無料ブログはココログ

« 菊池寛忌 | トップページ | 日本初の映画興行は大阪で »

2016年3月 6日 (日)

「乾杯の歌」を聞くとなぜ生命の喜びを感ずるのだろうか?

Img_0029
ジュゼッピーナ・ストレッポーニは19世紀前半に活躍したイタリアのソプラノ歌手。のちヴェルディの後妻となる

  1853年のこの日、歌劇「椿姫」が初演。ヴェルディ(1813-1901)は右腕のリウマチになやまされていたにもかかわらず、この名作をわずか12日間で書きあげたといわれる(ヴェルディ研究家フランシス・トイの「ヴェルディの生活と作品」)。ヴェルディはこの歌劇のもとになった作品、デュマ・フィスの「椿姫」を異常なほど関心を持った。というのはヴェルディはそのころ、ジュゼッピーナ・ストレッポーニ(1815-1897)という人妻と同棲して、そのために父と不仲になっていた。歌劇の主人公である純粋な青年アルフレッド・ジュルモンとヴィオレッタの生活に似通った面があったので、右腕が痛くても、ものすごいエネルギーがでたのである。恋の力は偉大なり。恋愛映画、メロドラマ、歌劇などを観賞するのも些かの効用があるだろうか。「乾杯の歌」を聞くと何故か精神の高揚を感じるが、ヴェルディ効果というものであろうか。(3月6日)

« 菊池寛忌 | トップページ | 日本初の映画興行は大阪で »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 菊池寛忌 | トップページ | 日本初の映画興行は大阪で »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31