエル 雑未耶

シーザー 獅威挫

シェークスピア 沙士比阿

シーボルト   施福多

ジャンヌ・ダルク 惹安達克

シューベルト 叔伯特

シューマン 叔曼

ショパン 蕭邦(肖邦、暁邦)

ショーペンハウアー 叔本華

シラー 席勒 昔爾列爾

ジンギスカン 成吉思汗

スターリン 斯達林

ソクラテス 瑣格刺底

ゾラ   佐拉

ダーウィン 达爾文

ダンテ    丹第 、丹丁

チェーホフ  柴霍甫

チャイコフスキー 柴可夫斯基

チャーチル 察赤爾、丘吉尓

チャップリン 卓別麟

チョーサー 綽塞

ディケンズ 迭更斯

ディズニー 迪斯尼

デカルト 笛卡児

テニソン 丁尼生

デュマ 仲馬 杜馬

トゥルゲーネフ 屠格涅夫

ドゴール     載高東

ドストエフスキー 陀斯妥以夫斯基

ドビュッシー    徳布西

トルストイ 托爾斯泰

ナイチンゲール 奈亭給爾

ナポレオン 拿破崙 奈破崙 奈破翁 那破翁

ニーチェ 尼妥

ニュートン  奈端 牛頓 紐頓

ヌルハチ 奴児哈赤

ネルソン 寧耳遜

ネロ     尼禄

ノーベル   諾貝尓

ハイドン   海頓

ハイネ   海涅

バイロン  拜倫 

パスカル  巴斯格

バッハ    巴哈 巴赫

バルザック 巴爾扎克

ピョートル大帝 彼得大帝

ヒラリー・クリントン 希拉里克林頓

フォーレ  佛瑞 

プーシキン 普希金

プーチン  普京

ブッダ    仏陀

フビライ   忽必烈

プラトン   普拉土 柏拉図

ブラームス 勃拉姆斯

フロイト    弗洛伊徳

ヘーゲル   海格爾

ヘッセ     蘇塞

ベートーベン 貝多芬 比沙文

ペリー     彼理

ホッブズ    霍布斯

ホメロス     荷馬

マッキーバー 馬雪浮

マテオ・リッチ 利瑪竇

マホメット 馬何美 馬哈黙

マーラー 馬勒

マルクス 馬克思

ミケランジェロ 弥開爾安曰洛

ミルトン  彌爾敦

メーテルリンク 梅徳林克

メンデルスゾーン 孟徳爾頌

モーゼ    摩西

モーツァルト 莫扎特

モリエール 莫里哀

モンテーニュ 孟泰尼

ユゴー 維夕爾

ライプニッツ 来布尼疵

ラスキン 拉斯金

ランボー 蘭波

リスト   李斯特

リンカーン 林肯 琳閣倫

ルター 路徳

ルソー 盧騒

ルノワール 雷諾同

レオナルド・ダ・ヴィンチ 達芬奇 雷渥那徳

レーニン    列寧

ロダン    羅丹

ロック    洛克

ロッシーニ 羅西尼

ロムニー  羅姆尼

ワシントン 華盛頓、華聖頓

ワット    瓦徳

ワレンシュタイン 華倫斯坦

参考:漢訳・漢名西洋人名字典 仙田正雄等編 天理大学学芸部図書館研究室 1964

大阪万博とモルモン教

   日本にモルモン教が広まったのはいつ頃からであろうか?1970年の日本万国博覧会(EXPO'70)以降とするのが一般的な見方であろう。しかし文献を漁ると、国立国会図書館の所蔵図書には内田融の「モルモン宗」文明堂、明治35年刊行があり、110年以上の歴史がある。

  鈴木正三は1968年に末日聖徒イエスキリスト教会、日本伝道部の第一顧問となった。折しも日本万国博覧会の会場建設が吹田市の千里丘陵で始まりつつあった。教会はこの万博に出展を決め、モルモン館を建設する。鈴木はその館長に就任し、毎日多くの要人を迎えた。万博開催中のある日、当時の皇太子殿下(今上天皇)がモルモン館を訪ねられた。鈴木が案内する中、皇太子殿下は一つだけ質問をされた。「イエス・キリストとはどなたですか?」鈴木はこう答えたという。「イエス・キリストは神様の独り子で、この世を創造された御方であり、わたしたちはこの地上で生活したことについて、いつかイエス・キリストの前で裁きを受けます。わたしも裁きを受けます」

   万国博覧会の来場者数は、6421万8770人であった。わたしもその中の1人である。

最初の駅弁は握り飯だった

Main
    一般に日本最初の駅弁は1885年7月16日、旅館「白木屋」の嘉平が宇都宮駅で竹皮に包んだ梅干し入りの握り飯を5銭で販売したのが始まりとされ、現在この日が「駅弁記念日」と制定されている。しかし最初の駅弁は他にも梅田駅(1877年)、神戸駅(1877年)、敦賀駅(1882年)、上野駅(1882年)、高崎駅(1884年)など諸説あるようだ。ちなみに現在のような折り詰め「幕の内駅弁」は1889年に「まねき食品」の竹田木八(画像1851-1903)の発売したものが最初とされる。当初は列車が少なく、一緒に始めた友人は撤退したが、日清・日露戦争時には軍隊弁当がよく売れ、現「まねき食品」を創業した。(7月16日)

Img_0005
  竹田木八

キッスは奈良時代からあった

Photo   最近、女性議員の路上チューが話題となった。日本人のキスの風習はいつ頃から始まったものであろうか?ブログ「MIKAのルンルン日記」を読むと「日本人はキスしません、と言ったものの、実際恋人同士はキスしますよね。でもそれはどうやら戦後欧米の影響を受けて始まった風習らしく、それ以前の時代の人はキスなどしたことがないらしいです。その証拠に私の78歳になるお祖母ちゃんは、そんなの人生の中で一度もしたことかない、と私に暴露してくれましたし、数年前に日本で戦前のおばあちゃん達は例えば子供がいてもキスした事が無い、ということを調査するテレビ番組を見たことがあります」と書かれている。しかし戦前に日本人はキスをしなかったという俗説は明らかな誤りで、歴史文献を漁ると日本人のキスの歴史は意外と古くからみえる。キスの習慣は奈良時代に中国から伝えられたといわれる。しかし、それはごく一部の貴族階級だけのことで、庶民の間に普及したのは江戸時代になってからでオランダ人が伝えたらしい。キスのことを口を二つに重ねることから「呂の字」といった。日本初の英和辞典「諳厄利亜語林成」では「Kiss 相呂」と載っている。 さらに、キスという言葉が「口吸い」から「接吻」という言葉になったのは明治初期のことである。キスを最初に接吻と訳したのは上田敏である。国木田独歩の恋愛日記「欺かざるの記」(1893年)には「接吻また接吻」と接吻の文字が何度も何度も出てくる。むかしの定番宴会ソング「軍隊のぞき節」の4番目の文句に「♪別れのキスもそこそこに くぐる営門2分前」とある。戦前、路上チューはあまりみられないものの、四畳半でキスは盛んにおこなわれていた。

    ところで米国大学の脳科学の研究によると、キスをすると、オキシトシンという愛情ホルモンの数値が上がり、大きな多幸感をもたらす。また唾液の交換により免疫力がアップするといわれている。

Img_0001_2

440161_600

「や」 ファースト・ネームから引く人名一覧

Theremainsofformerpalestinianleader     ヤセル・アラファト(1929-2004)はパレスチナ解放機構議長。1969年にPLO議長に就任し、アラブ・パレスチナの英雄となる。やがてイスラエルとの対話路線に転じて穏健派の指導者となったが、晩年はパレスチナでの人気を失った。ナオト・インティライミはアラファトの前で「上を向いて歩こう」を歌っている。「や」で始まる外国人名は少ない。「007死ぬのは奴らだ」「エイリアン」などのヒット作の名脇役ヤフェット・コットー、ササン朝ペルシアのヤズデ・ギルド3世(在位632-642)がいる。中国人名は多い。イケメン俳優ヤンヤン(楊洋)など。

ヤーコプ・グリム
ヤーコブ・ファン・ロイスダール
ヤーコプ・ブルクハルト
ヤーコフ・プロタザノフ
ヤコブ・ルートヴィヒ・フェリックス・メンデルスゾーン
ヤーコボ・サンナザーロ
ヤッシャ・ハイフェッツ
ヤドランカ・ストヤコビッチ
ヤニ・マルクス・ソイニネン
ヤーブ・デ・ホープ・スヘッフェル
ヤフヤー・ハミード・アッディーン
ヤヤン・ルヒアン
ヤロスラフ・イヴァシュキェヴィッチ
ヤロスラフ・ヘイロフスキー
ヤン・アーモス・コメンスキー(コメニウス)
ヤン・オールト
ヤン・シベリウス
ヤン・ステーン
ヤン・ファン・スコーレル
ヤン・ファン・ホーイェン
ヤン・フス
ヤン・ヨーステン
ヤンシー・バトラー
ヤンネ・アホネン
ヤンヤン

ビッグベンの時計が止まる

_g59ncmjwcr160

  ウェストミンスター寺院の北東に建つビッグベン(時計塔)。名称のベンとは、工事責任者のベンジャミン・ホール(1802-1867)の名にちなんで命名された。1859年に建てられたが、時計塔は老朽化し、本姓への傾きが大きくなってきたことから、来年から3年間大規模な改修工事が行われる。時計も数か月間は止められることになる。

エマーソンの読書法則

Cambridgekingscollegelibrary

 私の実際的な読書の法則は三つある。  

1.1年を経過していない本は読まないこと  

2.有名な本のほかは読まないこと  

3.好きな本のほかは読まないこと

   ラルフ・ワルド・エマーソンは1882年のこの日、死去。エマーソンは超絶主義運動の指導者として、コンコードに隠棲し、思索と読書の生活を送った。(Ralph Waldo Emerson)4月27日

モールス信号

Main5b

 サミュエル・モールスは電信機とモールス符号の発明者。1791年4月27日、マサチューセッツ州チャールズタウン(現ボストン)に生まれる。初め画家になることをめざしていたが、欧州旅行の帰国の船内でたまたまC.T.ジャクソン博士と一緒になり、博士の暇つぶしに電気や電信の実験談を聞かされる。電気は当時最大の謎の一つだった。その魅力はメアリー・シェリーの「フランケンシュタイン」に描かれている。怪物に生命を吹き込むのに用いられたのは、電気である。モールスは若いころから電気への興味を持っていた。そのときモールスは、電気信号が瞬間的に回路を巡ることに気がついた。1835年にモールスは最初の電信機を発明する。彼の電信機は、幕末に来航したペリーによって幕府に献上されている。(keyword;Samuel Finley Breese Morse,Charlestown,Boston,eponym )

2016年4月26日 (火)

日本語の中の仏教用語

  平成8年、京都の仏教大学が新図書館の建設にあわせて正門周辺の改修工事をした際、彫刻家・空充秋に門柱を依頼した。完成した門柱の側面には「平成之大馬鹿門」という字が刻まれていた。大学側はこれを問題視して、「馬鹿という言葉は大学には不適切」として字の削除を要求したが、話し合いは決裂し、結局、モニュメントは兵庫県宍粟市に移設されることとなった。このいわゆる「平成の大馬鹿門騒動」から20年が経過するが、日本人は好むと好まざるにかかわらず、あまりに言葉に執着しすぎるきらいがあるようである。騒動の元になる「馬鹿」という言葉の由来はサンスクリット語にあるといわれる。仏教大学の関係者がこれを知らない筈はないのだが摩訶不思議である。梵語「モーハ moha」の写音で、「事理に暗いこと」「暗愚」を意味する。漢訳では一般に「癡」とか「愚癡」とか訳されるが、「慕可(ぼうか)」が「馬鹿」の字にあてられたとする説もある。このように今日的意味からすれば、「馬鹿」の意味が異なるものであり、その跡を学究的に深く追求することが学問であり、翻って思うに「平成之大馬鹿門」という言葉はたいへん示唆に富むものではないかと考える。

   ところで、周知のように、日本語の中には仏教は翻訳という手段を通じて、インドから中国に受容されたのち、中国文化の一環として、わが国に渡来したものである。従って、日本語の中には多数の仏教用語が存在する。日本語の中にのこされた仏教的な語彙はわれわれは今日気づかずに用いている語が多くある。「アバタもえくぼ」元来は梵語で「腫傷」を意味するアルブタarbudaの俗語形アッブダ abbudaに由来する。「瓦」梵語カパーラ kapala(迦波羅)に由来し、原語は「皿」または「鉢」、さらに「骸骨」の意に由来する。このほか仏教用語に由来する語彙として、「奈落」「卒塔婆」「韋駄天」「境内」「涅槃」「娑婆」「菩薩」「鳥居」「荼毘」「沙門」「伽藍」「舎利」「錦」「玄関」「旦那」「達磨」「比丘」「夜叉」「羅刹」「修羅」「閻魔」「梅檀(せんだん)」「羅漢」「輪廻」など枚挙に遑ない。(参考:岩本裕「日本語における仏教語」アジア文化第11巻第2号 1974年)

映画にみるクレオパトラ

Cleopatra3

Cleopatra11

Img_0004_2

  古代エジプト、プトレマイオス朝の女王クレオパトラ(前69-前30)はその美貌をもってして歴史にその名を知られるが、彼女は本当に美人だったのだろうか。残念なことにクレオパトラが美人だったという証拠は何もない。ただプルタルコスの記録には、「彼女に親しく接することには、抵抗できない魅力があった。そして彼女の容姿は、説得力にみちた言葉や、そのふるまいに多少とも表れていた独自の性格と結びついて、一種の心地よい刺激をかもし出した。彼女が語るとき、その声の響きは甘く快かった」とあるように魅力的な女性だったことは間違いなさそうだ。実際は小柄で痩せ型だったといわれるクレオパトラを絶世の美女にしたのは、やはり映画の影響が大きいだろう。

   無声映画時代からスクリーンに登場したクレオパトラは少なくとも10回以上はいる。最も古いクレオパトラは、1911年の米女優ヘレン・ガードナーが演じたエレオパトラ。「春雨秋雨二千載、今もなお、旅人の話頭にのぼる物語」と、弁士・染井三郎の名調子で知られる「アントニイとクレオパトラ」(伊・1913年)のジョヴァンナ・テリビリ・ゴンザレス(1882-1940)も有名だ。

    セダ・バラの「クレオパトラ」(1917年)は彼女の数ある出演作のなかでも有名な作品となった。続いてクローデット・コルベールの「クレオパトラ」(1939年)、ヴィヴィアン・リーの「シーザーとクレオパトラ」(1945年)、リンダ・クリスタルの「クレオパトラ」(1959年)などがある。パスカル・プティの「妖姫クレオパトラ」(1962年)、マガリ・ノエルの「トトとクレオパトラ」(1962年)、ジョーン・クレールの「世界の夜の歴史」(1963年)などある。が、なんといっても20世紀フォックスが社運をかけた超大作、エリザベス・テーラーの「クレオパトラ」(1963年)がクレオパトラ映画の決定版であろう。その後もヒルデガード・ニールが「アントニーとクレオパトラ」(1971年)で演じているが、エリザベス・テーラーを超える存在感のあるクレオパトラはスクリーンでは登場していない。2010年から噂されていたアンジェリーナ・ジョリーのクレオパトラがにわかに現実味をおびて企画が進行中とのこと。

Img_0008

  セダ・バラ

Img_0007

  クローデット・コルベール

Img_0005

  ヴィウィアン・リー

Img_0009

  リンダ・クリスタル

Img_0006

  ヒルデガード・ニール

只野真葛『独考』

   只野真葛(ただのまくず1763-1824)は、江戸後期の女性国学者。「赤蝦夷風説考」で知られる工藤平助の長女。これまで人名辞典では、「工藤綾子」で掲載されているが、36歳のとき只野伊賀に嫁して、只野真葛として「紅蓮尼伝」「奥州波奈志」「不問がたり」「松島紀行」「むかしばなし」など多数の著作があるので、近年「只野真葛」で知られるようになっている。

   とくに真葛が注目されるのは『独考』という著作の驚くべき内容である。自序によれば文化14年(1817年)12月に書き起こした。本書は広い視野と鋭い洞察力で経済至上主義を批判し、独自の宇宙論を展開している。例えば次のようなポイントを田辺聖子訳で紹介しよう。

「義という字は精神の緊張をさす。善い事柄に対して緊張すれば義となり、悪事に向かって緊張すれば暴となる。現れた結果はちがっても、発動の根元は同じなのに、聖人君子などと呼ばれる人々は元来、善心しか持ち合わせていないから悪人の心の動きがわからない。義と暴が同じ根より生じた正反対の精神活動だなどということも、理解できないようだ」

「仏教でも儒教でも浪費をやめろとおさとしになる。それなのに大伽藍や聖堂のような巨大な建造物を建て、中に孔子の人形などを飾って、公儀をはじめ歴々のお偉方までがありがたがっているのは矛盾ではあるまいか」

「女子と小人を養いがたいなどと見放したのは、孔子の教導能力の不足を暴露するものだ。むしろ恥さらしなのに、後世の弟子どもが声を大にして、孔子先生の恥を吹聴しているのは奇妙なことだ」(女性教育の必要性を説いている)

「生物界は鳥けもの虫に至るまで、生存競争の激しさの中で成り立っている。人生は戦いであり勝負である。勝ち負けに目くじら立てるのは卑しいことではない。人間を励ます原動力は勝とうとする意欲だ。博打は国禁だが、即座に勝負が判明する手っとり早さに、人々は心酔するのであって、オロシヤ国などては国王さえ気がるに博打をなさると聞いた」

「昔は土地を取り合う力の乱世だったが、今は金銀を奪い合う心の乱世である。貧乏人は苦しいので、その現実に気づいているけれど、金持ちはのんきなものだ。物をめぐむくらいで、心の乱世を切りぬけたと安易に考えているのは嘆かわしい」

「欧米人は懐中時計を手に行動する。時間の観念が日本人のようにルーズでない。また欧米人は肉食をする。このため短命だが頭脳の働きは優秀だ。日本人は穀類を多食し、長命なかわりに智術は外人に劣っている」

「外国では重臣たちもどしどし庶民階層から選ばれるし、国王、宰相といった人々も供廻りなどしごく簡潔に、町へ出てゆく。日本の貴顕の権威主義とは正反対といえよう」

「なまじ聖人の教えになど心を縛られていると、そんなものを歯牙にもかけない悪党に負けてしまう場合が多い。我が手で、我が心を締めつけるのは損だ。日本人にはこのタイプの固物が少なくない。もっと柔軟性を持つべきではなかろうか」(まるで与謝野晶子の歌、やは肌のあつき血汐にふれも見で さびしからずや道を説く君、のようではないか)

   ただし、真葛『独考』の版刻出版は残念ながら実現されなかった。大正10年に『独考』を出版しようとした人があり、原本を東京の出版社に持っていったときに関東大震災があり、焼失してしまった。幸い写本と抄録が現存し、今日真葛の開明思想の一端をうかがい知ることができる。ルソーの自然思想、ダーウィンの進化論、ニーチェの先駆的実存主義、福沢諭吉の天賦人権論、フランクリンの科学的合理思想、などとなど、これらの近代思想を知っているとは思えないが、江戸期の仙台において彼女独自で思考していたことは驚くべきことである。近代の幕開きは、半世紀のちのことであるが、真葛の先駆的な開明思想は、今後注目すべき研究課題であろう。(参考:門玲子「わが真葛物語」藤原書店、関民子「只野真葛」人物叢書)

五風十雨

  本日の天気。晴れ。12時の気温25度。湿度56%。政府、熊本地震を激甚災害に指定。九州新幹線GW前に全通。▽タレントの前田健さんが前日、新宿の路上で倒れ、近くの病院へ搬送される。本日、急死。44歳だった。松浦亜弥などのものまねで知られた。▽東京五輪の公式エンブレム。A案の野老朝雄の作品「組市松紋」に決まる。▽イラク・バグダッドで自爆テロ。14人死亡、38人負傷。

CS放送5月の作品ラインアップ

  テレビの見過ぎは体に悪い。でも作品をよく選んで一日一本なら問題はない。「パークランド」(2013)とは、暗殺されたケネディとその2日後に今度は容疑者オズワルド自身が、ともに瀕死の状態で運び込まれた病院の名前。「白熱」(1949)はギャング映画の名作。ジェームズ・ギャグニー、バージニア・メイヨ、エドモンド・オブライエン、スティーブ・コクラン。「空中レビュー時代」(1933)ドロレス・デル・リオ、フレッド・アステア、ジンジャー・ロジャース。名曲「キャリオカ」が大ヒット。「野獣暁に死す」(1968)モンゴメリー・フォード、仲代達矢

1日ノルマンディ 将軍アイゼンハワーの決断 イマジカ
2日リベリオン ワルシャワ大攻防戦 ムービープラス
3日がい骨 ピーター・カッシング ザ・シネマ 
5日バークランド ケネディ暗殺真実の4日間 イマジカ
6日ハナ奇跡の46日間 LaLa
6日合衆国最後の日 イマジカ
7日極道大戦争 NECO
8日地球が静止する日 ムービープラス
9日ハムレット ザ・シネマ
11日夜を殺した女 フランス国際放送
13日野獣暁に死す イマジカ
14日サボタージュ ムービープラス
15日私の頭の中の消しゴム 銀河
16日空中レヴュー時代 ザ・シネマ
17日艦隊を追って ザ・シネマ
18日白熱 BSプレミアム

   連続ドラマは月曜・志都という女・ラヴソング、火曜・重版出来!、水曜・世界一難しい恋、金曜・コントレール、土曜・お迎えデス、日曜・真田丸・イニョプの道。「お迎えデス」土屋太鳳の美脚に注目。

風呂とキリスト教

20100730_03

   本日は「よい風呂の日」。風呂好きの日本人からみると少し信じられないことだが、ヨーロッパで風呂を使う習慣ができたのは意外と新しく、18世紀になってからのことである。マリー・アントワネットは毎日入浴していたが、とても贅沢なことだった。革命家マラーは皮膚病の治療で入浴中に殺されたことはよく知られているし、ナポレオンも毎日、温水で入浴していたが例外的なこと。入浴を嫌う理由はどうやらキリスト教と関係があるらしい。「聖女アグネスは13歳で死ぬまで体を洗わなかった」「ヨーロッパ洗わずじまいで一千年」とまで言われている。古代ローマでは公共浴場が普及したが、キリスト教では他人に肌を見せることをきらうことと公共浴場が退廃的であることから、中世以降もヨーロッパでは風呂は普及しなかった。(4月26日)

 

本渓湖炭鉱爆発事故

53

P063 大倉鉱山本渓湖炭鉱はかつて満洲国本渓(いまの遼寧省本渓)にあった。1942年4月26日、鉱山内で可燃性ガスと石炭の粉塵による大爆発事故が起こった。3000人以上が死んだ事故であるが、批難を恐れた政府は記念碑を建て、死者は1549人と過少に記している。肉丘墳は、犠牲者の集団墓地であるが、「永劫不朽殉難産業戦士之碑」と刻まれている。ほとんどの日本人がこの事故のことを知らないのは遺憾である。

リメンバー・チェルノブイリ・デー

20090409103034     今世紀になって地球的規模で地震、津波、台風、干ばつなど自然災害が起こっている。また原発事故、飛行機、鉄道、船舶など人間と機械がもたらした文明による惨事もたびたび起こっている。それは人間の技術に対する過信であり、奢りでもある。1986年のこの日、ウクライナ共和国のチェルノブイリ原子力発電所で大爆発事故が発生した。30年目のこの日、チェルノブイリ近郊の町スラブチチでは追悼式が行われた。いま「石棺」を覆う新シェルターが計画されている。

2013040900000315rocket0000view    パンナム・KLLジャンボ機の衝突(1977)、日本航空ジャンボ機墜落事故(1985)、韓国「大然閣」ホテル火災(1971)、奥尻島地震(1993)、阪神淡路大震災(1995)、トルコ大地震(1999)、アメリカ同時多発テロ事件(2001)、スマトラ島沖地震(2004)、ハリケーン・カトリーナ(2005)、JR福知山脱線事故(2005)、四川大地震(2008)、ハイチ地震(2010)、ニュージーランド・クライストチャーチ地震(2011)、東日本大震災(2011)、東アフリカソマリア飢餓(2011)、ボストンマラソン爆破事件(2013)、中国四川大地震(2013)、熊本地震(2016)。4月26日

2016年4月25日 (月)

虎徹の真偽

Chofusaikojikondozazo   新選組局長、近藤勇は慶応4年のこの日、板橋宿の入口にあった馬捨場(現在の北区滝野川)で斬首された。板橋駅滝野川口に供養碑がある。

  近藤勇の差料といえば虎徹。だが、その刀は無銘であったとか、偽物であるとか、諸説紛々として、真偽は謎に包まれている。明治の官僚、金子堅太郎が近藤の刀を所持していたという話がある。その名刀は関東大震災で焼失してしまった。新聞記者の中村勝五郎の談によると、「若い時、金子から近藤の虎徹を見せられた。世間では近藤の虎徹は偽物だと言っていますが、あれは本物だった」と証言している。(4月25日)

ギロチンの日

20100208t000126f7a8b

  1792年のこの日、フランス国民会議で、断頭装置ギロチンを正式処刑道具として採用することを採択した。その呼び名は医師ギロチンに由来するといわれる。しかし、これは事実ではない。断頭装置は少なくとも13世紀からすでに存在していた。ギロチンは機械的な装置を使用することによって受刑者に無駄な苦痛を与えず、人道的な処刑を行うように、議会に提案した人である。処刑具の開発には関わっていない。ギヨタンから名前をとったギヨチーヌGuillotine(ドイツ語読みでギロチン)が広まった。一般にはギヨチンがギロチンを発明したかのような印象がある。正確はジョゼフ・ギヨタン(1738-1814)という医師とギロチンとは別で、ギロチンとは「ギヨタンの息子」を意味する。彼の親類は、この機械に名前を使用することをやめてくれるように政府に依頼したが、この言葉が広く認知されてしまったので、やむなく姓を変更したという。1967年9月10日、フランスで最後のギロチンによる死刑執行が行われた。(4月25日)

文豪が愛した饅頭茶漬けと切山椒

Dsc04072_r   森鴎外も夏目漱石も甘党で知られている。森鴎外の饅頭茶漬け。「つめの白い清潔な手で饅頭を四つに割り、その1つを御飯の上にのせ、煎茶をかけて食べる」と森茉莉がエッセイに書いている。鷗外はドイツ留学で細菌を顕微鏡で見てから、野菜も果物も生では食べなかったという。

 

D0065324_9595187   夏目漱石も最中や羊羹など甘い和菓子が好物だが、ここでは切山椒。散歩に出かけた先の風景も和菓子を連想する。「田圃を掘り返している。遠くの染物屋に紅白の布が長く干してあった。大きな切り山椒の林であった」(明治42年4月25日の日記)切山椒とは、山椒を入れた短冊形のうるち米の粉の菓子。

1783年、熱気球による飛行に成功

  ライト兄弟よりも120年も前に空を飛んだ人がいる。フランスのピラートル・ド・ロジェ(1756-1785)である。熱気球を考案したモンゴルフィエ兄弟は、1783年4月25日、有人飛行に成功した。ロジェとフランソワ・ダルブンド侯爵を乗せた気球は、約8.8kmを25分間にわたって飛行した。人類史上初めて空を飛んだロジェは、2年後、ドーバー海峡を飛行中、水素に引火した爆発で事故死した。フランスのアンドレー・ジャック・ガルヌランは1797年10月22日、気球から世界初のパラシュート降下に成功した。(Montgolfier)

拾得物の日

Pn2009042501000103___ci0003    トラック運転手だった大貫久男は1980年4月25日夜、仕事帰りに、銀座の昭和通りで、ガードレールの支柱の上に風呂敷にくるまれて置かれていた現金1億円を発見した。「選挙費用」「株の仕手戦の資金」など、さまざまな憶測をよんだが、結局、落とし主は現われず、1億円は大貫久男のものになった。だが所得税が約3400万円かかるため、実際の手取りは約6600万円だった。大貫は記者会見で、「幸せになるか不幸になるか、ぼくの人生が終わった時に答えが出ると思う」という名言を残した。大金を手に入れても、その後の人生を大貫は堅実に生き、平成12年11月9日、病気で61歳の幸福な生涯をとじた。お笑いタレントとして吉本所属しているタカダ・コーポレーションの大貫幹枝は大貫久男の孫になる。(一億円拾得事件)

チャイコフスキー生誕地ヴォトキンスク

Photo

   ピョートル・チャイコフスキーは1840年4月25日(新暦で5月7日)にウラル地方のヴォトキンスクに生まれた。生誕地ヴォトキンスクはカマ川沿いに1759年に建設された鉱山町。父イリヤ・ペトローヴィチ・チャイコフスキー(1795-1880)は鉱山技術者で工場長だった。町はモスクワから700kmも離れたところにあり、ここで幼いチャイコフスキーは8年間過ごした。

Photo_2

    晩年の8年間(1885-1893)を過ごしたクリンの町はモスクワ郊外にあり、現在は「チャイコフスキーの家博物館」が公開されている。演奏旅行で忙しく、実際にここに住んだのは晩年の2年間だけだった。交響曲第6番「悲愴」はここで作られた。( Tchaikovsky )

2016年4月24日 (日)

世界で一番多い姓は「李」さん

  「佐藤」「鈴木」「高橋」「中村」「田中」等など、日本人ならだれにしろ苗字のない人はいません。天皇家の方々は別にして。日本人の姓の種類はどれくらいあるものなのでしょうか。正確な調査は明らかではありませんが、名字(苗字)は、およそ30万件弱といわれています。多い名字ベスト10は、佐藤、鈴木、高橋、田中、渡辺(渡邊)、伊藤、山本、中村、小林、加藤である。その数の多さでは世界一といわれる。なでしこジャパンの選手をみても、海堀、近賀、上尾野辺、岩清水、宇津木、大儀見、菅澤と珍しい名字が多い。

  中国の姓は「百家姓」という本があって、中国人のあらゆる家姓が集録されている。名字の数がどのくらいあるのかについては、明確ではないが少数の姓も数えると、500余件あるといわれる。中国人で多い名字ベスト10は、王、李、張、劉、陳、楊、黄、趙、呉、周である。俗に王、李、張、趙を四大姓といわれる。一説には、漢族から出た、漢・唐・宋・明四王朝の帝室の姓である、劉、李、趙、朱を四大姓として、日本の源、平、藤原、橘に相当するものと説かれることがある。最新の統計によれば、「王」姓よりも「李」姓のほうが多くいるそうである。(参考:「中国・朝鮮の姓名」 鴻山俊雄 1961年) 

Photo_4

アメリカ議会図書館

 1800年4月24日、アメリカ議会図書館設立。略称はLC。蔵書数3200万冊、世界最大規模の図書館。1814年ワシントンを攻略したイギリス軍が議事堂に火を放った際に、蔵書はほとんど失ったが、1815年ジェファーソンの蔵書約6000冊を購入し、これを核にして再建された。その後1825年と1851年にも火災に遭い、1897年に現在地に移転した。蔵書の増加に伴って、1939年に別館が開設され、1980年に新館マディソン・ビルが完成した。1899年3月から40年間在任した第8代館長ハーバート・パトナムの時代に、資料・整理・サービスのあらゆる面において整備拡充された。日本の国立国会図書館は、1948年にこのLCをモデルとして造られた。( keyword;Library of Congress,Herbert Putnam )

漢室再興を掲げた蜀の昭烈帝

Liu_bei_portrait    223年のこの日、蜀漢の皇帝、劉備、字は玄徳が没する。涿郡涿県の人。蜀の先主。在位221-223年。前漢景帝の子中山靖王劉勝の子孫と称した。幼くして父に死なれ、母と草履売りや蓆織りで暮らしを立てた。若いときから読書を好まず豪侠たちと交わりを結び、関羽・張飛はこのころよりかれに従っている。黄巾の乱の際に手柄を立てたが、根拠地を持たないかれは、各地を転々とし、公孫瓚、曹操、袁紹などのもとに身を寄せる。以前より曹操とは親交があったが、次第に曹操と敵対するようになる。201年、汝南で曹操に敗れ、荊州の劉表のもとに走る。207年、劉備は野に隠れていた諸葛亮を三顧の礼をもって迎える。208年、曹操が南征を開始すると、劉表のあとを継いだ劉琮は、戦わずして荊州をあけわたした。劉備はあわてて南方の江陵へ撤退することにしたが、急迫した曹操の軍に当陽の長坂でついに追いつかれてしまった。この戦いで、劉備は惨敗を喫し、一時は妻子を見捨てて逃げるといったていたらくであったが、張飛の活躍でどうやら虎口を脱することができ、道を東にとって夏口へと逃れた。ここで劉備は諸葛亮を孫権のもとに派遣し、これと同盟を結んで赤壁の戦いで曹操を撃退した。その結果、荊州の長江以南の四郡を手に入れ、209年、荊州の牧となって、はじめて根拠地を得た。

   211年、蜀の領主劉璋の招きに応じて、みずから蜀にはいり、翌年、劉璋に反旗をひるがえし、214年、ついに成都を開城させて、益州の牧となった。曹丕が献帝の禅譲を受けて魏王朝を創建すると、221年、漢室再興の大義名分を掲げて帝位についた。

    しかし、関羽の仇を取るため、群臣の反対を押しきって東征を断行、夷陵の戦いで呉の陸遜に大敗を喫した。命からがら白帝城に逃げもどったところで病に倒れ、後事を諸葛亮に託して、悶々たるうちに永安の地で没した。享年63歳。(参考:丹羽隼兵・竹内良雄「三国志人物事典」別冊歴史読本 中国史シリーズ1、4月24日)

燃えつきた車両・桜木町事件

Photo_3

  1951年のこの日、横浜市桜木町駅で、国電車両が火災、わずか10分で、あっという間に火の海となり、車両は全焼、死者106人、負傷者92人という大惨事があった。被害大きくしたのはモハ63形と呼ばれる電車の構造の欠陥にあった。モハ63形電車は、昭和19年に登場した、代用材を使った危険な車両で、天井がペンキ塗りの車両は火のまわりが速く、被害を大きくしたのである。戦争の後遺症が招いた事故であった。(4月24日)

烙印の女 佐々城信子

Img_0001_2  従軍記「愛弟通信」を国民新聞に連載して好評を得た国木田独歩(1871-1908)は、明治28年6月9日、キリスト教婦人矯風会書記長・佐々城豊寿(1853-1901)の従軍記者招待晩餐会に出席し、そこで長女の佐々城信子(画像)を初めて知った。

   佐々城豊寿は嘉永6年、伊達藩士・漢学者・星雄記の3女として生まれた。幼いころから才気煥発で、のち婦人解放運動の先駆者となる。明治11年に陸軍軍医・伊東本支と知り合い、彼との間にノブをもうけた。この私生児が、のちに独歩に「欺かざるの記」を生み出し、有島武郎に「或る女」のヒロイン早月葉子のイメージとなった、佐々城信子である。

   独歩と信子は愛し合うようになる。しかし、自由恋愛者であるはずの母・豊寿は独歩のことを「どこの馬の骨ともわからぬ男」と蔑視し、結婚に反対する。周囲の反対を押し切り結婚した二人に破局が訪れる。明治29年3月28日、父の病気のために麹町区隼町に同居していた独歩は、矯風会のメンバーである潮田千勢子(1845-1903)宅で豊寿と和解の面会をした。ついに4月24日、独歩と信子は離婚した。この破婚によって豊寿は娘の情操教育を誤ったものと世間から糾弾を受け、雪深い北海道へ隠棲した。

谷崎潤一郎、二番目の妻

Img_0029 「僕は初めてほんとうの夫婦生活というものを知った。精神的にも肉体的にも合致した夫婦と云うものの有り難味が45歳の今日になって漸く僕に分かった」と谷崎潤一郎は書いている。だが谷崎の21歳も年下の婦人記者、古川丁未子(ふるかわとみこ、画像)との二度目の結婚生活はスピード離婚に終った。昭和6年4月24日に挙式しているので、85年も昔の話である。昭和8年5月には別居、昭和9年10月には離婚している。丁未子は根津松子とは対照的で、断髪が似合うモダンガールだった。「猫と庄造と二人のをんな」「蘆刈」や「寝園」(横光利一)などの作品のモデルとなっているので、かなり出版関係者の間では知られた女性だったようだ。谷崎潤一郎との3年ばかりの短い結婚生活の後、丁未子はどう生きたのだろう。離婚して間もなく、若い文芸春秋の編集員、鷲尾洋三(1908-1977)と再婚している。鷲尾は優れた編集者で、専業主婦に収まった。丁未子は、谷崎が亡くなってから4年後の昭和44年に亡くなっている。

2016年4月23日 (土)

気になる脇役俳優を探せ

Cast_pt_7   映画を見ていると、いつも脇役の俳優が気になる。俳優のリチャード・ダヴァロスが2016年3月8日、カリフォルニア州の病院で亡くなっていた。享年85歳だった。そのことは雑誌「SCREEN6月号」の訃報記事で知る。名作「エデンの東」で、ジェームズ・ディーンの兄アロンを演じた俳優といえば、どなたも記憶にあるだろう。脇役俳優に焦点をあてるともっと映画が面白くなる。市原隼人が主演している「極道大戦争」(2015)アクション俳優のヤヤン・ルヒアンはインドネシア人で47歳。プンチャック・シラットをはじめとした格闘術の達人である。ほかにも「ザ・レイド」シリーズや「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に出演している。

Billduke   映画「プレデター」(1987)でコマンド部隊の一員で宇宙生物に殺される軍曹マックを演じるビル・デューク。その個性的な風貌は一度見たら忘れられない。「コマンドー」でもアーノルド・シュワルツェネガーと共演している。のちに映画監督としても成功をおさめた。現在も俳優・監督として活躍している。(Yayan Ruhian)

元祖カワイイが人気

  若者ことば「カワイイ」は日本のみならず、世界でも広がっているらしい。90年代以降みられた「カワイイ」の現象は女子高生や女子大生が論理的な思考は一切捨てて、ただ自分の感性に合ったものはすべて「カワイイ!」 の一言で片づけてしまうのだから、下品で軽薄と大人から見れば評判が悪かった。ところがAKBやハローキティをはじめとするこの「カワイイ」の文化がアジアを初め、欧米でも日本のポップカルチャーとして人気を集めると経済効果が上がるとあって社会的に認知されるようになってきた。そして最近は、 中原淳一、内藤ルネが現在の「かわいい」の元祖として注目されている。21世紀になって内藤ルネ展など全国でよく催される。回顧ブームともいえるが、現代につながるものがある。絵描き歌を歌いながら、ガラス板に両手でお絵描きするパフォーマンスの水森亜土も「カワイイ」の後継者といえるだろうか。猫のキャラクターやカップルがキスするイラストも懐かしい。

27572

Rune2_1

_11

長命だった脱盟者・奥野将監

374b0c11e5fffb584596e021637277ed   刃傷事件が起こってから討ち入りまでの1年9カ月の間、さまざまな理由で義士になれなかった者たちがいる。家老の大野九郎兵衛は「逐電家老」と罵られ、岡林直之は「一家の恥」と責め立てられ、切腹に追い込まれた。小山源五右衛門、進藤源四郎、小山田庄左衛門、高田軍兵衛、毛利小平太、萱野三平、瀬尾左坐衛門なども討ち入りには参加できなかった。

   赤穂浪士の1人、奥野将監定良(1647-1727)が隠れ住んだという屋敷跡が兵庫県加西市下道山にある。加西市の一部は赤穂藩の飛び地の領地だったらしい。将監は、赤穂藩で大石良雄に次ぐ重臣で、江戸城刃傷事件の後、大野九郎兵衛に代り、大石と明け渡しに努力し、最初の義盟にも加わった。しかし元禄15年7月、浅野家再興が不可能になると、8月、奥野弥五郎と共に脱盟した。その後、将監の娘が磯崎神社の神宮寺に嫁いでいるのを頼り、ここにしばらく居を構えた。奥の墓石は将監の娘の子の墓と伝えられる。将監はその後、現在の中町の延明寺に移り住んだ。享年は82歳といわれ、長命だった。

見たい番組が重なったとき・・・・

   昨夜の巨人対DENA。9回リリーフの沢村が打たれて延長戦へ。9時から映画「アメイジング・スパイダーマン」と「シュガー・ラッシュ」が放送される。そして10時からドラマ「コントレール」がある。スパイダーマンを見て、シュガー・ラッシュは録画。コントレールは翌週火曜の再放送を見ることに。

シェイクスピアは存在しなかった?

Photo   本日は「サン・ジョルディの日」。守護聖人サン・ジョルジュを祭り、女性は男性に本を、男性は女性に赤いバラを贈る。スペインでは「本の日」とされる。この日はセルバンテスやシェイクスピアの誕生日でもある。

  ところでイギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピアの名前を知らない人はほとんどいないだろう。「ハムレット」「オセロ」「リア王」「マクベス」の四大悲劇をはじめ、恋愛悲劇「ロミオとジュリエット」、喜劇「真夏の夜の夢」「ヴェニスの商人」など、生涯に約37編の戯曲を残している。ところが、これだけ有名な作家でありながら、生涯については、わからないことが多い。まず正確なかれの誕生日がわからない。英国の中部、ウォリックシアの都市ストラットフォードの教会にはウィリアム・シェイクスピアが1564年の4月26日に洗礼をうけた記録があるが、生れた日はわからない。公式に4月23日をかれの誕生日と定めているが、当時の風習として子供が生れて2、3日のうちに洗礼をうけさせたことや、たまたま4月23日はかれの命日にあたることや、さらにこの日がイギリスの守護聖者、聖ジョージの祝日にあたることなどから、この日が選ばれたという。そこで現れたのが、「シェイクスピアは不在だった」という説である。つまり、誰か別の高名な作家がシェイクスピアの名前で作品を発表した、というのである。シェイクスピアの正体はベーコンだったという説などが有名だが、その確証はない。さまざまな資料を照らし合わせてみたところ、シェイクスピアが存在したことは確かだが、その人物が果たして数々の戯曲を書いた本人と同一人物なのかどうか、はっきりと確認できなかった。

デ・ラ・メア「窓」

Finestra_veduta

   白い猿の兄弟ヤンボー(里見京子)、ニンボー(横山道代)、トンボー(黒柳徹子)が親と死に別れて力を合わせながら旅をする「ヤンボーニンボートンボー」というNHKラジオドラマがあった。この話は飯沢匡(1909-1994)が、ウォルター・デ・ラ・メア(1873-1956)の「サル王子の冒険」をヒントにして作ったといわれる。デ・ラ・メアには童謡や子供向けの詩も多いが、その内容には死や人生への深い思索を含んでいる。

    デ・ラ・メアはイギリスのケント州チャールストンで1873年4月23日、ユグノーの子孫として生れた。母は詩人ロバート・ブラウニングの遠縁にあたる。4歳のとき父が亡くなったため、母から聞いたおとぎ話、伝説などによって大きな影響を受けた。ロンドンのセント・ポール校を卒業後、18年間石油会社の会計士をしていたが、1902年にウォルター・ラマルという筆名で詩集「幼時の歌」を出し文名を確立。続いて小説「ヘンリー・ブロックン」を出した。1908年、会社をやめ作家生活に専心するようになり、詩集「耳をすます人ら」(1912)「雑色その他」、小説「小人の思い出」(1921)、童話「三匹の猿王子」(1919)などを発表。「三匹の猿王子」はサム、シンプル、ノッドの三匹の猿が、父の国ティシュナーの谷まで苦難にみちた旅をする話で日本でも飯沢匡「サル王子の冒険」、脇明子「三匹の高貴な猿」など翻訳が出ている。他に「無常その他」「ヴェールその他」「旅人」(1946)「内なる仲間」「翼にのった馬車」(1951)「子どものための物語集」(1949年カーネギー賞)「くじゃくのパイ」(1913)などがある。1956年6月22日、逝去。

      窓

ブラインドのかげにすわり

ぼくは見つめている

外を行きかう人びとを

通りすぎる人たちを

だれひとりとして気づかない

じっと見ているぼくの小さな目には 

だれにも見えない

ぼくの小さな部屋は

ブラインド越しの太陽で

みんな黄色く見えるこの部屋は

だれも知らない

ぼくがここにいることさえも

だれも気づかない

ぼくがいなくなっても

        *

     かくれんぼ

かくれんぼしよう、と風がいう

森のこかげで

かくれんぼしよう、と月がいう

ハシバミの木の実に

かくれんぼしよう、と雲がいう

星から星へ

かくれんぼしよう、と彼がいう

港の砂州で

かくれんぼしよう、とぼくもいう

自分で自分にいってみて

目ざめの夢をあとにして

眠りの夢にすべりこむ

( Walter de la Mare )

2016年4月22日 (金)

人は最高、何歳まで生きられる?

44_118 Pic65299
 驚異の長寿王シラリ・ムスリモフ168歳

   「鶴は千年、亀は万年、東方朔は八千歳、三浦大介百六つ」人は何歳まで生きられるのか?聖書でもモーセは120歳で没している。科学的には、動物の寿命はその動物が成熟に至る期間の5倍の寿命があるといわれている。つまり、人間の場合は25歳を成熟期として、125歳まで生きられる。世界最高齢の記録としては、フランスのジャンヌ・カルマンが122歳164日。男性では泉重千代が120歳237日。しかし非公認ながら旧ソ連のシラリ・ムスリモフ(1805-1973)は168歳105日で亡くなったとある。伝説ではイングランドのトーマス・パーという農夫は152歳という長寿で知られた人物である。102歳のときに近所の少女を孕ませた罪で刑務所に入れられたが、チャールズ1世のはからいにより、罪をまぬかれた。スコッチ・ウィスキーの「オールド・パー」のモデルである。だがどんなに長命であろうと、人は昔からだれも死なないということがあろうか。だれもがみな死ぬものなのだ。

220px1 12402

「ブス」とはトリカブトの毒のこと

Aconitum_napellus   むかし不美人のことを「附子(ぶす)」と呼んでいた。それはトリカブトの毒のことで、この毒が傷口に入ると、感情や思考力が停止し、まったく無表情になってしまう。そこで、この無表情になった状態のことを「ブスだ」といい、転じて、表情のない人、美しくない人のことを、「ブス」と呼ぶようになった。トリカブトはキンボウゲ科の多年草。秋には紫碧色の美しい花が咲く。英名はモンクスフード。その毒はむかしから知られており、アイヌは矢にこの根の汁を塗ってクマ狩りに用いたという。1991年夏、トリカブトの毒を使った保険金殺人事件がワイドショーを賑わしていた。ドラマ「トリカブト殺人事件、疑惑の女」はこの事件をモデルに犯人を女性に置き換えている。フリーライターのマリー(早見優)は、石垣島を取材中に、釣り客の神木の突然の死に遭遇した。夫の死を聞きかけつけた妻・涼子(増田恵子)が、神木の弟から、飲ませていたカプセルが原因ではないかと責められているのを目撃した。涼子は神木との結婚が3度目だったが、3人の夫はいずれも病死で、3人とも涼子の勧めで薬を飲んでいたことが分かった。また涼子が神木に多額の保険金を掛けていたことも判明し、疑惑が深まっていく。実際のトリカブト事件は有罪が確定しているが、当時は係争中であったので、ドラマは疑惑のままで終わっている。神谷にトリカブトの鉢を販売した植物商の証言や大量のフグを購入していたところを目撃した情報もあり、状況証拠の積み重ねにより有罪となった。トリカブトは即効性であるが、フグの毒を混ぜることにより、時間を遅らせることができるという。これによって神谷のアリバイが崩れたといわれるが、まるで推理小説より奇怪な事件である。(monkshood)

八百長の語源は相撲にあり

   大正8年の「大日本国語辞典」に、「八百長 相撲にて、あらかじめ両力士が打合せをしておきながら、表面上よそおひて相撲を取ること」とある。いまでは日本語の隠語「八百長」は相撲やスポーツ等勝負事に限らず、内々示しあわせておいて、なれあいで事を運ぶことをいうが、もともとはこんな話がある。金指基「相撲大事典」によれば、明治のはじめ、相撲会所の出入であった八百屋の長兵衛という男が、そのころの相撲年寄であった伊勢海五太夫の囲碁の相手をするたびに、お得意様のごきげんをとるために、わざと負けたりすることがあり、これが仲間の人たちに知れわたり、それから相撲で故意に負けることを「八百長する」といいはじめた。いつしか相撲の隠語となっていたのが、いつのまにか、イカサマやインチキでなれあいの勝負をすることを八百長とあざけり罵るようになった。当時、八百屋では野菜だけでなく、乾物、海藻などいろいな商品をとりあっかっていたため、「たくさん」という意味で「八百屋」と呼ばれていた。協会では「八百長は今回が初めてで、過去は一度もなかった」と説明しているが、おそらく、相撲と八百長とは切っても切れない関係が昔からあるのだろう。7勝7敗の給金相撲。なんとか負けてくれと頼まれると、大負けしている自分は断わりきれず、勝を譲るということは当然起りうるだろう。もっとも協会ではこれを八百長とはいわず無気力相撲と呼んでいるそうだが。「八百長の情は人の為ならず」

芭蕉「閑さや」の句、何ゼミか?

閑さや岩にしみ入る蝉の声

31934c87218dfccaa0ee9396ad80749d     この句は芭蕉が出羽の立石寺を訪れたときの句である。ひっそりとして、閑かな山寺。一山の岩にしみ入るように、蝉の声が澄み透ってきこえる。1926年、この蝉の種類をめぐって斎藤茂吉と小宮豊隆が論争している。アブラゼミと主張した斎藤に対して、小宮は威勢のよいアブラゼミよりも、声が細く澄み切っているニイニイゼミの方がふさわしいとした。元禄2年5月末は太陽暦では7月13日である。この時期、アブラゼミは少なく、ほとんどがニイニイゼミである。結局、茂吉のアブラゼミ説は敗れた。のちに荻原井泉水は「涼しげに鳴くヒグラシではないかと思う」と著書に書いている。芭蕉が聞いた蝉の種類が何であったかは、決定的な証拠はなく、永遠の謎といえるが、この時期と場所から推定すると、ニイニイゼミと考えてほぼ間違いないということである。

カレーライスとライスカレーはどう違う(明治事物起源)

  Photo_2 文明開化の明治になって西洋の文物が一気に渡来した。牛肉、パン、ビール、ワイン。カレーライスもその1つである。 カレーライスの「カリー」は、元来タミル語でスパイスのソースを意味する「カリ」(kari)に由来する。そのカリーがインド料理の代名詞のようになって世界に広まるのは、1772年にカリー&ライスの形でイギリスに入り、英王室のレセプションで好評を博したからである。やがて英国のクロス&ブラックウェル社がカリー粉を商品化し、文明開化の日本にも上陸した。福澤諭吉は「Curryは加兀(コルリ)」とカレーを簡単に紹介している(「増訂華英通信」1860年)。初めて「ライスカレー」という言葉が使われたのは、札幌農学校の食堂で、1881年のことであった。「ライスカレー」はクラーク博士が命名したのだという説がある。その後、大正時代に海軍の常食となり、家庭料理にも定着していった。国産カレー粉の発売は1903年、カレールーの発売は1950年、インスタン食品の発売は1968年のことである。インド人が来日して土産にボンカレーを買って帰ったら、あまりの旨さに「インド人もびっくり」したそうである。ライスカレーがカレーライスと呼ばれるようになったのは、1960年代に入ってからのようである。今まで庶民的なイメージが強かったライスカレーを、カレールーとライスを別々の容器に盛り、高級なイメージで売り出したものをカレーライスと呼んだのが最初といわれている。

なぜ三人組はヒットするのか

9b69   「石の上にも三年」「仏の顔も三度」「三日坊主」と、三がつく言葉はよく耳にする。遠い昔、中国では三という数字は「天、地、人」をあらわしていた。つまりこの世のすべてを表わす数字であった。このように三には特別な意味があったから、数々の言葉が生まれたのである。テレビ草創期、「お笑い三人組」というNHKの長寿番組があった。(昭和31年~41年)。三遊亭小金馬、一竜斎貞鳳、江戸屋猫八の三人が主役の下町喜劇。「お笑い三人組」という言葉はしっくりと決まるが、これが「お笑い四人組」だと何故かおさまりが悪い感じがする。3人だと、ボケ、ツッコミ、残る1人がオサメル、ナダメルでクッションとしての役割をはたすので自然にバランスがとれるという説がある。トリオはまさに黄金比率なのだ。

   同じころ外国テレビで「三バカ大将」という伝説の番組があった。リアルタイムで見た本当に幸せな世代だ。「ウッヒハ ヘンチクリン ヘンチクリン ドンスカドン ラリーだ モーだ カーリーだ」という主題歌で始まるドタバタ喜劇。ラリー・ハワード(1895-1975、オカッパ)、ラリー・ファイン(1902-1975、途中まで禿あがっている)、カーリー・ハワード(1895-1955、丸坊主)。カーリーが死んで、途中からジョー・デリータに変わった。

   昭和30年代、トリオ漫才の全盛期だった。かしまし娘(庄司歌江、照枝、花江)の「うちら陽気なかしまし娘、誰が言ったか知らないが、女三人寄ったら、かしましいとは愉快だね」という明るい歌声がラヂオから聞えたのは昭和32年のことだった。フラワーショウ(ぼたん、ばら、あやめ、昭和36年結成)、ちゃっきり娘(昭和39年結成)、ジョウサンズなど関西では女性の音曲トリオ漫才も華やかだった。

   テレビが一般家庭にも普及しだしたころ、脱線トリオ(由利徹、南利明、八波むと志)が爆発的人気者だった。脱線に対抗して、転覆ということで「てんぷくトリオ」(三波伸介、戸塚睦夫、伊東四朗)、「トリオ・ザ・パンチ」(内藤陳、井波健、栗実)、「ナンセンス・トリオ」(江口章、岸野猛、前田隣)、「トリオスカイライン」(小島三児、原田健二、東八郎)など続々誕生した。関西でも「漫画トリオ」(横山ノック、フック、パンチ)、「タイヘイトリオ」(夢路、糸路、洋児)、「宮川左近ショー」、「レッゴー三匹」(正児、じゅん、長作)などトリオ漫才は盛んであった。

    映画界でトリオの黄金比率を発見した監督といえば、東宝の杉江敏男であろう。杉江は美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみ、の三人娘シリーズで大ヒットを連発した。「ジャンケン娘」「ロマンス娘」「大当り三人娘」である。つづいて杉江は、団令子、重山規子、中島そのみ、で「銀座のお姐ちゃん」「大学のお姐ちゃん」などで社会現象にもなる流行語や新風俗を生み出した。団令子の「アンパンのへそ」というキャッチ・コピーは傑作であるし、お姐ちゃんが若くてハンサムな青年に「あんたMMKね」と言ってからかうMMK(もてて、もてて、困るでしょ、という意味)は当時の女性が使用していた。実際にケペルも若手頃、職場の年上の女性から言われたことがある。このいわゆる「お姐ちゃんシリーズ」の骨格は加山雄三の「若大将シリーズ」に継承されていく。大学の若大将・田沼雄一(加山雄三)、対象的なドラ息子・青大将(田中邦衛)、美人のすみちゃん・澄子(星由里子)と、やっぱりトリオ映画だ。TV時代劇では五社英雄の「三匹の侍」(丹波哲郎、平幹二郎、長門勇)が人気を博した。

   近年の洋画ヒット作品をみても、「ハリー・ポッター」「パイレーツ・オブ・カビリアン」「シュレック」など三人組であることに気づく。トリオは不滅の黄金比率である。

カント、カントで半年暮らす

Img_0005     ドイツの哲学者イマヌエル・カントの1724年の誕生日。ある大学の教授が、ドイツ哲学を専攻する学生が、ここ数年いなくなった、と嘆いていた。哲学科や史学科には学生が集らないという。大学にきちんと文学部があって哲学科や史学科があるところも少なくなっているらしい。ある教授の話によれば、「今どきの流行は国際・情報・環境などで、こういったキーワードで看板を付け替えないと予算が回ってこないという事情がある。民俗学はほとんど消滅しており、史学科も東洋史、西洋史という区分けでの研究が難しくなっている。見栄えのよいラベルと評価受けの良い外向けのメニューは並べ立てられているが、内容は反比例して空疎になっている」とのことである。最近の大学は産業界との連携で、人文社会系より自然科学系、基礎研究より応用・実用研究、教養的教育よりは実習的研究、に片寄る傾向がある。そのほうが公的資金を得られやすいからである。高等教育機関が国家戦略の手先と成り下がった。ヘーゲルの言葉には「理性的なものは現実的であり、現実的なものは理性的である」という有名な句があるが、理性的であるためには、まず学問の場の自由な精神文化を回復することが必要であろう。18、19世紀の西洋近代がこれまで築いてきた伝統的な学問を学習、研究する今日的な意義は少しも失われていない。(4月22日)

山本富士子

Pn2013041801001787___ci0003   1950年のこの日、第1回ミス日本に山本富士子が選ばれた。当時18歳で身長159.1㎝、体重59.5㎏(写真中央)。3年後に大映入りし、「夜の河」などで好演し名実共にスター女優となった。だが、役柄を広げるため希望した他社出演が俳優の引き抜き防止のために結ばれた五社協定にひっかかり映画界から締め出され、「憂愁平野」(1963)を最後に彼女の美しさを2度とスクリーンで見ることはなくなった。最近の美人の基準には容貌だけの美しさでなく、スタイルが美人の条件に加わっている。そうするとモデルのような長身の女性が選出されることが多く、顔はイマイチということもある。そこで「世界で最も美しい顔100人」が注目されている。日本からは石原さとみ、佐々木希、桐谷美玲、島崎遥香などが毎年のように選出されている。(4月22日)

リチャード・ニクソン

Nixon_b   歴代アメリカ大統領で人気がないのは、南北戦争を防ぐことができなかったということでジェームズ・ブキャナンが一番不人気な大統領であろう。ほかには世界大恐慌のハーバード・フーバー、原爆投下・朝鮮戦争・マッカーサー罷免のトルーマン、ウォーターゲート事件で辞任したリチャード・ニクソン。任期中に辞任した大統領はニクソンだけである。トルーマンとニクソンは苦学して政治家になったタイプで、政策上では評価が高いが、アメリカ国民にイマイチ人気がない。ところがニクソンが後の妻となるパット・ライアンに宛てたラブ・レター(1938-1940)が公開され、人気が上昇中だとか。本日はニクソンの1994年の忌日。(Richard   Nixon、4月22日)

ブラジルのポルトセグーロ

Trevo_do_cabral_porto_seguro 南米ブラジル(Brazil)の面積は851万k㎡で、日本の約23倍、世界5位の大国である。現在、経済発展の著しい国をそれぞれの頭文字をとってブリクス(BRICS)と呼んでいる。Bはブラジル。

   ポルトガル王マヌエル大王は1500年3月、ペドロ・カブラル(1467-1520)を艦長とする13隻の艦隊をインドに派遣した。途中、嵐にあって西へ大きく流されて、4月22日、予想もしていなかった陸地を発見し、現在のブラジル北東部、バイーア州ポルトセグーロに漂着。これがブラジル(ポルトガル語でBrasil)だった。大西洋はインド洋につながっているであろうという予測はあるので、カブラルは意図的に西へ進路をとったという説もある。カブラルは本国へ報告のために帰港させた船の積荷の一部に赤色染料の木パウ・ブラジル(別名ブラジルボク)があったので、その木に因んでこの地がブラジルと呼ばれるようになったとある。また一説にはパウ・ブラジルが炎々たる赤色だったので、ポルトガル語の「brassa(赤熱した)」から植民地名に使ったともされる。

松平外記忠寛

  1823年4月22日、江戸城中で西の丸書院番、松平忠寛(1791-1823)は本多伊織ら3人を斬り、2人負傷させた。いわゆる「千代田の刃傷」事件である。忠寛はその場で自害した。33歳であった。当時、旗本の風紀は乱れていたが、この事件によって風紀は引き締まったといわれる。

2016年4月21日 (木)

賤ヶ岳の戦い

Photo_5

    織田信長が京都本能寺で明智光秀に殺害されると、跡目相続をめぐって、光秀を討って声望を得た羽柴秀吉と、織田氏の老臣柴田勝家は、対立、戦闘状態にはいった。天正11(1583)年、勝家は越前北荘の居城を発し、近江柳ヶ瀬の北方内中尾山に陣を進め、秀吉は近江木之本に陣を張って対峙した。4月16日、秀吉は神戸信孝をせめるため岐阜の支城大垣に向かった。しかし、勝家の部将佐久間盛政が中川清秀(摂津茨木城主)が守る大岩山の砦などを奇襲し、中川は討ち死にし、近江の戦局は急を告げた。そして、盛政は勝家のすぐ退却せよという命令を無視して、敵中の大岩山に居座ってしまった。寡勢の柴田軍が兵力を分散させていては不利である。秀吉はすぐに北近江に引き返し、21日には賤ヶ岳に盛政を破り、続いて勝家を北荘に走らせた。さらにこれを追撃して北荘をおとしいれ、ついに勝家を自刃させた。この賤ヶ岳の戦闘で華々しい活躍をし、羽柴軍を勝利に導いた秀吉輩下の若武者、福島正則、脇坂安治、加藤嘉明、加藤清正、平野長泰、片桐且元、糟屋武則、桜井佐吉、石河一光ら9人を賤ヶ岳七本槍という。七本槍と称しても実数で七人をさしてはいない。江戸の諸書では七名に数をそろえるため、たとえば甫庵「太閤記」では桜井・石河を省いている。4月21日

ロムルスがローマ建国

20080219_268229
 ニコラ・プーサン 「サビニの女たちの掠奪」 1638年

   「掠奪された七人の花嫁」(1954)というシネマスコープの映画がある。7人の山男が村から花嫁を奪ってくるという話。ミュージカルの歌詞にもあるように、ローマ建国時代のサビニの娘を掠奪したという伝説がモチーフになっている。なぜ7人にしたのかは不明だが、「ローマの七つの丘」に由来するのだろう。パラティヌスの丘に住むロムルスは近くのクリナリスの丘のサビニの娘をさらった。初代王ロムルスのあと6代の王が続いた。伝説の王は7人。旧約聖書にあるダニエルの預言では、7本の角がはえた獣が世界を支配するというが、この獣はローマ帝国を象徴しているという。ローマはなぜか7という数字がまつわる。紀元前753年のこの日、ロムルスが初代ローマ王に即位した。

   イタリアの地名の由来は子牛にちなんでいる。現在もイタリア語vitellaは「雌若牛」の意味。古代、半島南部で多くの牛が放牧されていたことからギリシア人がVitellia(ウテリア)と名付けたという。古ラテン語のvitulus(子牛)に由来する。 (Romulus、4月21日)

Romulus_u_remus_m1

パーニーパットの戦い(1526年)

Babur_1

  16世紀前半、ムガル帝国は、軍事財政制度を柱に統治と支配を広めていった。ムガル帝国は、中央アジアから進出したイスラーム国家であり、少数派として多数派のヒンドゥー勢力を支配しなければならなかった。その際に採用しているのは、官位に応じた軍馬を維持することを定めたマンサブダール制と、担当する統治地域からの税収入を給与として与える給与地制とも呼ばれるジャーギール制という2つの制度を組み合わせた軍事財政制度であった。パーニーパットはデリーの北方約90㎞にある。1526年4月21日、バーブル(ティムールの5代の子孫)がロディー朝のイブラヒムを討って、デリーとアグラを占領し、ムガール帝国の基礎を築いた。約100頭の象軍を主力とするローディー朝の10万の大軍を、1万2000の兵で打ち破ることができたのは、鉄砲という火砲を用いたことと騎兵を利用したためといわれている。( keyword;Battle of Panipat,Babur,Ibrahim )

2016年4月20日 (水)

夏目漱石「こころ」

    1914年のこの日、夏目漱石の「心 先生の遺書」(後に『こころ』に改題)が朝日新聞に連載を開始する。

 

  私は暑中休暇に鎌倉へ行って、そこの海岸で先生を知った。はじめ白い皮膚の西洋人といっしょだった先生を、私は好奇心で見守っていた。幾日か海でいっしょに泳ぐうちに、先生と懇意になることができた。東京へ帰ってから先生の宅を訪ねた。奥さんから、先生が雑司ヶ谷の墓地へ行っていると教えられ、私も墓地へ行った。先生は毎月その日に友人の墓参をする習慣だったのだ。それから、私はしばしば先生の宅へ行くようになった。はたで見ているかぎり、先生と奥さんは仲のいい夫婦であった。二人で音楽会や芝居に行き、ときには箱根や日光へ1週間ぐらいの旅行をする。私は二人の結婚の奥に、はなやかなロマンスの存在さえ仮定していた。しかし先生は、恋は「罪悪だから気をつけないといけない」と言った。私がその意味を問い返すと、先生は「雑司ヶ谷の友人の墓地へ私がなぜ毎月参るのか知っていますか」と逆に質問してきて私を混乱させた。それ以上の説明を先生から聞くことはできなかった。先生が珍しく会合に出かけた夜、私は頼まれて奥さんと留守番をした。奥さんは、先生がだんだん人の顔を見るのも嫌いになり、会にもめったに出ないと嘆いた。奥さんの解釈では、世間を嫌い人間を嫌う先生は、その人間の一人として奥さんをも嫌っている、という。それでいて奥さんは、先生が奥さんと離れれば不幸になるだけだ、ということをはっきり理解していた。

Photo_10     私の父が病気になった。東京を離れて、しばらく国へ帰った。病気が小康を得たので、私はまた学校へもどり、卒業論文にとりかかった。そのころ先生は、私に家の財産をはっきりしておくほうがよい、と言った。親戚や兄弟がいくらよい人間でも「いざという間際に、急に悪人に変はるんだから恐ろしいのです」、先生の口調は苦々しげであった。大学を卒業して私は国に帰った。父の病状はあまり変わっていなかった。父は赤飯を炊いて、卒業披露の客を呼ぶと言った。私は仰々しいのが嫌いだったが、学問をさせると人間が理屈っぽくなるという父の一言で、反対するのをやめた。その言葉のなかに、父の私に対する一切の不平があるように思えたから。しかし、招待の日が来ないうちに明治天皇の御病気が報じられた。披露は自然と沙汰止みになった。

   そのころ、父と母とが私の仕事に大きな期待をもっていることがわかった。母は、私の尊敬している先生がいずれは仕事の口を捜してくれるものと決めこんでいた。それでもどうにか私が東京へ出て仕事が見つかるまで、学資を送ることを約束してくれた。しかし、私が上京する間際に、父は風呂場で倒れた。九州の兄を呼び返した。妹の夫も駆けつけてきた。新聞は乃木大将の死を報じた。先生から会いたいという電報がきたが、私は父の病気が急変したので上京できない由を知らせた。父の病気はさらに進んだ。「乃木大将に済まない、私もすぐ御後から」とうわごとを言うようになった。そんなとき、小包のように分厚い封書が届いた。それは先生の遺書だった。「此手紙があなたの手に落ちる頃には、私はもう此の世には居ないでせう」という一節が目にしみた。私は母や兄にも断らず、停車場へ急ぎ、東京行きの汽車に飛び乗った。ごうごう鳴る三等列車のなかで、私は先生の遺書を取り出して、はじめから終わりまで目を通した。「上・先生と私」「中・両親と私」と書き継がれた「こころ」は、ここで最後の章である「下・先生と遺書」に移る。私がそれまで見てきた先生なる一人の思想家のいわば精神の生い立ちが、その遺書によって解明されるのだが、そこには人間の性格に根強くはびこるエゴイズムを追求し、やがて晩年に「則天去私」の境地にたどりつく漱石の、創作活動の全契機が示されている。先生はその財産を叔父に奪われた。信頼していた叔父が、父の遺産を手にするや善人から悪人に一変した。先生はその衝撃で人間への信頼を失うが、自分だけはそんな人間ではないと信じていた。ところがその自分も、自分を信頼しきっていた友人Kを裏切ることによって、いまの奥さんと結婚することに成功した。Kは自殺をとげた。その結果からいえば、叔父がやったことよりも自分のやったことのほうがひどい。先生は、他人を呪い嫌った自分自身を同様に呪い嫌った。それはまた償いきれない罪の自覚でもあった。その苦しみに悩みぬいたあげく、乃木大将の殉死に触発されて、先生は自殺を決行する。それはまた、天皇に始まって天皇に終わった明治の精神の最も強い影響を受けた先生にとって、一つの殉死でもあった。そして「こころ」で自我否定の道を切り開いた漱石は、のちに「道草」において、自己の我を捨てさり、「則天去私」の新しい境地へ踏み入ることになったのである。(引用文献:友野大助「日本名作事典」平凡社)4月20日

イギリス革命の成果と限界

28     1653年のこの日、オリヴァー・クロムウェルがクーデターを起こしランプ議会を解散させる。17世紀のイギリスで勃発した2つの革命、ピューリタン革命(1640-1660)と名誉革命(1688-1689)の2つを合わせて、イギリス革命とよぶ。イギリスでは、1628年、議会が「権利の請願」をチャールズ1世に提出し、それを認めさせた。しかし、王はその翌年、議会を解散し、以後11年間議会を召集せず、国民の権利を無視して専制政治を強化した。そのうち、スコットランドに反乱がおこり、鎮圧のための軍事費が必要となったので、王はやむなく議会を召集した。しかし、議会は課税を拒否したばかりでなく、王の不法をはげしく攻撃したので、王党と議会党との間に武力抗争が起こり内乱となった。この内乱は議会党の勝利に終ったが、その後、議会党の中で長老派と独立派との対立が表面化し、独立派が政権をにぎった。1649年、議会派はチャールズ1世を処刑して王政を廃止し、共和政を樹立した。1653年にはクロムウェルを護国卿とする独裁政権が成立したが、その基礎は狭く、彼の死によって崩壊し、1660年、チャールズ2世の即位によって王政は復活した。しかし、王はやがて反動的な専制主義をとり、旧教の復興をはかったので、議会は、1673年に審査律を可決し、さらに1679年には人身保護律によって王が人民を不法に逮捕・投獄しないことを規定した。ところが、チャールズ2世より王位をうけついだジェームズ2世も専制支配を強行したので、議会はかれを追放し、ジェームズ2世の長女メアリの夫オレンジ公ウィリアムをまねいた。メアリとウィリアムは議会の決定した「権利の宣言」を承認して王位につき、これを「権利の章典」として公布した。こうしてイギリスの議会制度は確立し、立憲政治の基礎が定まった。そして自由という大きな成果がもたらされた。しかしこの自由には重大な限界が隠されていた。それはあくまで土地をもつものの自由にすぎす、他民族の自由には何らの配慮も払わなかった。緑の島アイルランドは1801年完全に併合された。このためアイルランド人はイングランドに土地を奪われ大部分は小作人として悲惨な境遇に陥った。これがアイルランド問題の起源となる。(4月20日)

斎藤道三、長良川の戦いで敗死(1556年)

200px4   1556年4月20日、マムシと呼ばれて怖れられた戦国時代の武将、斎藤道三が、子の義龍(左画像)と居館に近い長良川河畔で戦い、敗死した。63歳だった。一説によると、道三の先妻深芳野が、土岐頼芸の胤を宿したまま道三に嫁して生まれたのが義龍という。これは父殺しの汚名を避けるための風聞とも考えられる。

アドルフ・ヒトラー生誕(1889年)

Photo_2

    アドルフ・ヒトラー(1889-1945)は1889年4月20日、ドイツ国境にあるオーストリアのブラウナウで生まれた。父アロイスが税関を退職してからは、ドナウ河畔のリンツ付近に移った。小学校卒業後、この地の実業学校に入ったが、4年を修了しないで、1905年、退学した。ヒトラーはウィーンで画家を志し、1907年秋にウィーン造形美術大学絵画科を受験するが失敗、翌年も不合格になっている。ヒトラーはウィーンで1913年5月24日まで、定職ももたず貧しい青春時代を過ごした。酒もタバコも飲まず、女性にも近づかなかった。1908年から約10年間に2000枚の絵を描いたといわれる。思想的には反ユダヤ主義で知られたウィーン市長カール・ルエーガー(1849-1910)から多大な感化を受けたといわれる。1914年、ヒトラーは第一次世界大戦が始まると志願兵としてドイツ帝国軍隊に入隊した。24年後の1938年3月13日、ヒトラーはかつて画家志望を拒んだウィーンの街に無血進駐した。ウィーン時代を振り返ってこう言った。「ウィーンはもっとも基礎的な学校だった」と。

大空の英雄を殴った小説の神様

Photo
 「わか鳥」号

    第一次世界大戦における撃墜王といえばドイツのマンフレート・フォン・リヒトホーフェン(1892-1918)である。彼は愛機フォッカーDr.1を赤く塗っていたからもわかるように自信家であったが、その騎士道的プライドの高さから「レッド・バロン(赤い男爵)」と呼ばれていた。

    複葉機による航空戦の華やかりし時代に、日本人として第一次世界大戦に勇戦した男爵「バロン滋野」がいた。本名は滋野清武(1882-1924)。フランスの飛行学校で飛行術を学び、大正元年に徳川好敏に次いで日本人で2番目に、万国飛行免状(アエロ・クラブ)を取得した。その年8月、明治天皇の病状が悪化したため、愛機「和香鳥号」(若くして亡くなった妻・清岡和香子に因む)と共に帰国。大正2年には実演飛行を何度か行い大いに注目を集め、同年4月20日、日本で45分間の飛行中に高度300mの記録を樹立した。大正3年4月、航空機材買付けのためにフランスへ戻るが、第一次世界大戦が勃発。そこで彼はフランス陸軍に志願し連合軍の一員として活躍、レジオン・ドヌール勲章、クロワ・ビーゲール勲章を受ける。やがて美しい未亡人ジャーヌに出会い、大正6年に結婚。大正9年に帰国するが、大正13年には43歳の若さで亡くなっている。

   ところで学習院初等科時代、滋野は、志賀直哉、有島壬生馬、松方義輔から集団暴行をうけたことがある。志賀の「人を殴った話」によると、「Sの父は日清戦争の時の陸軍中将で、男爵になった人だが、もう亡くなっていて、Sが男爵をついでいた。陰性なたちで、皆が運動場で騒でいるような場合にも、仲間と小使部屋で、密かに煙草を喫っているというような子供だった。痩せて、ヒョロヒョロと高く、無表情の青白い顔には何か傲慢な感じがあった」とある。東京直下地震があった明治27年の話で、12歳の事件である。「Sを殴って、しばらく経った或日、放課後、私は四谷見附に近い門から出るつもりで屋根だけで側面のない廊下を来ると、不意にクラクラと何か一寸分らないショックを頭に感じた。背後から石をぶつけられたのだ。Sが逃げて行く。私は本の包みを其所へほり出して、直ぐ追いかけた。(略)私は学生の椅子に乗り、Sの頭を両腕でぐいと力一ぱいに抱きしめた。急にSは声を挙げて泣き出した。(略)Sは私に復讐をしたつもりだったが、直ぐ又、その仕返しをしたわけである。(略)Sは欧州の第一次大戦当時フランスにいて、飛行将校として戦争に参加し、勲章などを貰い、フランス人の細君を連れ、飛行機を持って、日本に帰って来た。帰ってから何か飛行機関係の仕事をしていたように思ふ。婦人雑誌に混血の赤児を中に細君と写した写真が出ていた事がある。そして間もなくSは胸の病気で亡くなった。今頃になって、如何にも孤独だったSに対し、気の毒な気もするのだが、然し、兎に角、妙に人に好かれぬ男だった」と結んでいる。快と不快、好悪の感情が激しい志賀直哉の一面を知るエピソードである。

2016年4月19日 (火)

「真実の口」のシーンはペックの発案だった

Photo_350e1  1954年のこの日、映画「ローマの休日」が日本で公開された。前年8月ローマで撮影された「ローマの休日」はほとんどローマ市内のロケであった。新進女優のオードリー・ヘップバーンは、監督ウィリアム・ワイラーのキメ細かい指導どおりに素直に演技し、撮影は順調だった。ただこの年の夏の異常な暑さを除けばであるが。

  最も世界の人々から愛された映画のひつとつである「ローマの休日」の数々の名シーンの中でも「真実の口」という場面がとくに人々の記憶に残るであろう。グレゴリー・ペックが真実の口に手を入れたとたん、手がかまれて、オードリーが今にも泣き叫ばんばかりに心配するという、まことに愛らしいシーンだ。新人オードリーの魅力である純真さが最も光輝く。

  ところがこのアイデアは、実はグレゴリー・ペックのアイデアが一役かっている。ペックは数日前に見たテレビ番組「スケルトン大笑劇場」でレッド・スケルトンのギャグを思い出し、監督に発案を申し出たのだ。名作とは俳優と監督が一体となって、和気藹々のムードの中で生まれることもあるという代表例であろう。(4月19日)

メトロポリタン美術館

Photo     アメリカの児童文学作家エレイン・ローブル・カニグズバーグが2013年のこの日、死去。日本でも岩波少年文庫「クローディアの秘密」(1968)などでよく知られている。またこの作品にインスパイアーされたと思われる歌がある。NHKみんなのうたで大貫妙子「メトロポリタン美術館」。物語はミケランジェロの作とおもわれる天使の彫刻の秘密を探る話であるが、動画に天使の像やミイラやトランペットなど物語と一致するアイコンが見られる。童謡は当時の子どもたちにとってかなり衝撃を与えたらしく、とても怖くてトラウマソングといわれる。(現在40歳前後の世代らしい)とくに「大好きな絵の中にとじこめられた」という意味不明のラストである。原作は大好きな絵の魅力に支配された、という感じであるが、NHKの動画では完全に「押絵と旅する男」(江戸川乱歩)のようになって終わっている。(Elaine Lobl Konigsburg)4月19日

地図の日

Orai07b 1800年旧暦閏4月19日、伊能忠敬(1745-1818)が蝦夷測量に出発した日。1816年の測量完了までに4万km、つまり地球を一周歩いた距離に等しい。地図の編纂は死後3年目の1821年に高橋景保によって完成し幕府に上呈した。これが日本沿海與地全図(伊能図)である。大図214枚、中図8枚、小図3枚。

   それまでは日本の正確な実測図はなかった。オルテリウス地図帳のテイセラ日本図(1595年)には蝦夷地の未記入で、本州も不正確である。伊能忠敬の実測図をシーボルトが持ち帰ってから日本の地図が世界図に正確に記るされる。

 

Photo_5
 
オルテリウス地図帳(1595)

2016年4月18日 (月)

病は脚から

Main8   動物の身体は脚から壊れていく。野生動物が足が弱って群れについて行けなくなることは死を意味する。人間の場合は、杖をつくようになり、やがて車イスの生活となる。足や脚部を使わず、運動量が減少すると、膝、股間接や腰椎へと問題が起こってくる。高齢者は脚から弱っていくということは、昔から言われているが私は老人介護を体験して改めてそのことを実感した。10年後、20年後を想像すると恐ろしい。自分の足でいつまでも歩ける状態を維持するためには、バランスのとれた栄養と運動である。食事の量が減っていくと高齢者は急速に衰えていく。毎日、買い物をして、自分が選んだ食材を使って料理して、残さずに食べる。経済的でもあり健康にもよい。献立を考えるのは一苦労だが、定番食を頭につねにイメージしておくとよい。野菜炒め、ポテトサラダ、筑前煮、おでん、ぶりの照り焼き、ほうれん草のおひたし、目玉焼き、厚焼き卵、小松菜と油揚げの煮びたし、ひじきの炒め煮、焼きビーフン、里井いもの煮物、ちらし寿司、かぼちゃの煮物、さばの味噌煮、豆腐、カレーライス、チャーハン、ハンバーク。

柏原芳恵は女、和田芳恵は男である

G_wada_yoshie   室井滋という人はとても有名人なので、男性風の名前だけど間違える人はない。けれども尼子騒兵衛、松本ひで吉は最近までずっと男性だと思っていたけど女性だったことを知った。銀色夏生、さとうふみや、久保ミツロウ、荒川弘、大島司、田辺イエロウ、山本航輝、樋口大輔、星野桂はみんな女性である。小野妹子や山口誓子のように逆パターンもある。樋口一葉の研究家で直木賞受賞作家「和田芳恵(わだよしえ)」は男性である。(画像の人)美水かがみ、加古里子もみな男性。ジャズ歌手ジョー・スタッフォードは女性。フランス革命の軍人ラファイエットの名は「マリー」。ナイアガラ滝の探検家テイラーの名は「アニー」。

薫、忍、千秋、千春、泉、静香、恵、翼などは男女とも使える。

  太田薫(男)、小山内薫(男)、八千草薫(女)

 押坂忍(男)、坂上忍(男)、若の里忍(男)、中山忍(女)

千秋 山川千秋(男)、鎌倉千秋(女)

千春 松山千春(男)、猪谷千春(男)、久里千春(女)

千里 大江千里(男)、海原千里(女)

 柳田泉(男)、原泉(女)、森泉(女)

静香 亀井静香(男)、荒川静香(女)

春江 古賀春江(男)、北村春江(女)

 若草恵(男)、横須賀恵(女)

 今井翼(男)、本田翼(女)

シドニー シドニー・シェルダン(男)、シドニー・ローム(女)

   ああ、ややこしや、ややこしや。(Jo Staffoord)

山本五十六が撃墜されたときの同乗者の名前は?

Photo_2

    昭和18年4月18日午前6時、山本五十六ら11人が乗った一番機と、宇垣纏ら12人が乗った二番機の一式陸攻がラバウルを発進した。護衛につくのはわずか6機の零式艦上戦闘機だった。一番機には、山本五十六、福崎昇、高田六郎、樋端久利雄、小谷立、大崎明春、田中実、畑信雄、上野光雄、小林春政、山田春雄(全員死亡)。 二番機には、宇垣纏、北村元治、林浩、友野林治、今中薫、室井捨治、藤本文勝、谷本博明、伊藤助一、八記勇、野見山金義、栗山信之が搭乗していた。(宇垣、北村、林は生存)。 護衛機6機は、森崎武、辻野上豊光、杉田庄、日高義巳、岡崎靖二、柳谷謙治。

    ブーゲンビル上空でアメリカ軍により撃墜された。(海軍甲事件と呼ぶ) 山本らの戦死は1ヶ月間、極秘にされた。5月21日、大本営発表で公表され、6月5日に国葬が行われた。明治27年から昭和20年までに帝国海軍は24人の連合艦隊司令長官が就任したが、在職中に戦死したのは山本五十六、唯一人である。

(参考:蜷川親正「山本五十六検死ノート」 光文社

高城肇「六機の護衛戦闘機」 光人社)

斎藤実内閣と帝人事件

   第30代内閣総理大臣・斎藤実(1858-1936)は五・一五事件のあとをうけて昭和7年5月26日、組閣した。満州国承認、国際連盟脱退、農村救済事業などによって非常時の鎮静化をはかったが、昭和9年7月3日、帝人事件によって辞職した。斎藤は軍人出身だが、穏健的色彩の政治家で、軍部急進派から親英米派重臣と目され、二・二六事件で暗殺される。

   株売買が問われた疑獄事件、帝人事件とは何か。台湾銀行は昭和恐慌で倒産した鈴木商店から担保流れとして帝国人絹株式会社の株式過半数を所有していたが、この株の値上がりを見越した鈴木商店の大番頭金子直吉らはこの株の買受けをはかり、時の斎藤内閣のバックたる番町会(財界の中心人物郷誠之助を囲む若手財界人の会)の人々に斡旋を依頼した。しかし買受価格の問題をめぐって仲間割れがおこり、これに失敗した人々が買受けのうちに贈収賄の事実ありと攻撃した。昭和9年4月18日、帝人社長の高木復亨が、帝人株売買の背任・贈賄の容疑で逮捕された。高木の自供から、株を買い取った番町会の長崎英造、河合良成、小林中、永野護らも、背任・贈賄の容疑で逮捕された。さらに5月に入ると、大蔵次官黒田英雄、同省銀行局長大久保偵次らが、株売買を仲介した際の収賄の容疑で逮捕された。これより先、中島久万吉商相、鳩山一郎文相ら閣僚が辞職しており、斎藤内閣は、大蔵省高官の逮捕により、7月3日、総辞職した。しかしこの後も、中島久万吉前商相が収賄の容疑で、三土忠造前鉄道相が偽証の容疑で逮捕されて、帝人株売買による逮捕者は17人に達した。被告は予審では自白し、公判では取調検事の拷問による人権蹂躙があったと容疑を一斉に否認した。公判は4年余、265日にわたったが、昭和12年東京地裁は、正当な株売買として全員に無罪判決を下した。帝人事件は司法部内の平沼騏一郎を中心とする右翼の倒閣のための陰謀といわれている。

2016年4月17日 (日)

アンブロジアーナ図書館

Biblioteca_pinacoteca_ambrosiana_le

   ミラノの枢機卿フェデリコ・ボッローメオ(1564-1631)によって1607年に設立された。公開の図書館としては、オックスフォード大学ボドリーアン図書館(1602年公開)、ローマ・アンジェリカ図書館(1604年公開)に次いで、西洋史上3番目といわれる。所蔵資料はギリシア・ラテンの古典からキリスト教文献・神学から哲学、法言語学から音楽言語学と幅広い。ダ・ヴィンチの「アトランティコ手稿」も所蔵する。Biblioteca Pinacoteca Accademia Ambrosiana

2016年4月16日 (土)

最近よく読まれている本

Img_01   読書家には大きく2つのタイプに分けられる。新刊派と古典派である。新刊派は直木賞や芥川賞といった話題の小説を読んだり、マスコミで取り上げられる新刊書ばかりを漁る。一方の古典派は自己の研究分野の資料だけを求めて、世間の流行の本には無関心である人が多い。わたしはどちらかというと、古典派であるが、やはりトレンドは知っておくに損はない。数年経って出版回顧の時にリアルな記憶があるのとないのとでは違うからである。今よく読まれている本は、宮下奈都「羊と鋼の森」、石原慎太郎「天才」、百田尚樹「カエルの楽園」、角田光代「拳の先」、西加奈子「まく子」。そのほか曽野綾子「老境の美徳」、町田康「リフォームの爆発」。森政稔「迷走する民主主義」、「小泉純一郎独白」、スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ「戦争は女の顔をしていない」、ヨハン・テオリン「夏に凍える舟」、「世界でもっとも貧しい大統領ホセ・ムヒーカの言葉」(前ウルグアイ大統領)、「子の無い人生」は未婚未産の酒井順子のエッセイ。ある中学校の校長が「女性にとって最も大切なことは子どもを2人以上産むこと」と発言し、物議をかもした。少子化時代で正論と擁護する人もいるが、一方で産む産まないは個人の問題とする意見も多い。女優の山口智子は「産まない人生」を雑誌に宣言し話題になっている

ツチブタの呪い( aaで始まる話)

Aardvark05_jpg3ef0a5ecc80e44aa8dfad   暗記しようと意気込んだ中学生が英語の辞書を広げて、突き当たる難関が「aardvark」である。ツチブタ(アフリカ南部産、アリを喰う夜行性哺乳動物)アードバークというこの単語は、学習者の脳裏に疑問を引き起こさせる。「こんな単語を覚えて、人生に役立つことがあるのだろうか?」と。ほとんどの人は遅かれ早かれ辞書暗記を放棄してしまう。これが英語学習界に伝わる「ツチブタの呪い」といわれることである。

  百科事典や辞書でいちばん最初に出てくる項目は何か?50音順に排列すれば「ア」や「阿」が最初にくる。世界言語を日本語読みに基づいて表記すると整合性が保てないので、ラテン文字表記でABC順排列とすると、もちろん「aa」がいちばん最初に来る。アーヘン Aachenはドイツ西端部の都市。ドイツ語でウナギはAal(英語はeel)。宇野実彩子や西島隆弘がいる音楽グループ「AAA」。

   古代エジプトのヒクソス時代絶頂期の王にアアウセルラー・アペピAauserra Apepi(前1585-前1542)がいる。またリンド数学パピルスの著者アアフメス Aahmes(前1500年頃)も著名である。

   「ab」で始まる単語は、abaca(マニラアサ)、abacus(そろばん)、abalone(アワビ)、abandonment(放棄)、abacavir sulfate(アバカビル硫酸塩)など。

チャップリン・デー

Chaplincharles03g   1889年のこの日、喜劇王チャールズ・チャップリンは寄席芸人を両親としてロンドンに生まれた。1914年に渡米し、映画で山高帽、ちょび髭、だぶだぶズボン、どた靴、ステッキの独特の扮装で人気を得、「モダンタイムス」(1936)などの名作を残した。だが1952年には赤狩りの嵐の前にアメリカを追放される。1977年のクリスマスの日にスイスで老衰のため没した。4度結婚し、女優のジェラルディン・チャップリンら11人の子供がいる。(Charlie Chaplin、4月16日)

少年よ、大志を抱け

Thumb5    1877年のこの日、札幌農学校のクラーク博士(1826-1877)が帰国の途につく。 開拓使は北海道開拓のための教育機関の設置を図り、アメリカの農務局長H・ケプロンの建言によって明治5年東京芝増上寺内に開拓使仮学校を開き、ついで女学校を設置した。明治8年、これを札幌に移して札幌学校と改称(女学校も移したが、翌年廃止)、さらに規模を拡大して高等農学校とするにあたり、アメリカ駐在の吉田清成公使に委嘱してアメリカのマサチューセッツ農科大学校長クラークを招き、彼は明治9年来日した。ただちにクラークが教頭に就任、校制を編成し、同年8月開校、翌月札幌農学校と改称した。生徒は卒業後5ヵ年間開拓使に奉職する規定とし、学科も広範であった。教師はアメリカ人が多くアメリカ式教育が施された。クラークのキリスト教に基づく人格教育は独特な学風を作り出し、アメリカ式の牧畜経営の理論と実際を教授し、植物採集実験に生徒と行動をともにし、実業教育に成果があった。クラークは、わずか1年たらずの在任期間に、生徒の信頼を集め、多方面にわたって有為な人材を送り出した。佐藤昌介などは直接の、内村鑑三、新渡戸稲造、宮部金吾、佐久間信恭などは間接の弟子である。なお、名言「少年よ、大志を抱け」 Boys,be  ambitious は、クラークがかの島松の駅頭、学生たちに馬上より送った言葉である。クラークは帰国後、大学辞任後鉱山業に関係したが、失敗したという。クラークが日本に残したものの一つに学校運動会がある。ルーツは明治11年5月25日、クラークが提唱した札幌農学校で開催された遊戯会であるといわれている。ちなみに日本最初の運動会は明治7年3月21日、築地の海軍兵学寮(後の海軍兵学校)で運動会「競闘遊技会」が開催された。( keyword;William Smith Clark 、4月16日)

2016年4月15日 (金)

「ら」 ファースト・ネームから引く人名一覧

Lanaturnermgmportraitca1940everett     ラナ・ターナー(1920-1995)は、MGMに入り、タイトなスウェーターが似合う抜群のプロポーションが注目され「スウェーター・ガール」と呼ばれ評判となった。そして第二次大戦中の兵隊たちのピンナップ・ガールとしてもトップ・クラスの人気を誇った。「郵便配達は二度ベルを鳴らす」(1946)でトップスターとなる。

ライアン・オニール
ライアン・ゴスリング
ライアン・フィリップ
ライアン・レーノルズ
ライオネル・リッチー
ライオネル・ロイ・マッコルビン
ライザ・ミネリ
ライナー・マリア・リルケ
ラウル・ジュリア
ラウル・デュフィ
ラクウェル・ウェルチ
ラクシュミー・バーイー
ラーザリ・カガノーヴィチ
ラース・ファン・トリアー
ラッセ・ハルストレム
ラッセル・クロー
ラナ・ターナー
ラビントラナート・タゴール
ラフ・バローネ
ラファエル・コラン
ラファエル・トルヒーヨ
ララ・アンデルセン
ララ・フリン・ボイル
ラルフ・マッチオ
ラルフ・リチャードソン
ラルフ・ワルド・エマーソン
ラングドン・ウォーナー
ランディ・クエイド
ランドルフ・コルデコット
ランドルフ・スコット
ランブイエ侯爵夫人カトリーヌ・ド・ヴィヴォンヌ

アリストパネスかアリストファネスか、表記の揺れの話

244

Chiisanatoriyo

   ドイツの文豪ゲーテが我が国に紹介されたとき、「ギョエテ」「ゲョエテ」「ギョーツ」「グーテ」「ゲエテ」など数十種類もあったという。斎藤緑雨は「ギョエテとは俺のことかとゲーテ言い」と川柳で諷刺した。外国人名の表記は難しいものである。

    Remy Charlipという絵本のイラストレーターがいる。日本でも翻訳書がたくさんある。岩波書店、福音館、偕成社、それぞれで、R・シャーリップ、レミイ・チャーリップ、レミ・チャーリップと異なる。外国人名のカナ表記がバラバラになり、どれが正しいのかわからない。このようなことを「表記のゆれ」という。最近のコンピューターは賢くて、どれを検索しても統一典拠があってヒットする仕組みになっているらしい。むかしの目録カードの時代は参照カードをつくらなければならなかった。いっそのこと原綴から検索する方法が合理的であるが、公共図書館では市民にそれを望むことは無理である。Shakespeareとアルファベットを正しく入力できるだろうか。

 「デカメロン」のボッカチオは最近の表記は「ボッカッチョ」である。「青い鳥」のメーテルリンクにはメーテルランクという表記がある。「オズの魔法使い」で有名なライマン・フランク・バウムもいつまでも統一されない1人だ。バウム(集英社)、バーム(講談社)、ボーム(早川書房)。wikiではボーム。古代ギリシア喜劇詩人アリストファネスかアリストパネスか。同じ岩波文庫でも異なる。「鳥」(アリストパネス)、「アカルナイの人々」(アリストファーネス)、「女の議会」(アリストパーネス)、広辞苑は「アリストファネス」、wikiでは「アリストパネス」だ。イタリアの博物学者ユリシーズ・アルドロバンダス(1522-1605)をwikiで検索したが見つからない。「ウリッセ・アルドロヴァンディ」だった。やはり統一することは難しい。

「メ」事項索引インデックス

Mwer    1620年、宗教上の迫害をのがれて清教徒30人を含む102人を乗せたメイフラワー号はイギリスのプリマス港を出帆し、大西洋を約65日かかって渡り、アメリカ東部マサチューセッツ州のコッド岬に到着し、のちプリマスに上陸した。彼らはやがてピルグリム・ファーザーズとよばれることになる。▽「メソロンギオン」ギリシア南部の町。イギリスの詩人バイロンはギリシア独立戦争に参加後、この町で客死した。▽「メーメル地方」バルト海に面したリトアニアに属する地域で、現在はクライぺダと呼ばれる。▽「明応の政変」1493年、足利義澄を擁した細川政元が将軍足利義稙を排斥し、幕府の実権を握る。


目明(めあかし)
雌阿寒温泉
メアリ1世
明応の政変
迷宮入り
メイエルホリド
冥王星
明月記
名刺
明治維新
明治神宮
名神高速道路
メイソン・ディクソン線
命題
明徳の乱
明白な天命
メイフラワー号
名誉革命
明暦の大火
明六社
メキシコ
メキシコ革命
メグレ警部
メシア
メスティーソ
珍敷塚古墳(めずらしづか)
メソアメリカ文明
メソジスト
メゾチント
メソポタミア
メソロンギオン(ギリシア)
メダカ
メッカ
メッテルニヒ
滅満興漢
メーデー
メディア
メディチ家
メディナ
メディナ・デル・カンポ条約
メーテルリンク
メトロポリタン美術館
メナンドロス
目には目を、歯には歯を
メニエール症候群
メネラウスの定理
メバラゲシ
メービウスの帯
メフメト2世
めまい
メーメル地方(リトアニア)
メラネシア
目病み女に風邪ひき男
メルセン条約
メロヴィング朝
メロエ
メロエ文字
免罪符
メンシェヴィキ
メンデル
メンデルスゾーン
メンフィス

図書館(明治事物起源)

Syouheizaka

   福沢諭吉が明治2年に著した「西洋事情」の中で、欧米の図書館(ビブリオテーキ)事情を紹介したのが、わが国に図書館を認識せしめた始めとされる。しかし、すでに万延元年遣米使節の一行がニューヨークのアスター図書館を訪ねており、そのときの模様は、副使の村垣淡路守範正および御勘定組頭の森田岡太郎の日記に記されている。

  明治5年、文部省出仕、市川清流は「書籍館(しょじゃくかん)」設置の重要性を上申した。同年、明治政府は接収していた徳川家の紅葉山文庫と昌平黌の文庫を文部省所管の「書籍館」として開設したのが、日本近代図書館の始まりである。しかし、これらの所管官庁や場所は幾たびと変わり、元の湯島にもどり、「東京書籍館」として改称した。しかし西南の役による財政難のため、これらの整備計画は中止され、東京府に移管して、「東京府書籍館」と改められた。明治13年、文部省に返り、「東京図書館」と改めた。これが「図書館」という名称の始まりであるが、当時は「としょかん」と呼ばず、「ずしょかん」と呼んでいた。江戸期の「図書寮」など「図書(ずしょ)」の名残りであろうか。明治5年には京都に「京都集書院」が開設、湯浅次郎が群馬に「便覧社」を創設、渡辺熊次郎が函館に新聞縦覧所を創設するなど各地にさまざまな活動がおきた。明治7年、八戸書籍縦覧所創設。明治9年には大阪、浦和で府県立の書籍館が開設されている。東京図書館はその後、明治18年に上野公園に移転し、「上野図書館」の名で親しまれる。

  子ども文庫のはじまりは、明治39年に東京で児童文学者の竹貫佳水(竹貫直人、1875-1922)によって開設された「竹貫少年図書館」である。

栄光の背番号「42」

Jackierobinson42   1947年のこの日、ジャッキー・ロビンソンが大リーグ初の黒人選手としてデビューした。背番号42は、日本では「42(しに)」と読まれ、「死」を連想させる不吉な数字だ。しかし12球団で42番を着用している外国人選手は現在7人もいる(アンダーソン、リーバス、ガラテ、ジョンソン、メヒア、ブランコ、ペーニャ)。なぜ外国人選手は42をつけるのか。それは大リーグにジャッキー・ロビンソンという偉大な選手がいて、永久欠番になっていて大リーグではつけられないため、日本に来た外国人選手が42を与えられるととても光栄に感じるからであろう。映画「42~世界を変えた男」がある。(4月15日)

Kakooa71uvajkum0g3vv

ゴーマン美智子

Tky200811060167  1974年月のこの日、ボストンマラソンで優勝したゴーマン美智子は当時すでに38歳だった。

    この快挙があった数年前の話である。トップランナーのジャクリーン・ハンセンは冷たくいった。「あなたがマラソン?死にたいの?私についてくるなんて無謀よ、You can't 」だが美智子は諦めず練習を重ねた。1973年の初マラソンでハンセンに勝った。翌年のボストンで優勝し、世界のマラソンの女王になった。(4月15日)

2016年4月14日 (木)

図書館お引越し物語

0401749_d1

    国立国会図書館の関西館が開館してもう13年になるが、いまだ一度も訪問していない。なにせ不便なところにある。京都府相楽郡精神華町、JR学研都市線祝園駅からバスで10分。近所の人に「国立国会図書館関西館へ行ったことがあるか?」と聞いても、10人が10人とも行っていないと答える。建物を写真でみると巨大な倉庫という感じだ。資料の多くは東京本館から移管したものだろう。約320万冊の資料を550kmの距離を移動したのだから、我が国図書館史上最大のお引越しだろう。

   図書館の引越しは大変である。数万冊ある図書を運搬するのには経費もかかる。しかしわずか24年の間で6回も移転した図書館がある。茨木市にある映像・現代美術・デザインなどの専門図書館である「大阪国際メディア図書館」である。畑祥雄と中川繁夫の蔵書寄託を基盤に1992年に写真図書館として大阪市内のマンションの一室に開設された。1994年に大阪・中津の教文研ビルに移転。1996年に「写真図書館・メディアテック」と改称し2度目の移転。1997年大阪南港WTCに移転。2001年吹田市に4度目の移転。「彩都メディア図書館」と改称。2009年宝塚市アピア3に移転。「宝塚メディア図書館」と改称。2015年茨木市に移転。通算6度目の引っ越しとなる。写真集や展覧会カタログ、評論集、雑誌など約3万3000冊を所蔵している。大型本が多いので運搬が大変だっただろう。

久保惣記念美術館

   久保惣太郎(1926-1984)が、和泉市に寄付し、1982年に市立美術館として開館した。東洋古美術を中心とした美術品と、考古学・宗教・文化などに関わる図書資料6万 7000冊を所蔵する。中国古代史の権威である貝塚茂樹の旧蔵書3万5000冊も含まれる。東洋美術を中心としてこれだけの規模を誇るところは貴重である。

文庫活動七年

Photo

    「本を読む楽しみをすべての人に」という願いで家庭文庫を始めて7年目。文庫活動には喜びや楽しみがありますが、運営にはそれなりの苦労があるのも事実です。一番頭の痛いのは、資料の収集の問題です。やはり、興味のある新しい本が資金の関係で十分に揃えられないことです。しかし、文庫の場合はそうむずかしく考えなくてもいいのではないかと思っています。ぼちぼち集めていこうと。ちょっと極端な言い方かもしれませんが、最低三つの条件さえあれば活動できると思っています。つまり「本」と「場所」と「人」。本は約一万冊あります。子供の絵本や童話から大人の小説や一般書、なかには哲学書や学術的な専門書もあります。美術書や洋書も多いです。場所は市役所周辺の幹線道路沿いで隣に大型スーパーや病院があります。人は老夫婦でやっていますが図書館経験があります。施設も文庫専用に設計したものです。お近くの人は一度ご覧ください。「女性の書斎・ひとり好き」です。平日は女性専用ですが、土・日曜は男性も入館できます。関西テレビ「よ~いドン」でも紹介していただきました。また最近は毎週火曜日には書道教室もここで開かれています。でも文庫活動7年はまだまだです。

Photo   1960年代から80年代、全国各地に家庭文庫、子ども文庫、地域文庫など急速に増えてきましたが、90年代になると、子ども文庫に来る子どもが減り、文庫数も減少していきます。現在全国に子ども文庫が何ヶ所あるのか現状を把握していません。ネットで豊中に地域文庫「そよ風文庫」(上口佐知子代表)というのがあることが分かりました。毎週水曜日、午後2時から4時30分まで、本町会館(豊中市本町5-8-51、阪急豊中駅から東へ約520m)で絵本や児童書の貸し出しをしています。また、毎週1週目は手作り遊び、2週目はおはなし会をしています。昭和48年6月に安達みのりさんが開設したもので、36年間も活動しています。最近、これまでの活動をまとめた記録誌「本があって人がいて」を発行しています。
(参考文献:汐崎順子「日本における文庫活動の現状」、近畿子どもの本連絡会「近畿地区子ども文庫実態調査一覧表」1976)

タイムカプセルの語源

G_e_pendray タイムカプセルとは、現代の文化・生活の記録を特殊金属製の容器に入れて地下に埋め、後世の人々のために現代人の遺産としようとするものである。現代文明を未来に残そうとする発想は、1876年のフィラデルフィア万国博覧会で既に現れており、「センチュリー・セーフ(世紀の金庫)」と名付けられたタイムカプセルが100年後に開かれる予定で用意された。1936年にはオグルソープ大学の学長ソーンウェル・ジェイコブスは「文明の地下室」と呼ばれる小さな地下室を学内ホールに作った。また1938年のニューヨーク万国博でつくられ、特殊合金の容器に種々の日用品その他を入れて地下深く埋められた。開封は埋設から5001年後の6939年に設定された。当初、名称は「時限爆弾」と名付けられたが、世界中で軍事的緊張が高まりつつあめため、名称が不適切とされ、広報担当のエドワード・ペンドレー(画像)の発案により「タイムカプセル」という言葉が初めて使われた。time capsule  参考:「モニュメントの20世紀」 坂口英伸 吉川弘文館 2015

戦時における敵性語の使用禁止

Photo_3  昭和15年ころから日本では戦時体制の強化とともに、「鬼畜米英」「米英撃滅」が旗印となり、一種の英語排斥が起こった。全国の4000の鉄道の駅やホームに掲げられた日英併記の案内板「入口 エントランス」「便所 WC」など英語が削除され、「カレーライス」を「辛味入汁掛飯(からみいりしるかけめし)」と言い換え、紙巻きタバコ「ゴールデンバット」が神武天皇神話に登場する金色の鵄にちなんだ「金鵄」へと改称されるなど、敵性語の使用禁止が進んだ。

   昭和18年1月13日には、「ダイナ」「私の青空」「月光価千金」「アラビアの唄」「スザンナ」「南京豆売」などジャズ、軽音楽の演奏が禁止された。米英音楽は軽佻浮薄でこれを一掃するとした。芸名や駅名のカタカナ語を追放する動きは既に昭和15年からあったが、日米開戦を機に敵性語は排除された。追放対象は、雑誌名、職業名、スポーツ用語など、日常的に親しまれてきた米英語にも向けられた。2月には、エコノミスト→経済毎日、サンデー毎日→週刊毎日、キング→富士、大阪パック→漫画日本、エンジニアリング→機械技術、ホームクラブ→生活文化。レコード会社はポリドール→大東亜、日本ビクター→日本音響、日本コロムビア→日蓄工業、キング→富士音盤。煙草はゴールデンバット→金鵄、チェリー→桜、カメリア→椿。芸名はディック・ミネ→三根耕一、ミス・コロンビア→松原操、スタルヒン→須田博、藤原釜足→藤原鶏太(藤原鎌足を冒涜している)。

    スポーツ用語では、水泳のクロールは「速泳」、ゴルフは「打球」。とくに野球は敵性スポーツとの批判が高かった。チーム名はタイガース→阪神、イーグルス→黒鷲→大和、セネタタース→大洋→西鉄、用語では、ストライク→よし1本、ボール→1つ、三振→それまで、セーフ→よし、アウト→ひけ、ファウル→だめ、ボーク→反則、タイム→停止。

   清沢洌はこれらを「小児病的な現代思想」と嘆いたが、この時期アメリカでは対照的に日本語習得が盛んになっていた。

リンカーン「死の枕」

Photo_2

  1865年のこの日、第16代大統領エイブラハム・リンカーンはフォード劇場でジョン・ウィルクス・ブースに暗殺された。直後、通りの向かいのピーターセンハウスに運ばれ手当てをうけたが、しばらく昏睡の後、翌日、午前7時21分に亡くなった。そのときリンカーンが使用した枕が展示されている。(Abraham Lincoln,Petersen House,pillow、4月14日)

印刷写真術のパイオニア大鳥圭介

Photo_9  大鳥圭介(1833-1911)。天保4年4月14日、播州赤穂細念村小字石戸(現・赤穂郡上郡町岩木丙石戸)の医者・小林直輔の子として生まれた。幼名慶太郎。14歳で閑谷学校で漢学を学び、適塾で蘭学を修め、さらに江戸にでて坪井忠益塾に入る。江川太郎左衛門塾で砲術を学ぶ。中浜万次郎に英語を習う。慶応2年、幕臣となり、開成所洋学教授、フランス式の歩兵訓練にあたった。江戸開城に際し、江戸を脱出、会津から箱館まで逃れ、五稜郭で榎本武揚、土方歳三、荒井郁之助らと新政府軍に抵抗した。土方を除いて幕府軍は洋学の知識の豊富な人材が多い。榎本は地質学・化学・物理学、荒井は数学・気象学。そして大鳥も多彩な分野の研究者である。とくに現在知られるのは印刷と写真の分野での近代のパイオニアとして注目されている。

   活版印刷といえば本木昌造が知られるが、日本で初めて鋳造活字をもちいて印刷、出版したのは大鳥という。大鳥活字といわれる。万延元年(1869年)に「築城典型」、文久元年(1861年)に「砲科新論」などの西洋兵学の翻訳書を活版で印刷した。写真においては上野俊之丞(1800-1877)、島霞谷(1827-1870)、三代目木村嘉平(1823-1885)らに僅かに遅れるものの、写真術の草分けである。薩摩藩主・島津斉彬の娘天彰院篤姫の嫁入りの際、写真術の指導を薩摩藩士に伝授したという。その才能は明治政府で遺憾なく発揮し、明治44年、枢密院顧問として79歳で波瀾に満ちた生涯を閉じたのである。

2016年4月13日 (水)

東北の小さな美術館

Photo    岩手県一関市千厩(せんまや)にある「昌子の小さな美術館」。自宅の一室を美術館として無料で開放しているらしい。室内には東北ゆかりの芸術家の作品が展示されている。千厩や一関市内にはこのほかにも美術館、博物館が多くある。熊谷美術館、せんまや街角資料館、一関市千厩酒のくら交流施設、さくらなみき自閉症美術館、門三工房、芦東山記念館、一関市博物館、骨寺村荘園交流館、大籠キリシタン資料館など。

本屋大賞

   全国の書店員が選ぶ「本屋大賞」というのがある。今年は宮下奈都の「羊と鋼の森」が受賞した。受賞作はピアノの調律師をめざす17歳の青年の話し。

   近ごろ、街の小さな書店はほとんど見かけなくなった。都心の大書店にはいつも大勢の人がいるが、小さな書店はあまり活気がない。リアル本屋は斜陽産業なのである。1999年には2万2296店であった本屋は、2015年は13488店、つまりこの16年間で、8798店以上も減った。原因としては、ネット書店の普及、若者が本を読まなくなった、長びく不況と低所得、図書館の利用、などの理由が考えられる。身近にある本屋が減ることで、社会や暮しがどのように変わっていくのだろうか。地方書店が減ることは当然、出版業界にも悪影響を及ぼす。優秀な人材は出版界に就職しなくなる。良書を出版していた零細出版社は倒産する。芥川賞、直木賞、村上春樹の小説なとがいかに売れようが、出版の多様性を失うことで、日本の言論は大きく低下し、民主主義はさらに失速する、という悪循環がおこる。やはり地方の本屋を育てていかなければならない。

石川啄木とその妻節子

Img_1508312_59112561_0   石川啄木(1886-1912)と堀合節子(旧姓金矢)が出会ったのは、明治32年の頃といわれ、共に満13歳のときだった。啄木は盛岡中学2年生。節子も縞木綿の着物に、紫の袴を胸高にはいて、私立盛岡女子校に通う2年生だった。節子と同級生だった和久井のぶ子の記憶によると、節子は4年の2学期ころから、学校を休んで啄木の下宿へ行き、短歌を教わっているという評判がたった。彼女は夜など、和久井のぶ子の家へ勉強しにいくと称して教科書を持って家を出て、その実、啄木の下宿へ行って詩や音楽のことを語り合っていたらしい。啄木の友人の佐藤善助によると、そのときすでに二人の関係は精神的なものをこえて、肉体によって結ばれているように見えたという。

   啄木の中学生時代に芽生えた堀合節子との恋は、その後大人たちの知るところとなり、二人は引き裂かれた。もと士族であり、岩手郡役所に勤務していた節子の父堀合忠操は激怒した。しかし忠操の姉がとりなして、節子は思いつめているから、許さなければ自殺するかもしれないと脅かして、忠操の怒りをやわらげ、二人の仲はいちおう認められた。明治37年2月3日、啄木の老母は盛岡の堀合忠操の家を訪問して、啄木と節子の縁談を正式に決定した。当時の啄木は中学を退学して、文学で身を立てようと考え、婚約してまもなく上京して詩集「あこがれ」を出版した。一部からは天才詩人との評判を得たが、残本多くあてにしていた印税も入らず、上京中の啄木のもとに、結婚式の日取りの知らせがあり、啄木は盛岡へ行くため汽車に飛び乗った。しかし途中、土井晩翠をたずねて15円おくられたりしたが、結局、盛岡へは予定していた結婚式の日になっても帰らなかった。やむなく婿のいない結婚式を挙げたが、啄木の友人たちは啄木の行状を怪しみ、節子に結婚を思いとどまるように話した。それに対して節子は、手紙に、

「吾れはあく迄愛の永遠性なると云ふ事を信じ度候。」とある。

    啄木は6月4日に、節子が待つ盛岡市帷子小路8番戸の新居に姿を現わした。啄木は明治45年4月13日、死去。そして、節子も啄木の死去した1年後の大正2年5月5日に死去する。ともに26歳の短い生涯だった。

喫茶店の日

    歌人の穂村弘は言う。「カフェと古書店がある街は、良い街…」と。もともとヨーロッパにはタヴェルヌやキャバレのような酩酊の場所はあったが、覚醒作用の伴うコーヒーを飲む場所はなかった。イギリスのオックスフォードに最初のコーヒーハウスができたのは1650年のこと。ジェイコブスという。カフェは近代市民社会の発展と共に普及していった。日本で初めてのカフェは東京上野下谷に明治21年4月13日、開業した「可否茶館」。鄭永慶(18859-1895)という中国名前だが日本人。洋館2階建てで、新聞・雑誌を置いて閲覧させ、ビリヤード場、トランプ、クリケット、碁、将棋、図書室などが設けられていた。コーヒー1杯が1銭5厘。しかし赤字続きで明治24年に倒産。翌年、鄭は西村鶴吉という名前で渡米し、シアトルで没する。1901年ごろに新聞を閲覧させるミルクホールが出現する。1934年「喫茶店」が急増し、学生や文化人が愛用するようになった。1935年には東京の喫茶店は1万5000店を数えたという。(4月13日)

2016年4月12日 (火)

物の数え方、ウサギ一羽二羽

Pet0800    外国人が日本語を学ぶ際に、もっとも困るのが数の数え方だといわれる。ひとつ、ふたつと数えて、なぜ三がみっつになるのか、理屈がなかなかわからないからだ。また、物によって一個といったり、一匹といったりするのも、ややこしいようだ。小動物は一匹、二匹と数え、クジラなど大型動物は一頭、二頭と数える。ニワトリなど鳥類は一羽、二羽だが、ウサギは鳥ではないが「羽」と数える。江戸時代、仏教の影響で四足動物を食べるのは禁じられていたが、実際には食べていた。そこで屁理屈で「ウサギは鵜(う)と鷺(さぎ)であり鳥である」と一羽、二羽と数えるようになったとか。

   事物のさまざまな数え方(助数詞)がある。井伏鱒二が、随筆に「一台の琴」と書いたら、未知の読者から、「一台の琴では、琴もかわいそうに鳴る音を出しません。一面の琴と書いていただきたいものです。」という投書をもらったそうである。琴や田んぼやプールは「一面(めん)」、本は「一冊(さつ)」、紙(枚)、手紙「一通」だが絵葉書、写真、名刺は「一葉(よう)」と数える。和紙は「一締(しめ)」。椅子・机は「一脚」、和歌は「一首」、俳句は「一句」、仏像は「一体」。「毎度ばかばかしいお笑いを一席」と落語は「席(せき)」。大砲は「一門」、募金は「一口」、キャベツは「一玉」、膳は「一客」。お舞は一差(さし)。墓石やピラミッドは「一基(き)」、羊羹やタンスは「一棹(さお)」、ネクタイは「一掛」、靴下は「一足」、洋服・オーバーは「一着」。山は「一座」、遺骨は「一柱」、弓は「一張(はり)」。イカの数え方は「一杯(はい)」。イカが器の形に似ているから。雲の数え方は「一片」。入道雲は「一座」。

「逢引」がいつから「デート」になったのか?

Photo_5     異性と日時や場所を定めて交際すること。この「デート」だが、もともとの意味は「日付」である。これが「逢引」の意味に使われるようになったのは、日本も欧米も戦後になってからのことらしい。昭和30年代には一般的に「デイト」が若者言葉として使われるが、いつ、どのような切っ掛けで流行語となったかはわからない。弘田美枝子「渚のデイト」「夢のデイト」「夜のデイト」「青空のデイト」の頃にはもう当たり前の日本語のように使われていた。

Photo_8     田辺靖雄・梓みちよ「いつもの小道で」(1963)の歌詞「二人のデイト」とある。飯田久彦「コーヒーデイト」(1962)は原曲エディー・ホッジス「マグメイト」なので、デイトを題名に入れると流行ると狙ったのだろう。日吉ミミ「おじさまとデート」(1969)、山本リンダ「♪こまっちゃうナ、デイトにさそわれて」(1966)など多数の流行歌でデートは使って恥ずかしくない日本語として「逢びき」を凌駕した。

Photo_6     昭和30年3月20日の内外旬報の特集記事「アメリカで流行の異性の友達とは何?」では、見出しに「新しい米語デイトとはなにか」とある。つまり昭和30年頃の日本人は「デイト」という言葉が何か知らなかったようである。記事では「デイトのさようならはキッスがあたり前」と紹介したり、「ステディ(steady)」や「ダブルデイト」という言葉も解説している。斉藤光「性的ことば」によると、「デートは、占領米軍とともに、日本語文化圏に入り込み、はじめ、米兵と日本人女性がデートしていたが、やがてデート という言葉が浸透していき、1960年代には一般化した」とある。(ことばの疑問)

「ゴリ押し」の語源

Img_581968_9104282_01_3   「ごり押し」とは理に合わない事を承知でその考えをおし通すこと。語源はハゼ科の鮴(ごり)という魚の漁獲法である「ごり押し漁」が由来とされている。その方法とは、まず筵を3枚継いで、浅瀬に伏せ、小石をたくさん置いて、一方の筵の両端を2人で持ち上げる。そして、もう1人が川下から長さ3尺ぐらいの撞木で、川底をすりながら追い登っていく。ゴリが追われて、筵の上の小石に隠れようとするのを、筵と一緒に捕まえてしまう。ようするに、ゴリを無理矢理追い立てて捕獲する漁を、ごり押しといったものらしい。画像はブログ「歴史散歩とサイエンス」2012年記事からの引用です。

トロイの木馬

Trojanhorse   難攻不落を誇っていたトロヤであったが、知恵者として有名だったイタカの王オデュッセウスが、アテネの助けによって、「木馬」を利用した計略をめぐらした。オデュッセウスは、ギリシア軍に加わっていたエペイオスという工作の名人に命じて、腹が空洞になった巨大な木馬を作らせた。そしてそのなかに、ギリシア方の選り抜きの勇士たちと一緒に隠れた。その他の軍勢は、陣営を焼き払って船に乗り、沖の島の影に投錨し待機した。するとトロイの人びとは、ギリシア軍が勝利を断念して帰省したと思い、喜んで市の外に出て来た。そして木馬を戦利品として市内に引き入れ、敵の退却を祝って狂気乱舞し、歓楽の限りを尽くした。彼らが酔い痴れ疲れきって熟睡した夜更けに、木馬からギリシア方の勇士たちが外に出た。そして城門を開け、戻って来た味方の軍勢を引き入れて、市に火を放ち、不意を打たれて周章狼狽するトロイ人に対して、殺戮をほしいままにした。トロイの男たちは、かろうじて市外に逃げのびたほんの少数の落武者を除き、皆殺しにされ、女はみな捕虜にされて、略奪した戦利品の財宝などと一緒に、ギリシア方の大将たちに分配された。これが有名なトロイの木馬の話しである。「イリアス」と「オデュセイア」に出てくるこの「トロヤの木馬」の話を事実と信じ、考古学者シュリーマンは、その発掘を夢見ていた。その願いが通じて、1870年、小アジア、ダーダネルス海峡出口に面したヒッサルリクとバルカン半島のミケーネで黄金のマスクなどを発掘する。(世界史こぼれ話)

それでも地球は回っている

7c5b8aefbcc09dd85fbb0f4c98728139
ヴァチカンの宗教裁判に引き出されたガリレオ ジョゼフ・フルーリ 1846年

    1633年のこの日、ガリレオ・ガリレイの異端審問が始まった。ローマ法王庁の機密文書館がことし開設400年を迎えたのを記念し、一般公開された。目玉の一つがガリレオが異端審問にかけられた際の裁判記録。ガリレオの署名がはっきりと確認できる。

  ガリレオ・ガリレイ(1564-1642)がはじめて望遠鏡を空に向けた時、宇宙の法則はコペルニクスが正しく、プトレマイオスはまちがっていることを確信した。しかし、ガリレオの提示した理論は、いずれも当時において反論の余地ある仮説の域を脱していなかった。1600年にはジョルダーノ・ブルーノが異端として火刑に処せられている。ガリレオもまた宗教裁判において終身の自宅軟禁を言い渡され、2度とふたたびこの問題を取り上げることは禁止された。この判決の際、「それでも地球は動いている」と呟いたと伝えられる。盲目となってからもガリレオの研究は最後まで衰えることはなかった。1642年、ガリレオは熱病にかかってフィレンチェ郊外のアルチェトリで死んだ。(Galileo Galilei、4月12日)

2016年4月11日 (月)

希世の異人、王安石

    南宋の沈晦は「古えより現在に至るまで、大英才はたった三人しか現れなかった。まずは孔子。つぎは王安石と蘇東坡がセットで二人め。三人めはほかならぬ吾輩である」と言っている。三浦國雄は「王安石」(集英社)の劈頭で「沈晦が三人めに自分を加えたのはご愛嬌として、当時の人物評価を反映しており、公平である」としている。王安石のように、学・識・才の三拍子がそろっており、政治家としても傑出していた人物は中国の歴史を見渡してもざらにはいない。王安石の清廉な人柄を知る逸話を紹介する。

    王安石が知制誥(ちせいこう。詔書をつかさどる官職)となったときのこと。呉夫人は夫の王安石のために妾を一人買った。その妾を見て、王安石はたずねた。

「何だ、おまえは」

「夫人のお言いつけで身のまわりのお世話をしてまいった者です」

「どこの家の者だ」

「わたくしの夫は、軍の御用をつとめて、米を運んでいましたが、舟が沈没してしまいました。損害をつぐなうため、財産を全部売り払ったのですが、それでも足りないため、わたくしが身売りされた次第です」

王安石は気の毒そうに、

「わたしの妻は、おまえをいくらで買ったのか」

「九十万銭です」

それを聞くと、王安石は、彼女の夫を呼んで、もとどおり二人を夫婦にしてやり、そのうえ多額の金まで恵んだという。

(和田武司「宋名臣言行録」徳間書店)

   王安石(1021-86)。撫州・臨川の人。字は介甫。揚州の幕職官から諸官を歴任して翰林学士となり、神宗の信任を得て同中書門下平章事となる。革新政策を断行したが、旧法党からの反撃で、不遇な晩年であった。

   蘇軾(1036-1101)。蘇東坡。眉山の人。経書や歴史に精通し、一日に数千言を書くほどの文章家。宋代随一の詩人と称せられ、「赤壁賦」などは有名。紹聖(1094-1098)の初年、政争の犠牲となって弾劾せられて恵州に流され、さらに海南島に流された。徽宗のとき大赦で戻る途で客死。享年66歳。なお、父の蘇洵、弟の蘇轍とともに三蘇の称がある。

    ところで、王安石には、釣りをしていて魚の餌を食べた話などユーモラスな逸話が多数伝わる。若いときから学問を好み、一度目を通した書物はけっして忘れることがなかった。菓子をそばにおいて食べながら勉強していたが、菓子のなくなったのに気づかず、自分の指を噛んでしまったという。

小便小僧が作られた理由

13332017_org_4
ジェローム・デュケノア(1619年)

   ベルギーの首都ブリュツセルのグランプラスから徒歩5分にある広場に立つ高さ60cmほどのブロンズ像、マヌカンピス、一般に「小便小僧」と呼ばれる。1619年に彫刻家ジェローム・デュケノワ(1570-1641)により製作された。なぜこのようなポーズの彫刻が建てられたのか、三つの説がある。①少年がスペイン兵に小便をしたという説②ジュリアンという名前の少年がスペイン軍の火薬に小便をかけて消火したという説③迷子になった子どもが無事に発見された時のポーズの像を作ったという説。(参考:「つい誰かに話したくなる雑学ベスト」2007年) Manneken Pis

スウェーデン語とフィンランド語

   フィンランドの児童文学作家トーベ・ヤンソンはスウェーデン系フィンランド人である。1945年に書かれた最初の「ムーミン」はスウェーデン語で書かれている。スウェーデン語とフィンランド語との違いはなにか。スウェーデン語は英語と同じゲルマン系なので、基本的な単語や文法はよく似たところが多い。ところがフィンランド語は、悪魔の言語といわれるほどヨーロッパ人には習得が難しくて、一部の外来語以外、単語は全然異なっている。例えば、リンゴはスウェーデン語では「apple」エップレ、フィンランド語では「omena」オメナである。

      スウェーデン語  フィンランド語

喫茶店 kafe  カフェー    kahvilla   カハヴィラ

映画  film   フィルム     elokuva   エロクヴァ

図書館 bibliotek  ビブリオテーク kirjasto  キリヤスト

帽子   hatt   ハット     hattu  八ットゥ

海    hav  ハーヴ     meri   メリ

山     berg  ベリ              vuori  ヴォリ

川    flod  フロード    joki  ヨキ

雨    regn  レグン     sade   サデ

音楽   musik ムシーク   musikki   ムシーッキ

駅    station スタショーン rautatieasema ラウタティエアセマ

本    bok  ボーク      kirjoja  キルヨヤ

枕    kudde  クッデ     tyyny  テューニュ

鳥    fagel  フォーゲル  lintu  リントゥ

ガッツポーズの起源

Photo_10  喜びと悲しみ、愛着と嫌悪、幸福と不幸、成功と失敗など、人は様々な感情の状態をもち、快をもとめて不快をさけようとする。身体に表出される感情の変化は恥ずかしい時に赤面し、恐れた時に蒼白になるなど、自律神経系の働きによる表出にはじまり、意志的な支配する姿勢・ポーズにいたるまで、他から認知されうる種々の変化として捉えられる。

    スポーツでの喜びのポーズといえば、野球でみられるハイ・タッチ、サッカーではトンボ返りをしたり、飛び上がって喜ぶものもいる。なかでもガッツポーズは勝利を意味する最高の決めポーズである。こうした人間のもつ喜怒哀楽の感情を身体動作で全身を使って観衆にアピールすることは多くのスポーツで許されている。ただし日本での柔道、剣道、空手などの武道では禁じられている。相撲も当然のこと禁じられている。かつて朝青龍が勝ち名乗りを受けた後、土俵上で両手を突き上げた。これがガッツポーズであるのか、「ばんざい」なのか意見の分かれるところだが、内館牧子は「絶対にいけない」と批判し、鶴田卓彦は「わたし個人としては違和感がなかった」として意見が分かれた。ガッツポーズが相撲の品格を落すものという強い姿勢を示さないと、他のスポーツのように派手なアクションが次々と出て「スモウレスリング」となるであろう。また野球でも「ガッツポーズは相手に失礼」という不文律がある。大リーグではホームランを打った後の派手なガッツポーズ等は行ってはいけない行為とされている。

Imagecaxc11iy   ところがテニスとか卓球とか小さい球の競技は、一球ごとに必ず拳を握りしめる。福原愛は「サーッ!」と掛け声でガッツポーズを連発。スポーツによって考え方が違うようである。本日は「ガッツポーズの日」。1974年のこの日、ガッツ石松がボクシングWBCライト級タイトルマッチでチャンピオンのロドルフォ・ゴンザレスにKO勝ちした。この時両手を挙げて喜びを表わした姿を新聞記者が「ガッツポーズ」と表現したのが、ガッツポーズが広まるきっかけとなった、と巷間では言われているが、これは正確ではない。「勇気、気力、根性」という意味で外来語「ガッツ」が使われだしたのは1964年の東京オリンピック以降で、1970年ころには和製英語「ガッツポーズ」は既にボウリングなどで一般的に使われていた。1972年11月30日発行のボウリング雑誌「週刊ガッツボウル」が、ストライクを取った時のポーズをガッツポーズと言っている。(4月11日)

Gutsposeseen1

007


Img07265daazikazj


  日本人にガッツポーズが生まれたのは、昭和30年代の「鉄人28号」「鉄腕アトム」の決めポーズの影響が大きいと思われる。

2401 Img_history04_02

2016年4月10日 (日)

北摂の池

   豊中市周辺を散策していると池が多いことに気付く。豊中市は、神崎川を境にして南に大阪市を控え、東に箕面市・池田市と接し、西に伊丹市・尼崎市と接している。北摂周辺は雨が少なく、江戸時代、土地の高いところでは溜池を作って稲作に必要な水を確保する必要があったからである。現在みられる多くの池は溜池のなごりを残しているのである。豊中市内だけでも、北から順にあげると、樫ノ木池、安場池、長谷池、清谷池、新池、ホーキ池、梨谷池、梨谷下池、羽鷹上池、羽鷹下池、中山池、上山池、乳母谷池、尾池、金取池、山所池、蛍池、箕輪池、衛門前池、三ッ池、青池、豊州池、新池、二ノ切池、打越池、鶴田池、久保池、梶池、うつわ池、山ノ池、新宮池、菰ヶ池、中池、山の池、芦田ヶ池など。

土屋逵直(つちやみちなお)

   元禄15年、赤穂浪士が討ち入った本所松阪町にある吉良邸の北側に隣接していたのは、東側が福井藩本多家江戸屋敷で、西側が旗本の土屋主税邸である。土屋主税は正しくは、土屋逵直という名で、高提灯を掲げた人物として講談や映画の忠臣蔵で有名になっている。土屋逵直は吉良家に加勢せず、逆に塀に沿って灯りを掲げ、その下には射手を待たせ、塀を越えてくる者があれば誰であろうと射て落ちとせと命じたとある。

Photo

桃源郷

   人々があこがれるユートピア観念は理想郷訪問譚を発展させた。理想郷訪問譚は幸運な者が訪ねてそこで歓待され、宝物を与えられて戻ってくるというテーマの物語である。そこは時間までがこの世と異質で、そこでの瞬時は人間世界の数年にも数十年にも相当する。したがって不死不老の国、常世の国ともされるが、冥界同様に訪問者は往々にしてタブーを課せられ、それを破って現実世界に引き戻されるという運命を辿る悲劇の物語ともなる。浦島太郎の常世の国訪問や陶潜の「桃花源の記」などがある。「捜神後記」によれば、晋の太元年間、武陵に住む男が魚を獲りながら谷川を舟でさかのぼると、谷川は桃の花の咲く山で終わりとなった。山には小さな穴があり狭い穴のなかをしばらく進むと、突然視界が開け、広い田畑があり立派な家々が建ち並び、犬や鶏の鳴き声がのどかに聞こえた。往来する男女の服装も武陵の人びととはまつたく違い、みな満ち足り、楽しげな様子であった。人びとは漁夫を見て驚き、家に招いて酒宴をもてなした。彼らの祖先は秦の乱世を避けてこの地にやって来て隠れ住んだと語り、彼らは漢の時代も魏や晋の世のこともまつたく知らなかった。数日の滞在後、漁夫は村の人びとに別れを告げて舟で川を下り、郡役所に出頭して太守に隠れ里のことを報告した。その後、漁夫は太守の命令を受けて再び谷川を上ったが、二度と桃源郷に行き着くことができなかった。

ファム・ファタール

Filmnoir008

   ファム・ファタール(Femme fatale)とは、運命の女、宿命の女という意味のフランス語。かかわった男を破滅させる、抗しがたく美しい女。

    女性美を崇拝した19世紀のラファエル前派の青年画家たちにとって、そのファム・ファタールの女性美の虜となって破滅することは、まさに宿命ともいうべきことであった。エリザベス・シッダルやジェーン・バーデンは背が高く、息をのむように魅力的で、理知的で神秘的な女性であったといわれる。

   ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ(1828-1882)がジェーン・バーデンに初めて出会ったのはロンドンの劇場であった。当時、ロセッティはエリザベス・シッダルと婚約していたが、ロセッティとジェーンは互いに惹かれるものがあった。だが、ジェーンはロセッティの弟子のウィリアム・モリス(1834-1896)と結婚し、ロセッティはエリザベスと結婚する。ロセッティの人妻ジェーンに対する思慕は止むことはなかった。結婚2年後には、美しきリジー(エリザベス)は、アヘンチキンの飲み過ぎで死んだ。

   モリスも妻ジェーンとは不仲であった。ロセッティとジェーンとの仲も続いた。モリスは友人のエドワード・バーン・ジョーンズ(1833-1893)の妻ジョージアナを愛するようになった。

    ロセッティはやがて麻薬とアルコールによって体が蝕まれていった。晩年は、病身で、気力も衰え、外出することもなくなった。1882年4月10日、53歳で亡くなった。

死語辞典「婦人」

Photo_8     今日、「婦人」という言葉は公的な場所でほとんど使われなくなっている。1949年以来、4月10日に始まる1週間を「婦人週間」と呼んで、女性の地位向上のための啓発活動を展開してきたが、1998年から「女性週間」に改められた。これより先、1996年度に労働省(現厚生労働省)は「婦人局」から「女性局」へと名称変更を行うなど、各地の自治体の部署名や女性団体の「婦人」という名称を「女性」に改められた。なぜ婦人から女性へと、呼称が変化したのだろうか。「婦人」は、年配の女性や既婚の女性という限定的な意味合いが強いというのが理由という。しかし「婦人」から「女性」へと行政が主導的に変更した理由は、「婦」の漢字の文字構造を分解したとき、封建的で差別的な要素が認められると判断したのではあるまいか。「婦」という字が旁の部分に竹カンムリをつけると「箒(ほうき)」という字になるから、「婦」という字は「ほうきを持った女性」のことで、これは女性を家事労働にしばりつける、きわめて差別的な文字である、と一部の人が主張したのである。このような文字の解釈は俗受けするものの、古代中国の生活や文化について正しく理解しているものではなく、漢字の成り立ちから考えるとおかしい話である。この場合の箒は、戸外や一般家庭の掃除に使われるものではなく、先祖の位牌を祀った祭壇を清めるために使われるものであって、それを管轄する「婦」は、一族の中でもっとも地位の高い女性にほかならない。実際の甲骨文字などでは「王妃」という意味で使われている。「婦」が一般の女性を意味するようになるのは、ずつと後の時代のことである。だが俗受けする説は広がって、「婦人警官」「看護婦」「助産婦」などという言葉も言い換えされている。言葉狩りをすれば際限がない。

昭和34年ご成婚パレード投石事件

    1959年4月10日、皇太子の結婚式。式場の馬車パレードが二重橋を渡り、祝田橋方面に向った午後2時半過ぎ、見物の人垣の中から若い男が飛び出してこぶし大の石を投げて、さらに馬車によじ登ろうとした。男はかけつけた警備の警官に逮捕された。

    「天皇制に反対だ。こんな人を集めて道を開けさせるなどけしからん。引きずり落として訊いてみようと思ってやった。ふたりが結婚するだけで2億3千万円をつかっている。税金は福祉事業につかうべきだ。こんな馬鹿げた行事は今後いっさいぶちこわしてやる」と自供している。家にあったノートには「税金をつかう虫を殺せ」などと書かれていた。少年は19歳の大学浪人生。長野県の伊那北高校を卒業し、同志社大学を受験していたが失敗。ガソリンスタンドでアルバイトしながら勉強していた。彼は未成年なので保護観察処分となり、故郷の長野県長谷村に帰された。暴行現行犯と道路交通法違反くらいの罪しかないので、警察は少年を精神分裂症とした。もちろん精神障害はなかった。その鑑定結果をださないと、皇室の権威はもちろん、その少年とその家族の安全自体が保証できなかったからだった。妹尾義郎は「この現実は一部に流れる反皇室の気分を代表したものと思われる。3億円の巨費。それは国民の血税を投じて、この馬鹿々々しいかざり方に対する反感といえよう」と記している。(妹尾義郎日記7) ふつうの少年による天皇制反対の一行動であるが、「皇太子ご成婚パレード投石事件」に関して、日本社会はほとんど黙殺している感がある。

340410

2016年4月 9日 (土)

ジョン・ブラウンの遺体は墓の下

Johnbrownsgrave
ニューヨーク州ノース・エルバにあるジョン・ブラウン(奴隷解放運動家)の墓

  南北戦争下、リンカンが招集した北軍の志願兵によって編成された部隊のひとつに「ボストン第2騎兵隊部隊」があった。その中にジョン・ブラウンという名前の3等軍曹がいた。このジョン・ブラウンは2年前に、絞首刑に処された奴隷解放廃止運動家と偶然に同姓同名だったが、2人は全くの赤の他人だった。ある日、ジョン・ブラウンの部隊は瓦礫除去の作業をしていたが、その作業中にある兵士が「おお兄弟達よ、我らに会わないか」(1856年作)のメロディーを口ずさんでいた。それを耳にしたジョン・ブラウンの同僚が即興にある歌詞をつけて歌いはじめた。Jhon Brown's  body lies a moul dering in the grave~♪ ジョン・ブラウンの遺体は墓の下~。この替え歌はジョン・ブラウン3等軍曹をからかっているのだが、他の同僚も面白がってさらに、His soul's marching on!彼の魂は行進し続ける、と歌詞を続け、Jhon Brown's body の1番の歌詞が完成した。この替え歌は、さらに他の部隊に広められ人気を博した。数年後、ジュリア・ウォード・ハウによって修正され「リパブリック讃歌」(1862年)として発表されるや、直ちに北軍兵士の間で最も人気の高い歌となった。やがて世界中で様々な替歌がつくられる。「おたまじゃくしはカエルの子」や「「ごんべさんの赤ちゃん」「ともだち讃歌」。CMソング「ヨドバシカメラの歌」もその一つ。

中陰飾り

Img_naka02   連続テレビ小説「とと姉ちゃん」。父竹蔵が亡くなった。祭壇には白木の位牌や胴骨箱が祀られている。長女の常子は父との約束を守り、泣かずに母や妹たちの面倒を健気にやっている。そして月日は四年が経ち、昭和10年4月。ドラマは来週からヒロイン高畑充希へとバントされた。

実篤忌

Clip_saneatsumusya   1976年のこの日、武者小路実篤の忌日。実篤が書いたものは、どんなものでも何度でも繰り返し読みたくなる。単純明快で気持ちがいい。たとえばこんな文章。

   「人間はたえず進むべきである。他の人のことは問題にするな。するなら、自分が尊敬しないでいられない人々を問題にすべきだ。元気に何ものも恐れずに生きる点ではホイットマンを。寂しくってまいっている時は、もっと苦しい谷をさまよったドストエフスキーを。良心のするどさでは、トルストイを。おちつきはらってまちがいない道を悠然と歩く点ではゲーテを。勿論、そう簡単に言い切れないが、我等は我等よりすぐれた人々がこの世界に何人も何人もいてくれたのだから、その人達のことを思って、自分の力の不足を知るべきだ。自分の力の不足を先ず知ることは、人間を不平家にしない。「勉強、勉強、勉強のみよく奇蹟を生む」自分はそう思っている。(「人生論」 昭和13年) 4月9日

南北戦争とリンカーン

Photo_2
  フォード劇場の向かいの宿屋ピーターセン・ハウス

   南北戦争が終わったのは1865年4月9日である。その5日後の4月14日、リンカーンはフォード劇場で観劇中にジョン・ウィルクス・ブース(27歳)によって撃たれた。ただちに劇場の通りを隔てた宿屋に運ばれて手当てを受けたが、翌朝4月15日7時22分、息をひきとった。犯人のブースは南部連合を支持する狂信的な俳優だったが、事件現場から馬で立ち去った。26日に、ヴァージニア州の田舎家の納屋に潜んでいるところを、連邦軍の放った火の中で射殺された。

2016年4月 8日 (金)

オイカワ魚名論争

Oikawa

淡水産の小魚オイカワは釣り人の最も好む魚種の一つである。東京ではヤマベまたはハヤ、栃木の一部ではアカバラ、関西ではハス、ハイ、ハエなど呼名が多い。和名オイカワの語源には古来から論争がある。①河で、魚を追い上げて漁をすることから「追河」となった(広辞苑)②水中でお互いに尾を追いて闘うことから「追川」となった(大言海)③和漢三才図会には「この魚、京洛の大堰川に多し。京にて俗に「オイカワ」という。大堰川は嵐山付近の川をいう。大堰川説が最も有力である。

アノミア「LAKE」

Photo

 イングランド北西部には湖水地方として美しい風景の丘陵地帯が広がる。「森と湖の国フィンランド」は湖沼面積が国土面積の17%を占めている。みずうみはフィンランド語で、jarvi ヤルヴィ。

  「みずうみ」のアノミア(失名辞)

琵琶湖、霞ケ浦、サロマ湖、猪苗代湖、中海、宍道湖、屈斜路湖、支笏湖、洞爺湖、浜名湖、小川原湖、十和田湖、北湖、田沢湖、印旛沼、摩周湖、諏訪湖、檜原湖、山中湖、池田湖、児島湾淡水湖.阿寒湖、中禅寺湖、池田湖、クッチャロ湖、熊取湖、風連湖、厚岸湖

世界のおもな湖
カスピ海、スペリオル湖、ヴィ久トリオ湖、ヒューロン湖、ミシガン湖、タンガニーカ湖、バイカル湖、グレート・ベア湖、グレート・スレーヴ湖、エリ―湖、ウィニペグ湖、マラウイ湖、オンタリオ湖、ラドガ湖、マラカイボ湖、パトス湖、オネガ湖、トゥルカナ湖、ティティカカ湖、ニカラグア湖、ハンカ湖

春の猫

01121343   猫が交尾期になり、さかるのを「猫の恋」という。夜昼を問わず、物狂おしく鳴き立てて、妻恋う猫が往き来する。人も怖れず雨風にも怯えず、ろくろく家にも居つかない。何日もの後やつれ果てて帰ってくる。恋猫。うかれ猫。春の猫。猫の妻。孕猫。

又ここに猫の恋路とききながし(虚子)

   4月8日は高浜虚子、1959年の忌日。虚子忌。椿を愛し、法名を虚子庵高吟椿寿居士ということから、椿寿忌ともいう墓は鎌倉の寿福寺にある。

C0195297_1291371  

参考書の日

2013021620971thumb  本日は「参考書の日」。花祭りの日であり、全国的に入学式が多いこの日が選ばれた。参考書とは主に受験用の参考書であり、合格した者にとっては不要となることも多い。したがって街角で紙ゴミの日に紐で縛った新しそうな本が捨てられているのをよく見かけるのもこの頃である。

   「参考書」という語は、本来は「調査・研究・学習などの参考にする書」(広辞苑)であり、もちろん受験生だけのものではない。公共図書館の奉仕業務の一つに参考事務がある。図書館の利用者が、職員に「大鏡ありますか?」とたずねたところ、職員は「トイレに大きな鏡があります」と答えた。大鏡は、もちろん平安時代後期の歴史物語であるが、職員は大型ミラーと勘違いしたのである。これは単なる笑い話であるが、職員の技量の問題というよりも、図書館の奉仕活動のあり方やレファレンス・サービス(参考調査)組織的な問題でもある。(4月8日)

朝鮮族のブランコ乗り

Img

    大きなブランコ乗りは朝鮮族の良家(両班)の娘たちの伝統的な遊戯である。その歴史は古く朝鮮王朝以前の高麗時代にさかのぼる。「春香伝」には試験を控えた夢龍が春の野の中でクネ(鞦韆)を漕いでいる一人の美しい女性、春香を見て恋に落ちる場面がある。夢龍ならずとも華やかなチマの裳裾が風にふわりふわりとふくらみひるがえる様子には胸ときめかす風情があろう。朝鮮では、旧暦4月8日から5月5日までの期間、女性が特設の長いブランコを楽しむ風習(クネトゥィギ)がある。大きな木の枝に縄を張り、足板を付けて作る。縄の長さは相当に長い。村の広場などで、どこまで高く漕げるか、女性たちは競技をしていたという。

    日本でもブランコは「由佐波利」(ゆさはり)とか漢語で「鞦韆」とも呼ばれ古くからあった。しかしブランコは子どもが楽しむもので朝鮮のような長いブランコはなかった。語源はポルトガル語balanco からとの説、その形から「ブラリ」「ブラン」から由来する説などあるが明らかでない。

N81068ecc11993d3e0c99a4f8df55c9b270fe

ミロのヴィーナスの両腕

397305055810999  本日は「ヴィーナスの日」。1820年のこの日、エーゲ海のメロス島の農夫がヴィーナス像を発見した。ルーヴル美術館の至宝ミロのヴィーナスは理想のプロポーションといわれる。上半身と下半身の比率が1対1.618で、人間が最も美しいと感じる黄金比だそうである。両腕がないことも全身が露わになって魅力を増している。失われた両腕は本来どのようなしぐさをしていたのだろうか。右手は衣のすそを抑えるように下にたれて、左手は筋肉の隆起から見て、前にだし肩よりは少し上でリンゴを持っていたと考えられる。(keyword;Venus de Milo,Golden Ratio、4月8日 )

2016年4月 7日 (木)

三日見ぬ間の桜かな

Img_0001_3 加治川の桜

 関西ではいまが桜は満開である。しかし今日の雨が散らしの雨となった。「世の中は三日見ぬ間に桜かな」三日外に出ないでいたら、桜の花が咲き揃っていたという俳句。あるいは、散っていたのかもしれない。この大島蓼太の句は世の中の移り変わりの早さを桜に例えたものとして受け止められ、「三日見ぬ間の桜」ということわざになっている。ともかく桜前線はこれから日本列島を北上していく。   

    雪が溶けると北国には急速に春が訪れてくる。シベリアの季節風がもたらす豪雪の底で暗い冬に押しつぶされされそうになっていた人びとは、長い冬ごもりから解放されて頭上に広がる青い空を見つける。新発田市の北方に位置する加治川の桜は、そうした新潟の春のプロローグである。加治川の桜が咲き、越後平野のチューリップが花開いて春はいよいよたけなわになっていく。

   新潟は明治以降の本格的な河川の治水工事により、農業は米どころの越後平野を中心として飛躍的に発展してきた。耕地の大部分は水田耕作で、県民経済の稲作への依存度が高い。畑作では、新津、白根、五泉のチューリップ栽培が有名である。

本のある風景

2009102206_l

  オーストリアのプルンクザール図書館は世界一美しいバロック様式の図書館。1726年、ヨーゼフ・エマニュエル・フィッシャー・フォン・エアラッハが王室図書館を建設した。蔵書は約20万冊、対トルコ戦争で活躍したサヴォイのブリンツ・オイゲン公(1663-1736)の蔵書15000冊や、マルティン・ルターの蔵書で知られる。

A_ph_1250036

  本のある風景は心に安らぎをあたえてくれる。お茶の水女子大付属・高等女学校1936年10月撮影。当時としてはかなり充実した学校図書館のようである。

C81510e6e7395b0fd0be78dcfe0059cd Johnspoonerflickrbartonstaceyphoneb

身近なミニ図書館。使われなくなった郵便ポストや電話ボックスをミニ図書館に再利用している。

Jzre0_aust_13

Image_mini

Iwate_rikutaka110717_463

20140606_18_39_04

97a10430

Tumblr_mn42hnndzv1qz56bgo1_1280

Library_on_bike_wheels_renattodsous

T02200145_0480031712894310643
  東京都青梅市移動図書館(1954年)

Photo
 フィンランドの書店

 

__755841

「わたしの小さな本棚」 珍しい事が書かれていて、造本が美しく、選びぬかれた役に立つ本が集められている。そんな理想の本のコレクションを心がけたい。 ( Prunksaal,Prinz Eugen )

メキシコの人口問題

    日本とメキシコの人口は、ほぼ同じで若干日本のほうが多い。メキシコ1億2233万人(2013年)、日本1億2730万人(2013年5月1日推定)

    やがて人口総数では日本がメキシコに抜かれる。人口構成のグラフをみると、日本が壷型なのに対して、メキシコは20歳以下が多く、ピラミッド型である。メキシコの人口は、20世紀初頭から死亡率が低下し始め、出生率は高水準を続けたため、人口増加の一途を辿っている。しかも農村から都市への人口移動が激化し、都市人口割合は1970年代初頭には6割に達し、大都市周辺のスラム問題が深刻化している。カトリックの国柄もあって、東アジア諸国のような強力な人口政策を推進していない。

Mexico_population_pyramid_2011_char
  メキシコ 2010年

060922pira
  日本 2010年

道鏡と宇佐八幡神託事件

    772年のこの日、道鏡が下野・薬師寺別当の配流先で没した。道鏡「続日本紀」では俗姓弓削氏。河内国志紀郡弓削に生まれる。生年は明らかでなく、義淵(?-728)の弟子で孝謙天皇(718-770)より年長らしいとの推定から8世紀初頭の生まれといわれる。出家後葛城山に籠り梵学と如意輪・宿曜(すくよう)の秘法を修得。下山、東大寺に入り、761年近江保良山宮に孝謙天皇を看病し、忽ちに寵愛を受け、763年少僧都に昇進。藤原仲麻呂失脚後、大臣禅師・太政大臣禅師を経て、766年、法王となる。この時、称徳(孝謙重祚)天皇には皇太子未定で、女帝は仏教政治の理想を持っていたので、太宰の長官中臣阿曽麻呂は道鏡に媚び、宇佐八幡の神託と称して、「道鏡を天位に即かしめば天下太平ならん」とした。これまで臣下が即位した例はなく、さすがの天皇も悩み、和気清麻呂(733-799)を宇佐八幡につかわした。和気清麻呂は「無道の人を除くべし」という神託を奏上し道鏡の怒りをかい、名を別部穢麻呂(わけべのきたなまろ)とかえられて大隅国(薩摩)へ配流された。これが宇佐八幡神託事件である。

   八幡の宣託を奏上した中臣習宜(すげ)朝臣阿曽麻呂とは、どんな人物であるか。天平神護2年6月に正6位上から従5位下にのぼり、神護景雲元年9月豊前介に任ぜられ、おそらく翌2年中から3年の初めにかけての間に、太宰主神(だざいのかんつかき)となって、道鏡の弟である太宰帥弓削浄人(きよひと)の配下に属することとなった。道鏡の勢力が九州にも及んでいたことがわかる。

   参議藤原百川(732-779)は清麻呂に同情し、兄の参議良継、従兄の左大臣永手らと相談して、天智天皇の孫である白壁王を迎えて位に即かせた。光仁天皇である。

   称徳天皇は770年、由義宮に滞在中に没した。8月21日、道鏡は失脚し、下野国薬師寺別当となり、772年4月7日、その地で死んだ。

科学の子

Photo    本日は2003年「鉄腕アトムの誕生日」。子どもの頃、映画「禁断の惑星」に登場したロビーというロボットで遊んでいた。最近、「ジェミノイドF」という笑顔やまばたきもする本物そっくりの若い女性のロボットが1体1千万円で販売されるという。あまりに美しいのでダッチワイフではないかと疑いたくなるのだが。やはり21世紀だ。宇宙少女が夢を実現して、宇宙へ向けて旅立った。「ミッション・スペシャリスト」というネーミングも格好いいライセンスだ。今後ますます宇宙飛行士になる女性は増えるだろう。「ミッション」ときくと直ぐに「ミッション・インポッシブル」と連想するが、彼女は不可能を可能にしてしまった。手塚治虫が描いたアトムの時代に人類は近づきつつあるようだ。(4月7日)

 

愛馬の日

600x4502011091100065

   日清・日露の戦争で我が国の馬が小さくて軍馬として役立たなかったことを心配された明治天皇が1904年のこの日に「日本の馬を改良して立派な馬になるように計画せよ」と御沙汰されたのにちなんで、1939年にこの日が「愛馬の日」と制定された。戦後は軍事と関係が深いとして扱われなくなった。現在の「愛馬の日」は日本中央競馬会・馬事公苑が、馬に親しんでもらう日として「秋分の日」を充てて実施している。現在、4月7日は「戦没馬慰霊祭の日」と変更されている。(4月7日)

放哉忌

Hosai_shouzou    俳人・尾崎放哉の1926年の忌日。「咳をしても一人」などの自由律俳句で知られる尾崎放哉(1885-1926)は、大学生時代、従妹の沢芳衛と恋仲であった。彼の俳号は「芳哉」といい、彼女が日本女子大学を卒業するとき結婚を申し込んでいる。だが、周囲から結婚を反対され、芳衛との結婚を放擲する意から俳号を「放哉」に変えたといわれる。以後の放哉は酒を飲むようになり、酔えば言動も粗暴になった。東大卒業後は東洋生命保険会社、朝鮮火災保険と出世したものの、人生に疑問をいだき、托鉢生活を始め、放浪孤独の生涯を送った。小豆島西光寺の奥の院南郷庵にはいって、門外不出の生活を半年余り続け、大正15年4月7日夕刻、近所の漁師夫婦にみとられながら死去した。享年42歳。

2016年4月 6日 (水)

「イ」 事項索引インデックス

Iigiri2   「飯桐」イイギリ科の落葉高木。暖地の山地に自生。秋に南天に似た赤い実をつける。▽イカレポンチとは「いかれた男」の意味。獅子文六「自由学校」(1950)から流行語になった。▽「イカロス」は父が発明した翼をつけて空中高く飛んだため、翼が太陽熱で溶けて、イカリオス海に落ちて溺死した。▽「イーストエンド」はロンドンの下町。貧民窟で有名。 ▽1933年、岩倉具視の孫娘「岩倉靖子」は日本共産党の活動に参加して検挙される。▽「イディシュ語」東欧のユダヤ人に用いられる言語。▽「インキュナブラ(incunabula)15世紀ころ西欧で作られた最初の金属活字印刷物のこと。▽「イヒチオール」Ihthyol消炎・殺菌剤。▽「イルガ―トル」irrigator 輸血・膣洗浄・浣腸などに用いる医療器具。▽「五浦海岸」茨城県の那珂川河口付近にある美しい海岸。岡倉天心はこの五浦海岸を東洋的な風景ととらえ、1906年に日本美術院を東京からここに移し活動の拠点とした。▽「イスカリオテのユダ」イエスに選ばれた12人の弟子の1人。イエスを銀貨30枚で売ったことから、裏切り者の代名詞のような存在。十二使徒の会計係をしていた。後悔し、首を吊って自殺する。▽両側の表わすものが等しいという記号「=(等号、イコール)は1557年イギリスの数学者ロバート・レコード(1510-1558)によって考案された。ただし当初は「=」ではなく、「Z」のような形だった。あまり普及しなかったが、トマス・ハリエットが再び使用し、広まった。▽「医心方」30巻、平安時代の宮中医官・丹波康頼による日本最古の医学書。▽「インケツ」最低最悪の絶望的な状態のこと、またはそんな状態を招く厄病神のようなヤツのこと。(いいいい)


夷(い)
匜(い) 古代中国で水や酒を注ぐために使用された容器)
居合術
イアーゴ(「オセロ」に登場する悪人の副官)
イアコ川(Iaco ブラジル)
イアス(Iacu ブラジル)
イアロス島(Yiaros ギリシャ)
慰安婦問題
イアンボス(古代ギリシャの古典詩に用いられた韻脚形式)
言い出しっ屁
イヴォルガ(ロシアにある匈奴の集落址 Ivolga)
イーヴァント,ハンス・ヨアヒム(ドイツの神学者)
イースター
イースター島(チリ)
イーストウッド,クリント(俳優)
イーストエンド(ロンドン)
イーストマン,ジョージ(写真技術者)
イーストレーキ,フレデリック(博言博士)
イーゼル
E.T.(スティーブン・スピルバーグの映画)
イーデン,ロバート(イギリスの政治家)
イートン・ランバート症候群(筋無力症症候群)
飯岡(千葉県)
飯尾彦六左衛門尉(応仁の乱頃の京都の人)
飯篠長威斎(いいざさちょういさい)室町時代の刀槍術者
飯島魁(いいしまいさお) 寄生虫学者
飯田(長野県)
飯田橋事件
飯田蛇笏(俳人)
飯田忠彦(幕末の歴史家)
飯塚(福岡県)
飯塚琅玕斎(いいづかろうけんさい) 竹芸家
井伊直弼
飯沼正明(飛行士)
飯盛山(福岡県)
飯山(長野県)
伊井蓉峰(俳優)
イヴァン3世
イヴァン4世
イエイツ,フランセス
イエス・キリスト(Jesous Christos)
イエズス会
イェスペルセン,オットー(言語学者)
イエスの方舟
イェタン(韓国の結納)
イエーツ,ウィリアム・バトラー(詩人)
イエーツ,ピーター(映画監督)
家つきカーつきババア抜き
イェ―テボリ(スウェーデン)
イエップ,ローレンス
イエドヴァブネ事件
イエナ(ドイツ) Jena
家永三郎
イェニチェリ(オスマン帝国の常備歩兵軍団)
イエメン
イェルマーク
イエローカード
イエローページ
イエローストーン公園
イエンセン,バージニア・アレン
イオウ
硫黄島
イオニア海
イオン交換樹脂
伊賀
威海衛
囲郭都市(いかくとし)
イカす
伊香保温泉(群馬県)
胃カメラ
怒りの葡萄(スタインベックの小説)
イカレポンチ
イカロス
壱岐島(長崎県)
イギリス
生きる(黒澤明の映画)
イグアス滝(ブラジル)
育英事業
イクター制(徴税権)
イクチオステガ(古生物)
イグナティウス・ロヨラ
生野の変(但馬国生野で尊王攘夷派が挙兵)
イグルー(エスキモーの冬の住居)
池田市(大阪府)
池田小児童殺傷事件
池田大作
池田勇人
池田屋事件
生け花
イケメン
いこい(タバコ)
韋后
イコール
イコン(icon 聖像画)
イサウリア朝
いざ鎌倉
イサク(Isaac イスラエル族長のひとり)
いざなぎ景気(1965年から70年にかけての好景気)
イザナギとイザナミ
諫早湾干拓
イサベル
イサム・ノグチ
イザヤ(Iaaich 旧約聖書の預言者)
石井茂吉
石井十次(キリスト教社会事業者)
石井・ランシング協定
石狩平野
石川啄木
イシス(エジプトの女神)
イシドルス偽文書
石の上にも三年
石橋を叩いて渡る
石橋湛山
いじめ
石山本願寺
イシュポシェテ(サウルの息子)
イシュマエル(アブラハムとハガルの間の息子)
衣食足りて礼節を知る
因斯羅我(いしらか)
維新
以心伝心
医心方
伊豆
渭水
渭水の戦い
イスカのはし
イスカリオテのユダ
イースター島(チリ)
イスタンブール
イスパニア
イスファハン(イラン)
イズミル(トルコ)
出雲大社
イスラエル
イスラマバード(パキスタン)
イスラム教
イスンシン(李舜臣)
伊勢暴動(地租改正反対一揆 1876年12月)
伊勢物語
急がば回れ
イソクラテス
イソップ
磯のあわびの片思い
イタイイタイ病
板垣退助
いたちごっこ
板付遺跡(福岡市)
イタビラ鉄山(ブラジル)
イタリア
イダルゴ
イタンキ浜事件
市川市(千葉県)
イチジク
一事不再理
市場
一億円拾得事件
一富士、二鷹、三茄子、四扇、五煙草、六座頭
一網打尽
一揆
一挙両得
一刻千金
一姫二太郎
一里塚
厳島
一級河川
一休宗純
一向宗
一神教
一票の格差
イッソスの戦い
五浦海岸
イデー(idee)
イデア論
イディシュ語
イデオロギー
いて座
囲田(いでん,宋代の田制)
緯度
糸魚川(新潟県)
伊土戦争
稲荷
いなりずし
稲荷山古墳(埼玉県行田市)
イナンナ(Inanna メソポタミアの愛と豊穣の女神)
イニシアチブ
イヌイット
伊能忠敬

犬追物
犬養毅
犬も歩けば棒にあたる
犬山市(愛知県)
イネス,ハモンド
井の頭公園
猪瀬直樹
イヒチオール
イプセン,ヘンリク
イブン・サウード
イブン・シーナー
イブン・バットゥーン
イブン・ハルドゥーン
イブン・ルシュド
イベリア半島
異邦人
イミタチオ・クリスチ
移民法
イムホテプ
イモ
いもち病
イヤミ
イヨマンテ(熊祭り)
イラク
岩倉具視
岩崎弥太郎
岩瀬忠震(いわせただのり)
イラワジ川(ミャンマー)
イラン
イリアス
入江九一(尊王攘夷運動の志士)
入江惣兵衛(池田屋惣兵衛)
入江美樹
入江若葉
西表島(沖縄県)
イリオモテヤマネコ
イリ事件
イリ条約
イリノイ州(アメリカ)
医療保険
イルガートル
イルクーツク(ロシア)
岩手県
岩戸景気(1958年から61年にかけての好景気)
岩波文庫
岩のドーム
イワン
インカ文明
因果応報
殷鑒遠からず
インキュナブラ
殷墟
インケツ
隠元
因業
印刷
陰山山脈
印象派
殷汝耕
インスリン
院政
姻族
院体画
インダス文明
インターラーケン(スイス)
インターナショナル
インターネット
インディアナポリス
インディアン強制移住法
インディオ
インディーズ(独立プロ系の作品)
インディラ・ガンディ
インテリゲンツィア(intelligentsia 知識階級)
インド
インドシナ
インドネシア
インド・ヨーロッパ語族
インドラ
因縁
因島
インパナティオ(Inpanatio 「パンの中にある」の意)
印旛沼(千葉県)
インパール(インド)
インピリアル谷(米国カリフォルニア州)
インプレーサ(標語付き図案)
インフレーション
インペラトル
インペリアル運河(スペイン)
インノケンティウス3世(教皇)
インム二テート(immunitat 不可侵権)
陰陽家
陰陽五行説
韻律学
飲料
引力
印籠

読めない漢字「繧繝」

Ungensihou1 繧繝(うんげん)

   連続する菱文に筋を添えた、繧繝錦の畳のへりの文様。最も格の高い畳縁で、天皇、三宮(皇后・皇太后・太皇太后)、上皇などに用いられる。

羇縶(きちゅう)

  馬の頭の飾りのひもと、たづな。旅の支度。

輸贏(ゆえい)

  勝ち負け。勝敗。贏は勝つ。

顛躓(てんち)

   くつがえりつまずく。

楞伽経(りょうがきょう)

  釈迦がスリランカで説いたとされる経典の一つ。

赤毛のアンとアイスクリーム

   モンゴメリーの「赤毛のアン」の一節。

   「来週、日曜学校のピクニックがあるの。リンドおばさんがアイスクリームをこしらえてくれるんですって。考えてもみてよ!アイスクリームよ!ねぇ、マリラ、わたし行っていい?」「アイスクリームって食べたことないの、どんな味かってダイアナが説明しようとしたけど、アイスクリームだけはわたしの想像をおよばないらしいわ」この物語の時代は、モンゴメリが小学生だった1880年代の頃、グリーンゲイブルズではまだアイスクリームは特別な食べ物だったようです。

    アンが生れて初めて食べたアイスクリームは市販のものではなく、手作り。新鮮な牛乳、卵、砂糖、バニラ、小麦粉などを入れて作る。言葉にできないほどおいしいものだ。

    日本でも高村光太郎と智恵子が日比谷松本楼でアイスクリームを食べたという話があるが、大正時代のこと。

太ったナターシャ

   「戦争と平和」のナターシャといえば、健康で活動的な美しい娘、オードリー・ヘプバーンのように細い体をイメージする。トルストイの「戦争と平和」を読んだのは14歳の頃で、旺文社文庫の縮約版だった。晩年のナターシャについて次のような翻訳がされている。「結婚後のナターシャの姿は社交界ではあまり見られなかった。たまに見かけた人々も、あまり彼女には感心しなかった。愛嬌もなければ、親切でもなかったからである。ナターシャは別に孤独な生活が好きだというわけではなかったが、妊娠したり、出産したり、育児や夫の世話に夢中になっていると、社交界のほうをあきらめない限り、そうした要求を満たすことはできなかった。結婚前のナターシャを知っている人たちは、この変化を異常のことのように思っていたが、老伯爵夫人だけは、この変化が、家庭を持ちたいという要求によるものであることを知っていたので、別にこれを不思議とは思わなかった。」これは原文をかなり縮訳しているようで、藤沼貴の訳では次のようにある。「彼女は太り、横幅が広くなってしまったので、このたくましい母親が、昔は細い、敏捷なナターシャだった、と見て取るのは難しいほどだった。」とある。ナターシャとピエールは1813年に結婚して、1820年には4人の子供がいた。ロシア人の女性であるから、さぞかし太っていたことは想像するに難くない。映画にはそのようなシーンがないが、太ったナターシャというのは、幸せな結婚生活を意味しているわけで、大作の結末としてはとても重要な要素のひとつと考えられる。

板垣死すとも、自由は死せず

090607ep000 1882年のこの日、板垣退助は、岐阜で演説を行っての帰途に刺客に襲われた。そのときの名文句が「板垣死すとも、自由は死せず」である。はたしてこの言葉が板垣の口から出たものかどうか確証はないが、一説では司法官で歴史学者の尾佐竹猛(おさたけたけし)によったもの、あるいは犯人を取り押さえた内藤魯一(ないとうろいち)がいったもの、日本立憲政党新聞の記者・小室信介の創作説などがある。このとき板垣は死なず、本当に亡くなるのは事件から37年のちである。

   事件は午後6時すぎ、愛知県の士族相原尚褧(なおぶみ)が、演説を終えて会場の玄関から出てきた板垣を襲い、短刀で胸を刺した。板垣の受けた傷は、胸・頬・両手など合計7ヶ所であるが、いずれも致命傷にはいたらなかった。しかし板垣遭難の報は全国に飛び、各地の自由党員は手に手に刀や鉄砲を持って岐阜に駆けつけ、政府弾劾の声をあげた。こうして板垣は、自由主義の英雄となった。現在遭難の地・岐阜公園内に建てられた板垣退助の銅像がある。(4月6日)

ナンセン北極海航路の発見

Np019982_2    本日は「北極の日」。1909年のこの日、アメリカの軍人ロバート・ピアリーが北極点に到達した。フリチョフ・ナンセン(1861-1930)ら13人の隊員を乗せたフラム号は、北極探検に1893年6月24日、オスロを出帆した。9月22日、フラム号は北緯78度50分、東経133度37分の地点で氷に閉じ込められた。ナンセンはヨハンセンを伴って下船し、犬ぞりとカヤックを使ってさらに北へ進み、前人未踏の北緯86度13分6秒という最高緯度に達した。途中でF・ジャクソン探検隊と出会い、1896年8月13日、ノルウェーに帰ってきた。

   ナンセンは北極点に到達することができなかったが、この冒険が北極の最も大事な流れ、地球の温度分布に多大な影響を与えるトランス・ボーラー・ドリフトのPeary1発見につながった。1909年4月6日、アメリカのロバート・ピアリー大佐(1856-1920)、マシュー・ヘンソンらによって北極点への到達は達成された。

ロバート・ピアリー

( keyword;North Pole,Fridtjof Nansen,Robert Edwin Peary )

小栗上野介忠順と群馬

Photo
倉渕・水沼河原にある供養碑には「偉人小栗上野介 罪なくして此所に斬らる」と刻まれている
 

    小栗上野介忠順(1837-1868)の業績は数多い。はじめてアメリカから軍艦を買い入れたのも、現在の横須賀の地に造船所と鉄工所を創設したのも、湯島鋳造所を改善して大砲や小銃、新兵器などの製造に力を尽くしたのもすべて小栗上野介の力である。また、フランス陸軍から教師を招来し、はじめてフランス式の強力な陸軍をつくりあげた。また日本における徴兵制度の基礎ともいうべき「賦兵の制」をつくり、洋式訓練を行ったのも彼である。明治元年、岩倉具定から上野介追捕令が出され、5月27日、権田村鳥川(群馬県高崎市倉渕)のほとりで斬首された。42歳の若さだった。赤城山麓には上野介が幕府の軍用金を埋めたといわれる伝説がいまも残る。(4月6日)

2016年4月 5日 (火)

サッカーとフットボール

20120730_033214

  「soccer」という名は「association」の「soc」に「-er」を加えて簡単にした米語である。イギリスでは11世紀のはじめごろからフットボールが行なわれていたが、規則がまちまちであったので、1863年、イギリス・フットボール協会ができたときに、規則を統一した。この協会が決めた規則によるフットボールが「Association football」である。世界の多くの国ではこのスポーツを「フットボール」と呼ぶが、アメリカ人は「サッカー」と呼ぶ。

英語 football  フットボール

ドイツ語 Fubball フースバル

フランス語 football  フットボル

イタリア語 calcio   カルチョ

スペイン語 futbol  フットボル

チェコ語 fotbal  フォトバル

スウェーデン語 fotboll  フォートボール

フィンランド語 jalkapallo  ヤルカバッロ

オーロラ

Auroravillage    オーロラは、太陽で発生した太陽フレアなどで発生した電気を帯びた粒子が地球に到達し、大気中の粒子と衝突して発光する現象。北極や南極にあらわれるオーロラはさまざまな色の光がいくえにも重なり、夜空にゆれ動く虹のカーテンのように美しい光景である。オーロラはまれに低緯度でも観測されることがある。1953年から54年にかけて北海道の測候所で北西の空に淡紅色のオーロラが観測された。また地球上だけではなく、火星や木星・土星、それに天王星でも見られる。

   「オーロラ(aurora)」というのはローマ神話の暁の女神アウロラ(Aurora)に由来する。しかし北欧においてはオーロラという言葉はあまり一般的ではない。ノルウェーゴ語やデンマーク語ではオーロラのことを「nordlys(ノーリス)」と呼ぶ。スウェーデン語でも「norrsken(ノルシェーン)」といい、どちらも「北の光」という意味である。フィンランド語だけは大きくちがって、「revontulia(レヴォントゥリア)」という。

一視同仁

   朝ドラ「あさが来た」全156話の平均視聴率が23.5%と大好評だった。ヒロイン波瑠は4月からの日本テレビ連ドラ「世界一難しい恋」で嵐・大野智を一目惚れさせる美人OLの役に抜擢されている。長い下積みの苦労があった波瑠の座右の銘が「一視同仁」(いっしどうじん)。すべての人を、差別しないで、平等に扱うこと。視(みること)を一(おなじ)にして、仁(おもいやり)を同じにする、ということ。えこひいきしない場合にも用いる。唐の韓愈のことば。

世界の有名な海岸

   海岸の地形は、大きく砂質海岸と岩石・崖海岸の2つに分けられる。岩石海岸はリアス式海岸と呼ばれるものに代表されるように、屈曲に富んだ海岸線をもち、直接山地が海に続いている海岸であって、その中には小規模な砂質海岸が随所に見られる。

    周囲を陸地に囲まれた内海や湾で、船舶を停泊させるのに良い条件が満たされた場所は、天然の良港として、歴史的に発展を遂げてきた。アレキサンドリア、ピレウス(アテネ)、コンスタンティノープル、ジェノヴァ、香港など。

   世界の海岸で名が聞こえたものを記すと、氷河作用をうけたフィヨルドでは、ノルウェーのソグネ、ハルダンゲル、ガイランゲル・フィヨルドなど、カナダの太平洋岸ではリン・キャナルの海岸、南アメリカのパタゴニアではマジェラン海峡やビーグル・キャナルの景色が有名である。北アメリカの西海岸では、サンフランシスコの浜、南アメリカではリオ・デ・ジャネイロのコパカバーナやイパネマ海岸など美しい海岸がある。地中海の海岸ではリヴィエラやアマルフィ海岸が保養地として知られる。このほかハワイのワイキキ、タイのパッタヤー・ビーチなど。

「よ」 ファースト・ネームから引く人名一覧

Stalinjoseph1930    ヨシフ・ビサリオノビチ・スターリン(1878-1953)はソ連の政治家。19歳で革命運動に入り、投獄・流刑・脱走を繰り返し、露十一月革命にレーニンを助けてボリシェヴィキ内に重きをなした。レーニンの死後、カーメネフ、ジノヴィエフなどを抑えて、ソ連の最高指導者となり、新経済政策を完遂し、数次の五ヵ年計画を推進、第二次世界大戦には社会主義国家の防衛に努め、戦後ソ連を2大強国の1つにした。だが死後に開かれた1956年のソ連共産党大会では専制的傾向はスターリン主義として批判された。

ヨアヒム・フォン・ザンドラルト
ヨアヒム・リッター
ヨアヒム・ワッハ
ヨアン・グリフィズ
ヨースタイン・ゴルデル
ヨーゼフ・ゲッペルス
ヨーゼフ・シュンペーター
ヨーゼフ・ソンパティ
ヨーゼフ・ロート
ヨハネ・パウロ1世
ヨハネ・パウロ2世
ヨハネス・アモス・コメニウス
ヨハネス・グーテンベルク
ヨハネス・ケプラー
ヨハネス・フェルメール
ヨハン・ガーナー・アンダーソン
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲー
ヨハン・ウィルヘルム・クライン
ヨハン・グナール・アンダーソン
ヨハン・クライフ
ヨハン・グンナー・アンダーソン
ヨハン・ゲオルク・ハーマン
ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ
ヨハン・シュトラウス1世
ヨハン・シュトラウス2世
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
ヨハン・テッツェル
ヨーハン・ハインリヒ・ブリンガー
ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチ
ヨハン・フォン・ルクセンブルク
ヨハン・ホイジンガ
ヨハン・ロイヒリン
ヨーヨー・マ

「ウ」事項索引インデックス

Namibia_2006_1153654200_pict0434  「ウェルウィッチア」ナミビアからアンゴラにかけてのナミブ砂漠に原産する裸子植物で雌雄異株。世界最長の葉をもち、推定寿命は1000年以上。「奇想天外」ともいう。▽「ウロボロス」自分の尾を呑み込んで、円環状になっている竜や蛇。「無限」「不老不死」などの象徴▽「ウイキョウ(茴香)」欧州原産で温帯各地に広く栽培されるセリ科の多年草。果実を乾燥したものは芳香が強く、健胃・去痰薬とし、果実から得られるウイキョウ油は酒や石鹸の香料に使用される。▽「ウォーレス線」インドネシアのバリ島、ロンボク海峡からスラヴェシ島の西側、マカッサル海峡を通りフィリピンのミンダナオ島の南に至る東に走る生物の分布境界線のこと。これより西の生物相は生物地理区のうちの東洋区に属し、東はオーストラリア区に属するというもの。アルフレッド・ラッセル・ウォーレスが発見。むかしワラス線と表記していた。▽「ウプサラ」スウェーデンの学園都市。13世紀に建設が開始され、1435末までに完成したゴシック様式の大聖堂は北ヨーロッパ最大の教会として著名。▽ベートーヴェンの交響曲第五番を「運命」と呼ぶのは日本だけである。▽「ウソフキ(空吹、嘯き)」狂言に用いられる仮面。口笛を吹くという意味がある。 ▽モスクワのクレムリンにある「ウスペンスキー大聖堂」は、ロシア正教会の著名な大聖堂である。1475年から1479年にかけて、イタリア建築家アリストーテリ・フィオラヴァンティによって建設された。日本語訳すれば「生神女就寝大聖堂」となる。▽「ウミウシ」軟体動物後鰓(こうさい)類のうちおもに裸鰓類の総称。体は柔らかくナメクジ状。殻を欠くものが多い。頭の一対の触角を角のように立ててはうのでこの名がある。▽「海へ騎りゆく人々」アイルランドの劇作家ジョン・ミリングトン・シングの戯曲。1904年初演。▽「ヴィア・ドロローサ」イエスが十字架を背負い刑場のゴルゴダの丘へ向かう道を「悲しみの道」という。▽「ウェルナー症候群」老化現象が通常より早く起こってしまう早老症のひとつ。▽「羽化」成長の最後の段階で、はねをもった成虫になること。▽「ウルトラC」本来の意味は、体操競技の演技の超難易度を表わす言葉。東京オリンピックが生んだ流行語で、ものすごいという意味で使われた。(うううう)

禹(夏王朝の始祖)
ヴァイキング
ヴァイクセル氷河期(最終氷期)
ウァイス,アダム(ドイツの宗教改革者)
ヴァイシャ
ヴァイシャリー(インド東部の地名)
ウアヌコ(ペルーの地名)
ヴァリエテ(曲芸団、ドイツ映画)
ヴァルダマーナ(ジャイナ教の始祖)
ヴァルプルギス
ヴァレンヌ事件
ヴァージニア州
ヴァージニア・ウルフなんかこわくない(オールビーの戯曲)
ヴァーチャル
ヴァン・アレン帯
ヴァンダル族
ヴィア・ドロローサ
ウィークエンド
ウィーク・ポイント
ウィーダ(「フランダースの犬」作者)
ヴィーナス
ヴィーナスの誕生(ボッティチェリの絵画)
ウィーバー,シガーニー
ウィーン
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ウィキペディア
ウイキョウ(セリ科の多年草)
ウィクリフ,ジョン(イギリスの宗教改革先駆者)
ウイグル(回紇)
ヴィジュアル系
ウイスキー
ウィスキー暴動
ウィスラ川(ドイツ)
ウィッグ(かつら)
ヴィッテンベルク(ドイツ)
ウィニペグ(カナダ)
ウィリアムズ,ロビン
ウィルコックス,ラリー
ウイルス
ウィルソン,ウッドロー
ウィンドウズ
ウィンドサーフィン
ウィンナ・ワルツ
ウィンパー・テント
ウィンブルドン選手権
ウェイン,ジョン
上を向いて歩こう(坂本九の歌謡曲)
上から目線
ウェーク島(米領)
植木等(タレント)
上杉謙信
上杉鷹山
ウエスタンカーニバル(日劇)
ウエスト,メイ(女優)
ウエスト・サイド物語
ウェストファリア条約
ヴェスプッチ,アメリゴ
上田秋成
上田万年
上田市(長野県)
上田利治(野球)
上田敏
ヴェニスの商人(シェイクスピアの戯曲)
上原浩治(野球)
植村直己
植村正久(キリスト教)
ヴェネチア
上野駅
上野動物園
ウェートレス
上原謙(俳優)
上村松園(日本画家)
植村清二(東洋史)
植村文楽軒
ウェリントン(ニュージーランド)
ウェルウィッチア
ウェールズ
ウェルナー症候群
ウォーキング
ヴォーグ
ウォーケン,クリストファー
魚心あれば水心
魚澄惣五郎(日本史)
ウォーターゲート事件
魚津市(富山県)
魚津大火
ウオツカ(ロシアのアルコール分の強い蒸留酒)
ヴォート語
魚の目
ウォール街(ニューヨーク)
ヴォルテール(哲学者)
ウォーレス線
羽化
鵜飼い
宇垣一成(軍人)
うかれ節
うかれ猫(俳句 春の季語)
ウガンダ共和国
ウガンダコーブ
浮雲
浮田一憲(画家)
宇喜多秀家(戦国武将)
浮世絵
浮世風呂
ウグイス
うぐいすの粉(ふん)化粧品
ウクライナ
ウクレレ
雨月物語
ウコギ
ウコン
うざい
ウサギ
宇崎竜童(ミュージシャン)
宇佐美彰朗(マラソン)
氏神
宇治拾遺物語
ウシオ電機
牛窓(岡山県)
失われた週末(ビリー・ワイルダー監督の映画)
失われた10年
失われた時を求めて(プルーストの小説)
臼杵(大分県)
有珠山(北海道)
ウスバカゲロウ
臼田亜浪(俳人)
ウズベキスタン共和国
ウスペンスキー大聖堂
ウズラ
ウスリー川
ウスワイア
うそ寒
ウソフキ(狂言面)
歌行燈(泉鏡花の小説)
「宴のあと」裁判
歌会始
歌川国芳
歌川広重
宇田川榕庵(蘭学者)
うたごえ喫茶
うた沢(邦楽の種目名)
内川聖一(野球)
内ゲバ
内田朝雄(俳優)
内田吐夢(映画監督)
内田百閒(小説家)
内田良平(右翼運動指導者)
内田魯庵(評論家)
撃ちてし止まむ
うちのカミさんがね(刑事コロンボ)
うちの女房にゃ鬚がある
うちの宿六
うちわ
内村鑑三
宇宙
宇宙家族ロビンソン
宇津井健(俳優)
美しい方はより美しく、そうでない方は、それなりに写ります
美しい十代
ウッド,ナタリー
宇都宮
宇都宮病院事件
宇都宮黙霖
うつ病
内海突破
写ルンです
ウナギ
ヴ・ナロード
ウニ
宇野浩二(小説家)
宇野重吉(俳優)
宇野千代(小説家)
ウバ茶(セイロン紅茶の一品種)
ウパニシャッド
ウーハン(武漢)
ウプサラ(スウェーデン)
ウポポ(アイヌの歌舞)
ウマイヤ朝
馬単(うまたん)
生れてはみたけれど
ウーマン・リブ
ウミウシ
梅棹忠夫
梅原竜三郎(画家)

海に騎りゆく人々(シングの戯曲)
海ゆかば
海辺のカフカ(村上春樹の小説)
梅干
梅宮辰夫(俳優)
右門捕物帖(佐々木味津三の小説)
ウユニ塩湖
ウラジオストク(ロシア)
ウラジーミル・スーズダリ大公国
孟蘭盆会(うらぼんえ)
裏窓(ヒッチコック監督の映画)
ウラル・アルタイ語族
浦和(埼玉県)
ウラン
売上税
うるう秒
ウルグアイ
ウルクンゴ(ラテン音楽の楽弓の一種)
漆紙文書(うるしがみもんじょ)
ウルトラ
ウルトラC
ウルトラマン
ウルブリヒト
ウルメ
麗しのサブリナ
ウロボロス
ウンカ
雲崗
雲仙・普賢岳
雲仙丸(引揚船)
温州みかん
運転免許
海野十三(小説家)
運賃
運動会
雲夢秦簡(うんぼうしんかん)
運命(ベートーヴェンの交響曲第五番)
雲母

蝸牛は英語でスネイル

Snailwa_edit02    カタツムリは、フランス語で escargot エスカルゴ。英語では、snail スネイルという。スネークは蛇。「シーキューカンバー(海のキュウリ)」と呼ばれている海の生き物はナマコ。

snake      ヘビ

crab        カニ

shrimp    小エビ

prawn    車エビ

lobster  伊勢エビ

corn barnacle フジツボ

squid     イカ

octopus  タコ

nudibranch ウミウシ

short-neck clam  アサリ

corbicula     シジミ

turban shell  サザエ

sea urchin   ウニ

sea cucumber  ナマコ

jellyfish        クラゲ

sea anemone イソギンチャク

coral             サンゴ

hydra            ヒドラ

sponge         カイメン

ascidian        ホヤ

slug              ナメクジ

bryozoan       コケムシ

flatworm        ヒラムシ

planaria          プラナリア

lugworm         ゴカイ

earthworm     ミミズ

cabbage  white  モンシロチョウ

大英博物館

0605bm02

   ロンドンの大英博物館はハンス・スローン卿の古美術品を中心として1753年4月5日に誕生し、1759年1月15日から一般にも開館した。初代館長は著名なゴーウィン・ナイト(1713-1772)。現在、世界中からの観光客で毎日混雑している。また展示品の多さに圧倒されて、本当にじっくりと作品を鑑賞することはなかなかできない。東洋の美術品も多い。19世紀から20世紀にかけてヨーロッパ人たちが学術調査探検隊と称して、世界各地から文物を盗み海外に持ち出した、不法流出品が多数ある。日本の古美術品も幕末から明治にかけて海外に流出された名品が多数あるだろう。これらの返還運動を政府や日本人団体が起こしている話はあまり聞かない。日本人は案外と古美術には関心がないのではないだろうか。最近、韓国の利川市で、植民地時代に日本が持ち出した石塔を返してほしいという署名運動が起こっているという報道があった。現在、東京都港区のホテルオークラ東京に隣接する大倉集古館が所蔵している五重の石塔(高麗時代初期)である。大倉喜八郎が1918年に日本に持ち出したとされる。同館では、要望には応じられないとしている。悩ましい問題である。 

   思えば、中央アジア探検が一番盛んだったころ、へディン、スタイン、ぺリオ、ル・コック等のヨーロッパ人は多数の発掘品を本国に持ち帰っている。わが国の大谷探検隊も第3回のときに、橘瑞超、吉川小一郎によって敦煌千仏洞の仏教文物が日本に多数もたらされた。1900年、王道士によって第17窟とよばれる蔵経洞の宝庫が発見されるや、敦煌のその名は世界に知れ渡った。ロシアのオブルーチェス、イギリスのスタイン、フランスのぺリオ、ドイツのル・コック、グリュンヴェーデルなどがやってきて、貴重な古文書を運び去ってしまった。なかでも最も悪辣なのが、アメリカのラングドン・ウォーナー(Langdon Warner 1881-1955)である。1923年、莫高窟に来て価値ある経巻が残り少ないとみるや、唐代の美しい塑像や壁画を剥がして盗み去っている。彼は日本の文化財を空襲の対象から外すよう進言した人物とされるが、近年異論もある。

古代エジプトでは「ファラオの呪い」というのがあったが、仏教の世界は慈悲と寛大なのか、盗掘者はなぜか長寿を全うし、自然死なのである。大英博物館のスタインの敦煌文書やパリのギメ美術館のぺリオの敦煌文書を見ると、流出文物問題は今世紀の美術館・博物館の課題となりそうだ。( keyword;British Museum,Hans Sloane,Gowin Knight )

先住民の名前が国名に残ったニカラグア

117603574464316224404 Nicarao

   アメリカはアメリゴ・ヴェスプッチという探検家の名前に由来するという説は古くから知られてきたが、最近はイギリスの富豪リチャード・アメリックからという説が有力である。いずれにしても先住民ではなく、探検家や征服者にちなむことが多い。ところが中央アメリカに位置するニカラグアの国名は酋長のニカラオ(Nicarao)に由来する。 

   1519年に始まったスペイン人の中米侵略はニカラグアの地にも及んだ。スペイン人ヒル・ゴンサレス・ダビラとニキラノ族の酋長ニカラオの会見は1523年4月5日に行われた。ダビラは「あなたは何処から来たのか?」と尋ねた。酋長は「ニカナウァックNicanahuac」と答えた。ダビラは「ニカラオの土地」ニカラグアと理解した。これが国名の由来である。だが正確には、酋長は「われわれはアナウァックからここまで来た」と言ったらしい。アナウァックとは「盆地」の意でメキシコを指す。何世代もかけてメキシコから移住したといったのだろう。ニック・アナウァックとは「アナウァックからここまで」、つまりアナウァックの最果て」という意味である。ニカラオ酋長は「人間や動物すべてを滅ぼした大洪水について聞いたことがあるか。人間は死んだあとどうなるのか。太陽や月や星はどういう仕組みで動くのか。1年を通して昼と夜の長さが変化するのはなぜか」など宗教のこと、自然界の疑問などを率直に述べたという。そして、スペイン人を歓迎し、たくさんの金を含め数々の贈物をした。それで酋長の名が地名につけられたのであろう。スペイン人もニカラオの探究心と良心の働きに驚いたという。 

   国名のルーツが人名である国は、ニカラグアのほかに、コロンビア(コロンブス)、ボリビア(シモン・ボリバル)などわずかである。

2016年4月 4日 (月)

ロマンス、それとも老人介護

   CS放送で「ポケベルが鳴らなくて」(1993)を放送している。妻子ある身のサラリーマンが親子ほど年齢差のある若い娘との不倫関係で悩み、家庭が崩壊していくようすを描いている。俳優の実年齢ではヒロイン裕木奈江は緒方拳より33歳年下である。

   歳の差のカップルの恋愛映画といえばフランス映画の「ヘッドライト」(1956)が有名である。フランソワーズ・アルヌールとジャン・ギャバンとは27歳の差。翌年の「昼下がりの情事」も話題になった。オードリー・ヘプバーンとゲーリー・クーパーとは28歳の差があった。「ラストタンゴ・イン・パリ」のマーロン・ブランドとマリア・シュナイダーとは32歳。「ラストコンサート」のリチャード・ジョンソンとパメラ・ヴィロレージとは29歳の差があった。

ヨーヨーの日

C0113733_12264774    4月4日は「ヨーヨーの日」。糸巻きの木片の軸の部分を細くしたようなものに糸を巻きつけ、回転を与えて上下に動かす玩具。起源は古代ギリシアに始まり、交易路を通じてアジア、ヨーロッパに広まり、スコットランド、イングランド、インド、エジプトにまで伝わった。フィリピンにおいて、ヨーヨーは現代の形状に近づいた。

   日本では江戸時代に長崎を経てはいっている。てぐるまともいった。昭和8年、洋行帰りの教員がアメリカ土産として持ち帰ったのがモダンボーイのあいだに流行し、銀座のような盛場を歩きながら、これをもてあそぶようなことがみられた。 吉野せい「洟をたらした神」にも子どもにヨーヨーをせがまれたが買ってやることができず、子供が手造りで作って遊んだという思いでが記されている。小田原近在の農村の家内工業で、一個三銭でおろされ、一日三万個も製造した村もあったという。

山本五十六の誕生日

Gnj1105130506016p2  偶数は不吉な数であるということはよく聞く話である。なぜかというと「割り切れるから」と答えが返ってくる。「なぜ割り切れると不吉なのか」と問いただすとあまり明確な答えは返ってこない。例えば結婚式の場合は、割り切れる→別れる、を連想するからだそうだ。

    では実際にどの数字がとくに不吉なのであろうか。たとえば「4」「6」「13」「18」これらの数字がなぜ嫌われるのかもあまりハッキリとした理由があるわけではない。奇数の「13」が嫌われるようになったのはキリストの最後の晩餐に13人いたことからであることはハッキリしているが、「13」はわが国でも戦後アメリカ文化移入とともに嫌われていたし、「4」は「死」に通じることからかなり昔から避けられていたが、「6」「18」が忌み嫌われるようになったのは近年の都市伝説の流行のせいであろうか。「18」というのはつまり「6+6+6」であろうか。例えば阪神大震災は1月17日だったが、1+17=18、というわけである。山本五十六がブーゲンビルで撃墜された日が昭和18年4月18日だった。山本五十六は名前にも56、16という数字があるように、よほど偶数に支配された運命を背負って生まれたらしい。誕生日が1884年4月4日であるし、太平洋開戦が昭和16年12月8日だった。出陣式が12月4日。ミッドウェー海戦で赤城、加賀、蒼竜、飛竜の空母4隻を失った日は6月5日とされるが、実際は日付変更線のため6月4日である。奇襲攻撃の大勝利によって、多くの日本人が「12月8日」がよき日と思っていただけに、あとで思うと惨い話である。もちろん科学的根拠など全然ない話であるが、数字というのがもっとも人間にとって身近で重要な要素であることは疑いないものである。ポーランド映画「ショパン愛と哀しみの旋律」(2002)では、数字の7が嫌いなショパンである。ジョルジョ・サンドとの別れが1847年で37歳のとき、命日が10月17日だから。

(参考:安西二郎「四に魅いられた海軍」文藝春秋1966年9月号,安西二郎「山本五十六元帥怪死のナゾ」追手門学院大学文学部紀要19 1985年)

キング牧師、暗殺される

Ap_martin_luther_king_nt_120112_ssv   黒人解放運動の指導者マーティン・ルーサー・キング・ジュニアは1967年にはベトナム戦争に反対をさけび、各地に遊説していた。1968年4月4日、テネシー州メンフィスで「貧者の行進」の運動を遊説中にジェームズ・アール・レイに暗殺される。弾丸は喉から脊髄に達し病院に搬送されたが、間もなく死亡した。

小泉八雲来日

Photo_2     明治23年4月4日、ラフカディオ・ハーンは朝6時に横浜港に着いた。それからすぐ人力車を雇って1日中、横浜の街を走る。一つ覚えの日本語「テラエユケ」を連発してお寺めぐりをする。ハーンが参詣した寺社はどこか、実はあまりわからないらしい。成田山不動尊、浅間社、厳島神社、本牧神社、白滝不動、青木明神、豊顕寺、慶運寺などが考えられる。何番目かに訪れた寺で、英語の堪能な青年・真鍋晃に出会う。その後、真鍋はハーンの通訳をしながら仏教文化の解説や民話・伝説の紹介をするなど有能な助手だった。昭和59年にNHKで放送された「日本の面影」では、ハーンをジョージ・チャキリス、真鍋晃を三ッ木清隆が演じていた。しかし真鍋晃という人物については、ほとんど詳しいことはわからない。その年の8月下旬にハーンは中学校英語教師の職を得て島根県松江に赴く。

2016年4月 3日 (日)

伊豆の踊子

A15   川端康成(1899-1972)の短編小説「伊豆の踊子」は雑誌「文芸時代」大正15年2月号、4月号に発表され、同年、金星堂から刊行された。松竹キネマが田中絹代(1909-1977)主演で映画化したのは、それから8年も後のことである。田中絹代はすでに23歳になっていたが、口もとに指を持っていくしぐさが可愛かった。「文芸時代」は新感覚派の文芸運動の強い雑誌で、「伊豆の踊子」は初恋物語の形を借りながら、職業差別や女性の地位の低さ、貧困など根深い当時の社会問題も原作にはみられるが、五所平之助(1902-1981)監督によって「恋の花咲く伊豆の踊子」(昭和8年)という抒情味あふれる作品となり、以後の映画化にも継承されていく。昭和8年当時、ほとんどの映画がトーキーになっていたが、わざわざサイレントで撮っている。「百舌が鳴く、天城七里の峠道」という字幕で、桃割れ姿の可憐な絹代が太鼓を背負って登場する。原作では「踊り子は十七くらいに見えた。私にはわからない古風の不思議な形に大きく髪を結っていた。それが卵形の凛々しい顔を非常に小さく見せながらも、美しく調和していた。髪を豊かに誇張して描いた、稗史的な娘の絵姿のような感じだった」とある。田中絹代以降、踊子かおる役には、美空ひばり(昭和12生、当時17歳)、鰐淵晴子(昭和20年生、当時15歳)、吉永小百合(昭和20年生、当時18歳)、内藤洋子(昭和24年生、当時17歳)、山口百恵(昭和34年生、当時15歳)といずれも15歳から18歳の十代のヒロインが選ばれている。「芸術新潮、平成19年2月号」特集「おそるべし!川端康成コレクション」の記事に、川端康成と内藤洋子が並んで写っている写真が掲載されている。キャプションには「骨董屋には愛想のない川端だが、美女にはこんな優しい顔も。白いワンピースの少女は当時十七歳の女優、内藤洋子」とある。伊豆の踊子の撮影前に川端康成が面会したのは、吉永小百合と内藤洋子だけではないだろうか。とくに内藤洋子主演の「伊豆の踊子」(昭和42年、恩地日出夫監督)は川端康成公認版といえる。映画には短編「温泉宿」の挿話も含まれている。

Img_1474661_60137709_0

   ところで「伊豆の踊子」は6本の映画化作品のほか、テレビドラマとして5作品がある。かおる役には、小林千登勢、栗田ひろみ、小田茜、早瀬美里、後藤真希が演じている。昭和36年にはNHKは「連続テレビ小説」と銘打った小林千登勢「伊豆の踊子」を夜に放送した。この作品の成功により、4月3日から朝の時間帯に「娘と私」がスタートしたという。

   「伊豆の踊子」薫は女優の登竜門であるが、映画では昭和49年の山口百恵、ドラマでは平成14年の後藤真希を最後に登場していない。いま旬の10代女優のなかで、薫にふさわしいのは誰であろう。「パパとムスメの7日間」の新垣結衣(19歳)、「花ざかりの君たちへ」の堀北真希(18歳)、「山田太郎ものがたり」の多部未華子(18歳)、「天然コケッコー」の夏帆(16歳)、「受験の神様」の成海璃子(15歳)、「14歳の母」の志田未来(14歳)、「風林火山・美留姫」の菅野莉央(13歳)、「あさが来た」の小芝風花(18歳)といったところであろうか。。

平成之大馬鹿門騒動

129143l 

   平成8年3月、京都の仏教大学が新図書館などの建設にあわせて正門周辺の改修工事をした際、彫刻家・空充秋(そらみつあき)が制作した門柱が贈られた。大学側は当初、気づかなかったが、4月3日の入学式で、教員が門柱の側面に30cm四方の大きさで「平成之大馬鹿門」と彫り込まれていることを発見した。大学と空とで題名を削るかどうか話し合いが続けられたが、決裂した。大学は「馬鹿という言葉は大学には不適切。削ってほしい」と要求。空は「作品を削るといのは、自殺しろというのと同じ」と対立。大学側が引き取りを拒否したため、2ヶ月後の6月、門柱を香川県木田郡庵治町の自宅に持ち帰った。その後、各地から門柱の要望があり、平成8年8月、空は兵庫県宍粟市へ寄贈した。現在、千種高原へ向かう道路を挟んで相対し聳える、おごしき山(1095m)と空山(901m)の、それぞれの山頂に1基づつ設置されている。(参考文献:中井真孝「平成之大馬鹿門と新聞記事」 鷹陵150号 1996年)

2016年4月 2日 (土)

アノミア「RIVER」

7845804258_32bbc41fc7_o600x450   真田丸コンサート。きり役の長澤まさみが出演。一曲くらい本人歌唱があるかと期待したがなかった。2006年にドラマ「セーラー服と機関銃」主題歌をカバーしているが、ほとんど歌はない女優のようだ。千曲川をスメタナの「モルダヴ」に見立てて演奏。あとブラームスとかベートーベンとか。川はいろいろな国を流れるのでところによって名称が異なる。チェコではモルダヴ川、ドイツではエルベ川。ブラマプトラ川はチベットではヤルンツァンポ川、バングラデシュではショムナ川、そしてインドではガンジス川と合流している。わが国でも長野県では千曲川だが新潟県では信濃川。一般にはその川の下流部の名前を使って「信濃川」と呼ばれている。大分県南部、佐伯市を流れる一級河川、番匠川。九州屈指の清流として知られる。

 では「RIVER」のアノミア(失名辞)。

利根川、石狩川、北上川、木曽川、十勝川、淀川、阿賀野川、最上川、天塩川、阿武隈川、天竜川、雄物川、米代川、富士川、大井川、安倍川、藁科川、吉野川、那珂川、荒川、九頭竜川、筑後川、高梁川、神通川、岩木川、熊野川、四万十川、重信川、大淀川、旭川、球磨川、矢作川、九頭竜川、五ヶ瀬川、太田川、相模川、仁淀川、庄川、隅田川、鴨川、犀川、豊平川、夕張川、千歳川、留萌川、美唄川。番匠川。民謡で知られる「真室川」は最上川の支流。

傍示川という名の川は全国にいくつもある。

外国の川
ナイル、アマゾン、長江、ミシシッピ、エニセイ、黄河、オビ、バラナ、コンゴ、アムール、レナ、メコン、マッケンジー、ニジェール、セント・ローレンス、ヴォルガ、ザンベジ、ユーコン、リオ・グランデ、シルダリア、ガンジス、ブラマプトラ、インダス、ユーフラテス、アムダリア、イラワジ、ホルガ、ドニエプル、ドン、ドビナ、ベチョラ、ライン、ロアール、セーヌ、テムズ、ザイール、オレンジ、サスカチュワン、コロンビア、コロラド、ラプラタ、オリノコ、コリマ、マース、ウィスラ、エブロ、オーデル、ポー、ウラル、サルウィン、シー、リャオ、サンフランシスコ、シャリ、クバンゴ、セネガル、リンポポ、ジュバ、ボルタ、マーレー、ダ―リング、リオ・グランデ

「眼下の敵」の原作者

200pxdenysrayner1943  第二次大戦下の大西洋。英国海軍の駆逐艦とドイツのUボートとの死力と策略を尽くしての凄絶な一騎打ちを描く。原作はD・A・レイナ―の小説で、1956年、イギリスで本書を発表し、翌年映画化と同時にアメリカ版も出版された。映画の成功とあいまって本書もベストセラーとなり、レイナ―は以後、いずれも海を舞台にした作品を何点も執筆するが、他に邦訳は「激闘インド洋」(1958)のみである。作者は1908年生れのイギリス人で、1943年に英国海軍最初の駆逐艦艦長となる。「眼下の敵」は作者自身の体験を踏まえて描かれている。D・A・Raynerと略記されるが、Denys Arthur Rayner デニーズ・アーサー・レイナ―(1908-1967)である。

ファースト・ネームのほうが有名

   巨人の新外国人選手ギゃレット・ジョーンズ。通常外国人の登録名はファミリー・ネームとしているが、よりインパクトを与えるためファースト・ネームの「ギゃレット」を登録名としている。世界史においてもシーザー、コロンブス、クロムウェル、ダーウィン、エジソンなどファミリー・ネームで記憶している。しかし、ミケランジェロ、ガリレオ、ナポレオンなどはファースト・ネームを使用している。ミケランジェロ・ブオナローティ、ガリレオ・ガリレイ、ナポレオン・ボナパルト。エルヴィス・プレスリーの場合は、どちらもよく使用される。

国際こどもの本の日

T02200165_0800060012894976084   本日は「国際こどもの本の日」。デンマークの童話作家アンデルセンの誕生日にちなむ。1872年、東京書籍館の開設したのもこの日。2013年、オープンした佐賀県の武雄市図書館ではツタヤが運営し、CD・DVDが豊富で、自動貸出機で本を借りる。年中無休、午前7時から午後9時まで営業。コーヒー等飲食もOKという新しい図書館の出現。 (4月2日)

A closed mind is like a closed book,just a block of wood.

書物はひもとかなければ、一片の木片にすぎない

A book that is shut is but a block.

閉じられた本は塊でしかない

A good book is a great friend.

良書は真の友 

You can't judge a book by its cover.

表紙で本の中身を判断することはできない(人は見かけによらぬもの)

Years know more than books.

年齢は書物より多くを知る(亀の甲より年の劫)

Read  a hundred times over,and the meaning will become clear of itself. (本を百回読めば意味は自然と理解できる)

Knowledge is power. (知識は力なり)

2016年4月 1日 (金)

ケツァルコアトル

   広辞苑を引くと「ケツァルコアトルス」Quetzalcoatlusが載っている。中生代白亜紀に生息していた史上最大の翼竜である。推定翼開長は5mくらい。しかし、この名はアステカ神話の神「ケツァルコアトル」Quetzalcoatlに因んだものである。ゆえに広辞苑には「ケツァルコアトル」の項目や説明を載せるべきだと考える。ケツァルコアトルとは「羽毛の生えたヘビ」という意味で、アステカの学問と神官の神であった。伝説によれば、ケツァルコアトルは、海を渡って去って行ったが、また帰ってくると約束したという。モンテスマは、スペイン人の征服者コルテスのことを帰ってきた神だと信じた。

死語辞典

Sarasaragami0281    死語には「完全なる死語」と、「中途半端な死語」の二種類がある。「ニコヨン」「アルサロ」は完全なる死語で、「交換日記」も完全なる死語であるが、「朝シャン」は中途半端な死語、といえよう。1987年ころ、朝食を抜いてもシャンプー(洗髪)するというのが女子高生たちの間で流行となった。こうした状況から「朝シャン」という言葉が生まれた。資生堂のCMの「朝のシャンプー」というフレーズが起源。しかし近年は朝シャンより夜シャンのほうが髪にとってよいということがわかった。髪が育つのは夜中なので、しっかりと1日の汚れを落として毛穴を清潔にしておかないといけないので、寝る前に洗髪するのがよい。朝シャンはもう死語といってもよい言葉である。学校の健康診断「座高測定」と「ぎょう虫検査」が、平成27年限りで廃止されることになった。「座高測定は昭和12年から、ぎょう虫検査は昭和33年から行われていた。「座高」「ぎょう虫検査」もあと数年すれば間違いなく死語となるだろう。1982年に登場したテレフォンカードは、1995年をピークに年々減少し、携帯電話の普及で、いまではすっかり意味のないモノになりつつある。駅の「伝言板」とか「電信柱」「赤電話」「受話器」という言葉も最近あまり聞かれなくなっているが、まだまだある。

Fbx_3   最近あまり使われなくなった言葉、死語を集める。「鈴ヶ森」とは江戸時代に東京・鈴ヶ森に処刑場が置かれたことから、大正11年頃、リストラ(首切り)のことをこのように言った。この意味は広辞苑にもなく、現在ではほとんど通じない言葉である。「犬釘」鉄道のレールを枕木にかたくとめるために打つ釘。形が犬の前足に似ていることから。近年はコンクリート枕木になってボルトナットに変わった。「権妻(ごんさい)」めかけのこと。「社会の窓」男子のズボンのチャック。 「鋳掛屋」銅鉄の鍋釜の破損を補修する。情報化時代の郵政省・電電公社共同開発の「キャプテン・システム」。日本のビデオテックスの呼称。郵政省とNTTが共同で開発。1975年12月以来4年半にわたるサービス実験を経て1984年11月から首都圏と京阪神地区で商用サービスを開始した。結局、普及せず、インターネットの普及により失敗に終わった。

IT化
逢びき
アッシーくん
アベック
鋳掛屋
犬釘
歌ごえ喫茶
内ゲバ
乳母車
MMK
えもんかけ
お風呂を焚く
OL
温泉マーク
環境ホルモン
汽車
キャプテン・システム
銀ブラ
金融ビッグバン
グラマー
月給取り
月賦
現況届(年金受給権者)
国鉄
交換日記
権妻
鈴が森
ズボン
ダイヤルQ2
ダビング
チャイルド
チャック、社会の窓
チャンネルを回す
チョッキ
テレフォンカード
トックリ
トルコ風呂
トレンディドラマ
ナウい
ニューメディア社会
ハイカラ
バイビー
ハウスマヌカン
バタ屋
ハッスル
はなきん
パーマ屋
半どん
BG
090626yfp2婦人週間
ぶりっ子
ポケベル
ボデコン
ポンコツ
マイコン
マドロス
マルティメディア
ミーハー
ミツグくん
胸キュン
メリケン粉
ももひき
4649(よろしく)
養老院
よろめく
輪タク
ルーズソックス
レコード店
老人力

エイプリル・フール

Aprilfools 4月ばか、April Fool、万愚節。友人たちをかついで興じる日。この習慣がなにに由来するかについては定説はない。16世紀頃からフランスで始まった習慣とされる。フランス語でPoisson d'Avril(4月の魚)といい、この時期よく捕れるサバのことを指している。1564年にシャルル9世がいまの暦であるグレゴリオ暦にかえたが、なかなか浸透しない。そこである貴族が4月1日に公爵の屋敷でパーティーがあるという嘘の招待状を出したのがはじまりといわれている。

   「4月ばか」の慣習は18世紀初めまでは一般化されていなかった。イングランドでは、もっとも好まれた遊びは「無駄なお使い」に出すことであり、Aが犠牲者をBのところに使いに出すと、Bはさらに彼をCに送る。こうして犠牲者は、気づくまであちこちにやられるのである。北欧のスウェーデンでもエイプリルフールは盛んである。April skamt  アプリール・ファムト(四月冗談)という。

  エイプリルフールは一説によると、キリスト教の死んだ日と関係するといわれる。キリストが死んだ日は春分の日(ニサン)の新月の日から14日たった日といわれる。毎年この頃、エホバの証人たちはイエスの死を記念する特別な集会を行う。 今年は例年よりすこし早く3月23日だった。(4月1日)

三鬼忌

水枕ガバリと寒い海がある

(高熱に耐えるため水まくらをして安静にしていた。ふと頭を動かすと、ガバリと水まくらが鳴った。その陰鬱な音は、病人の記憶の底から、広く寒々とした海を思い起こさせ、同時に窓外に冬の大森の海が見えて、なんともいえない不安感が襲ってきたのであった。)

算術の少年しのび泣けり夏

(算数の問題に長い間取り組んでいた少年は、どうしてもそれを解くすべがわからず、ついにシクシクと泣き出してしまった。長い夏の日も傾き、はや夕闇が迫ってきた。)

暗く暑く大群集と花火待つ

(花火大会に集まった大群集。やみの中で花火を待っていると、人いきれとおりからの暑さでむんむんするほどである。自分も今その中のひとりとして、花火の上がるのをじっと待っているのである。)

O0233028310552713956    西東三鬼(さいとうさんき、1900-1962)の忌日。本名は斎藤敬直(けいちょく)。明治33年5月15日、岡山県津山市南新座に生まれる。父は斎藤敬止は郡視学、母登勢。6歳で父を失い、その後は長兄の扶養を受けた。大正8年9月、二人ぐらしをつづけた母の死に遭い、東京の長兄に引き取られ、大正14年、日本歯科専卒業、長兄在勤の関係で12月渡航、シンガポールで開業。しかし、昭和3年済南事変が起こり、日貨排斥による不況とチフスの大患のため休院をつづけ、失意のうちに帰国した。昭和8年、東京神田共立病院歯科部長に就任。昭和9年、32歳の時、患者に俳句会にすすめられて作句に志す。このころ新興俳句の勃興期であった。日野草城、吉岡禅寺洞、山口誓子に師事するが、平畑静塔に誘われて京大俳句に参加する。新興俳句陣の花形となり、「俳句の魔術師」といわれた。昭和15年8月末日、京大俳句事件に絡み治安維持法違反で検挙された。11月起訴猶予となったが、爾来たのしまず、俳句も放棄する。昭和17年、神戸に移る。戦後俳誌「天狼」創刊に加わったが、昭和27年から「断崖」を主宰。昭和37年1月、発病、胃がんで4月1日葉山の寓居で没した(西東忌、三鬼忌)。享年62歳。主な句集は「夜の桃」(昭和25年)「今日」(昭和26年)「変身」(昭和37年)など。

ゴッホ耳切り事件

168651_1457627699_2_450    フランス西部ブルターニュにあるポン・タヴァンは、人口500人ほどの小さな村だったが、1886年にポール・ゴーギャン(1848-1903)が最初に訪れたころには、すでに画家たちにはよく知られた保養地となっていた。ゴーギャンはこの町で仕事に熱中するとともに、ボヘミアンのような生活を送ったが、ほかの芸術家たちは彼の強い性格を尊敬していた。ゴーギャンの周囲に集まった若い画家たち、エミール・ベルナール(1868-1941)、ポール・セリュジェ(1863-1927)、クーノ・アミエ(1868-1961)、アルマン・セガン(1869-1903)らは後にポン・タヴァン派と呼ばれ、20世紀美術を予告するような様々な絵画制作上の実験を行なった。

   1888年10月、ゴーギャンは2年ばかり前にパリで会ったことのあるフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)からの招きで、南フランスのアルルで共同生活をすることになった。ゴーギャン40歳、ゴッホ35歳。最初の数週間の共同生活は順調だった。しかし、共同生活するには、2人の個性はあまりにも違いすぎた。見たものしか描けないゴッホに対して、ゴーギャンは想像力を駆使して表現した。また、画材の使い方や、お金のやりくりなどで、乱雑さが目立つゴッホは、神経質で几帳面なゴーギャンに、何度もその弱点を指摘されている。そして1888年12月23日、クリスマスをひかえた町を歩くゴーギャンを、突然かみそりを持ったゴッホが追いかけてきた。驚いたゴーギャンが、それでも厳しい視線でにらみつけると、ゴッホは何もできず、そのままうなだれて走り去る。翌日になって、ゴーギャンが家に戻ってみると、ゴッホは血まみれになってシーツにくるまっていた。この「耳切り事件」によって、ゴーギャンとゴッホの2ヵ月間の共同生活は終わった。パリに戻ったゴーギャンは、1891年4月1日、マルセイユから船出してタヒチに向かった。(Paul Gauguin,Pont-Aven)

東京ローズ

Photo_5   1942年4月1日、対米宣伝放送「ゼロ・アワー」が開始された。アメリカ将兵によって女性アナウンサーに「東京ローズ」という愛称がつけられたが、東京ローズに該当するのが誰であるかは、明確に判らない。1943年11月からアナウンサーに加わったアイバ・郁子・戸栗・ダキノ(旧姓・戸栗郁子、1916-2006)は「東京ローズ」として知られた。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31