無料ブログはココログ

« ケペル先生何でも相談室 | トップページ | 県庁所在地で最も人口が少ないのは鳥取市 »

2016年3月20日 (日)

孟母三遷

Photo   孟子は3歳のとき、父と死別した。孟子の母は、はじめ、墓地の近くに2人で住んでいたが、幼い孟子が墓堀人夫の真似ごとをするので、市場の近くに引っ越した。すると、孟子は商売の真似ごとばかりして遊んだ。そのため孟母は学校のそばに引っ越した。孟子は礼儀を学ぶようになり、孟母はやっと安心したという。

    孟子が学校へ行っていた頃の話である。あるとき、学業半ばで帰省した際、母は織りかけの機の糸を断ち切り、「おまえが中途で学業を放棄することはこのようなものですよ」といましめた。それから孟子は朝から晩まで学問に励んだということである。

   「孟母三遷の教え」と「孟母断機の教え」の出典は漢の劉向「列女伝」にある。広く知られた故事だが、「孟子」には見えないので、どこまで本当かは疑問である。孟子の父親の名は「孟激」といい、孟子がまだ幼いころにこの世を去った。母親の名はわからないが、姓は「仇」といいます。

   三度目にやっと落ち着いたのだが、引越しは2度したことになる。厳密にいえば「孟母二遷」が正しいが、「孟母三遷」として通用している。古代中国では奇数がめでたいとする考えから「三遷」となったのではないか、という説(言語学者の金田一春彦の説)がある。

「三度目にやっと落ち着く孟が母」

「三度引っ越して賢人を仕立て上げ」

「おっかさんまた越すのかいと孟子いい」

「孟父だと引っ越すどころかぶんなぐり」

「機を切る孟母は短慮功をなし」

 江戸川柳でも一番人気の故事である。

« ケペル先生何でも相談室 | トップページ | 県庁所在地で最も人口が少ないのは鳥取市 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ケペル先生何でも相談室 | トップページ | 県庁所在地で最も人口が少ないのは鳥取市 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31