無料ブログはココログ

« こんな女に誰がした | トップページ | 若葉マーク  »

2016年3月27日 (日)

松陰、下田踏海

   嘉永7年3月28日、下田に停泊中のアメリカ艦隊ミシシッピー号に吉田松陰(1830-1859)が、弟子の金子重之輔(1831-1855)と共に小舟を漕ぎ寄せた。そして密航を切願したが通訳ウィリアムスは「ペリーはあなた方の志を喜んでいるが、日本との条約があるので、連れていけない」と断わった。松陰はその時のことを「三月二十七日の記」に記している。

Lrg_24889408   翌日、2人は、下田で自首し、幕吏によって獄に入れられる。のち、松陰は幕府から長州藩に引き渡され、萩城下の野山獄につながれる。金子は翌年萩で獄死している。下田で松陰たちが身を寄せた蓮台寺の医師、村山行馬郎(むらやまぎょうまろう)の屋敷がいまもある。内湯の浴槽がそのまま保存され、往時の様子を伝えている。(天皇の世紀 第2回「野火」、3月27日)

« こんな女に誰がした | トップページ | 若葉マーク  »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こんな女に誰がした | トップページ | 若葉マーク  »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31