無料ブログはココログ

« 新選組 幕末最強の剣客集団 | トップページ | 画数の多い四字熟語 »

2016年3月13日 (日)

田捨女

雪の朝二の字二の字の下駄のあと

   江戸時代の貞門女流六歌仙の1人、田捨女(1633-1698)がわずか6歳で詠んだ句。10歳飲時には、たまたま遊び行った親戚の酒屋に菊という女性が、お酒一升を買いに来た。ところが店に誰もいなかったため捨女は、傍にあった帳簿に「酒一升 九月九日 使い菊」とみごと俳句調に書き留めたという逸話も残っている。父・田季繁の没後、兄が儒者になったため捨女の夫・季成が継ぐ。北村季吟らに和歌と俳諧を学ぶが、41歳で夫と死別。5、6年後、京都で仏門に入り妙融尼と号し、高僧・盤珪永琢に帰依、禅道に励む。姫路・網干浜田で晩年を過ごした。

« 新選組 幕末最強の剣客集団 | トップページ | 画数の多い四字熟語 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新選組 幕末最強の剣客集団 | トップページ | 画数の多い四字熟語 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31