無料ブログはココログ

« 英単語学習帳 | トップページ | 上杉謙信は女だった!? »

2016年3月12日 (土)

エッフェル塔とシャンソンだけじゃないパリ

Img_   花の都パリは、同時に数々の歴史的大事件が繰り広げられた街でもある。フランス革命、ナポレオンの帝政と、世界の歴史を動かす震源地となったパリ。パリの歴史は、現在ノートルダム寺院のあるセーヌ川の中州「シテ島」に始まる。パリの名も、このシテ島に紀元前1世紀ごろ住みついていたケルト人の一部族パリシー人に由来している。パリ市の紋章には波に浮ぶ帆船と「揺るるも沈まず」の銘が記されているが、シテ島は古く紀元前のガリア時代から、東西に流れるセーヌと南北にのびる陸路の交わる交通の要衝であった。ガリアがローマの支配下におかれると、パリはローマ都市として発展するが、現在のフランスに相当する国の首都としてパリが出現するのは、フランク族のメロビング王朝時代である。カペー王朝の時代には、はじめてセーヌ両岸にまたがる城壁が築かれ、パリは要塞都市となった。

Photo    カペー歴代の王の中で、パリの歴史上忘れられないのはフィリップ2世である。王は道路の舗装、上下水道の工事、教会、修道院の建設に力をいれ、パリの最も美しいゴシック建築であるノートルダム寺院も、大部分はその治世に完成を見た。16世紀になると、政治・経済の中心は左岸から右岸へと移っていく。王家の宮殿ルーヴル宮、ブルボン宮、そしてマリー・アントワネットの最後の住まいであったコンシェル・ジュリー宮がある。18世紀末に始まるフランス革命、ナポレオン時代に際して、パリはいくたの劇的事件の舞台となり混乱をきわめた。(France,Paris,Isabeau de  Baviere)

5729158_2460248
 イザボー・ド・バヴィエール

« 英単語学習帳 | トップページ | 上杉謙信は女だった!? »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 英単語学習帳 | トップページ | 上杉謙信は女だった!? »

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31