無料ブログはココログ

« こんな女に誰がした | トップページ | 「奥の細道」旅立ち »

2016年3月26日 (土)

異色作家永山一郎、青春の疾走

   昭和39年3月26日、詩人・作家・小学校教諭の永山一郎(1934-1964)は山形県新庄市でバイク事故で死亡した。冬樹社から「永山一郎全集」がある。短編「皮癬(ダニ)の唄」、詩集「地の中の異国」など。

« こんな女に誰がした | トップページ | 「奥の細道」旅立ち »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こんな女に誰がした | トップページ | 「奥の細道」旅立ち »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31