無料ブログはココログ

« 日本初の映画興行は大阪で | トップページ | パール・バック『大地』 »

2016年3月 6日 (日)

特殊潜航艇の悲劇

Img_0018

  1942年のこの日、海軍省は真珠湾に突入戦死した9人を軍神として発表した。NHKスペシャル「真珠湾の謎、悲劇の特殊潜航艇」(2009年12月6日放送)。真珠湾攻撃には飛行機による航空攻撃が知られるが特殊潜航艇5隻も加わっていた。戦艦アリゾナ撃沈は飛行機からの攻撃によるものであるが、海軍軍令部の有泉龍之助中佐が特殊潜航艇を軍神として讃え、巡洋艦セントルイス撃沈を戦艦アリゾナ撃沈として誇大に特攻の宣伝に利用していた。

    機密保持のため甲標的と呼ばれていた特殊潜航艇は、全長24m、2人乗り、2本の魚雷を持ち、5隻が出撃した。これまで4隻が発見され、うち1隻は江田島の自衛隊内庭にある。今年、真珠湾内に侵入した横山艇が沖合い6㎞、水深400mの海底で発見された。胴体は無惨にも三つに切断されている。そこに横山正治中尉と上田定二曹は今も海底に眠っている。乗組員10人のうち9人は戦死し、酒巻和男少尉は捕虜となった。

    番組を見て奇妙なことが一点あった。真珠湾攻撃は午前7時55分からであるが、6時37分には駆逐艦ウォードにより特潜1隻が撃沈されている。アメリカ側は既に日本軍の奇襲攻撃を知っていながら、何故戦闘態勢をとらなかったのか謎である。鯨との誤報が多いからという理由は不可解である。だが米司令部はこの件で追求されることはなかった。番組では真珠湾で散った9人は九軍神と讃えられ、太平洋戦争で特別攻撃で4000人の若者が亡くなったという痛ましい事実が報道されている。(3月6日)

« 日本初の映画興行は大阪で | トップページ | パール・バック『大地』 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
番組をご覧になった翌日の書き込み。 しかも内容を正確に把握してをられるのには敬服。
しかし 残念ながら あの番組は「NHKの捏造」ですよ。
あの番組は実に巧妙にcomposeされてゐるので、予備知識、先入観なしの人が視れば100%信じ込んでしまうでしょう。
あれは いつものNHK流儀。 國を愛する日本人として残念でなりません。
http://cinc-gf.at.webry.info/200912/article_5.html 
是非 ご一覧を。

特殊潜航艇の戦果は意図的に捏造されたものか、誤認によるものなのか。プロパガンダというテーマで番組が制作され、淵田美津雄中佐の証言だけを取り上げている。つまりドキュメンタリーは真相の追究が生命であるが、巨大メディアはわかりやすいシナリオに沿って番組を制作するという過ちを犯すことがよくある。ウェブで読ませていただき、別府さんのご指摘は傾聴に値するもので感服しております。

ケペル女史
拙文をお読み頂き 惇に有り難く 厚く御礼申し上げます。
別府次郎
happy01

特殊潜航艇の話は、戦後から何度も読まされてきましたが・・どうなのでしょうかね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本初の映画興行は大阪で | トップページ | パール・バック『大地』 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31