無料ブログはココログ

« アットゥシ織 | トップページ | 勝って兜の緒をしめよ »

2016年3月14日 (月)

生活派歌人・西村陽吉

    西村陽吉(1892-1959)は日本橋の東雲堂書店に勤め、店主の養子となる。牧水、啄木、哀果、茂吉、白秋などの歌集の出版を手がけた。やがて社会主義思想に基づく、生活派短歌への道を歩む。「都市居住者」、「街路樹」。「第一の街」などの歌集を出した。孫の西村亜希子(1943-2007)は長嶋茂雄夫人。

四五人の女工が隅にかたまりて、
弁当食ひぬ、
昼の工場。

どんよりと曇りてさむき
日本の
貧しき冬となりにけるかな

日本の青年われは
椅子に座し煙草を吸ひて
ロシアを憶ふ

« アットゥシ織 | トップページ | 勝って兜の緒をしめよ »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アットゥシ織 | トップページ | 勝って兜の緒をしめよ »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30