無料ブログはココログ

« 大空の英雄を殴った小説の神様 | トップページ | イギリス革命の成果と限界 »

2016年4月20日 (水)

斎藤道三、長良川の戦いで敗死(1556年)

200px4   1556年4月20日、マムシと呼ばれて怖れられた戦国時代の武将、斎藤道三が、子の義龍(左画像)と居館に近い長良川河畔で戦い、敗死した。63歳だった。一説によると、道三の先妻深芳野が、土岐頼芸の胤を宿したまま道三に嫁して生まれたのが義龍という。これは父殺しの汚名を避けるための風聞とも考えられる。

« 大空の英雄を殴った小説の神様 | トップページ | イギリス革命の成果と限界 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

斉藤道三は魅力的な武将ですね。息子に殺された男ですが・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大空の英雄を殴った小説の神様 | トップページ | イギリス革命の成果と限界 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30