無料ブログはココログ

« 異色作家永山一郎、青春の疾走 | トップページ | 松陰、下田踏海 »

2016年3月27日 (日)

「奥の細道」旅立ち

Img_893303_44949513_0

   松尾芭蕉が、門人の河合曽良とともに江戸深川の芭蕉庵から奥州へと旅立ったのは、元禄2年3月27日、芭蕉46歳のことであった。これは旧暦であるので、太陽暦でいえば5月16日にあたる。旅に立つには快適のころである。素盞雄神社の境内に文政3年10月12日の芭蕉忌に「松尾芭蕉奥の細道矢立初め碑」が建てられた。亀田鵬斎が銘文を書いている。また碑面の下部の芭蕉像は建部巣兆の筆。

 

D0016131_18582858
 首途の句碑

« 異色作家永山一郎、青春の疾走 | トップページ | 松陰、下田踏海 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 異色作家永山一郎、青春の疾走 | トップページ | 松陰、下田踏海 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30