無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月31日 (木)

アンネの日記

26718    アンネ・フランクがベルゲン・ベルゼン収容所で死亡したのは1945年の2月の終わりか3月の初めころと推測される(3月12日説がある)が、オランダ赤十字は1945年3月31日としている。「アンネの日記」は1947年にオランダ語で初版が出版され、その後67カ国語に翻訳され、全世界で少なくとも3000万部以上が販売されている。アンネの墓はハンブルグ近郊にあるツェレの町、ベルゲン・ベルゼン収容所跡地に姉マーゴットと眠っている。

725636_5

2016年3月30日 (水)

イエスと孔子の死の記念日

O0605034011228599211
 成均館大学の学生たちによる八佾舞(パリルム)

  イエスも孔子も古い人なので命日をはっきりと定めることは困難がともなうようである。没年は西暦でいうとイエスが西暦28年、30年、33年と諸書によって異なる。孔子の没年は周の敬王41年、魯の哀公16年で紀元前479年は確定している。イエスも孔子も命日は定かではないが共に太陽暦でいうと4月になるらしい。イエスが処刑された日をユダヤ人は過ぎ越しの記念式に制定した。ユダヤ暦のニサン14日に行われた。これは太陽暦に換算するとだいたい4月上旬に当る。(今年は4月3日) 孔子の没日は「礼記・檀弓上」に陰暦2月11日(2月18日とする説もある)とあり、4月己丑、4月11日(崔述の考証による)、あるいは4月18日に当る。韓国では孔子の命日に「八佾舞」(パリルム)が5月11日に行われる。

死亡記事(オビチュアリ)

20150601oht1i50023l   「われわれの生まれ方は一つ。だが死に方はさまざまである」(ユーゴスラビアのことわざ)

  俳優の今福将雄さんが2015年5月27日、心筋梗塞のため自宅で亡くなった。享年94歳だった。テレビでは朝ドラ「藍より青く」「水色の時」、映画では「日本のいちばん長い日」「吶喊」など問題作に多数出演した。94歳というのは高齢であるが、現在、芸能界最長老の俳優が誰であるか正確には分からない。無声時代に映画に出演した俳優は100歳を超えているだろう。「キネマ旬報 日本映画俳優全集・男優編」をめくってみると、今のところ、佐田豊さん(明治44年3月30日生まれ)が今年105歳で長寿の俳優の一人である。

Photo_2

ヒンクリーとバルド(狙われた有名人)

Hinckley205x300 Robert_john_bardo
ョン・ウォーノック・ヒンクリー・ジュニア ロバート・ジョン・バルド

   ジョン・ヒンクリーは「タクシードライバー」を観て、映画の中で売春婦を演じたジョディー・フォスターへの偏執的な憧れを抱く。フォスターがイェール大学へ入学すると、ヒンクリーは彼女に近づきストーカー行為を繰り返した。ヒンクリーは自分が大統領を暗殺するという大事を引きおこせば、ジョディーが自分を認めてくれるという妄想をおこした。1981年3月30日、レーガン大統領を狙撃し、胸部に命中した。ヒンクリーは逃亡しようともせずその場で身柄を拘束された。彼は精神の病気で責任能力がないとされ無罪となり、現在も強制隔離入院中である。

    同じ頃、サマンサ・スミス(1972-1985)という米ソ冷戦下で親善大使の少女として有名な少女がいた。ロバート・ジョン・バルドはスミスちゃんをストーカーしていた。しかし彼女は1985年8月25日、飛行機墜落事故で13歳で他界した。バルドはテレビなどモデルで活躍していたレベッカ・シェーファー(1967-1989)を狙った。シェーファーはハリウッドでも若手女優として期待されていた。TVムービー「恐怖の航海」(バート・ランカスター主演)では歌手シェリルを演じた。レベッカはバルドの銃弾によって21歳の短い生涯を閉じた。

Schaeffer004
レベッカ・シーファー。1989年7月31号の「ピープル」誌の表紙を飾る

マフィアの日

  1282年のこの日、シチリアでシャルル・ダンジューの圧制に対し暴動(シチリアの晩鐘事件)が起こった。反乱の合言葉が「Morte alla Francia Italia anela(全てのフランス人に死を、これはイタリアの叫び)」の各単語の頭文字を並べるとマフィア(mafia)となる。(3月30日)

2016年3月29日 (火)

人名と教養

Photo_2  すこし前の話だが安倍首相が憲法学者・芦部信喜の名前を参院予算委員会で質問され、「私は存じ上げておりません」と回答した。(2013年3月29日)。このことがネット上で話題となったことがある。芦部信喜は日本の憲法学者、宮沢俊義の弟子で、近年の憲法学者の中では最も高名な人物である。安倍は法学部卒で国会議員、それも改憲論者というのがその理由である。だがこのような人を貶める論法は姑息で卑怯という感が否めない。昭和期の憲法学者の名前をあげるとして、美濃部達吉、我妻栄、宮沢俊義の名前は「コンサイス日本人名事典」(1990年版)には収録してあるものの、問題の芦部の名前はない。知らないとしても無教養とまではいえまい。もちろん一国の総理であり、憲法を論ずる政治家としての見識には失望させられる。また憲法の知識があっても、著者の名前を留意しない人もいる。本に書かれている内容が大事であって、著者や書名や発行所には意に介さないタイプの人も結構いるようである。これらの知識は、いわばただの符牒であって教養とは無関係なのである。仮に百歩譲って、芦部信義の名前を認識することが憲法を語る上での最低常識だとして、コンサス日本人名事典に未収載の人名も加えるのなら何人の人名を知らねばならのか。コンサイス約14000名プラス世界人名約1900名(山川の世界史人名辞典)、合計15900名となる。たぶん全て知っている人はいかなる博覧強記の人でもいないと思う。また姓名をすべて知らなければならないのか、業績とか人となりを知らないと、知ったことにはならないのではないか。ピカソのフルネームをいえる人はいないし、エル・グレコの本名ドメニコス・テオトコプロスを知る人は少ない。バッハ、ハイドン、モーツァルト、ベートーベンの名を知らなければ無教養と決めつけるならば、その人はフル・ネームを正確に言えるのだろうか。人名はふつう苗字が通称名だが、ナポレオンやミケランジェロ、ラファエロ、ダンテ、ガリレオなどはなぜか名前で覚えている。とくに規則があるわけではなく慣例としかいいようがないつまりすべての名前はただの符牒にすぎないのである。

 フランスの哲学者ヴォルテールという名前は、本名アルエArouetをラテン表記にしたAROVETLIのアナグラムの一種らしい。ヴォロンテール(意地っ張り)という渾名が由来という説もある。

   AKBの川栄李奈ちゃんがある番組でこんなエピソードを紹介している。「あのぉ、私なまえが川栄って言うんですけど、AKBに入りたての時、周りの評判とか気になって、「川栄」でネットを検索してみたんですよ。そうしたら、見事に大川栄策さんしかでてなくって…」

2016年3月27日 (日)

若葉マーク 

20120509   普通自動車免許取得後1年未満の人の車に貼付することが義務づけられた初心者マークを「若葉マーク」という。1972年10月1日から制度が導入された。1997年からは75歳以上の高齢者のドライバーにつける「もみじマーク」も登場した。このデザインは枯れ葉にみえるということから、2011年には新デザインの「四つ葉マーク」に変更された。なお従来の「もみじマーク」もそのまま使用することができる。

松陰、下田踏海

   嘉永7年3月28日、下田に停泊中のアメリカ艦隊ミシシッピー号に吉田松陰(1830-1859)が、弟子の金子重之輔(1831-1855)と共に小舟を漕ぎ寄せた。そして密航を切願したが通訳ウィリアムスは「ペリーはあなた方の志を喜んでいるが、日本との条約があるので、連れていけない」と断わった。松陰はその時のことを「三月二十七日の記」に記している。

Lrg_24889408   翌日、2人は、下田で自首し、幕吏によって獄に入れられる。のち、松陰は幕府から長州藩に引き渡され、萩城下の野山獄につながれる。金子は翌年萩で獄死している。下田で松陰たちが身を寄せた蓮台寺の医師、村山行馬郎(むらやまぎょうまろう)の屋敷がいまもある。内湯の浴槽がそのまま保存され、往時の様子を伝えている。(天皇の世紀 第2回「野火」、3月27日)

2016年3月24日 (木)

こんな女に誰がした

Yorunoonna   1946年4月、NHKラジオで「街頭録音」の放送が始まる。終戦後、上野を「ノガミ」、池袋を「ブクロ」、有楽町を「ラクチョウ」といった。とくに有楽町のガード下は闇の女たち、いわゆるパンパンと呼ばれる売春婦がいた。1947年4月、NHKアナウンサーの藤倉修一(1914-2008)は小型マイクをコートの内側にしのばせて、潜入取材をしている。

女の子①「たばこもってない?」

藤倉 「こんなのでいいかな?よっぱらってるね」

女の子①「カストリ(粕取り焼酎)だよ。ピーナッツおごってよ」

藤倉 「はい10円」

女の子②「おじさん、いい男だね。あたしたちと親類だよ。有楽町で顔あわせればみんな親類」

女の子③「おじさん新聞社だろ。おれたち新聞社きらいなんだ。おとしまえとっちゃうぞ」

おねえさん(あねご) 「あたしは戦災でやかれて両親も兄弟もないけど中流以上の子が多いわよ」

    NHK街頭録音「青少年の不良化をどう防ぐか、カード下の娘たち」は、全国に大反響を巻き起こした。手紙やカンパがNHKに寄せられた。しかし「ラクチョウのお時」は放送の翌日姿を消した。

  戦後、戦争未亡人は187万人。中には生活に困り、街頭に立つ道を選んだ戦争未亡人もいた。闇の女は男子大量戦死の結果、将来に希望を見出すことが出来ない社会への無言の抗議でもあった。菊地章子が歌う「星の流れに」の「荒む心でいるのじゃないが、なけて涙も涸れ果てた、こんな女に誰がした」に切実さがよく表現されている。

   「パンパン」とは、一般的には「占領軍兵士を相手にする娼婦」と解される。パンパンのスタイルはアメリカ軍から放出された布地によるタイトスカートをはき、ネッカチーフを身につけ、オキシフルで髪を茶色に染め、爪を赤く塗り、「ラッキーストライク」「キャラメル」を吸う。「パンパン」の語源については定説はない。現代用語の基礎知識の創刊号(昭和23年版)に次のようにある。

「終戦後の流行語だが、海軍復員者はみんな戦争中から使っていた。

語源1.軍港に碇泊し上陸許可が出て早速慰安街に駆けつけるが、もうあたりは寝しずまっている。こら起きろ、と表戸をパンパンと叩いて女を起こした。その戸を叩く音から出たという。

語源2.仏印のある街で、食料不足から物乞いが氾濫していた。上陸した日本兵を見ると、若い女たちが手をさしのべて「パン、パン」と哀願した。パンは彼女等にとっては麺麭であった。ちょうど終戦後の日本娘も、パンのためにこれと全く同じような哀願を米兵に示したのと同様である。転じて米人や中国人にゴマをすってボロ儲けする男をパンパンボーイなどという」

   いずれにしても、戦争中からの軍隊用語で海軍の兵隊が使っていた卑語らしい。マレー沖海戦で撃沈したイギリスの戦艦プリンス・オブ・ウェールズには40mm8連装のポムポム砲を搭載していた。このポムポム砲はピストン運動をすることから、ポムポムが売春婦を意味する卑語となり、パンパンに転化したという新説もある。

   「広辞苑 第3版」では「(原語不詳)第二次大戦後の日本で、街娼・売春婦のことを指した」とあるが、新しくでた第6版では「第二次大戦後の日本で、主に進駐軍を相手とした街娼・売春婦のことを指した」と修正している。(修正はすでに第4版か第5版でなされたのかもしれない)

   「第二次大戦後」とあるが、実際は戦時中から軍人が使用していた言葉であることは当時の人の証言から明らかである。また、米軍あるいは進駐軍を相手に特定した言葉ではなく、日本軍人がアジアの女性に対しての呼称であるので、広辞苑の修正は改悪といわざるを得ない。パンパンという言葉は日帝アジア侵略の加害者であった証拠であり、それを被害者としての面のみを強調することは、辞書の編集者としての見識が問われることになるであろう。

Prostitutioninjapan13

プラトニック・ラブは純愛ではなかった

   肉体的欲望を伴わない精神的恋愛。プラトニックとはギリシアの哲学者で霊魂の不滅を主張しイデア論を唱えたプラトンのことであるが、彼自身が純潔を説いたわけではない。プラトンが恋愛について書いた「饗宴」で、「魂よりもより多くの肉体を愛する卑俗な愛人は悪い」といってるのは、その頃一般に行われていた男性間の同性愛、少年愛についての言葉なのである。ルネサンス時代の人文学者マルシリオ・フィチーノによってプラトンの著作がラテン語に翻訳され、「アモル・プラトニクス」という語が生まれた。オルセー美術館にあるジャン・デルヴィルの「プラトン・アカデミー」はプラトンの周囲に美青年たちが、その言葉に耳を傾ける姿が描かれているが怪しい雰囲気がただよう。男と女の両方の性をあわせもつアンドロギュノス(両性具有)の若者たちで、一種の理想郷的空間と解釈される。日本では近代浪漫主義運動の先駆者・北村透谷が1887年に「ラブ」として紹介して一世を風靡した。

amor platonicus,Androgynous

Photo
 デヴィル 「プラトン・アカデミー」 1898年

「たぬき」英語で何という?

Img10271900641     小泉八雲の小説「MUJINA」(むじな)は日本特有動物の一つで、広辞苑には「アナグマの異称」とある。しかし地方によってはタヌキをさすこともある。妖怪視されていることが多く、化けて人をだましたり、山道を歩いていると砂をまきかけられたりするほか、高僧になりすましてイヌに殺された話、汽車に化けて本当の汽車にひき殺された話などある。米国中北部、五大湖の西にあるウィスコンシン州は、Badger State (アナグマ州) という愛称がある。アナグマとタヌキは混同されやすいが、北アメリカにはタヌキはいない。かわりにアライグマ(raccoon)をタヌキに充てて、「raccoon dog」と言っている。

tapir          バク

blue whale  シロナガスクジラ

lesser panda レッサー・パンダ

sea otter  ラッコ

reindeer    トナカイ

armdillo     アルマジロ

camel       ラクダ

squirrel     リス

giraffe      キリン

elephant tortoise  ゾウガメ

skaunk      スカンク

beaver      ビーバー

manatee  マナティー

orangutan  オランウータン

koala       コアラ

duckbill      カモノハシ

kangaroo   カンガルー 

weasel       いたち

baboon       ひひ

hair seal     アザラシ

発音しない文字

  英語には時によって、knife(ナイフ)、write(書く)のようにk、wの発音しない文字がある。これを黙字(silent)という。

b    thumb(親指)  comb(くし) lamb(子羊)

d    handsome(ハンサム)

gh  night(夜) high(高い) right(右)

h    honest(正直な) hour(時間) ghost(幽霊)

k    knee(ひざ) knock(ノックする) knot(結び目) knob(つまみ)

l     talk(話す) walk(歩く) alms(義援金)

n    hymn(讃美歌)

p    pneumonia(肺炎)

s    island(島) aisle(通路)

t    match(試合) catch(つかむ) Christmas(クリスマス)

w   answer(答える) wrist(手首) wrap(包む)

いろいろな「魚貝」の名前、英語では?

Plum_gut_porgy    魚の種類は2万種以上あるが、英語で魚の名前を覚えるのも一苦労である。鯛のような一般的な魚ですら英語で言うことは難しい。鯛のことはシーブリーム sea bream というが、ポーギーporgy ともいう。red snapperも鯛の一種。

ズワイガニはquean crab。タラバガニはking crab。欧米人はカニがあまり好きではない。

ウナギは英語でeel(イール)、ドイツ語でaal(アール)、フランス語でアンギーユ(anguille)。

「うろこ」は scale、「えら」は gills。

mackerel   サバ

shark    サメ

stingray  エイ

eel        ウナギ

coelacanth  シーラカンス

herring        ニシン

sandfish      ハタハタ

sardine       イワシ

carp           コイ

catfish       ナマズ

salmon       サケ

greenling    アユ

codfish      タラ

headfish    マンボウ

rockfish    カサゴ

greenling   アイナメ

see bass   スズキ

tuna         マグロ

goby         ハゼ 

mackerel   サバ

flatfish      カレイ ヒラメ

bastard halibut  ヒラメ

puffer       フグ

globefish   フグ

yellow tail   ブリ

horse mackerel      あじ

anchovy   アンチョビー、イワシの類の小魚

squid        いか

cuttlefish   いか

shrimp      えび

sardine     いわし

prawn       車えび

lobster     伊勢えび

bonito      かつお

crab         かに

conger      アナゴ

anglerfish  アンコウ

moray      ウツボ

ray          エイ

marlin      カジキ

bonito     カツオ

flounder  カレイ

sand borer  キス

alfonsino     キンメダイ   

orca        シャチ

octopus    たこ

blowfish    ふぐ

tuna        まぐろ

trout       ます

clam        はまぐり

halibut     ハリバ、オヒョウ(大型の平たい食用魚)

jellyfish    くらげ

starfish    ひとで

striped mullet  ぼら

turban shell  さざえ

scallop        ホタテ

littleneck clam  アサリ

shijimi clam   シジミ

coral       さんご

sea anemone   いそぎんちゃく

pond snail  たにし

snail         かたつむり

young yellowtail   はまち

ark shell   あかがい

Longtooth grouper  クエ

saury       サンマ

salmon roe   イクラ

herring roe   カズノコ

goldfish       金魚

killifish        メダカ

壇ノ浦の合戦

Image090904_07

    屋島から逃れ下関の彦島に布陣した平氏であったが、1185年3月24日、壇ノ浦で滅亡した。これにさきだち源義経(1159-1189)は伊予の河野水軍を主力として壇ノ浦に迫り、決戦の意を固めた平氏は源氏と30余町(約3㎞)の距離に船陣をかまえていた。この日早朝、東に源氏の白旗、西に平氏の赤旗が翻った。初め潮流は源氏の側へ向けて流れ、午後になると逆に流れた。潮の流れを知らせたのはいるかの群れであった。

    「いるかが源氏側に泳いで行けば平家が勝つのだが・・・」との平氏側の願いはかなえられず、迫る源氏の矢に平氏の水夫はつぎつぎと倒れた。

    平知盛は安徳天皇の船に飛び乗り、見苦しいものを捨て始めた。女房たちにも不安が広がった。清盛の妻二位尼平時子は、8歳の安徳天皇を抱いて船端から海中に身を投じた。このとき、三種の神器の一つである、宝剣が海中に没している。後を迫った天皇の母后建礼門院は、源氏方の熊手に髪をかけられ、引き上げられた。

    能登守平教経は、これを最期と義経を追いつめるが、義経は、天狗に習ったという身軽さ、八艘飛びでかわしたという。教経が源氏の武士2人と組み合い、海中に没したあと、一門ことごとく滅ぶのを見た知盛は、「いまや見るべきものは見届けた」と、入水した。

    午後5時ころ、戦いは終わり、ここに平氏一門は滅び去った。

田沼意知殺傷事件の真相

   1784年3月24日夕刻、江戸城中において田沼意次の長男、意知が新番の佐野政言(まさこと)に突然斬りつけられ、その傷がもとで4月2日死亡した。享年35歳。佐野政言は田沼政権下での立身を願い、系図の明らかでない意次に、自分の佐野家の系図に手を加えて、田沼家が佐野家の庶流であるように改竄を申し出て恩を売ろうとした。しかし、もともと出自などに全く拘泥しない意次は、佐野の申し出を断った。このことに遺恨をもった佐野は逆恨みし、ついに子の意知を殺害したのである。意知が亡くなった翌日、佐野が切腹すると、高騰していた米価が偶然下がり民衆は佐野を「世直し大明神」と称えた。この事件を契機に松平定信ら反田沼派が台頭することとなった。

林静子と廃娼運動

Afb6453d5854b5181b25e0b7410151ac   明治政府は1872年、人身売買を禁じ、芸娼妓解放令を発令したが売春そのものを禁止していなかった。1899年の東京府の娼妓数は、62871人であり、大阪府は6275人である。わが国で、売春が禁止されたのは1956年の「売春禁止法」(1958年3月施行)によってであり、GHQによる公娼廃止指令(1946年)から10年が経過していた。明治以降、廃娼運動が展開されたが、島田三郎の廓清会(かくせいかい)、林静子の矯風会、山室軍平の救世軍などが代表的運動団体である。とくに林静子(1864-1946)は1907年、大阪婦人ホームを設立し、婦人の職業紹介、廃娼運動、禁酒運動の推進に尽力した。

  林静子は1864年12月14日、福井県大野町に土井藩徒士武士林長蔵の長女として生れた。小橋勝之助、実之助兄弟の孤児養育施設「博愛社」の発展につくす。1932年、日本基督教婦人矯風会大阪支部を設立。婦人ホームをもうける。1946年3月24日死去。84歳。(参考:石月静恵「林静子と廃娼運動」歴史と神戸135)

2016年3月23日 (水)

スペイン風邪 1918-1920

Spainmask   日本で米騒動の勃発した1918年は、春から世界で流行していたスペイン風邪が秋になる日本でも猛威をふるい、肺炎や心臓病を併発して死亡する者があいついだ悲惨な年でもあった。そして世界中で約2500万人が死亡したと推定され、これは第一次大戦の死者をはるかにしのぐ数字だった。

    地球上の住民の約半数が罹患したとまでいわれるこのスペイン風邪は、この年の早春、アメリカの兵営で発生し、4月に第一次大戦のフランス戦線に伝染、同月末にスペインに広がって、5月末になるとアルフォンソ国王、首相以下の閣僚も感染した。6月にイギリスに移って「スペイン風邪」と名づけられた。

    日本でも春ごろから流行、初秋には死亡率が激増した。東京市内の4つの火葬場は満員で、看護婦は不足し、多数の鉄道関係者も罹患して輸送に不便をきたすありさまとなる。このスペイン風邪による死者は日本だけでも45万人に達する。スペイン風邪で亡くなった著名人はクリムト、エゴン・シーレ、マックス・ウェーバー、アポリネール、徳大寺実則、大山捨松、辰野金吾、島村抱月、村山槐多、折田彦市など。(参考:速水融『スペイン・インフルエンザ 1918-20』藤原書店)

クーリッジ効果

   オバマ大統領がキューバを訪問した。現職の米大統領がキューバを訪問するのは、1928年のクーリッジ大統領以来のことで、実に88年ぶりとなる。カルビン・クーリッジ大統領に因む言葉として「クーリッジ効果」がある。政治家の名前を使っているので、経済効果なぞと思うだろうが、生物学上の用語である。オスのネズミとメスのネズミを1つのカゴの中に入れておくと、最初のうちは盛んに交尾活動を行なうが徐々に交尾活動は減少していく。これは交尾そのものに飽きたわけではなく、そのメスとの交尾活動に飽きただけで、新しいメスを入れると、また盛んに交尾活動が行われる。最近、芸能人の浮気が週刊誌などでスクープされ世間からの非難を浴びることがあるが、動物の生理学上から考えると、いささか同情の余地はあるような気がする。映画「いつも2人で」(1967)知り合って12年、やや倦怠期に入った夫婦をオードリー・ヘプバーンとアルバート・フィニーが演じる。

映画黄金時代 1930-1952と志賀直哉

Photo_2  「志賀直哉、映画に行く」という新刊書を読む。志賀の日記を基にして、彼の生涯に見た映画を辿っている。この本からわかることは、小説の神様、志賀直哉はそうとうに映画が好きだったらしい。大正の終わりから昭和10 年代の映画館は、映画の二本立てや三本立て、もしくは二本立てとレビューとかバラエティなどの演芸がほとんどだった。1931年志賀は「モロッコ」を家族連れで見ている。志賀は48歳。このとき一緒に行った子供は留女子13歳、壽々子は10歳、萬亀子は9歳。志賀はよほど気に入ったとみえ、昼食の寿司をはさんで、2館に足を運んでいる。子どもたちにはハードスケジュールだったと思われる。志賀の日記には1日に3館行った日さえある。志賀は本当に映画が好きだった。考えてみれば、志賀の生きた時代と映画の黄金時代はちょうどオーバーラップする。

   ハリウッドの黄金時代がいつ頃であるかは諸説あるだろう。「世界でいちばん魅力的な女優」といわれたマレーネ・ディートリッヒが映画監督ジョゼフ・フォン・スタンバークに招かれて渡米し、「モロッコ」に出演したのが1930年。大戦後、チャップリンが赤狩りで逃げるようにアメリカを出国したのが1952年。この1930年から1952年までという期間は、ナチス政権の成立とともに、ヨーロッパからの亡命者がハリウッドに集結し、最もコスモポリタン的な雰囲気に満ちた時代であったと思う。もちろんディートリッヒ以前に渡米した女優にはゼダ・バラ、ポーラ・ネグりやリリアン・ハーヴィ、アラ・ナジモーヴァなどがいる。ゼダはフランス経由で渡米したアラブ人でヴァンプ女優として成功した。だがディートリッヒやチャップリンのように反ナチズムを叫んだ映画人はいない。1930年代から1952年までのハリウッドは俳優だけでなく、監督、脚本家、音楽家、スタッフなどドイツ、フランス、ハンガリー、オーストリア、ロシアなど各国の出身者たちがいた。戦時中の映画には、アメリカ人の閉塞感や未来への希望を代弁して、ミュージカルやメロドラマが好まれた。またジュリアン・デュヴィヴィエ、ジャン・ルノワール、ハーマン・シュムリン等の名監督がドイツ軍占領下のヨーロッパを逃れアメリカで優れた作品を残している。この時代ハリウッドに渡米成功した女優には、グレタ・ガルボ(スウェーデン)、へディー・ラマー(オーストリア)、イングリッド・バーグマン(スウェーデン)、ソニア・へニー(ロシア)、アンナ・ステン(ロシア)、ヴィヴィアン・リー(イギリス)などがいる。

600fullwaterloobridgephoto

いろいろな鳥の名前、英語では?

 わたしたちの身の回りには、さまざまな姿をした鳥がいる。 映画「いそしぎ」(1965)の原題は、The Sandpiper 。鴫は snipeともいう。その区別は知らない。

Eagles catch no flies.鷲は蝿を捕らえず

  鷲のように大きな鳥は、小さな蝿など捕らえない。つまり大物は、小さな利益などは問題にしないというたとえ。エラスムスのことば。Aquila non captat muscam.

鳥の英単語いろいろ集める。

Parrot duck  あひる

albatross  あほうどり

parakeet   インコ

cormorant   鵜

bush warbler ウグイス

quail            ウズラ

black-tailed dull  ウミネコ

parrot      オウム

mandarin duck オンドリ

jay          カケス

magpie    カササギ

goose   がちょう

cuckoo  かっこう

canary  カナリア

gull       かもめ

crow     からす

kingfisher  カワセミ

pheasant  きじ

woodpecker きつつき

hill myna    九官鳥

peacock      くじゃく

stork         コウノトリ

robin          こまどり

heron         サギ

snipe          シギ

turkey        七面鳥

great tit     四十雀

sparrow      すずめ

wagtail       セキレイ

hawk          たか

ostrich        だちょう

thrush         つぐみ

swallow       つばめ

crane         つる

ibis             トキ

kite             トンビ

cock          にわとり

swan          白鳥

pigeon        はと

falcon         はやぶさ

hummingbird   ハチドリ

lark             ひばり

bulbul          ヒヨドリ

finch           フィンチ(ヒワ、アトリ類の小鳥の総称)

owl             ふくろう

flamingo      フラミンゴ

Java sparrow     文鳥

pelican       ペリカン

penguin      ペンギン

bunting         ホオジロ

little cuckoo   ほととぎす

horned owl     ミミズク

starling         ムクドリ

white-eye(blighty) メジロ

seagull       かもめ

而今(にこん)

あさイチで禅の特集。而今とは、今このときをただ懸命に生きる、という意味。道元の「正法眼蔵」山水経に見える語。「生而今」ともいう。広辞苑をはじめとする辞書にはあまり載っていない。

日本の教育界がセーラー服を採用した本当の理由

Photo_2   公開中の橋本環奈主演の「セーラー服と機関銃 卒業」が予想を上回る高い評価を受けているらしい。やはり美少女+セーラー服は男子に根強い人気がある。だが現実社会ではブレザーの採用校のほうが多く、セーラー服は毎年減少を続け、その数10%程度にとどまっている。日本以外の国でセーラー服を着た女学生は少ないが、タイや中国で採用したところ、人気で志望者が大幅に増えたともいわれる。

   セーラー服の起源は19世紀はじめイギリスの水夫・水兵が着ていた服である。胸元のスカーフは、水兵が手拭い代わりに使っていたタオルの名残りと言われる。水兵服からヒントを受けてデザインされたセーラー服は、日本では大正9年に平安女学院がセーラー服を採用したのが最初で、以後、お茶の水高師附属高女や雙葉高女が通学服として採用し、全国に普及した。なぜ日本の教育界がセーラー服を採用したかについては諸説ある。①男子の学生服が立襟で陸軍式の5つボタンのチュニックを採用したため、それならばと女子には海軍の軍服にした。②セーラー服の胸が大きく開いた逆三角形になっており、海に落ちた時にすぐに服を破り、泳ぎやすくするため。③制服決定権は教育関係者にあり、男社会の時代、セーラー服のファッションが男に好まれたといういわば先生のエロスから。これらの理由を具に検討するに、①のいくら軍国主義の時代とはいえ、陸軍に対抗して海軍、というのは根拠としては首肯しがたいものがある。②の根拠はよく言われるが、女学校で海に溺れるというケースはまれではないだろうか。③の理由は男としてよくわかる。だが、胸襟が大きく開いている理由は、単にエロスというだけではなく、乳房の発育と関係するのではないだろうか。女子の乳房の膨らみは10歳くらいで初潮を迎えたときから女性ホルモンが分泌されて、それから約10年間、20歳ぐらいになるまで成長する。つまりセーラー服の着用時が最も乳房の発育期にあたり、3年間、同じサイズの服を着続けるとバストの部分が窮屈となる。そのため襟がV字で大きく開いたセーラー服が適当と実用面で判断したのではないだろうか。

ムッソリーニとファシズム

Photo    独裁者ベニト・ムッソリーニ(1883-1945)は1919年のこの日、「イタリア戦闘者ファッシ」(後のファシスト党)を結成した。彼の日常生活はきわめて平凡なものだった。彼は朝6時に起き、体操をしたのち、オレンジエードか、グレープジュースを一杯飲む。それから軽く馬に乗って、シャワーを浴び、朝食をとる。食卓にはパンとミルク、新鮮なフルーツ。乗馬、水泳、ハイキング、フェンシング、ヴァイオリンを愛好した。酒もタバコもたしなまず、社交生活もあまり好きではない。ちょっとかわったことと言えば、スピード感を愛し、みずからオートバイ、飛行機を操縦することぐらいなものであり、独裁者の日常は、意外に健康的なものであった。ムッソリーニは古代ローマ帝国の復興を掲げたもののローマ皇帝ネロ、カリギュラ、カラカラのようなエピソードがあるわけではなく、彼自身は勉強家で教養も深い知的な人物だった。

    ムッソリーニは、1883年7月29日、イタリア北東部、フォルリ州プレダッピオ郡ドヴィアに生まれた。父は鍛冶屋、母は小学校の教師をしていたが、生活は豊かではなかった。父は熱狂的な社会主義者で、息子のベニトという名は、メキシコの革命家ベニト・ファレス(1806-1872)にちなんだものである。

Romanfasces    第一次大戦後の1919年3月23日、ムッソリーニはミラノで同志150人を集め「ファッシ・ディ・コンバティメント」(戦闘団)を組織した。ファッシ(ファッショの複数)は団結、結束を意味するが、古代ローマの執政官の権威を象徴していた儀式用のファルケス(棒と斧をたばねたもの)を語源とする。これからファッショfascioという言葉が生まれた。1922年ローマ進軍を行なってムッソリーニ政権が誕生した。1924年ファシズムに反対するジャコモ・マッテオッティ(1885-1924)が謎の死を遂げた。これ以後、ムッソリーニは正体を現し始め、首相の権力の拡大、ストライキの非合法化、ファシスト党青年の全国組織「バリーラ」の結成などが進められていた。反対派にはもはやムッソリーニを暗殺するしかなかった。

   1926年4月7日、カピトーロでの外科医世界会議を主宰し終えたムッソリーニが外へ出たとき、銃弾4発がピストルから発射された。ムッソリーニは鼻を負傷した。犯人は62歳のアイルランド女性バイオレット・ギブソンで、精神病院を退院したばかりだった。この狙撃事件には政治的背景はなかったが、ファシスタ党の戦闘員はこの機会をとらえ、反対派の新聞2社の社屋を襲撃した。そして同じ日の午後、ムッソリーニは、ファシズムを「全民主主義社会に対抗する明快にして決定的かつ絶対的アンチテーゼ」と規定する。これは反対派に対する宣戦布告となった。(Benito Mussolini)

軍神広瀬中佐の銅像

Photo_10

   明治37年、日露戦争開戦。日本海軍はロシアの艦隊の出撃に備え旅順港封鎖作戦に出、作戦中の福井丸がロシアの魚雷を受けて沈没、杉野兵曹長が戦死した。それを知らない広瀬武夫(1868-1904)中佐は、沈みかけている船に杉野を探しに行き、海水が甲板に迫ってきてやむなく端舟に乗り移ろうとして敵弾を受けて戦死した。戦後、広瀬は軍神として祀られ各地に銅像が建てられた。数ある銅像の中でも、とくに知られたのは東京神田区須田町(現・千代田区神田須田町)、万世橋駅頭(現在の秋葉原駅近辺)にあった像であろう。周辺は人や自動車や路面電車がひっきりなしに行き交い東京でも屈指の繁華街であった。明治37年4月20日、海軍の同期・上官であった八代六郎(1860-1939)、有馬良橘(1861-1944)、財部彪(1867-1949)、小笠原長生(1867-1958)らの推薦によって「広瀬中佐銅像建設趣意書」が提出され、時事新報が寄附金を募って、明治43年3月に建設された。

    「東京銅像唱歌」の25番に「電車の乗換、いとしげき、昌平橋のそば近く、広瀬中佐は立てりけり、下には杉野兵曹長」の歌詞にあるように、台座上部に広瀬の像があり、台座の下に広瀬を見上げるように跪いた杉野の像があった。銅像の製作者は、広瀬と大分県竹田市出身の彫刻家・渡辺長男(1874-1952)が同郷の縁で広瀬の像を製作した。杉野の像は渡辺の実弟の朝倉文夫(1883-1964)が製作した。これらの像は戦犯銅像として昭和22年6月に撤去され、現存していないそうだ。杉野は何処、杉野は居ずや、銅像は何処。

2016年3月22日 (火)

明治の流行語「ラクダ」

  「ラクダ」とは男女二人連れのこと。1907年に東京・上野動物園の入場者が、フタコブラクダとキリンの人気で急増した。二人連れがラクダのこぶのようにくっついているという意味からこう呼ばれた。広辞苑で「らくだ」を引くと、「➂江戸時代に夫婦、または男女が連れだって歩くこと」とある。つまり、アベックという言葉がない時代、「ラクダ」という表現が江戸時代からあったのであろう。

勢力の注集

   朝ドラ「あさが来た」瀬戸康史が演じる成澤泉は明治の教育者・成瀬仁蔵(1858-1919)がモデルである。1901年4月20日に日本で最初の総合的な女子高等教育機関として日本女子大学を創設し、初代校長に就任した。この日本女子大学設立に当たっては、明治の女傑として称される広岡浅子が共に政財界に呼びかけ、特に実家の三井家から土地を提供させるなど大きく貢献した。ウィキペディアの成瀬の項目には「聴くことを多くし、語ることを少なくし、行うことに力を注ぐべし」という言葉と「信念徹底」「自発創生」「共同奉仕」の3語が見える。ここにあげた「勢力の注集」は「20世紀のことばの年表」(東京堂)の1906年(明治39)に載せられている言葉。解説には「日本女子大学の創立者が口癖に使った言葉。1時間の講義で50~60回も使ったといわれている。勉強に限らず、恋愛でも一生懸命にやることをこう表現した」とある。

志賀直哉「暗夜行路」は「ハムレット」のパクリだった!!

Ham38

   現代の日本文学の作家はほとんどといってよいほど映画好きである。夏目漱石は留学中のパリ博覧会(1900年)で初期の映画をみている。弟子の寺田寅彦の日記をみると映画のことばかり書いている。谷崎潤一郎は映画の製作に深くかかわった時期があった。大岡昇平や三島由紀夫は映画雑誌に評論を寄稿している。映画、ことに洋画は西洋文化の窓口だった。「暗夜行路」で知られる志賀直哉もかなりの映画好きで、「紅葉狩」(1904)から「女が階段を上る時」(1960)まで半世紀以上、名画を鑑賞している。志賀直哉は明治44年に坪内逍遥の文芸協会公演「ハムレット」を観ている。これには不満だったらしく、「土肥春曙のハムレットが如何にも軽薄なのに反感を持ち、かえって東儀鉄笛のクローディアスに好意を持った」とある。翌年に無罪のクローディアスの視点から短編「クローディアスの日記」を発表する。だが大正になって志賀は活動写真でフォーブス・ロバートソン(1853-1937)の「ハムレット」を観てハムレットに同感するようになる。おそらく志賀の見たハムレットはバーナード・ショーの演出の舞台劇をそのまま撮影した映画であろう。これが「暗夜行路」創作の切っ掛けとなったことは疑いない。叔父クローディアスと母ガートルードの間から出生したという疑惑を祖父に置き換えれば、ハムレットから時任謙作が誕生する。もっともシェイクスピアの「ハムレット」にしても、その時代にすでに「原ハムレット」といわれる種本があったといわれるから、文学作品はすべて同工異曲なのかもしれない。(参考:剣持武彦「志賀直哉 暗夜行路論」 清泉女子大学紀要45  1997年、貴田庄「志賀直哉、映画に行く」2015年)

カチューシャ由来考

20110422020412  今日カチューシャ(Katyusha)といえば、金属やプラスチックで作ったC字形の女性用ヘアバンドのことである。御存知AKB48の歌にうたわれ、若い女性の必須アクセサリー。だがカチューシャと聞けば、トルストイの「復活」を思いうかべる。

♪カチューシャかわいいや別れのつらさ

せめて淡雪、とけぬまに

神に願いを、ララかけましょうか

    1990年頃の広辞苑には、カチューシャの項目にはなぜかトルストイの「復活」だけで、装身具としてのカチューシャの説明は無かった。もちろんこの時代も一般化した商品だった。現在の広辞苑には「大正初期上演の復活で、カチューシャ(松井須磨子)が着けたことから広まった」とある。ヘアバンドのカチューシャという称呼は日本独自の呼び名で、海外では通用しない。松井須磨子がつけたカチューシャは、「カチューシャどめ」という髪留めで商品化されたもので、現在のシュシュに近いものである。ただしその由来など、松井須磨子説に疑問視する説もあるようだ。カチューシャとはエカテリーナの愛称である。カーチャ、カーニカ、カチューシャ、カーチュニカとだんだんと上品な呼び名になるらしい。このあたりの話はロシア語の詳しい方でないとわからない。

ヤンヨーステンと八重洲

   東京都中央区の八重洲は、1600江戸年に貿易船リーフデ号で豊後国に漂着し、家康から屋敷を与えられた貿易商人ヤンヨーステン(1557-1623)の名にちなむ。彼は日本女性と結婚して耶楊子(やよす)という日本名を名乗り、江戸の和田倉門から日比谷までの内堀のそばの土地を与えられた。その居住地は八代洲(やよす)と呼ばれた。それが八重洲となり、現在の東京にその地名を残していることは広く知られている。ヤンヨーステンは朱印船貿易のため1622年6月バタビアに渡ったが、翌年、再び日本に帰航の途中インドシナ沖で難破して水死した。1623年10月前後のこと。世界大百科事典によるとプラセル(Prasel)で遭難したとある。近年の表記は「パラセル」。

もともとは人名が由来の植物の名前

   花、ことにバラの品種に女性の名をつけることはよくある。フランス王ルイ16世の妃マリー・アントワネット。その母、マリア・テレジア。伝説のプリマドンナ、マリア・カラス。最近ではマサコ(雅子)やプリンセスダイアナなどがある。

   ベゴニアは亜熱帯に広く分布するシユウカイドウ科に属する植物の総称。Begoniaの名はフランス人ミシェル・べゴン Michel Begon 1638-1710の名に由来する。べゴンはフランス領アンティル諸島の総督で、植物学者シャルル・プリュミエが1700年に出版した著書に6種の植物をベゴニア属として紹介した。べゴンはプリュミエをフランス王のルイ14世に植物採集者として推薦したので、その感謝の気持ちで名づけたのだろう。

   花の名には、人名から少し変えた形でつけたものが多い。ガーベラは発見したドイツの植物学者トラウゴット・ゲルベアから、カトレアは栽培し花を咲かせたイギリスのウィリアム・カトレイから付けられている。ダリアはスウェーデンの植物学者アンデシュ・ダールにちなむ。ブーゲンビリアは発見したフランス人の探検家ルイ・アントワーヌ・ド・ブーガンヴィルから、ポインセチアはアメリカ合衆国の初代メキシコ公使で発見者のジョエル・ロバーツ・ポインセットから、などと言う。

チョウノスケソウ。バラ科の小形の常緑低木。牧野富太郎は発見者の須川長之助の名にちなんで和名をつけた。

語源の楽しみ

   ヘビやオオトカゲが繁殖期に、なわばりやメスなどを争って、オスどうしが戦う。多くの場合は、傷つけ合うほどではなく、儀式のように決まった動きで行われる。一方が引き下がることで、決着がつく。このような様子を日本では「コンバットダンス」という。英語 combat は「戦闘」という意味だが、combat danceという英語は辞書やネットにも出てこない。アメリカ人に「コンバットダンス」をたずねてもわからないだろう。つまり「コンバットダンス」という語は和製英語(日本で英語の単語を組み合わせるなどして、英語らしく聞こえる語)かも知れない。おそらく60年代の米テレビドラマ「コンバット」で、匍匐前進をして戦闘するシーンがよく登場するが、それを連想してつくられた造語なのだろうか。

  広辞苑の「和製英語」の項では、「オフィス・レディー」と「ナイター」が取り上げられている。「ナイター」が純然たる和製英語なのかは異説がある。英語で一般には、a night game と言うが、アメリカンフットボールなどでは nighter という語を使うらしい。これは、日本生まれの和製英語が偶然英語でまれに使われている語と一致したのか、あるいは英語の稀語が日本で定着したのか、はたまた和製英語が逆輸出されたのか、今後の調査研究がまたれる。

   日本では1948年8月17日の読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ戦が最初の夜間試合。しかしナイターという語が社会一般に広まったのはそれから2年後のことである。「20世紀のことばの年表」(東京堂) ナイターの項目には1950年7月とされる。

2016年3月21日 (月)

助兵衛(すけべえ)

   好色なことや好色な人を意味する。語源については、幸田露伴「当流人名辞書」(明治33年)に、「助兵衛、多情の人、または貪婬の人をさして云ふ。すきといふ詞に基ける称にや。江戸語。東京語」とある。もともとは好色の「すき」に「兵衛」をつけた擬人名さとれる。大槻文彦の「大言海」(昭和8年)にも「好ヲ、擬人シタル語」とある。

三つ子

Dionnequintuplets    827年のこの日、日本で記録上で確認できる最初の三つ子が誕生した。出産した筑前国の舎人臣福長女に正税400束が贈呈された。

   現在、生存が確認されている最大多胎数の記録は、2009年アメリカのスールマンさんの八つ子(6男2女)である。(3月21日)

カナリアがいたからカナリア諸島!?

 昭和の時代、カナリアは飼い鳥の王様だった。洋風の応接間にはカナリアの入ったカゴを置き、お客様を招いて洋菓子と紅茶を頂く。けれども時代の変化とともに、いつのまにかカナリアも家庭で見かけることはまれになった。カナリアは、スペイン領カナリア諸島原産で、14世紀から15世紀にかけて、スペイン人によってヨーロッパにもたらされた。原種のカナリアは緑がかった茶色をしているが、現在のカナリアは黄色から、赤、アプリコット、あるいはオパールといった様々な色をしている。16世紀では貴族や宮廷の貴婦人の間でその美しいさえずりが人気を博したが、17世紀には上流階級の市民、さらには裕福な商人や職人にまでカナリアの愛好家が広まっていった。カナリアが最初に登場した学術的な文献はスイスの書誌学者コンラート・ゲスナーの「動物誌」(1551-1558)である。この本には「砂糖の産地であるカナリア諸島からもたらされる、カナリアというさえずりの上手な鳴禽」が「どこでも法外な値段で売られている」と書かれており、この頃すでに、相当数のカナリアがヨーロッパで売買されていたことがわかる。当時はオスのみが取引されていたようだが、やがて、経緯は不明ながらメスも輸出されるようになる。1675年にイギリスで出版されたジョウゼフ・ブレイグローヴの「畜産技術概論」には、カナリアがドイツ及びイタリアで大量に繁殖されていると記されているし、1704年にフランスで出版されたエルヴュー・ド・シャントルーの「新カナリア考」にも、ドイツからカナリアを売りに来る行商人のことが述べられている。

   一般にカナリアといえば黄色をイメージする。黄色は希望の色であり、電気が発明される以前のほの暗い室内に、明るい歌声とともに鮮やかな黄色をもたらしてくれたから、カナリアが何百年も西欧で愛されてきたのであろう。ダイナ・ショアが歌う「青いカナリア」(1953)、日本では雪村いづみがカバーしてヒットしたが、青いカナリアは本当にいるのだろうか。青い鳥は幸せを運ぶ鳥と信じられているが、実際には青いカナリアは存在しない。

   さて、カナリアといえば北アフリカ大西洋沖に浮かぶスペイン領のカナリア諸島をすぐ思い浮かべるが、カナリアがたくさん生息していたので、その名がつけられたのだろうか。古代ギリシア人やローマ人はそれらの諸島を「犬の島」と呼んでいた。おそらく島に多くの野犬がいたのだろう。それでスペイン人たちも「イスラス・カナリアス」Insula Canaria、犬の島と名づけた。鳥のカナリアはこの諸島が原産地であるため、諸島名にちなんでカナリアと名づけられた。カナリアがいたからカナリア諸島という名になったわけではない。逆だったのだ。

仲人ものがたり

   インターネットの普及によって有名人の個人データはかなり詳細にわかるが、結婚に際して仲人(媒酌人)をつとめた人名を探しだすことは、かなかな難しい。仲人の人名事典など未だ拝見したことはない。記憶に残る仲人はわずか数人である。ネットにみえる「クイズ研」の問題。三島由紀夫が33歳で画家杉山寧の娘、瑤子と結婚した際、結婚式で仲人を務めた作家は誰?答えは、川端康成。川端は昭和32年に岸恵子がパリでイブ・シャンピと結婚したとき、仲人(立会人?)を努めている。明治22年、森鷗外は赤松登志子と結婚する。森家と縁戚関係にあった西周が仲人をつとめた。昭和14年、太宰治は石原美知子と結婚する。仲人は井伏鱒二。昭和37年、美空ひばりは小林旭と結婚。仲人は田岡一雄。昭和55年、山口百恵は三浦友和と結婚。仲人は宇津井健・友里恵夫人。所ジョージの仲人はタモリ。

西施乳

   中国では、昔からフグのことを西施乳(せいしにゅう)という。フグの腹の下の白子の部分は美味で、春秋時代の美女・西施の乳房にたとえられた。近松門左衛門の浄瑠璃に「味の甘きこと、西施乳とて美女の乳房にたとえながら・・・・我が朝の河豚なるべし」(松風村雨束帯鑑)とみえる。

漱石・鏡子夫妻の仲人(媒酌人)は?

   ある特定の人物について調査する場合、その氏名、生没年、経歴、業績、住所、墓所などが一般的な探索事項であるが、時として百科事典とか伝記に記されない仔細なことを求められることがある。夏目漱石と中根鏡子は明治29年にお見合いで結婚したが、そのときの仲人(媒酌人)までは一般書には記されていない。漱石に関する本は無数に出版されているので、仲人の名前は知ることができた。鏡子の父、貴族院書記長の中根重一の知り合いで井上廉(1846-1914)である。

Photo   たまたま江戸東京博物館で「ある幕臣の幕末・明治  井上廉と川村帰元」展を開催していた。井上が1856年から1913年にわたって記した膨大な量の日記が展示されている。漱石の仲人といってもおそらく名義上の媒酌人であろう。ここでは井上廉の基本事項を略記す。

出生 1846年5月15日(弘化3年4月20日)

没年 1914年(大正3年)2月18日

経歴 旧幕臣で、維新後、新政府に出仕し、元老院議官や内閣恩給局長を歴任。なお、名の読みは「きよし」(徳川幕臣人名辞典)と「れん」(幕末維新大人名事典)に分かれる。

催眠術師スヴェンガーリ

Svengalijohnbarrymore   本日は「催眠術の日」。催眠術をかける時の掛け声「3、2、1」から。最も有名な催眠術師といえばスヴェンガーリ。ジョン・バリモアの怪奇映画「悪魔スヴェンガリ」(1931)パリのラテン街で暮らす貧乏なヴァイオリン弾きスヴェンガーリは、人を魅する不思議な魔術と残忍性とを備えた男だった。原作はジョルジュ・デュモリエ(1834-1876)の「トリルビー」(1894)で、この小説に登場するスヴェンガーリが評判となり、現在でも単語としてスヴェンガーリは「邪悪な動機によって他人を操る人」の意味で使われる。 Svengali、3月21日

コペルニクスとヴェサリウス

Img_0014
 「人体の構造」の著者ヴェサリウス

  1543年といえば、ポルトガル人が種子島に漂着し鉄砲を伝えた年である。この年は西洋でも近代の科学技術の出発点とでも言うべき年であった。つまり人類が天体と人体の構造をつきとめた年なのだ。天文学者ニコラウス・コペルニクス(1473-1543)が「天球の回転について」6巻をニュルンベルクで3月21日に刊行した。いわゆる地動説を提唱したのだ。本書が彼のもとに届けられたとき、彼は臨終の床にあり、5月24日に没した。次に解剖学者アンドレアス・ヴェサリウス(1514-1564)が「人体の構造について」(ファブリカ)も刊行されている。彼は、ガレノスの伝統と13世紀から14世紀以来の人体解剖の復活を基礎にしながらも、これに盲従せず、自身の執刀と観察眼によって新しい解剖学を体系的にまとめたのである。ヴェサリウスは1564年10月15日に死去している。

   さらに、数学者ニッコロ・タルターリアが、ユークリッドの「ストイケイア」の初の近代語訳であるイタリア語版を刊行している。またこの年、13世紀のギョームのラテン語訳「アリストテレス全集」を出版している。コペルニクス、ヴェサリウス、タルターリアはグーテンベルグの活版印刷術の発明のおかげて多量の出版が可能になったといえる。(Nicolaus Copernicus,Andreas Vesalius)

 

2016年3月20日 (日)

俳優ジョン・スミスを覚えていますか?

Rarami02Img_1495163_56203215_1_2

   アメリカで最も多い名字は、「鍛治屋」を意味する「スミス(Smyth)」で、およそ238万人くらいいるそうです。つまりジョン・スミスは山田太郎、ジェーン・スミスは山田花子と、いったところか。ブラッド・ピット主演の映画「Mr.&Mrs.スミス」(2005)でもジョン・スミス、ジェーン・スミス夫妻が平凡な夫婦という設定で使われていた。

   ところでジョン・スミスがという名前の俳優を知っていますか?わたしが初めて覚えた外国俳優の名前はジョン・スミスでした。テレビ「ララミー牧場」のしっかり者のスリムを演じていた俳優ジョン・スミス(1931-1995)が懐かしい。

Robertfuller3_3
相棒のロバート・フラーは現在82歳。

Bachが読めない

Photo_7   洋の東西を問わず人名・地名に興味がある。むかし「Bach」と書かれていて何の事か分からず、あとで音楽家バッハであると分かって恥ずかしい思いをした。ドイツ語で「小川」という意味。

   よく知っている人名・地名でも原綴では判らないことがある。Chopinはチョピンではなくショパン。 「The three musketeers」(フランスでは、Les Trois  Mousquetaires」デュマの三銃士。映画のタイトルで「Disraeli」19世紀のイギリスの政治家ディズレリ(1804-1881)のことだった。画家ゴッホと医師コッホは日本語では似ているが、原綴では、GoghとKoch、全然異なる。ピカソ Picasso は英語などでは「パイキャッソー」と発音する。

詩人のランボー(Rimbaud)と映画「ランボー」(Rambo)も異なる。

次の人名・地名が読めますか?

Guethe、Comte、Caesar、Siebold、Buddha、Watt、Croce、Zurich、K'ung-Fu-tzu(Confucius)

ゲーテ、コント、シーザー、シーボルト、釈迦、ワット、クローチェ、チューリヒ、孔子

県庁所在地で最も人口が少ないのは鳥取市

   1955年の国勢調査以降、全国の県庁所在地の中で長らく最下位であったのは山口県山口市であるが、平成の大合併の動きの中、最下位を脱して、2016年2月現在の推計人口は、鳥取市を上回っている。

山口市 197,426人

鳥取市 193,530人

孟母三遷

Photo   孟子は3歳のとき、父と死別した。孟子の母は、はじめ、墓地の近くに2人で住んでいたが、幼い孟子が墓堀人夫の真似ごとをするので、市場の近くに引っ越した。すると、孟子は商売の真似ごとばかりして遊んだ。そのため孟母は学校のそばに引っ越した。孟子は礼儀を学ぶようになり、孟母はやっと安心したという。

    孟子が学校へ行っていた頃の話である。あるとき、学業半ばで帰省した際、母は織りかけの機の糸を断ち切り、「おまえが中途で学業を放棄することはこのようなものですよ」といましめた。それから孟子は朝から晩まで学問に励んだということである。

   「孟母三遷の教え」と「孟母断機の教え」の出典は漢の劉向「列女伝」にある。広く知られた故事だが、「孟子」には見えないので、どこまで本当かは疑問である。孟子の父親の名は「孟激」といい、孟子がまだ幼いころにこの世を去った。母親の名はわからないが、姓は「仇」といいます。

   三度目にやっと落ち着いたのだが、引越しは2度したことになる。厳密にいえば「孟母二遷」が正しいが、「孟母三遷」として通用している。古代中国では奇数がめでたいとする考えから「三遷」となったのではないか、という説(言語学者の金田一春彦の説)がある。

「三度目にやっと落ち着く孟が母」

「三度引っ越して賢人を仕立て上げ」

「おっかさんまた越すのかいと孟子いい」

「孟父だと引っ越すどころかぶんなぐり」

「機を切る孟母は短慮功をなし」

 江戸川柳でも一番人気の故事である。

2016年3月19日 (土)

不気味な略語の氾濫

Kkk    無機質な感じのアルファベット文字の略語が社会に氾濫している。TTP環太平洋パートナーシップ協定。農業部門の生産額が減少するが、貿易の自由化で輸出は拡大するらしい。WBC、MVP、JCB、DNA(遺伝子)、DVD、HIV、ODA、PKO、GNP(国民総生産)、NGO(非政府組織)、MRI(磁気共鳴画像装置)、IOC(国際オリンピック委員会)、LED(発光ダイオード)、NPT(核兵器不拡散条約)、iPS(人工多細胞性幹細胞)、FTA(自由貿易協定)。KKKのようにアルファベットの略語には不気味な感じがする。

頭字語には2種類ある。

イニシャリズム(頭文字を1字ずつアルファベットの名のままで読むもの)OECD(オー・イー・シー・ディー)。

アクロニム(連なったアルファベットを通常の単語と同じように発音して読む)NATO(ナトー)

漢和辞典と部首

   漢和辞典の検索は、部首の見当をつけながら、画数順に配列されている漢字を順に目で追うようにして探すのが正攻法であろう。しかし実際は五十音順に配列している音訓索引のほうが、素早く引けて、部首がわからないでも引けるので便利である。学生時代にこの点を先生から注意されたが、結局改めずに音訓索引から引き続けたので、部首がわからないままになった。このことは中国書などを扱う専門家になると困ることが多い。字引に時間をかけるのは試験勉強には一見ロスタイムのようだが、結局、学問の基本を養うには部首から引くことをすすめたい。

   「卍」(まんじ)という漢字は、たぶん多くの人が5画と数えることだろうるところが漢和辞典では6画とされている。漢和辞典では「卍」は「十」の部首に入れられている。つまり「卍」という字は「十」の4つの先端にそれぞれ短い線をつけたものとして扱われているのである。だから「十」(2画)プラス4本の線(4画)で6画になるわけである。

部首のわかりにくい漢字を集めてみる。

愛 部首は「心」

承 部首は「手」

巣 部首は「川」

失 部首は「大」

勝 部首は「力」

着 部首は「羊」

余 部首は「人」

前 部首は「刀」

東西南北と東南西北

   麻雀の好きな友人がある時、「日本ではふつう東西南北というのに、中国ではどうして東南西北(ドンナンシーペイ)というのか」と聞く。考えてみれば、東西南北は東西と南北という対立概念を組み合わせた表現である。それに対して、東→南→西→北と時計の針の回転と同じ順序に従った並べ方である。日本ではかなり古くから東西南北という言い方をして来たらしい。菅原道真の漢詩「舟行五事」の起句に見える。中国でも、東西南北という言い方は、「春秋左氏伝」(襄公29年の条)に見える。古くから東西南北という語は存在していたものの、中国で一般的に東南西北という言い方に変わったのは、五行説が民間に定着したことと関連するらしい。ちなみに英語では「north、south、east、west(北、南、東、西)」の順で表わす。つまり東西南北は漢語で、中国から伝わったものであるが、なぜ「東」が最初にくるのか?それは、「東」が太陽が昇る方角であり、もっと重視されたからだ、といわれている。

Img_2

   人の生活の基本として、1年は春夏秋冬の四季に分けられる。五行説によると、この世界の森羅万象すべての事象は、木火土金水の五元素の輪廻・作用が循環して生ずると説明づけられる。つまり、五元素を方角に配置すると、東に木、南に火、中央に土、西に金、北に水を当てる。さらにこれを1年の季節に当てはめるると、東は春、南は夏、西は秋、北は冬となる。

Img_0002

    かくて四季の循環が東南西北の順序と合致する。木火土金水は宇宙間の万象を象徴するものであるので、下の「五行配当表」を参照されたい。

Img_0001_2

(引用文献:一海知義「東西南北と東南西北」図書、第655号、吉野裕子「五行循環」「陰陽五行と日本の民俗」)

面ファスナーの歴史

  テープの一種に、面ファスナー(Hook and loop fastener)がある。日本の商品名は「マジックテープ」といい、ざらざらした2つの面を合わせると、ぴたっとくっつき、強く引っ張れば離れ、何回も使うことができる。1941年、スイスの登山家のジョルジュ・ド・メストラル(1907-1990)はアルプスを歩いていたとき、植物の実が衣服にくっつき、悩まされた。なぜ、くっつくのか、不思議に思った彼は、その実をよく観察した。実はたくさんの鉤状の棘がついていた。そのため、衣服にくっつくとなかなか離れなかった。「そうだ、これをファスナーに応用できないものだろうか」そして考えついたのが、面ファスナーだった。1948年に研究を開始し、1951年に特許出願し、1955年に認定された。(George de Mestral)

トマトは野菜?それとも果物?英語で「vegetables」

Eggplant    茄子のことを英語で「エッグプラント」という。タマゴ形植物。ナスの初期の品種は、小さくて白く、卵形に似ているから名前がついた。

    トマトは野菜か、果物か?1893年、アメリカでそれが裁判沙汰らなったことがある。当時、アメリカでは果物の輸入には関税をかけなかったが、野菜にはかけられていたるそこで輸入業者はトマトは果物と主張した。結果は「トマトはデザートではなくメインコースとして食べられるので野菜である」という判決が下された。

asparagus  アスパラガス

bamboo shoot  竹の子

banana             バナナ

bean sprouts  もやし

burdock root  ごぼう

cabbage    キャベツ

carrot      にんじん

cauliflower  カリフラワー

celery      セロリ

chinese cabbage 白菜

corn       とうもろこし

cucumber   きゅうり

eggplant         茄子

green pepper ピーマン

Japanese radish 大根

onion              たまねぎ

parsley          パセリ

peas      エンドウ

spinach    ほうれん草

sweet potato さつまいも

tomato     トマト

lettuce     レタス

lotus root   れんこん

Welsh onion ねぎ

ハットトリックの語源

   サッカーで、一試合で1人の選手が3点以上のゴールを決めることを「ハットトリック」hat trickという。それを文字どおり訳すと「帽子の奇術」となるが、どうしてそんな風にいわれるようになったのか。「ハットトリック」は、もとはクリケット用語で、投手が連続3球で打者3人をアウトにしたときに指していう言葉だった。投手が3人続けてアウトを取るのは至難の技である。その投手に帽子を与えた。なぜ帽子なのかというと、奇術にはよく帽子が使われる。3人続けてアウトにするのは奇術のように難しいという意味からなのである。

日本に富士山より高い山があった!?

   台湾のほぼ中央部に位置する玉山は、標高が3952mで、富士山より176mも高い。台湾の日本統治時代(1895-1945)に「新しい日本最高峰」の意味で「新高山」と名づけられていた。戦前の小学校でも「日本一高い山は新高山」と教えられていた。「ニイタカヤマノボレ一二○八」12月8日午前零時を期して戦闘行動を開始せよ、真珠湾攻撃の電文である。ちなみに成功を伝える暗号は「トラトラトラ」だった。

   1900年4月11日、鳥居龍蔵か新高山の登頂に成功し、記録上これが新高山初登頂とされる。

漱石山脈は死火山!?

   小泉堯史監督の「蜩ノ記」が話題になっている。その理由のひとつが黒澤明監督の手法を忠実に受け継いでいることにある。「花燃ゆ」も吉田松陰が育てた塾生たちの活躍が見所の1つであった。キーワードは師弟関係か。ソクラテスとプラトン、フローベールとモーパッサン、中江藤樹と熊澤蕃山、内村鑑三と矢内原忠雄、映画の木下恵介と山田太一、マラソンの中村清と瀬古俊彦、小出義雄と有森裕子・高橋尚子、将棋の佐瀬勇次と米長邦雄、落語の桂米朝と桂枝雀。尾崎紅葉門下の四天王、泉鏡花、徳田秋声、小栗風葉、柳川春葉。もつとも多彩なのは夏目漱石一門。多くの哲学者、小説家、評論家を輩出し、のちに「漱石山房」と呼ばれた。 しかし、「漱石山脈」の命名者の本多顕彰は「第一級の学者文化人」は輩出したが「第一級の小説家」は生まれなかったから、「漱石山脈は死火山」で漱石は孤独だったといっている。漱石の主な門下生は30人以上いるが、別格が寺田寅彦で、鈴木三重吉、小宮豊隆、森田草平が三傑。四人あわせて四天王とよばれることもある。

漱石の主な門下生
安倍能成(1883-1966)
阿部次郎(1883-1959)
芥川龍之介(1892-1927)
赤木桁平(1891-1949)
生田長江(1882-1936)
岩波茂雄(1881-1946)
内田百閒(1889-1971)
エリセーエフ(1889-1975)
江口渙(1887-1971)
片上天弦(1884-1928)
小林郁(1881-1933)
鈴木三重吉(1882-1936)
津田青楓(1880-1978)
寺田寅彦(1878-1935)
中勘助(1885-1965)
中川芳太郎(1882-1939)
野上豊一郎(1883-1950)
野上弥生子(1885-1985)
野間真鋼(1878-1945)
野村伝四(1880-1948)
樋口五葉(1881-1921)
林原耕三(1887-1975)
俣野義郎(1874-1935)
松岡譲(1891-1964)
松根東洋城(1878-1964)
真鍋嘉一郎(1878-1941)
皆川正禧(1877-1949)
物集芳子(1886-1960)
物集和子(1888-1979)
森田草平(1881-1949)
和辻哲郎(1889-1960)

9ff990ce8er965b2

すてきなあなたに

   4月から始まる連続テレビ小説「とと姉ちゃん」は戦後の女性のための実用雑誌を編集したお話し。ヒロインを演じる高畑充希のモデルは大橋鎭子(1920-2013)。鎭子は生涯、結婚せず、母や妹夫婦と共に暮らしたらしい。編集長・花森安治は唐沢寿明が演じる。「暮しの手帖」、ドラマの中では変名するが、「暮らし」か「暮し」か。「送り仮名の付け方」(昭和56年内閣告示第3号改正)により「許容 読み間違えるおそれのない場合は、送り仮名を省くことができる」とある。例 生まれる(生れる)、暮らす(暮す)、終わる(終る)。大橋が書いたエッセー集「すてきなあなたに」はいまも文庫本で読まれている。タイトルは戦後流行したジャズ「素敵なあなたに」の影響ではないだろうか。

2016年3月18日 (金)

春はセンバツから

   めっきり春らしく暖かくなった。日曜日に開催される第88回選抜高校野球開会式の天気が気になるが、予報では晴れ。今年の入場行進曲を知っていますか?西野カナの「もしも運命の人がいるのなら」です。本日はカナちゃんの27歳のお誕生日。入場行進曲に流行歌が採用されたのは、1962年の坂本九「上を向いて歩こう」からずっと続いている。

裏誕生日

  いま裏誕生日占が恐怖を覚えるほどよく当たるという噂である。誕生月を半年ずらしたものを裏誕生日という。

1月~6月生まれの人→誕生日の月+6

7月~12月生まれの人→誕生日の月-6

(例)太宰治(6月19日生まれ)は12月19日が裏誕生日。裏誕生日は作家の村上春樹がホームページ「村上朝日堂」の中でつくりだした造語である。

鷗外、漱石わが子への名づけ

 親ならば誰しも、子供の名づけに頭を悩ます。さまざまな思いや願いを、その名前に託そうするが故のことである。では、普段から文字や言葉に深い造詣と思い入れを持つ作家たちは、わが子にどんな名前を与えてきたのか。明治の2人の文豪鷗外と漱石の名づけについて見てみよう。ドイツ留学経験のある森鷗外は、本名の林太郎が、西洋の音節の連なりとしてなじみにくいのか、なかなか覚えてもらえなかったらしい。そんな経験から、鷗外は、子供の名前はそのまま欧米で通じやすいように西洋人の名前と音が重なるものにしようと意図した。長男は、於菟(おと→オットー)、長女・茉莉(まり→マリー)、次男・不律(≫ふりつ→フリッツ)、次女・杏奴(あんぬ→アンヌ)、三男・類(るい→ルイ)。鷗外の西洋人風の名づけは孫にまで及び、茉莉の長男も、茉莉の夫・山田珠樹の抵抗を押し切り爵(じゃく→ジャック)と名づけられている。また於菟は自身の子供を、真章(まくす→マックス)、富(とむ→トム)、礼於(れお→レオ)、樊須(はんす→ハンス)、常治(じょうじ→ジョージ)と名づけている。元祖キラキラネームとでもいうべき徹底ぶりは見事である。

  一方の夏目漱石は、わが子にどんなめずらしい名前をつけたかと期待するであろうが、いたって平凡な名前である。長女は筆子(ふでこ)。名づけの理由は、夫人の鏡子が悪筆であったことから、字が上手になるようにとの願いをこめたものだった。以下、順に、恒子、栄子、愛子、純一、伸六、雛子とふつうに読める名前である。漱石はわかりやすい名前を好んだといえる。いずれの名前もあまり古臭くはなく現代にも通用するところが、漱石の作品の普遍性と重なると思える。

 

語根で覚える英単語「アクロ」

acro、akros

  ギリシャ語のros(最高の)に由来し「最高の(原義)→頭、てっぺん、高い所、最先端」などの意味を表します。たとえば「つま先で歩く人」という意から acrobat は「曲芸師」の意味になる。ちなみに「高所恐怖症」のことは acrophobia と言う。

acronym    頭文字

acropolis    城砦

三浦の殿様・勘解由小路資承

   日本人の姓で一番長いのは漢字五字の「勘解由小路(かでのこうじ)」である。もとは公家の出です。1644年に公家の烏丸光弘の二男が分家して興した家で、京都の勘解由小路の地名にちなんで姓とした。明治時代には子爵となっており、武者小路実篤の母は、この勘解由小路の出である。武者小路実篤は10歳の明治29年夏、三浦半島金田に住む母の弟・勘解由小路資承(かでのこうじすけこと、1860-1925)のもとに初めて一家で行った。叔父はセメント事業に失敗して、ここ金田湾に面した丘の上に家を建てて半農半漁の暮らしを送っていた。叔父の家には膨大な洋書があった。そして農民や漁師たちと親しくつきあい、「三浦の殿様」と呼ばれていた変わり者であった。

    実篤はそれから毎年夏は叔父のもとに避暑にいった。この叔父は、実篤の一生で最も強く影響を与えた人物である。資承はそのころロシア貴族出身の作家トルストイを愛読していた。自らの生活もその影響によるものであろう。明治36年、18歳の実篤は叔父から聖書やトルストイをすすめられて読む。最初に読んだのが、加藤直士訳「我が宗教」「我が懺悔」であった。明治37年、ドイツのレクラム文庫で「ルチェルン」を読み、それからはレクラムにあるトルストイの独訳はほとんど読んだ。実篤はますますトルストイに傾倒した。

   この叔父については大正14年6月に死去したことや、貴族院議員であったことぐらいで詳しい事績は分からない。ただ資承の長女・康子(さだこ)は大正3年1月に志賀直哉と結婚している。康子は直哉よりも6歳年下で鳥毛立女屏風の美人に似た小柄な美人であると「暗夜行路」の中で表現されている。

    いずれにしても、三浦半島金田で実篤が体験した畑仕事は、のちのトルストイズムにもとづく「新しき村」(大正7年)の建設につながっていることは間違いない。

2016年3月17日 (木)

もともとは人名が由来の言葉

20090520193122deb   イギリスのサンドイッチ伯爵(4代目)は寝食を忘れるほどの賭博好きで、ゲームをしながら片手で食事できるようにとパンにハムをはさんで食らっていたら、その食べ方が有名になって「サンドイッチ」と呼ばれるようになった。このように人名などから別の言葉が派生することを「エポニム」と呼ぶ。ギリシア神話に登場するアキレスから生まれた「アキレス腱」のようなにもともと人名に由来する語は英語にはおよそ35000語以上あると言われる。

  「ニコチン」は1550年にタバコ種をパリに持ち帰ったフランスの駐ポルトガル大使ジャン・ニコ(1530-1600)に由来する。

   避妊具「コンドーム」は性豪チャールズ2世のお抱え医師コンドムが作ったという説がある。

:   毛糸で編まれた前開き式のセーター「カーディガン」、もともとはイギリスのカーデガン伯爵(7代目)が考案し自ら使用していたことから。

  小型の胎生メダカ類の「グッピー」は1858年イギリスの学者ロバート・グッピー(1836-1916)によって発見され、彼の名前にちなんで命名された。

   法によらない私的制裁を「リンチ」と呼ぶ。この言葉は人名が元になっている。18世紀バージニア州のウィリアム・リンチは私設の裁判で、次々と「悪い人」を裁き、絞首台送りにした。彼の名「リンチ」がやがて、「私刑」「集団による制裁」を意味するようになった。

    その多くは専門用語なので、いくつか身近なものをあげる。「ギロチン」「サクソフォン」「サディズム」「シルエット」「ドーベルマン」「パンタロン」「ブルマー」「ボイコット」「レオタード」「レントゲン」「ウィンパー・テント」「ラマーズ法」「ヴァン・アレン帯」など。

   邦人にもいろいろある。鎮痛剤で知られるトクホンの社名は、戦国時代から江戸初期の医師・永田徳本に由来しているという。このほかにも、「隠元豆」「伊達巻」「タクワン漬」「出刃亀」「出刃包丁」「土左衛門」「のろま」「ハヤシライス」「八百長」「市松模様」「小町針」などなど、沢山のエポニムがある。「金時豆」が大江山の鬼退治で有名な坂田金時。その子、金平が「キンピラごぼう」の名前の由来になっている。北海道松前藩の斉藤三平が草案した「三平汁」。(参考:宮武外骨「日本擬人名辞書」)

Photo_5
  三平汁

Photo
 懐かしいブルマーは人名

映像化された世界文学作品(戦前)

  最近、F・スコット・フィッジェラルドの小説「The Graeat Gatsby」レオナルド・ディカプリオ主演を観る。1920年代アメリカのジャズ・エイジ、禁酒法時代に生きる富豪青年の愛と挫折を描く。旧作ロバート・レッドフォード版と比べ、CG技術が一段と向上しているものの、華麗な社交界のムードはあまり甘美なものではなかった。これはアメリカ人の郷愁なのであろうか。文学作品の映像化にはさまざまな困難が伴うものであるが、その知名度ゆえに辛辣な批評はあっても興行的的に無難なケースが多い。過去に何度も映画化され、これからもさらに映画化を重ねて行くことだろう。記録にみる最も初期の文学作品の映画化はイタリア映画の「カルメン」(1909)といわれている。その後も、無声映画ではジェラルディン・ファラー、セダ・バラ、エドナ・パーヴィアンス、ポーラ・ネグリ、ラケル・メレ、ドロレス・アル・リオがカルメンに扮した。トーキーになってからはマルグリッド・ナマラ、インペリオ・アルヘンディーナ、ヴィヴィアンヌ・ロマンス、リタ・ヘイワースなどの女優たちが妖艶さを競った。おそらく世界中でこの100年間、最も数多く映画化された世界文学作品は「カルメン」ではないだろうか。

「不思議の国のアリス」1903年 セシル・ヘプワース監督

「ベン・ハー」1907年 シドニー・オルコット監督

「王子とこじき」1909年 

「椿姫」1910年

「復活」1910年

「ロミオとジュリエット」1911年

「二都物語」1911年

「虚栄の市」1911年

「ベニスの商人」1912年

「噫無情」1912年 カペラニ監督

「戦争と平和」 1912年 チャルディーニン監督

「クロイチェル・ソナタ」 1912年 チャルディーニン監督

「カルメン」 1915年 セシル・B・デミル監督

「戦争と平和」 1915年 ウラジミール・ガルディン監督

「復活」 1916年 マリオ・カゼリーニ監督

「スペードの女王」 1916年 ヤーコフ・プロタザノフ監督

「カルメン」 1918年 エルンスト・ルビッチ監督

「モヒカン族の最後」 1920年 モーリス・ターナー監督

「巌窟王」 1920年 アンリ―・プークタール監督

「椿姫」 1921年 レイ・C・スモールウッド監督

「カラマゾフの兄弟」 1921年 カール・フレーリッヒ監督

「サロメ」 1922年 チャールズ・ブライアント監督

「オセロ」 1922年 デミトリ・ブコウエツキー監督

「罪と罰」 1923年 ロベルト・ウイーネ監督

「ピーター・パン」 1924年 ハーバート・ブレノン監督

「ウィンダミア夫人の扇」 1925年 エルンスト・ルビッチュ監督

「女優ナナ」 1925年 ジャン・ルノワール監督

「ロード・ジム」 1925年 ヴィクター・フレミング監督

「ベン・ハー」 1926年 フレッド・ニフロ監督

「カルメン」 1926年 ジャック・フェデー監督

「ファウスト」 1926年 F・W・ムルナウ監督

「タルチュフ」 1926年 F・W・ムルナウ監督

「アンナ・カレニナ」 1927年 エドマンド・グールディング監督

「復活」 1927年 エドウィン・ケリュー監督

「マッチ売りの少女」 1927年 ジャン・ルノワール監督

「テレーズ・ラカン」 1927年 ジャック・フェデー監督

「鉄仮面」 1929年 アラン・ドワン監督

「三文オペラ」 1931年 G・W・バプスト監督

「カラマゾフの兄弟」 1931年 フョードル・オツェプ監督

「戦場よさらば」 1932年 フランク・ボゼージ監督

「にんじん」 1932年 ジュリアン・デュヴィヴィエ監督

「雨」 1932年 ルイス・マイルストーン監督

「ロビンソン・クルーソー」 1932年 エドワード・サザーランド監督

「夜間飛行」 1933年 クラレンス・ブラウン監督

「ボヴァリー夫人」 1933年 ジャン・ルノワール監督

「痴人の愛」 1934年 ジョン・クロムウェル監督

「女優ナナ」 1934年 ドロシー・アーズナー監督

「虚栄の市」 1935年 ルーベン・マムーリアン監督

「罪と罰」 1935年 ジョゼフ・フォン・スタンバーグ監督

「アンナ・カレニナ」 1935年 クラレンス・ブラウン監督

「噫無情」 1935年 リチャード・ボレスラヴスキー監督

「罪と罰」 1935年 ピエール・シュナル監督

「ロミオとジュリエット」 1936年 ジョージ・キューカー監督

「どん底」 1936年 ジャン・ルノワール監督

「サボタージュ」 1936年 アルフレッド・ヒッチコック監督

「うたかたの恋」 1936年 アナトール・リトヴァク監督

「椿姫」 1937年 ジョージ・キューカー監督

「大地」 1937年 シドニー・フランクリン監督

「城砦」 1938年 キング・ヴィダー監督

「四人の姉妹」 1938年 マイケル・カーティス監督

「風と共に去りぬ」 1939年 ヴィクター・フレミング監督

「オズの魔法使」 1939年 ヴィクター・フレミング監督

「さよならチップスさん」 1939年 サム・ウッド監督

「嵐が丘」 1939年 ウィリアム・ワイラー監督

「二十日鼠と人間」 1939年 ルイス・マイルストン監督

「ベラミ」 1939年 ヴィリー・フォルスト監督 

「レベッカ」 1940年 アルフレッド・ヒッチコック監督

「怒りの葡萄」 1940年 ジョン・フォード監督

「タバコ・ロード」 1941年 ジョン・フォード監督

「ジキル博士とハイド氏」 1941年 ヴィクター・フレミング監督

「誰がために鐘は鳴る」 1943年 サム・ウッド監督

「カルメン」 1943年 クリスチャン・ジャック監督

「深夜の告白」 1944年 ビリー・ワイルダー監督(ジェームズ・M・ケインの「殺人保険」)

21世紀はなぜ2001年からなのか?

   「♪愛はどこからやってくるのでしょう~」シドニー五輪女子マラソン高橋尚子がレース前にこの曲を聴きながらテンションを高めたというhitomiの「love 2000』。ちょうど西暦2000年のヒット曲である。しかし2000年はミレニアムの年だったが、21世紀の前年であり、翌年の2001年から21世紀が始まる。どうして21世紀は2000年からではないのだろうか。

   西暦ではイエス・キリストが誕生した年を西暦元年(1年)としている。イエス誕生の年を元年とする西暦をつくつたのは、ローマの修道院長、ディオニュシウス・エクシグウス(470年頃~544年頃)である。525年、教皇ヨハネス1世が、数学と天文学に通じていたディオニュシウスに新しい復活祭暦の作成を委託した。その作成にあたり、彼はイエス生誕の年を西暦元年とした。西暦ゼロ年からではなく西暦1年から始めたわけだ。イエスの誕生の年から100年を1期として、それを世紀という。したがって西暦1~100年までが1世紀で、21世紀は2001~2100年までということになるる

会議は踊る、されど進まず

20110915_1996284    今からおよそ200年前のこと。1814年9月1日からオーストリアのウィーン・シェーンブルーン宮殿で「ウィーン会議」が開かれた。ナポレオン戦争後の欧州の領土の再分配を決めるための話し合いだ。だが参加者たちの利害関係が複雑で激しく対立し、締結に至るまでに9カ月もかかった。長くかかった理由は利害対立だけではない。各国の王侯貴族がウィーンに長期滞在したため、欧州の高級娼婦たちも都に殺到し、貴族・高官たちの夜遊びの相手をし、都はバブルのような状況であった。画像はミラノ・リソルジメント博物館が所蔵する有名な絵。

   遅々として進まぬこの会議の模様は「会議は踊る、されど進まず」と評されたが、この言葉は次の誰の言葉か?

1 メッテルニヒ

2 ド・リーニュ公シャルル・ジョセフ

3 タレーラン

  正解は2番のオーストリアの将軍、シャルル・ジョゼフ・ド・リーニュ公(1735-1814)である。だが大辞泉には「フランスの代表タレーランが皮肉を込めて言った」とある。シャルル・ジョセフは数カ月後の12月13日に死んでいる。実際、誰が言った言葉なのか決定的な証拠は乏しいようだが、ウィーン会議をつねにリードしたのはターレランであった。「ヨーロッパを1792年より以前の状態に戻す」とする正統主義が採用され、フランスはなんとか領土を守ったのである。(参考文献:「会議は踊る 帝都ウィーン物語 紅の騎士ド・リーニュ候、帝都をわかす」 幅健志 三省堂)

170pxcharles_joseph_de_ligne
 シャルル・ジョセフ

「け」 ファースト・ネームから引く人名一覧

Pic4    トルコ革命の指導者ケマル・アタテュルク。本名はムスタファ・ケマル。「アタテュルク」とは「父なるトルコ人」という意味の称号。ケマル・パシャともいうが、パシャは軍司令官に与えられる称号。

ゲアハルト・ハウプトマン
ケアリー・マリガン
ケイ・フランシス
ケイト・グリーナウェイ
ケイト・モス
ゲイル・ラッセル
ケヴィン・クライン
ケヴィン・コストナー
ケヴィン・スペーシー
ケヴィン・ベーコン
ゲオルギ・ディミトロフ
ゲオルギー・プレハーノフ
ゲオルギー・マレンコフ
ゲオルギオス・ツァラゴグル
ゲオルク・ウィッティヒ
ゲオルグ・イェリネック
ゲオルク・オーム
ゲオルク・カイザ
ゲオルグ・クリストファ・アインマルト
ゲオルク・ケルシェンシュタイナー
ゲオルク・ジーモン・オーム
ゲオルグ・ショルティ
ゲオルク・ジンメル
ゲオルク・フォン・ヘルトリング
ゲオルク・ミヒャエリス
ケーシー・アフレック
ケーティー・ホームズ
ケート・ウィンスレット
ケート・キャプショー
ケート・ハドスン
ケート・ブランシェット
ケート・ベッキンセール
ケート・ボズワース
ケネス・クラーク
ケネス・コールグローブ
ケネス・ノーランド
ケネス・ブラナー
ケネス・モア
ゲプハルト・レベレヒト・フォン・ブリュッヒャー
ゲラルドゥス・メルカトル
ケーリー・エルウェス
ゲーリー・オールドマン
ゲーリー・クーパー
ケーリー・グラント
ゲーリー・シニーズ
ゲーリー・ビジー
ケリー・マクギリス
ケリー・ラッセル
ケリー・リンチ
ゲルト・フレーべ
ゲルハルト・ベルガー
ゲルハール・ヘンリック・アルマウェル・ハンセン
ゲルマン・チトフ
ケン・アナキン
ケン・ローチ
ケンドリック・ラマー

「あまちゃん」再放送じぇじぇ。

   昨日からファミリー劇場で「あまちゃん」の再放送開始。オープニングの大友良英作曲のインストゥルメンタルのテーマ曲から「あまちゃん」の世界に戻れる。挿入歌には「潮騒のメロディー」「地元に帰ろう」「暦の上ではディセンバー」などあるが、「南部ダイバーの歌」を忘れちゃいけない。種市先輩が通う岩手県で唯一潜水の技術を学ぶ高校がある。この歌はドラマのために作ったものではなく、実際にある。高校も岩手県立種市高校が実在する。じぇじぇじぇ。ベイビー・レイズはGMT6の影武者だった。じぇじぇじぇ。うに弁当、まめぶ、双眼鏡、ジオラマ、北三陸鉄道、喫茶リアス、パチンコ、灯台、琥珀、夏ばっぱ。みんな2013年からいろいろあったけど、ちょっとなつかしい気分。

フリードリヒ大王と音楽

Img_0002
 アドルフ・フォン・メンツェル画
  1852年 ベルリン国立美術館蔵

   プロイセンのフリードリヒ大王(1712-1786)は、ヴォルテールに師事した啓蒙専制君主として知られる。しかし、同時に、音楽の愛好家でもあり、1728年からヨハン・ヨアヒム・クヴァンツ(1697-1773)にフルートを習い、1740年にはベルリン宮廷楽団を設立した芸術の保護者でもあった。しかし軍人皇帝と呼ばれた父は息子の楽器を破壊し、帝王学を教え込んだ。当のフリードリヒは、父親の抑圧から逃れるため、国外脱出まで敢行する有様であった。その反動か、即位後のフリードリヒ2世は音楽を趣味とした。王が愛用したフルートは現在もポツダムのサン・スーシー宮殿の音楽室で公開されている。

   メンツェルの版画には、フリードリヒ大王、王女アンナ・アマーリア、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ(1714-1788、J.S.バッハの次男)、宮廷楽長のカルル・ハインリッヒ・グラウン、ヴァイオリンのフランツ・ベンダ、フルートのクヴァンツなどの音楽家たちがいる室内楽の様子が描かれている。

桓武朝の光と影

Img_0009
 青色は天智系、赤色は天武系。なお紫色は、天智に生れるが、天武系の意識をもって行動した天皇をさす。

   806年のこの日、第50代・桓武天皇が70歳で崩御。桓武天皇は歴代天皇125人の中でも稀にみる英傑であった。遷都を敢行したのは、仏教勢力を統制するため、大寺院の勢力が強い平城京を離れたといわれているが、そのほかにも理由があったであろう。それは天智系である桓武にとって天武系の皇族子孫とそれを支持する貴族たちの多い平城京を去ることであった。桓武は学問もすぐれていたらしく、政務も自ら行っていた、遊猟とくに勇壮な鷹狩を好み、しばしば郊外に馬を馳せ、晩年まで止めなかった。また、英雄色を好む、の喩えどおり、寵愛する女性も多く、子女が35人いたという。後宮は奢侈をきわめ財政難に苦しんだ。政府は財政難を補うために、人民に課税を重くとりたてた。皇位をめぐる権力闘争は桓武の即位のはじめからみられ、みずから進んで臣籍に下ったりするものも少なくなく、その多くは源氏の姓を賜い、なかには平氏その他の姓を賜ったものもいた。(3月17日)

横光利一の日本回帰

Tky200704030095    朝日新聞の投稿欄に「伊賀の霧ほど美しいものはあまりなかった」という横光利一の絶筆「洋燈(ランプ)」の一節が紹介されていた。(伊賀市の高校生・松本咲希さん)。横光の故郷が伊賀であることに興味をおぼえた。

    横光利一(1898-1947)は明治31年3月17日、福島県会津郡東山温泉で、父・横光稲次郎、母・こぎく(小菊)の長男として生まれた。父は通称、利顕(としあき)と訓(よ)んだので、横光利一も「としかず」が正しい。

   しかし、横光の出身地は一般に宇佐市といわれる。父の出身地が大分県宇佐郡長峰村である。宇佐市では「横光利一俳句大会」がおこなわれている。父が土木工事の請負業者だった関係で住地を転々とした。利一が6歳のときに、伊賀の柘植に移住したのだ。

  横光の母の生家は松尾氏。三重県伊賀国東柘植の野村で、川ひとつへだてたところが松尾芭蕉が生まれた灰野である。横光利一が芭蕉の末裔という説もあったが、現在では否定されているそうだ。昭和11年の渡欧の際には高浜虚子(1874-1959)の船中句会に参加している。

   昭和5年に発表した「機械」は独白的な心理描写を中心とするものだが、谷崎潤一郎の「卍」の影響がみられるという。昭和初年、文壇を代表する作家は谷崎潤一郎と横光利一だったが、当時の日本文学の中心問題は、プルーストやジェームズ・ジョイスやラディゲなどの新しい文学をどのように取り入れるかということであった。

    横光は昭和11年2月から8月までヨーロッパ旅行を経験し、西欧文化に対して日本の美的倫理を再認識し、昭和12年4月から8月まで「旅愁」を発表した。

Photo

イタリア統一とリソルジメント

   1861年のこの日、サルディニア王ヴィットーリオ・エマヌエーレがイタリア王国成立を宣言した。1870年9月20日、イタリア王国によるローマ教皇領の併合がなされ、イタリアの統一が完成した。1871年7月2日、ローマに入城し、ヴィットーリオ・エマヌエーレが初代イタリア王に就く。(Italy,Vittorio Emanuele,Risorgiment,3月17日)

2016年3月16日 (水)

菜の花畑で春のワルツを踊りましょう

2010031100000593sansociview000   毎年いまごろの季節になると韓国ドラマ「春のワルツ」ロケ地、全羅南道莞島郡青山島が思い出させる。菜の花が一面に咲いた風景は日本人にもどこか 郷愁を感じさせる。イ・スホの過ぎ去った少年時代の思い出を象徴している。でも菜の花畑なら国内にも似た風景はいくらもある。ローカル列車にゆられて菜の花畑をめぐる小旅行もいいだろう。菜の花は英語で rape blossoms。菜の花がなぜレイプ(強姦)と同じ単語なのか奇妙である。成田成寿の「英語歳時記 春」などで調べたが菜の花がイギリス人にとって春の到来を告げるものではないらしく、菜の花の記述が見当たらない。

「ヨ」事項索引インデックス

1006yoga     ヨーガは精神力を集中することによって超自然力を得ようと試みるインドの神秘的行法。ヨーガという語はウパニシャッド聖典には「心を制御して瞑想に入り、絶対者を認識する特殊な実践方法」を示す意味で用いられる。2~4世紀には「ヨーガ・スートラ」が編纂された。▽シェークスピアの四大悲劇は「ハムレット」「オセロ」「リア王」「マクベス」。▽「夜のプラッホーム」は二葉あき子が昭和22年に歌って大ヒットした歌だが、もともとは昭和14年に淡谷のり子が映画の挿入歌として吹き込んだ歌で、戦時下にふさわしくないと発禁処分を受けた曲であった。▽「ヨンジコンジ」韓国の伝統的な結婚式で、魔除けのため花嫁の頬に赤い丸を塗る風習がある。(よよよよ)

楊炎
楊貴妃
揚州
揚子江
雍正帝
煬帝
洋務運動
陽明学
用明天皇
養老律令
ヨーガ
ヨーク家
ヨークシャー
ヨークタウンの戦い
欲望という名の電車
ヨーグルト
預言者
ヨコバイ
横光利一
吉田兼好
吉田松陰
吉永小百合
ヨシノボリ
ヨーゼフ2世
予定説
ヨードチンキ
淀屋辰五郎
淀君
ヨハネスバーグ
ヨハネの黙示録
ヨーマン
ヨルダン王国
夜のプラットホーム
萬朝報
ヨーロッパ
ヨンキント
ヨンジコンジ
四大悲劇

「へ」事項索引インデックス

Img_183912_31721528_0   ラテン音楽「べサメ・ムーチョ」はスペイン語で「もっとキスして」の意味。エミリオ・トゥエロが1940年に初めてレコード化し、トリオロス・パンチョ、ぺレス・プラードなど多くのアーティストによってカバーされた。▽「ヘーゲル」カント哲学の後を受けていわゆるドイツ観念論を大成し、西洋哲学に大きな影響を与える。▽「へタイリア・フィリケ」19世紀初期、トルコに対するギリシアの独立を目的とした秘密結社。▽衛生学者ペッテンコーファーーはコッホと対立し、ピストル自殺した。▽「日置弾正」近世弓術の祖。 ▽「ペチェネグ人」8世紀から9世紀にかけてカスピ海北の草原から黒海北の草原で形成されたトルコ系遊牧民。▽「ベチュアナランド」ボツワナ共和国の英国保護領時代の名称。▽平凡社「大百科事典」全28巻が1934年に完結する。▽「ベヨネース列岩」3個の大岩礁と数個の小岩礁からなる伊豆諸島の岩礁群。▽「ベルクマンの規則」哺乳類の体の大きさと生息地は関連がある。寒い地域に生息するものは、暖かな地域のものよりも体が大きい。▽斎藤隆介の児童文学「ベロ出しチョンマ」は江戸時代の義民佐倉惣五郎がモデルとなっている。佐倉惣五郎はかつて実在を否定する説が唱えられたが、最近の研究から実在が証明された。(へへへ)

ヘア・ヌード
ベアドモア造山運動
ベアノの公理
平安京
平安時代
兵員会
閉伊川(へいがわ) 岩手
平均寿命
米軍基地
平家物語
ペイシストラトス
平治の乱
平準法
平城京
米西戦争
ヘイトクライム(憎悪犯罪)
ヘイトスピーチ
米芾
平凡社「世界大百科事典」
平民社
ベイルート(レバノン)
平和主義
ベオグラード(ユーゴスラビア)
へカタイオス
日置弾正(へきだんじょう)
碧蹄館の戦い
北京原人
北京条約
ペグ(ミャンマー)
へクシャー・オリーンの定理
ペクチン
ベクトル
ぺゲヨマ山脈(ミャンマー)
ヘーゲル
ベーチェット病
べサメムーチョ
ヘシオドス
ペシミズム
ヘジラ紀元
ペスタロッチ
ヘスの法則
ペースメーカー

ベーダ
へタイリア・フィリケ
ペーター・カーメンチント
ベータマックス
ベーチェット病
ベチェネグ人
ヘチマ
ベチュアナランド
ぺチョラ(川) ロシア
別子銅山
ヘッセ
ペッテンコーファー
別府温泉
べティー・ブーブ
ヘディン
ベテルギウス
ぺテルゴフ宮殿
ベトナム戦争
ベートーベン
ベニスに死す
ベネズエラ
辺野古
ヘプターキー(七王国)
ヘブライ
ヘミングウェイ
ベヨネース列岩
ヘラクレスオオカブト
ペリーの来航
ペリリュー島
ベル・エポック
ベルイマン
ベルギー
ベルクマンの規則
ヘルクレスオオカブト
ベルサイユ宮殿
ペルシア戦争
ペルセウス座流星群
ベルダンの会戦
ベルリン
ベルリンの壁
ヘレニズム
へロストラトス
ベロ出しチョンマ
ヘロドトス
ペロポネソス戦争
ペンテコステ(聖霊降臨)
ベン・ハー
弁韓
弁髪
ヘンリー5世

魅せる本棚のつくり方

005_01   積水ハウスの広報誌「きずな」に紹介されている「魅せる本棚のつくり方」がとても参考になります。ブックコーディネーターとして活躍されている内沼晋太郎さんのワンポイントアドバイス。1つ目は本を奥に押し込まず、背表紙を手前に揃えるとキレイに見える。本を棚に仕舞うとき、奥まで押し込んでしまいがちだが、見た目のことを考えたら、そうしないほうがいい。奥に押し込むと、手前がガタガタしてしまうが、背表紙を手前に揃えたほうがきれいに見える。これは図書館式で図書館の本は背にラベルがあって分類順に並んでいるので、コンピューターで検索したとき、本のツラが揃っていると探しやすいという実際的なメリットもある。

第2は「高さ」より「内容」で分類したほうがさがしやすい。本の大きさはまちまちなので、同じ大きさの本を揃えたほうが収納力もアップするという考えもあるが、同じ分野の本で分類して本棚を整理するほうが、探しやすく、見た目も美しい。

第3はお気に入りの本は表紙を見せて、インテリアとして活用する。内沼さんの持論は「本の収納は、見えてこそ意味がある」は、背表紙だけを指しているのではない。お気に入りの本は表紙を飾って楽しむのもいい。市販のブックスタンドなどを活用して飾ってください。(参考:内沼晋太郎「本の逆襲 本の未来は明るい」 朝日出版社)

事項索引における序列と相互関係について

   何万語や何十万語にも及ぶ語句を一覧表で検索するためには、アルファベットや五十音の順でソートされていにければ、求める語句を見つけることはできない。このブログにおいて五十音順で事項索引インデックスを継続して作成している。このヒントはカッターの辞書体目録にある。辞書体目録とは図書館情報学の用語で、タイトル標目、著者標目、件名標目の各目録記入と、参照とを混排した目録のことである。たとえば「アンナカレーニナ」と「あんな彼に恋しました」(架空の題名)は排列上は前後にくるであろう。

  手元にある事典を引いてみる。高木彬光(推理作家)と高木市之助(国文学者)の名前はコンサイス日本人名事典では前後にくる。2人に面識があったのか、なかったのか定かではないが、事典のおける序列、排列関係に何がしかの因縁が生じることなる。もっと身近な話しとしては、私たちの会社や学校の名簿をみてみよう。自分の名前の前後にいつも特定の人物の名前が載っている。しかしその人物とは一度も面識はないし、どのような人なのかまったくわからない。たまたま電車で隣あわせに座った人、スーパーで買い物のときをレジで並ぶ後ろの人。すべて行きずりの関係であるが、何がしかの相互関係がある。このような偶然に生ずる相互関係の事象をさすようなふさわしい用語がないだろうか・・・。とりあえず私はこのような現象を「他人の関係」と呼んでいる。人名だけではなく事項についてもいえる。16世紀、17世紀頃のペルシア人の王朝、サファヴィ朝の主力軍を「キジルバシュ」というが、ウイグルの「キジル」とは無関係である。Kizilとはウイグル語で「赤い」という意味。五十音でソートすると「ワラビー」と「わらび餅」、「ギジルバシュ」と「キジル石窟」の語句は前後に並んで出てくるが他人の関係。

2016年3月15日 (火)

古代世界のゾウ使い

Hydaspeswar

   古代戦争などでは、巨像の部隊がその巨体とスピードで敵を押し倒し、踏み潰す破壊力を持つ強力な戦車のような兵器として用いられたことはアレクサンドロス大王がインド遠征したときの話でもよく知られている。前326年ヒュダスぺス河畔の戦いで、パンジャブ王国のボロスは、200頭の戦象で応戦し、大王の侵入を防いだとされる。また第二次ポエニ戦争では、前218年カルタゴの将軍ハンニバルは、約6万の兵と37頭の象を率いて雪のアルプスを越え、イタリア半島に侵入を試みたが、象の殆どはアルプスを越える時点で失われ、到達できたのは3頭に過ぎなかった。その後ザマの戦い(前202年)で、80頭の戦象でローマを攻撃した。ローマのスキピオは隊列を広く取り、象の突進をやり過ごすという戦術をとり、戦象はその隙間を通り過きてしまい、方向転換のために停止したところを殺されてしまった。象には敵味方の区別がつかないということや、火を怖がるなどの多くの弱点があった。ゾウの扱いは難しいと思うが、すぐれた調教師がいたのだろう。

Hannibal20crossing20alps
「アルプス山脈を越えるハンニバル」 ヤコポ・リパンダ 1505年~1513年頃

IQの歴史

  IQとは知能指数のことで、知能テストからみちびき出される。このテストは1904年に、フランスのソルボンヌ大学の心理学者アルフレッド・ビネーらが考案し、当時の学校教育を義務化するときに初めて使われた。しかし、このときは、まだ知能指数や知能年齢は使われず、発達が遅れているか否かのみ知るものだった。

フェロモンを感じる鋤鼻(じょび)器官

   1811年動物の鼻の中にフェロモンを感じる器官が存在していることを、デンマークの外科医ルートヴィヒ・レヴィン・ヤコブソン(1783-1843)が発見、自らの名前を取って「ヤコブソン器官」と名付けた。この器官は、科学者たちの間で長年、言語などのコミュニケーション・ツールが発達した人間には存在しないと言われていたが、1987年頃、デービッド・バーライナー博士によって発見され、現在、鋤鼻器官と一般的に呼ばれている。 Ludwing Lewin Jacobson

チエミとヘップバーン

Eri04    江利チエミとオードリー・ヘップバーンのツーショットといえば不思議に思うかもしれない。デビューは同じくらい(ヘップバーンが1948年、チエミが1949年)で活動期間もほぼ同じ。年齢は、チエミのほうが8歳も年下である。チエミは1963年に東京宝塚劇場で「マイ・フェア・レディ」のイライザを見事に演じ大評判だった。ちなみにヒギンズ教授は高島忠夫。この年、チエミは紅白の司会と第1回「ゴールデン・アロー賞」の大賞を受賞している。

イースターはなぜ日本人に受け入れられないのか?

Photo_2     「代助は面白そうに、二三日前自分の観に行った、ニコライの復活祭の話をした」(「それから」)と夏目漱石は書いている。明治42年の小説で、当時の日本人のなかでどれほどの人が「復活祭」を知るっていたであろうか。それから100年以上が経過したが、日本人に「今年の復活祭はいつか?」と尋ねても知らない人が多い。クリスマスやバレンタインデー、ハローウィンなどと比べても、日本人に認知度が低く、デパートやマスコミでもイースターを周知することはしない。ところがこのイースターはクリスマスと同じくらい、あるいはその以上に重要な典礼である。イースターは「復活祭」とも言い、主イエス・キリストの復活を祝う祭りである。単なる生誕よりも、1回人類の罪を背負って亡くなった後、復活されたことにこそ、キリストの生きた意味があると信じられているからである。イースターの日は、クリスマスと違い移動する祭日(movable feast)である。毎年春分の日の後の最初の満月の後の日曜日と決まっていて、本年は3月27日となる。この時期が日本社会の会計年度の切り替わりに当たることや、進学・就職・人事異動など変わり目、そしてお花見シーズンであるのが理由なのか。そして「キリストの復活」というコンセプトそのものが、一般の日本人にとって理解できないのであろうか。

スウェーデン体操

   19世紀初頭に、スウェーデンの生理学者ペール・ヘンリック・リンク(1776-1839)によって創始された徒手体操。明治末期以降、長らく日本の学校体操の根幹をなした。イムナスティーク、Swedish Gymnastks

2016年3月14日 (月)

勝って兜の緒をしめよ

250pxujiyasu_hojo   東郷平八郎が日本海海戦での大勝利の後、「古人曰く、勝って兜の緒をしめよ・・・」と訓示したのは有名だが、ここで言う古人とは北条氏綱(1487-1541)のこと。氏綱は1541年に死去したが、後を嫡男の氏康が継いだ。若い氏康の器量を心配し、5か条の訓戒状を伝えていた。その一つが、「いつも勝利していると、驕りが生まれ、敵を侮ったり、不行儀なことがあるので注意すべし」。1545年に河越城の戦いがあった。氏康は少数の兵で河越城に夜襲し勝利した。北条綱成は半年余りの籠城戦をよく耐え抜いた。このとき綱成は「勝って兜の緒を締めよ、と先代の氏綱様もおっしゃっています」と追撃兵を圧しとどめたといわれる。

生活派歌人・西村陽吉

    西村陽吉(1892-1959)は日本橋の東雲堂書店に勤め、店主の養子となる。牧水、啄木、哀果、茂吉、白秋などの歌集の出版を手がけた。やがて社会主義思想に基づく、生活派短歌への道を歩む。「都市居住者」、「街路樹」。「第一の街」などの歌集を出した。孫の西村亜希子(1943-2007)は長嶋茂雄夫人。

四五人の女工が隅にかたまりて、
弁当食ひぬ、
昼の工場。

どんよりと曇りてさむき
日本の
貧しき冬となりにけるかな

日本の青年われは
椅子に座し煙草を吸ひて
ロシアを憶ふ

アットゥシ織

Photo   アイヌの伝統織物。厚司織ともいう。北海道に自生するオヒョウや科の木などの内皮の繊維を居坐機で織った、厚地の織物。普段着は無地で、晴れ着に衿や袖、裾に魔よけの模様を刺繍やアップリケでほどこしてある。

ういろう

Aoyagiuirou  名古屋銘菓として知られる羊羹に似た菓子を「ういろう」という。名古屋の「小倉ういろ」を売る餅文という店は、万治2年(1659年)の創業という。もとは「外郎餅」と呼ばれていた。「外郎」という薬に似ていることからそういわれた。外郎薬とは、江戸時代に小田原や京で売り出された、たん切りの薬であった。そのなかの透頂香(とうちんこう)という細長いものの形に似せて作った菓子が外郎餅として売り出されたのである。

  もともとは「外郎」の語は、中国の官名にもとづいている。元の礼部(天地の神の祭りや宮廷の葬儀を扱った役所)員外郎という役にあった陳宗敬が、元滅亡後の室町時代、足利義満の頃に来日し博多に移住し医術を業として、陳外郎(1322-1395)と名乗り、外郎薬を創製した。子孫も代々外郎と名乗り、のち宇野氏と改名した。

市川団十郎(二代目)が激しい咳に悩まされたときに服用したところ、たちどころに咳が止まったという。感激した団十郎が、この話を歌舞伎にして上演したことで有名になった。同時に外郎は、渋い薬の口直し用の薬として、江戸時代の当主が小田原に移り、透頂香と名付けて売り出した。菓子の「ういろう」はこの薬の名に由来するといわれている。(武光誠「歴史から生まれた日常語の由来辞典」、エポニム)

マルクス『告白』より

Oshoonkarlmarx  カール・ハインリッヒ・マルクスはドイツの経済学者。1883年のこの日、64歳で死去した。マルクス自身は「わたしはマルクス主義者ではない」と言ってたのは有名な話。たいへんな読書家で、毎日大英博物館に通い、朝の9時から閉館になる7時まで文献を読み続けた。これはマルクスの娘ジェニーとラウラが出した問いに答えたものである。

あなたのすきな徳行は             質朴

あなたのすきな男性の徳行は         強さ

あなたのすきな女性の徳行は         弱さ

あなたの主要性質                 ひたむき

あなたの幸福観              たたかうこと

あなたの不幸観                        屈従

あなたがいちばんきらう悪徳         卑屈

すきな仕事             本食い虫になること

すきな格言 非人間的なものは私の関知しないところである

すきな標語                 すべてをうたがえ

(Karl Heinrich Marx、3月14日)

昭和金融恐慌と片岡直温

250pxbank_run_during_the_showa_fina    昭和2年3月14日の衆議院予算委員会で、片岡直温(1859-1923)大蔵大臣が「渡辺銀行が本日、休業のやむなきに至りました」と発言した。若槻礼次郎内閣は、この年の1月、日本銀行がかえている震災手形を政府が肩代わりするという震災手形処理法案を持ち出したが、田中義一のひきいる野党政友会は反対していた。この発言がきっかけとなり、市民は各銀行に預金をひきおろしに殺到したため、金融恐慌となった。

2016年3月13日 (日)

橋元正一が見た映画、読んだ本

   橋元正一(はしもと まさいち、1896-1965)。ネットで検索しても、人名事典で調べても収録される人物ではないが、「丹波・北摂ゆかりの50人」(神戸新聞社)に見える。阪神間の図書館員のなかでは生前からレジェンドと噂され「生涯に書籍3万冊、映画1万本以上見た生き字引」といわれた。現三田市大川瀬の農家の長男。高小卒後、19歳の時に神戸市立図書館司書となり、35年勤める。図書選定のほか文化事業のための資料提供などに尽力。傍ら映画研究の会を組織、多くの評論を発表し、レコードコンサートやラジオを通じて音楽解説にも当たった。音楽にも相当に詳しかった。学歴がないので館長になれなかったが、兵庫県文化賞を受賞している。「本・映画・音楽の生き字引」とある。生前にお会いすることはできなかったが、神戸市立図書館にはレコードがたくさん所蔵していることが有名だったので、レコードの整理について教えを乞うたことがある。司書の大先輩として、本・映画の数で超えることを目標にしよう。橋元さんが見た映画1万本とは相当な数だが、現在のように多チャンネル時代で、ツタヤでレンタルできる時代であれば1万本はそれほど気の遠くなるような数ではない。神戸新開地の映画館で無声映画をたくさんみた世代であろう。現在インターネット・ムービー・データーベースに掲載されている映画は71万本くらいであるであるが、橋元がみた映画をすべてみることはできない。書籍3万冊(もちろん精読)のほうがハードルは高いかもしれない。現代では立花隆が10万冊、渡部昇一が15万冊、谷沢永一が20万冊の蔵書があるといわれている。しかし読書量は単に数字では表せない。橋元が図書館で読んだ本3万冊とはどんな内容だったのだろうか。

画数の多い四字熟語

   魑魅魍魎(ちみもうりょう)が72画。意味は「さまざまな化けもののこと」。鬱鬱葱葱(うつうつそうそう)が82画。意味は「樹木が鬱蒼と茂るさま」 。羸顛劉蹶(えいてんりゅうけつ)。意味は蠃は秦の姓、劉は漢の姓。つまり秦の国も漢の国も、結局は滅びたことをいう。

  では日本人名に使用されている漢字の中で画数が最も多い人は誰か?日本人として初めて南極に上陸した探険家、白瀬矗(しらせのぶ)、俳優の山本麟一(やまもとりんいち)の「矗」「麟」は24画。

田捨女

雪の朝二の字二の字の下駄のあと

   江戸時代の貞門女流六歌仙の1人、田捨女(1633-1698)がわずか6歳で詠んだ句。10歳飲時には、たまたま遊び行った親戚の酒屋に菊という女性が、お酒一升を買いに来た。ところが店に誰もいなかったため捨女は、傍にあった帳簿に「酒一升 九月九日 使い菊」とみごと俳句調に書き留めたという逸話も残っている。父・田季繁の没後、兄が儒者になったため捨女の夫・季成が継ぐ。北村季吟らに和歌と俳諧を学ぶが、41歳で夫と死別。5、6年後、京都で仏門に入り妙融尼と号し、高僧・盤珪永琢に帰依、禅道に励む。姫路・網干浜田で晩年を過ごした。

新選組 幕末最強の剣客集団

Photo_2     1863年のこの日、芹沢鴨ら24名が壬生浪士組(新選組の前身)が正式に会津藩松平容保に取り立てられる。その後、約4年間にわたり、京都で尊攘派、倒幕派の弾圧を行った。池田屋事件は、新選組が雷名をあげた。司馬遼太郎は次のように書いている。

    「普通、この変で当時の実力派の志士の多数が斬殺、捕殺されたために、明治維新がすくなくとも一年は遅れた、といわれるが、おそらく逆であろう。この変によってむしろ明治維新が早くきたとみるほうが正しい。あるいはこの変がなければ、永久に薩長主導によるあの明治維新は来なかったかもしれない。」(燃えよ剣)とある。

   元治元年6月、京の四条西木屋町で武具商を営む枡屋喜右衛門(本名、古高俊太郎)方を捜索、連行し、拷問にかけると、尊攘派のクーデター計画を自白した。古高逮捕を知った尊攘派は、三条小橋の旅館池田屋に集まって善後策を協議していた。近藤勇は新選組を率いて討ち入りをかけた。祇園祭の宵宮でにぎわう6月5日の夕刻である。長州の吉田稔麿、肥後の宮部鼎蔵、松田重助、土佐の北添貴佶摩、望月亀弥太、石川潤次郎らが斃れ、多くの捕縛者を得る。新選組の犠牲者は奥沢栄助。3月13日

ローラ・モンテス

Josefheigelxxlolamontez18181861  1848年3月13日、オーストリアではウィーンにおいて三月革命が起きて、ウィーン体制の象徴的人物であったメッテルニヒが失脚し、イギリスに亡命した。南ドイツのバイエルン王国では3月21日、ルードヴィヒ1世(1786-1868、在位1825-1848)が退位を余儀なくされた。しかしこの退位騒動は政治的理由というよりも、王の愛人の野心的な行動に国民が離反したものであった。その女性の名はローラ・モンテス(1818-1861)。

   ローラはスペインの舞姫ということになっているが、実はスコットランド出身で本名をマリー・ドロレス・エリザ・ロザンナ・ギルバートといい、貧しい旅芸人の子だった。60歳を過ぎていた老王は、このローラに夢中になり、二人の愛人関係を公然としたものにするために、ローラにランスフェルド公爵の称号を授けた。王宮ニンフェンブルク城には宮廷画家ヨーゼフ・シュティーラーが描いたローラ・モンテスの肖像画がいまも飾られている。ローラはその美貌によりルートヴィヒ1世をはじめ、ピアニストのリスト、プロイセンのビスマルク、アレクサンドル・デュマなどの男たちを虜にした。彼女の華麗で退廃的な恋物語はマルティーヌ・キャロル(「歴史は女で作られる」1956年)やフロリンダ・ボルカン(「ローヤル・フラシュ」1975年)で映画化されている。

   ちなみに、近代ファションの父といわれるポール・ポワレが1906年に発表したハイ・ウェストのドレスを「ローラ・モンテス」と名づけたのは、ヨーロッパ社会にはスキャンダラスな高級娼婦に対する憧れと賞賛が入り混じった感情があることのあらわれであろう。小説中の人物であるが「椿姫」のマルグリット・ゴーチェの人気が高いのも同様の理由からである。(Lola Motez)

上杉謙信は女だった!?

6cef0f29 英雄豪傑色を好む、という。しかし色を好まざる英雄もいた。上杉謙信である。謙信は越後を統一し、出羽から能登にいたる広大な領国を支配したが1578年3月13日、49歳で死去した。春日山城の厠で倒れ、死因は脳溢血といわれる。ところが江戸初期の大名松平忠明が編纂した「当代記」によると、「謙信の死因は大虫だった」とある。この「大虫」というのは婦人病のことである。謙信が女性だったという説は八切止夫など古くから根強く存在している。スペインの船乗りゴンザレスの書簡にも女性と思わせる記述がみられる。しかし何れも決定的な証拠とはなりえず妄想でしかない。

2016年3月12日 (土)

エッフェル塔とシャンソンだけじゃないパリ

Img_   花の都パリは、同時に数々の歴史的大事件が繰り広げられた街でもある。フランス革命、ナポレオンの帝政と、世界の歴史を動かす震源地となったパリ。パリの歴史は、現在ノートルダム寺院のあるセーヌ川の中州「シテ島」に始まる。パリの名も、このシテ島に紀元前1世紀ごろ住みついていたケルト人の一部族パリシー人に由来している。パリ市の紋章には波に浮ぶ帆船と「揺るるも沈まず」の銘が記されているが、シテ島は古く紀元前のガリア時代から、東西に流れるセーヌと南北にのびる陸路の交わる交通の要衝であった。ガリアがローマの支配下におかれると、パリはローマ都市として発展するが、現在のフランスに相当する国の首都としてパリが出現するのは、フランク族のメロビング王朝時代である。カペー王朝の時代には、はじめてセーヌ両岸にまたがる城壁が築かれ、パリは要塞都市となった。

Photo    カペー歴代の王の中で、パリの歴史上忘れられないのはフィリップ2世である。王は道路の舗装、上下水道の工事、教会、修道院の建設に力をいれ、パリの最も美しいゴシック建築であるノートルダム寺院も、大部分はその治世に完成を見た。16世紀になると、政治・経済の中心は左岸から右岸へと移っていく。王家の宮殿ルーヴル宮、ブルボン宮、そしてマリー・アントワネットの最後の住まいであったコンシェル・ジュリー宮がある。18世紀末に始まるフランス革命、ナポレオン時代に際して、パリはいくたの劇的事件の舞台となり混乱をきわめた。(France,Paris,Isabeau de  Baviere)

5729158_2460248
 イザボー・ド・バヴィエール

英単語学習帳

Ke_1s  英語の上達には英単語の暗記は欠かせないがコツコツとやり続けるのも地味で根気がいる。簡単な日本語も英語でなかなか言えない。「おなら」「屁」を意味する英語の表現は少なくとも、fart のほか260以上もあるそうだ。「脇の下」は英語で、armpit、「腋臭(わきが)」は、armpit odor。「腋毛」は、underarm hair。足指の魚の目、たこは、corn と言う。

loofah         へちま、風呂のスポンジ

adipositas     肥満

adrenaline    アドレナリン

detergent     洗剤

enema          浣腸

suicide         自殺

spit                 つば

gray hair          白髪

frostbite           しもやけ

seasickness      船酔い

hiccup                しゃつくり

coward               臆病者

take a paid vacation  有給休暇を取る

bachelor  独身男性

bachelorette  独身女性

pant       息を切らしてハアハア言う

purse     小銭入れ、がま口

wallet    札入れ

desinfection     消毒

dominant hand  利き手

vegetarian    菜食主義

dismissal  解雇 

accounting  会計

paralle lines   平行線

base          基地

reputtion    評判

jug            水差し

respond       答える

elocution      朗読法、エロキューション 

tragedy        悲劇

rehabilitation  社会復帰

no vacancy    空き部屋なし(満室)

safety first    安全第一

itchy             痒い

sabotage       破壊活動

diversity        多様性(ダイバーシティ)

palpitate        胸がどきどきする(パルピテイト)

falter            ためらう

offer             提供する

retraction      撤回

respiration     呼吸

incoherent     支離滅裂な

postmortem inspetion  検死

obession       強迫観念、オブセッション

nervous breakdown  神経衰弱

nasolabial fold   ほうれい線

diaper          おむつ

anxiety         不安

admission     入学

particular      こだわる、うるさい

shoplift         万引きする

destruction of evidence  証拠隠滅

sesame         セサミ(ごま)

firework         花火

impudent       厚かましい、生意気な

blunt            ぶっきらぼうな

confine         制限する

left-handed    左利き

blood donation 献血

fish story      ホラ話

ransom        身代金

bankruptcy  破産

density       密度

immunity    免疫

futurology   未来学

areola         乳輪

medicine     内科

surgey    外科

boredom     退屈

contempt    軽べつ

rebroadcast   再放送

negotiation    交渉

food poisoning  食中毒

book report    読書感想文

natural history  博物学

scorching       ひどく暑い

emotional      感情に動かされやすい

rumor           噂

whetstone     砥石

frame           額縁

spendthrift    浪費家

semantics      意味論

constitution    憲法

spin  of           派生させる

rolling stone   定職のない人

anti-itch creams  かゆみ止め軟膏

navel             へそ

sleeping pill    睡眠薬

aspirin           アスピリン

cataract        白内障

glaucoma       緑内障

cough drop    咳止めのドロップ

eye drrop      目薬

prescription   処方箋

astrologer     占星術師

transportation  輸送

emaciate       やせ衰えさせる

nasal hair cutter  鼻毛カッター

nail clipper     爪切り

naughty         エッチな

additional       追加の

crutch           松葉杖

phimmosis      包茎

tripod            (カメラなどの)三脚

visor              (帽子の)つば

eyelet             (靴などの)ひもの穴、はと目

bus depot       長距離バスの発着所

burn-sides      バーンサイドひげ

ventriloquism   腹話術

expendable     消耗品

serum             血清

elder care service 高齢者介護

surgical mask   医療用マスク

not nave enough sleep  寝不足

poopoo   うんち(幼児語)

peepee   おしっこ(幼児語)

osteopathy  オステオバシー、整骨治療学

bugle      ラッパ

reindeer   トナカイ

Jack in the box  びっくり箱

sculpture   彫刻

scorpion    さそり

invoice       荷札

diabetes mellitus  糖尿病の学術名称、ダイアビータス・メリタス

pneumonia    肺炎

hemoptysis   吐血

intravenous   静脈の 点滴

coma            昏睡

gastrointestinal medicine  消化器内科

palliative care   緩和ケア、パリアティブ・ケア

pivot            回転軸、ピボット

紅茶とビートルズだけじゃないイギリス

    イギリスの面積は日本のおよそ3分の2くらいだが、グレート・ブリテン島(21.9万k㎡)と本州(22.7万㎡)を比べるとほぼ同じくらいである。イギリスも日本と同じような島国でともに王室・皇室を上にいただく国であり、歴史も似ている。しかし緯度がかなり違うことや山地が少ないこともあって、気候や地理的条件はまったく似ていない。

   西暦2世紀ローマ皇帝ハドリアヌスのときローマ属州ブリタニアと呼ばれたが、5世紀の初めにローマが撤退すると、アングロサクソンが侵略する。日本に仏教が伝来したのは6世紀(公伝は552年説と538年説がある)といわれるが、ブリタニアにキリスト教が伝来したのも、やはり6世紀頃である。596年にアウグスティヌスが40人の修道士とともにやってきたとされるが、それより前に伝来していたともいわれ、西暦563年という説がある。バッキンガム宮が1703年といわれ、慶長天守が完成したのは1607年のことで、江戸城はバッキンガムより100年ほど古いことになる。

Gパンの謎

34511_rebel_without_a_cause_p_4_122    ジーンズ(jeans)はかつて日本ではGパンと呼ぶのが一般的であった。Jパンが正しいと思うのだが、なぜGなのか定かではなく、一説によるとGⅠが履いていたパンツなのでGパンになったともいう。1940年代に西海岸の大学で「501ジーンズ」が流行。その後マーロン・ブランドやジェームズ・ディーンなどのジーンズの似合うスターが登場し、若者の自由と自己表現のシンボルとして人気を得る。だが最近の若者はあまりジーンズを着ないらしい。町でジーンズ(デニム地)を履いてるのは女性のほうが多い。

ジョージ・エベレスト

09003_1_300px    グリーンランドにヌナタック・ウエムラ峰(標高2540m)がある。1984デンマーマ政府が冒険家・植村直己の快挙に敬意を表して同峰を名付けた。マゼラン海峡やベーリング海峡、間宮海峡など地名にはゆかりの人名が付けられることが多い。乃木坂46がテレビで歌っていると乃木希典を思いだす。

   ヒマラヤ山脈の世界最高峰エベレストはインド測量局長官ジョージ・エベレスト(1790-1866)に因んでいる。だが本人は現地名を尊重するという考えから、そのような命名を快く思わなかったという。近年ではチベット語でチョモランマ(「大地の母」の意味)、ネパール語でサガルマータ(「世界の頂点」の意味)と呼んでいる。(George Everest,Chomolungma,Sagamatha,Nunaat Uemura)

寒さ暑さもお水取り

Otaimatu1  東大寺二月堂の修二会は、東大寺の実忠和尚が夢の中で、十一面観音悔過の行法を拝み、752年に、これを人間の世界に移して行ったのが始まりである。以来、今年で1261回を数える。この法会は、現在は3月1日より2週間にわたって行われているが、もとは旧暦の2月1日から行われていたので、二月に修する法会という意味をこめて「修二会」と呼ばれるようになった。行中の3月12日深夜(13日の午前1時半頃)には、「御水取り」といって、堂前の若狭井という井戸から観音さまにお供えする「お香水」を汲み上げる儀式が行われる。また、この行を勤める練行衆の道明かりとして、夜更、大きな松明が本堂の回廊で振り回される。「おたいまつ」と呼ばれるこの松明の火の粉を浴びると災厄が除かれると伝えられるため、群衆は争って松明から出る火の粉を浴びようとする。

関根金次郎

Taikyoku
 関根(左)、坂田(右)、中央は小野五平十二世名人

    坂田三吉の宿命のライバル、関根金次郎は千葉県野田市の出身。二人の対決は16勝15敗1分で坂田が勝ち越している。関根は大正10年に十三世名人となり、棋界近代化に尽くした。昭和21年3月12日、77歳で逝く。

2016年3月11日 (金)

「ス」事項索引インデックス

Bentsidespinet3  「スピネット」は16から18世紀に用いた鍵盤楽器。これがハープシコードとなり、のちピアノに改良される。▽「出挙」は古代の利子付き消費貸借。▽「スヴェアボルグの乱」1906年スウェーデンの港町でロシア水兵の反乱。▽「垂迹(すいじゃく)」とは仏教と神道とが結びついた思想。 ▽「出挙」奈良時代、稲・銭などの貸付制。▽「スコッツボロ事件」1931年人種差別の激しい南部アラバマで黒人少年9名が白人女性を強姦した罪で裁判にかけられ、死刑判決を受けたという冤罪事件。▽「スフ」ステープル・ファイバーの略。戦時中に木綿の代用品として使用されたが、肌触りや耐久などが木綿に劣っていた。▽「スンプ法」切片にすることが困難な試料にセルロイドの薄膜などを押し当て、その表面の形状を写し取って顕微鏡で観察する方法。▽「裾濃(すそご)」きものの下方を濃く、上方にいくにつれて薄くぼかして染めること。(すすす)

スアンクカラー(スメンクカーラー)・メントゥホテプ(古代エジプトの王)

綏遠事件
瑞応院(大津)
垂加神道
出挙(すいこ)
水滸伝
推古天皇
瑞巌寺(宮城県松島)
瑞山磨崖三尊(韓国)
垂迹美術
錐状火山(コニーデ)
スイス
彗星
水星
水道
水墨画
スウィフト
スウィンバーン,アルジャーノン・チャールズ(画家)
スヴェアボルグの乱
スウェーデン
数学的媚薬
枢軸国
枢密院
須恵器
スエズ運河
菅原道真
スカルノ
スカルラッティ
スキタイ人
杉田玄白
須玖遺跡
スクロヴェーニ礼拝堂(別名アレーブ礼拝堂,パドヴァ)
助郷役
スコッツボロ事件
スコット
スコティッシュフォールド
スサ(シューシャ)
素戔嗚尊(スサノオノミコト)
裾濃
スタヴィスキー事件
スターリン
スターリン憲法
スタール夫人
スタンダール
スーダン
スチブンソン
スティアート朝
スティアトパイグス(臀部突出)
ステップ気候
ステファン・ボルツマンの法則
ストア派
ストックホルム
ストライキ
ストラッフォード
ストラディバリ
ストルイピン,ピョートル
スパルタ
スパルタクス団
スパルタクスの奴隷反乱
スバールバル島
スピネット
スピノサウルス
スフ
スプートニク
ズーフハルマ
スペイン
スペイン風邪
スペイン継承戦争
スペース・シャトル
スラウェシ島(インドネシア)
スラバヤ
スラブ民族
スリナム
受領
スルタン
スルナーイ(インドネシアの管楽器)
スレイマン1世
スローライフ
諏訪
スワンナプーム国際空港(タイ・バンコク)
スンニ派
駿府
スンプ法

印象派が描いた歓楽街の娼婦たち

Img_0004

   夜のモンマルトルの象徴といえば、「赤い風車」の明かりであろう。ナイトクラブ、パル・デュ・ムーラン・ルージュが、酒と踊りであらゆる階層のパリっ子を魅了したのは19世紀末。クリシー大通りの「レーヌ・ブランシュ(白の女王)」という安ダンス・ホールの跡地、ブランシュ広場に、「赤い風車」(ムーラン・ルージュ)が開店したのは1889年のことであった。1891年以来、入口のロビーは絵のギャラリーとなっていた。そこでは大勢の客が酒を飲んだり、ぽんびきや娼婦、踊り子、おとりの警官などがたむろしていた。内部は、見物席に囲まれた大ダンスフロア、大きなバー、そして道化師や歌手、エキゾチィックな踊り子、アクロバット師、にぎやかなカンカン踊りの一団など、一風変わった多種多様な芸人たちが毎晩出演する舞台になっていた。

   ムーラン・ルージュには、客たちが座って休むことのできる、小さなテーブルと椅子をおいた中庭があり、それを囲むように屋根つきのプロムナードが広がっていた。庭の真ん中を占めていたのはオーケストラ全員がなかに入れるほどの巨大な張りぼての象であった。これはこの年の万博でブームを呼んだチュニジア館のアトラクションにヒントを得たものである。そのまわりに客を楽しませるために猿が鎖につながれていた。また人々は、モンマルトルのバーで最もよく飲まれていた「緑の妖精」つまりアブサンと呼ばれたアニスシードの酒を飲み過ぎなければ、ロバに乗って庭を回ることもできた。官能の悦びを求める人のための標識である屋根の赤い風車は、木製の模型であり、本物の風車が数多く点在していた緑豊かな丘の村であったころのモンマルトルの、そう遠くない昔を思い起こさせた。ムーラン・ルージュを開店したシャルル・ジドレールは、クリシー街のダンス・ホール「エリゼー・モンマルトル」や「カジノ・ド・パリ」といった競争相手から常連客を呼び寄せるために、あり余るほどの娯楽を用意することにあらゆる手をつくした。

   夕べの調べは、オッフェンバックとオリビエール・メトラの音楽によるサーカスなみの喧騒であり、トロンボーン、シンバル、ドラムによって大音響で演奏された。世紀の変わり目ころには、踊りの流行はマティッシュやケーキウォークのようなものになっており、バンドは聴衆を馬鹿騒ぎに駆り立てたので、外国からの客は驚いて立ち去るほどであった。ある偏見のないイギリスの雑誌記者は「ここではどのような欲情も抑える必要はない。わめき声と馬鹿騒ぎがある。女たちは男たちの肩にすがってホール中引き回されている。酒を注文するすさまじい叫び声がある」と記している。

   しかし、ロシア、イギリス、ルーマニア、南アメリカなど世界中からやってくるムーラン・ルージュの男の常連客にとって一番の魅力は、小粋で性道徳にとらわれない女たちであった。性取引はパリの周辺では盛んであった。悪徳はナイトクラブや娼家だけの商売ではなかった。外国商人たちは娼婦にするパリの娘を求めた。ヨーロッパ最大の肉体市場と考えられていたムーラン・ルージュは、表面は華やかでうわついて見えたが、踊り子兼娼婦といううす汚れた仕事に携わる女は、白人奴隷市場の手配師に誘拐されてきた者が多かった。

 モネやルノワールもプージヴァル近郊にある新興行楽地グルヌイエールを描いている。ここは水上カフェなのだが、女たちは金髪に染めて、胸をつきだし、尻をふくらませ、派手な衣装を着ている。グルヌイエールとは「カエル」という意味で、夜の獲物を探しにここにやってくる娼婦なのである。当時のポスターには水着の女性が描かれている。

Photo_4

(引用:「ロートレック」同朋舎出版、1990)

有松絞り

Lrg_10346474  愛知県有松地方(名古屋市)で生産される木綿絞りの総称。江戸時代に有松の竹田庄九郎が始め、尾張藩の保護と奨励を受け、東海道の街道筋の土産物として広く知られるようになった。近年はおもに上品でお洒落な絞り浴衣の生地として用いられている。2016年NHKドラマ10「愛しくて」でヒロイン小夏が絞り染め作家として伝統工芸の有松絞りを新しい意匠で海外に紹介するという設定で紹介され注目される。

啓蒙思想と照明器具の発達

   17世紀後半にトマス・ホッブズやジョン・ロックが展開した経験論的な認識論や道徳哲学や政治思想が、西欧における啓蒙思想の幕開けとなる。18世紀になるとイギリスからフランスに伝播し、イギリスより激しいものとなって発展・普及し、フランスを啓蒙思想の中心地へと押し上げる。主な啓蒙思想家はモンテスキュー、ルソー、ヴォルテール、ディドロなど。啓蒙思想とは原語で英語Enlightement、仏語Lumieres、独語Aufkiarungとあるように、光で照らされること、「蒙(くら)きを啓(あき)らむ」である。自然の光(ラテン語 lumen naturale)を自ら用いて超自然的な偏見を取り払い、人間本来の理性の自立を促すという意味。当時、西欧では書物に親しむという行為が、暗闇に光がもたらされるという考えが一般に認識されるようになってきた。つまり印刷術の普及により書物が大量に生産されるとともに、ランプなどの照明器具の発達も見逃すことはできない。イギリスのジョージ・フリードリヒ・ケルスティング(1785-1847)の絵画には若い女性がランプの明かりで読書している姿が描かれている。当時流行の啓蒙思想を読書によって暗喩したと思われる。電気照明が出現するのは19世紀を待たなければならない。

7722bcfd22d6t

「ル」事項索引インデックス

2012040216471268   「ルーズソックス」和製英語。ルースとは「だぶだぶの」の意味。1990年代初頭に女子高生の間で流行。最盛期は1993年から1998年くらいである。2000年代に入ると禁止する学校が増え、ブームは沈静化する。今年秋から再ブームの兆しがみえる。▽「累進課税」20世紀初頭から、アメリカでは所得の多い人からは平均以上にたくさんの税をとり、所得の少ない人からは平均以下の少ない税をとる、いわゆる累進課税を導入した。

ルイ14世
ルイ16世
累進課税
ルイヴィトン
ルイジアナ
ルイ・ナポレオン
ルオー
ルガルザゲシ
ルキノ・ヴィスコンティ
ルクセンブルク
ルシタニア号事件
ルーズソックス
ルター
ルネ・クレール
ルネサンス
ルノワール
ルビコンを渡る
ルーブル美術館
ルーマニア
ルマン
ルール地方
ルルドの大祭

美術の起源

   人類学・考古学によれば、アフリカで生れた現世人類は、やがてアフリカを出て、アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカへと世界各地へ広がっていった。この何十万年という長い歳月のうちに人類は石を用いて道具を作りはじめた。この時代を考古学では旧石器時代と呼んでいる。この時期の初期・中期には石を打ち砕いて形どったさまざまな打製の道具が作られたが、その中には早くも左右均等を保った美意識によって形どられたものが見られる。人類の造形活動はこのように道具を用いるようになったときにはじまったと見てよいが、そこでは未だ純粋な意味での美術作品、すなわち絵画や彫刻のようなものは見られず、原始人の造形が現代人の美的観賞に価するようになるのは旧石器時代後期、紀元前3万年から前1万年にかけてである。1879年北スペインのサンタンデル県のアルタミラ洞窟で動物を描いた壁画が発見され、続いて1940年にはフランスのラスコー、ロウセル、フォン・ド・ゴーム、二オー、レ・トロア・フレールやほかでも、同じような画が発見された。これが人類の残した最初の美術と考えられ、これらを総称して一般にフランコ・カンタブリア美術と呼ぶ。この期に残されている造形が如何なる意味や目的によって制作されたものか定かでないが、狩猟の成功を祈願するためや、生存ための呪術的行為とする見方が強い。(参考:前田正明「西洋美術史」武蔵野美術短期大学)

この名画はジャンヌ・ダルクではない

Marianne20de20delacroix  ドラマ「学校のカイダン」第7話。謎の男、雫井彗を演ずる神木隆之介がドラクロワの絵を指して「ジャンヌ・ダルクも下からのし上がってきた」と説く。このドラマには仏百年戦争の英雄ジャンヌ・ダルクの名前がしばしば引き合いに出される。しかし教科書にも載っているこの有名な絵画「民衆を導く自由の女神」はジャンヌ・ダルクではない。1830年の七月革命に想を得た作品であり、ジャンヌ・ダルクにしては乳房が豊満すぎるし、百年戦争当時はまだフランス国旗や銃はなかった。ルーヴル美術館にあるこの絵画を観て、なぜかジャンヌ・ダルクだと勘違いしている日本人観光客は多いという。三色旗を持っている女神は、戦闘で弟を失い、仇を討とうと奮戦したアンヌ・シャルロットという洗濯女の伝説をモデルにしているという説がある。

2016年3月10日 (木)

紅茶の輸入とイギリス三角貿易

  18世紀イギリスでは奴隷貿易を軸に、自国と西アフリカ、カリブ海を結ぶ三角貿易を形成して、大きな利益をえた。19世紀には、綿織物をインドへ、インドのプランテーションで栽培されたアヘンを清へ、そして清の紅茶・陶磁器・絹などをイギリスへ輸出することで、大幅な貿易黒字を実現した。

   カティー・サークは、1869年に中国からの新茶輸送を目的に建造されたティー・クリッパー(快速帆船)である。約60トンの茶を積み、上海ーロンドン間を喜望峰経由で約110日間で航海した。

  1849年に航海法が廃止されて以来、利益の多い新茶の輸送にはアメリカの帆船も参加して、輸送の速さを競うティーレースが展開された。紅茶がイギリス庶民の飲み物として定着するにつれて、大量の中国茶の輸入がイギリスのアジアにおける「三角貿易」の行方を左右して、アヘン戦争の間接的な原因にもなったのである。

女人禁制

   真言密教の高野山は、開創当時から明治5年まで女人禁制であり、女性の立ち入りが厳しく制限されている。入山の女人禁制は高野山に限らず江戸時代ほとんどの山で守られていた。この禁を破って登拝した女性が石と化したといわれる巫女石、姥石などがある。対して女性の参詣が自由であった奈良の室生寺は「女人高野」とよばれ、女性の入山が認められた。真言密教である室生寺がなぜ女性に開かれた寺院となったのか。それは徳川綱吉の生母、桂昌院の庇護によるものといわれている。

   女人禁制の理由については、一般には、女性の出産や月経の穢れのためとされている。しかしこの他にも、村落社会の行事における男子中心主義が山岳修行に適用されたとか、男性の修験者が山の女神のもとで修業するために世俗の女性を忌避したなどの解釈がなされている。

ミーハーの語源

   ミーハーとは、流行などに熱中しやすい人たち。程度の低いことに夢中になっている女の子を軽蔑して言う言葉。昭和初期の流行語で、そこから軽い若者風俗を総称した「ミーハー族」という言葉も生まれた。ミーハーの語源には諸説ある。第1は「みいちゃんはあちゃん」の略。昔の女の子の名前には「みよちゃん」や「はなちゃん」など「み」や「は」が多かったことから。第2は音階のドレミファとする説。第3は映画「稚児の剣法」(1927年)でデビューした林長二郎(後の長谷川一夫)がたちまち若い女性の間で人気となり、彼女らが好きな「みつまめ」と「はやし」の頭文字をとつて「ミーハー」が生まれたとする。「ミーハー」の語源が長谷川一夫という説は近年有力視されている。しかし「ミーちゃんハーちゃん」という言葉はそれ以前からあって、浅草あたりでたとえば「ミーちゃんハーちゃんの好きそうな映画だ」といえば、低級な甘い映画のことを意味するようになった。

紙文明1900年、印刷文明560年

Photo   トーマス・フランシス・カーター(1882-1925)は、その著書「中国における印刷の発明とその西漸」のなかで「紙の発明とその伝播は印刷の発明とともに、宗教改革の道をひらき、教育の普及を容易にし、火薬・羅針盤の発明とならんで、近代世界を形成する上に大きな役割を果した」と述べている。今日いうところの紙は、中国において後漢の宦官・蔡倫が樹皮・麻くず・ぼろ・魚網くずなどの植物繊維を原料としてつくつたのが最初であると後漢書が伝えている。紙文明は、15世紀のグーテンベルクの印刷術の発明とともに、近代文明と教育の普及を担ってきた。いわば紙は約500年間中国人の独占物であり、その後500年間は、もっぱらイスラム教徒のほとんど排他的ともいうべき支配下におかれていた。紙がヨーロッパに導入された後、その受け入れにはいくつかの障害があった。まず第1つに、パーチメントがまだ十分評価に耐えうる素材であり、ヨーロッパ製の初期の紙よりはるかによいものであった。第2に、ヨーロッパでの教育は、遅れており、字の読める人間の数は僅少であった。さらに、当初、教会は紙の受け入れに難色を示した。というのは、それがもっぱらイスラム教徒ないしユダヤ教徒に起源をもつものであったがためである。そこから、公的な記録や重要な証書として紙の使用を禁ずる法令が出ている。1221年における皇帝フレデレック2世の布告は、紙に書かれた証書は、法律的に無効であるとうたっている。したがって、紙は長い間、君主然たるパーチメントに対して臣従的なきわめて低い地位を占めていたに過ぎない。だがヨーロッパの舞台に印刷術が出現するとともに、紙のもつ本来の有用性が日の目をみることになる。だが21世紀以降の印刷物の氾濫は膨大な量に達し、その保存・整理が問題視されてきた。今年、日本でもアイ・パッドの発売により、紙の図書をめぐる状況は大きな変化をみせている。自分でスキャナーを購入して、紙の本を裁断機で切断して、スキャンして、自分で電子書籍をつくる人も出てきた。愛書家が聞いたら卒倒しそうな話だが、狭いマンション暮らしの人にとっては本の保管スペースなどをコストで換算すれば、処分するほうが得策と考えるのだろう。税金で運営される公共図書館でも書庫の収納限界に達した館では、電子化が促進される時代になってきた。本に対する専門的な知識を持たない職員の多いところでは、貴重な書籍が失われていく現状を知っているものにとっては、電子書籍元年という呼び声(新商品の販売戦略の営利行為)が愚行、蛮行の時代の時代の到来であることを確信している。なおカーターの大著は「中国の印刷術」として東洋文庫の一冊として翻訳されているが、執筆動機にはフランスのぺリオ(1878-1945)の千仏洞の経典の発見などの影響もみられる。つまり欧米人が砂漠の敦煌から東西文明の交渉史に衝撃を受けた著作なのである。文化史や文明論、および文化行政は1000年スパンの巨視的な態度でみなければいけない。

ケンブリッジ大学図書館

Trinity_library_cambridge400

   ケンブリッジ大学は、言わずと知れた中世以来の古い歴史をもった大学である。ニュートンが力学を、ダーウィンが進化論を、マックスウェルが電磁気学を、ラザフォードが原子物理学を、創始したのはこの地である。科学研究ばかりではない。詩人のミルトン、バイロン、テニソン、ワーズワース、作家ではサッカレー、フォースター、歴史学のマコーレー、哲学ではフランシスコ・ベーコン、バートランド・ラッセル、経済学のケインズなどがいる。

   ケンブリッジ大学にあるセントジョーンズ・カレッジの古い図書室が一般公開されている。木彫りで装飾された本棚には古い本がたくさん並んでいる。近づいて見ると、それらの本には年号が刻まれている。「1569年」さすが440年以上も経った本を手にして開くことは禁じられていた。寺院図書館の建築様式を取り入れたこの図書館は、その後の大学図書館にとって先駆的な存在となった。綜合図書館のほうは、学内のペーター・ハウスで運営を開始し、1593年から翌年にかけての改革によって、図書を鎖でつなぐことをやめた。17世紀から18世紀にのはじめにかけてのケンブリッジ大学図書館の発展はめざましく、イギリス屈指の図書館として、自他ともに認めるところとなった。

800_662
 ケンブリッジ・セントジョーンズ・カレッジの図書室


 1934年にロックフェラー財団に頼るかたちから、現在の総合図書館ができた。この図書館は法定納本制度適用の図書館として、イングランドの出版社がすべての印刷物を送る義務があり、現在500万冊を超える蔵書がある。大学全体は本館、薬学図書館、数理科学研究所のベティ&ゴードン・ムーア図書館、中央科学図書館、スクワイア法学図書館の5つの独立した図書館で構成されており、すべてをあわせると700万冊以上になる。

カテゴリー整理学

     手許に2010年3月10日の朝日新聞がある。「核密約歴代首相黙認」という大見出し。「トヨタ、一般職の採用ゼロ」「有吉九段、1000敗」「上越新幹線でもトラブル」「皇太子ガーナ訪問」これらバラバラの記事もいまは検索技術が上手であればネット情報を簡単に入手できる。むかしであれば、ファンリングやスクラップ、あるいはカードなどで自分で情報を整理していたものである。現代人は神経症(ノイローゼ)というはっきりしない病名と無縁ではない。毎日、実にさまざまな情報に振り回される。その情報は自分にとって直接関係のあるものもあるだろうが、ほとんどは無縁の情報である。しかしながら無縁の情報でも癒しの効果もある。贔屓の野球チームが勝てば、気分は明るい。好きな選手の打率が上がればうれしい。こういったあまり意味のない情報を一切遮断して、テレビも見ず、人とのつきあいもせず、庭の花と木をめでて、季節のうつろいを感じる、という生き方こそ老後にふさわしいのだと思う。しかし現代人は退屈よりも混沌のなかにこそ喜びを見つける。加藤秀俊も「現代文明は、おしゃべりのとまらない文明である」と書いている。(加藤秀俊「整理学」中公新書)

    このブログ記事も一つ一つを読むとまったくまとまりがなくバラバラである。そもそもネタに分野などあるはずはない。興味のあるこを書くだけである。系統的、体系的に書くことほど辛い作業はない。ひとつひとつ記事を積み上げて、カテゴリーで整理していくと、なんとなくまとまっていく。ブログとは実に便利な雑記帖である。

佐渡の日

Sadokinzan1281

     3月10日は「佐渡の日」。佐渡観光協会が1998年に制定した。

    佐渡は流人と金山の島として知られる。寺が約250、神社が約300あると言われる古刹・古社の島佐渡は、島流しの地だった。島流しといってもむかしは政治犯や思想犯が多かった。文覚上人、順徳天皇、日蓮上人、京極為兼、世阿弥など。さて、この島が一変するのは近世初頭、金銀などの鉱物が発見されるようになったためである。慶長3年、上杉景勝が豊臣秀吉に佐渡の黄金山から運上金を納めた記録がある。関ヶ原の戦いの後、豊臣の支配下にあった佐渡金山は徳川の直轄地となった。慶長6年、大久保長安(1545-1613)は佐渡鉱山の支配を任ぜられる。相川鉱山の全盛期は慶長末から寛永の中頃にかけて、年間平均金100貫、銀1万貫を採掘したといわれる。だが長安の死後、不正が発覚し大久保家は改易となった。その背景には本多正信・正純ら文吏派と大久保忠隣の譜代武功派の対立があったといわれる。

東京大空襲

Img_3

 ケペルの両親はすでに他界したが、東京大空襲のとき、墨田区に住んでいた。姉和子(当時3歳)と3人で暮らしていた。母から断片的に聞いたことはあるが、詳しく聞いたことは一度も無い。こんな悲惨な経験をしていたのかと思うと、何ともいえない感情になる。両親がもし空襲で死んでいたら、今の自分はこの世に存在していないのだから…。家を失い、父の田舎へ疎開したが、都会育ちの母は疎開先での暮らしに馴れなかった。

   昭和20年3月10日未明、グアム、サイパン、テニアンから飛来した米軍のB29爆撃機279機が、低空で東京上空に侵入、江東、墨田、台東区を中心に2時間あまりにわたって東京下町一帯を爆撃した。約10万人以上の尊い命が一夜にして奪われた。

フルヘンシオ・バティスタ

Batista     バティスタと聞くとプロレスラー、野球選手、サッカー選手を思いうかべる人のほうが多いかもしれない。中南米ではありふれた苗字のようであるが、ここではフィデル・カストロによってゲリラ戦で打倒されたキューバ大統領フルヘンシオ・バティスタ(1901-1973)のことである。出自はしらないが、容貌からムラート、中国系先住民か。農業労働者ののち軍医となり、1933年の蜂起で陸軍の指導者となり、大統領に就任した(1940-44)。1944年の選挙で敗れたが、1952年3月10日クーデターが成功し、政権につき親米独裁政権として恐怖政治をしいた。1959年、カストロの率いる革命軍に敗れ、ドミニカに亡命したのちスペインで没した。(Fulgencio Batista,Fidel Castro)

2016年3月 9日 (水)

「ノ」事項索引インデックス

Noirmoutiere1 「ノエシス ノイマ」現象学において「思考の働き」をさす「ノエシス」と、「思考されたもの」をさす「ノエマ」との、相関する二概念を用いて説明される。▽「ノアイユ夫人」恋愛をうたった20世紀仏の女流詩人。▽「ノイジードラー湖」オーストラリアとハンガリーとの国境にある湖。▽「ノアールムーチェ」フランス西部の島(画像)。▽「野沢凡兆」芭蕉の弟子で、去来とともに「猿蓑」を編集。▽「莅戸太華(のざきたいか)」江戸後期の米沢藩士。中級家臣から抜擢され上杉治憲の改革政策を推進。▽「野帳(やちょう)」検地のとき野外で記入した帳簿。▽「のっこみ」とは魚が産卵期にはいったときのこと。▽「ウンベルト・ノビレ」1926年に自作の飛行機で北極飛行に成功した。▽「ノリクム王国」オーストリア地方に前2世紀に諸部族を統合した国家。▽「ノンノス」5世紀ごろのギリシアの叙事詩人。▽「ノイン・ウラ」1924年コズロフが発見した匈奴の墳墓。▽「能見宿禰」相撲の伝説で知られるが、出雲国の勇士で土師氏の祖とされる。▽「野村吉三郎」太平洋戦争開戦前の外相・駐米大使として日米交渉にあたる。▽「ノーデ」フランスの司書。近代図書館の基礎を築いた一人とされる。(ののの)

ノアイユ夫人
ノアの洪水
ノアールムーチェ(島)
ノイエ・ザッハリヒカイト(新則物主義)
ノイジードラー(湖)
ノイシュバンシュタイン城(ドイツ)
ノイン・ウラ
ノヴォトニー
ノヴゴロド国
農政全書(徐光啓編)
凌霄花(のうぜんがずら)
ノエシス ノエマ
野沢凡兆
ノーサンガー寺院(ジェーン・オースティンの小説)
ノースウェストテリトリーズ(カナダ)
及位(山形県真室川町)
莅戸太華
野帳
のっこみ
ノーデ、ガブリエル
ノードカップ(岬) ノルウェー
ノートル・ダム
野々村仁清
ノバスコシア(州) カナダ
ノバヤゼムリャ(ロシア)
野火止用水(埼玉県)
ノビレ
ノーベル
能見宿禰
ノマドワーキング
野村吉三郎
ノモス(都市国家)
ノモンハン事件
ノリクム王国
ノーリッジ(イギリス)
ノルウェー
ノルチェビング(スウェーデン)
ノルマン王朝
ノルマンディー上陸
ノルマントン号事件
ノロウイルス
のろま人形
ノンキナトウサン
ノンノス

ハーバード大学図書館

   アメリカ最古の高等教育機関であるハーバード大学が、いつの時点で発足したのかは、はっきりとしていない。一般には1636年を創立の年とみなしている。ハーバード大学図書館は1638年に創立され、アメリカで最も古い歴史がある図書館になっている。この大学と図書館は、イングランド生まれの聖職者ジョン・ハーバードが1638年に死去した際に、遺言で400冊の蔵書と所有不動産の半分をカレッジに寄付するとともに、自分も名前を遺すことになった。1790年ころの蔵書数はわずか1万2000冊を超すにすぎなかったが、図書館の飛躍は、1915年に総合図書館であるワイドナー図書館が創設されてからのことで、当時の蔵書数は56万冊を超えていた。現在、この大学図書館組織には70を超える図書館が所属しており、あわせた蔵書数は1310万冊に及ぶ。世界で米国議会図書館、大英図書館、フランス国立図書館に次いで4位となっている。

偏奇館炎上

   永井荷風(1879-1959)、本名・永井壮吉は、明治36年から41年にかけての米仏滞在経験後「あめりか物語」「ふらんす物語」を発表し、つねに洋服を着用したハイカラ趣味、モダンな個人主義者としてのイメージがある。しかしながら家庭環境は漢詩文化あるいは儒教の伝統に属していたことも注目すべきである。

   父は永井久一郎、母は恒子。久一郎は明治4年にアメリカに留学しその後明治政府に仕えていた。帝国図書館の前身である書籍館に勤めていたこともある。鷲津恒子は漢学者鷲津宣光の次女。荷風は「十九の秋」で次のような回想を記している。

子供の時分、わたしは父の書斎や客間の床の間に、何如璋、葉松石、王漆園などいふ清朝人の書幅の懸けられてあつたことを記憶している。父は唐宋の詩文を好み、早くから支那人と文墨の交を訂めて居られたのである。

   つまり荷風は新旧の文化に浸る良家の出であった。中国の伝統文化はもとより、江戸趣味、ゾラ、モーパッサンなどのフランス文学に早くから親しんだ。

   斉藤ヨネ、内田八重(1880-1966)との短い結婚生活のあと、独身となった荷風は、大正9年には麻布区市兵衛町1丁目6番地の百坪の木造洋館「偏奇館」に移転した。偏奇館とはペンキ塗りの洋館だったことをもじってわたむれにつけたという。しかし、その偏奇館も昭和20年3月9日の東京大空襲で全焼。蔵書すべてを失った。「人生の至楽は読書に在り」という荷風にとって67歳にしてはじめてなめた辛酸であったであろう。

2016年3月 8日 (火)

ジャンヌ・ダルクの指輪の謎

Photo_4     神の声にうながされ、片田舎から出てきたひとりの少女ジャンヌ(1412-1431)がオルレアンの町を解放したが、わずか1年ののち、異端者として処刑されたという話は誰でも知っている。しかしジャンヌ・ダルクの初期の肖像は15世紀後半のミニアチュールにも見られるものの、死後350年間は歴史上、ほとんど忘れられた存在だった。ドイツの詩人シラーが「オルレアンの少女」を書き、ナポレオンがフランスの国民意識の高揚を促すためにジャンヌ・ダルクという国民的英雄を讃えるようになったのである。

   先ごろロンドンの競売でジャンヌ・ダルクの指輪が売られたという。買ったのはフランスのある財団で24万ポンドで落札した。この指はジャンヌが身に着けていたもので、のちにイギリス王のヘンリー7世が所有していたとされる。指輪は実に585年ぶりにフランスに戻ったこととなる。それにしても貧しい農家の19歳の娘がどうしてこのような高価な指輪を持っていたのかは不思議である。(Jeanne d'Arc,Schiller)

エスカレーターの日

Seeberger_chas   1900年パリで開催された万国博覧会に出品されたアメリカ製のエスカレーターが世界最初のものである。発明者チャールズ・シーバーガー(1857-1931)は「階梯」を意味する「Scala」に、接頭辞「e」を、接尾辞「tor」を加えて「escalator」とした。日本では1914年3月8日の東京・上野の大正博覧会でエスカレーターが初めて設置されたのでこの日に因んで「エスカレーターの日」としている。(Charles Seeberger,escalator)

桐原の藁駒まつり

Photo_4 長野県桐原は郷土玩具「わら馬」で知られている。「わら馬」は古く「わら駒」といわれ、「龍馬」を形どったもので「神駒」ともよばれている。生産と繁栄を祈願し、毎年3月8日に長野市郊外の桐原牧神社の春祭りにわら駒を奉納する。藁で作った郷土玩具が伝統民芸品として、駅売店で販売されている。

2016年3月 7日 (月)

喫茶去(きっさこ) 茶席の禅語

   趙州(じょうしゅう)禅師の言葉。もう下らない議論はやめにして、さあ、お茶でも飲みに行こう。口先だけの議論より、お茶を飲むという日常の行為、ごくありふれた日常茶飯事の中にこそ真実はある。

去の字は喫茶の強調の助辞であり、去るという意味はなく、「お茶を一服如何ですか」という程の意味に過ぎない。「去年(こぞ)」のように「こ」と読む。

登場人物の多い小説

   トルストイの「戦争と平和」は、少ししか登場しない人物まで含めると559人に及ぶ。トルストイはどんな端役も持ち前の描写力で見事に描き分けている。物語の中心であるナターシャ・ロストフ、ピエール・べズーホフ、アンドレイ・ボルコンスキーなど創作であるが、登場人物の大半は実在している。しかし世界一登場人物の多い小説といえば、やはり「三国志演義」である。総計は1192人。こちらもほんどんが実在の人物である。絶世の美女、貂蝉は正史に記録がないので架空の人物といわれている。

エビで鯛を釣る

Photo_4  イギリスでは秋から冬にかけてスプラットという小魚が出回る。ニシン科の小型食用魚で、日本でいうキビナゴにあたる。細長い小魚で、全長10㎝くらいにしかならない。カツオ釣の生餌。

To throw out a sprat to catch a whale.

鯨を捕らえるために、小鰯を投げる。つまり「エビで鯛を釣る」の意味。

A sprat to catch a whale

Photo_3
  「パンチ」1891年3月7日

スプーン曲げ

Photo_2   昭和49年3月7日、日本テレビ「木曜スペシャル」でユリ・ゲラーがスプーンを曲げてから、全国で次々とスプーン曲げ能力者が現われた。もっとも有名なのは関口淳少年だろう。「少年サンデー」に念力でスプーンを曲げる関口少年が紹介されるや、一躍有名になり、テレビにも登場した。あるとき、調子が出なくて、テレビ局のスタッフから「君の能力は本物とわかっているからトリックでいこう」と言われて、この言葉に従いトリックを使った。これを週刊朝日が暴露して、インチキとして姿を消していった。スプーン曲げは手品か超能力か、トリックなしで本当に曲げる人もいるらしい。

烙印の女たち 芳川鎌子

Photo     大正5年から9年ごろにかけて、新聞はしばしば恋愛事件を報じた。大杉栄・神近市子の日蔭の茶屋事件(大正6年)、芳川伯爵若夫人の千葉心中事件(大正6年)、白蓮事件(大正10年)など、世間の好奇心をくすぐるような形でそれらの事件は報道された。それは恋愛問題や結婚問題について、婦人が独立の地位を要求し、男性の所有物から抜け出そうとする苦闘だったといえよう。そして「自由主義恋愛」という言葉がどこからともなくこの時代に生まれた。

   大正6年3月7日、千葉駅で若い女が列車に飛び込んだ。同行の男は女が死んだと思い、土手によりかかり短刀で喉を突いて死んだ。男は倉持陸助といい、芳川顕正伯爵のお抱え運転手、女は芳川顕正の娘で曾袮寛治の婦人の芳川鎌子であった。鎌子は重傷ながら一命をとりとめる。身分違いの男女が深い恋に落ち、情死にまで発展したことに世人は驚かされた。4月には退院した鎌子は麻布の本邸にもどったが、世間から逃れて下渋谷に隠棲した。世間は冷たく「姦婦鎌子ここにあり」「渋谷町民の汚れなり」などと板塀に書かれた。また彼女が鎌子だとわかると御用聞きまでが寄りつかなくなったという。正式に寛治と離婚して、芳川家からも除籍された鎌子は、青山の次姉邸などをへて鎌倉の別荘に住む。しかし大正7年10月には出沢佐太郎という運転手と再び駆け落ちしてしまう。出沢は倉持が心中する晩に涙しながら酒を飲んだ同僚であった。その後、無理やりに連れ戻された鎌子はうつ状態となり、自殺するおそれもあるので、やむなく出沢との結婚を許した。芳川家は鎌子に完全な「勘当義絶」をして一切仕送りも中止した。しかし生活苦と病気により、大正10年4月、鎌子は横浜の南吉田町で亡くなる。享年29歳。芳川鎌子はスキャンダラスな姦婦として世の指弾を浴びたが、爵位より愛を命がけで選びとった大正の自由主義恋愛を代表する女性といってよい。

北丹後大地震と北村兼子

    昭和2年3月7日午後6時27分、京都府北部の北丹後地方にM7.3の大地震が発生した。地震発生時刻が夕食時と重なり、台所や風呂などの薪が燃えていたため、倒壊家屋から火災が発生した。丹後縮緬の産地で知られる峰山町(現京丹後市)では家屋の97%が焼失、人口に対する死亡率は22%と最大の被災地となった。

Img_0005    このとき新聞社やマスコミは被災者救援のキャンペーンを行なった。朝日新聞社は藤木九三を班長として、救護班を組織し、8日午前、被災地に急行した。この中に入社3年目の婦人記者・北村兼子(1903-1931)もいた。北村はこのときの様子を「婦人4月号」に次のように記している。

    峰山へ来て峰山の印象を残しているものは浴場と裁判所に近き或一軒が奇跡的に残っているばかり、家は必ず倒れている、倒れたら必ず焼けている、焼けたあとには必ず死体がある。風は吹くごとに必ず雨か雪をもつて来る、雪のつもった中を倒れた家の屋根を攀じ電線を手繰りながら、下りたら後から「北村さんがやった!」と叫ぶ看護婦がある。何をやったかと足許を見たらまア!、私の靴は半身焼け残った死体の腹部を踏んだのであった。赤ら顔で面相はそのまま残っているが、胴体は焼けて軽石のように穴だらけ。それとも知らないで私は、とんだことをしてしまった。済まない!しゃがんで合掌した。覚えていたお経の断片を唱えてまた進んで行く。

2016年3月 6日 (日)

丿貫(へちかん)

 安土桃山時代の茶人。京都の山科に住み、手取釜一つで茶を楽しんだという。茶の湯を村野紹鷗に師事したと伝えられ、北野大茶湯にも参加した。また利休を招いて茶事を催したともいい、侘び茶人の代表のように伝えられている。生没年不詳。

新聞閲覧所

Img_0027

    世界で最初に新聞と呼べるものが登場したのは17世紀でドイツに現れる。イギリスでは1695年に特許閲覧法が廃止され、新聞が自由に刊行されるようになった。オックスフォードにコーヒー・ハウス・ジェイコブスが創られたのが始まりで、1680年にはロンドン市内だけでも3000軒のコーヒーハウスがあったという。17世紀のイングランドのコーヒーハウスは紳士・商人などの身分の違いにかかわりなく、すべての人に開かれた図書館のような場所だった。ここで一番読まれたのは、定期刊行物で、新刊書も革新的なテーマの本は熱のこもった議論がかわされた。わが国においては、1864年に最初の新聞縦覧所が設置され、1870年頃から普及した。

テキサスの黄色いバラ

Photo_5

 アメリカ民謡「テキサスの黄色いバラ」の「黄色いバラ」とは、テキサスのメキシコからの独立を成功に導いた伝説の女性エミリー・モルガンを指す。

    1836年3月6日、サンタ・アンナ将軍の率いる3000人のメキシコ兵はサン・アントニオに進軍してきた。デビッド・クロケット、ウィリアム・バレット・トラビス、ジェームズ・ボウイら189人の市民と義勇兵はアラモ教会を砦として籠城した。アラモの砦は13日間の攻防のすえ、全滅する。しかしメキシコ軍も4月21日にはサン・ジャシントの戦いでサミュエル・ヒューストン将軍に敗北する。これによりテキサスはメキシコから独立し、テキサス共和国となる。1845年にアメリカ合衆国に加盟した。

一番町教会と二松学舎

   明治30年、国木田独歩と榎本治子が居住していた麹町一番町の家屋の番地の詳細は分からないが、付近には一番町教会やニ松学舎があった。西洋のキリスト教と東洋の漢学塾が並んでいるところが、開化期の明治らしくて面白い。

    植村正久(1858-1925)は、安政4年12月1日(太陽暦では1858年1月15日)、上総国山辺郡武謝田村に生まれる(一説に東京芝露月町)。父は植村禱十郎(1832-1889)、母は植村てい(1840-1887)。正久はその長男で、幼名を道太郎という。明治4年、横浜の修文館漢学科に入るが、翌5年に宣教師バラ(1832-1920)の私塾バラ学校に入学。明治6年に横浜の日本基督公会で、バラより受洗する。ブラウン塾に入学。明治10年、ブラウン塾が東京に移り、築地神学校と合併して東京神学校となる。9月入学する。10月、日本基督一致教会が成立。明治15年、奥野昌綱を通じてフェリス女学校の教師の山内季野(1858-1930)と結婚。明治20年3月6日、番町一致教会が成立(後の一番町教会、富士見教会の前身)。番町一致教会は最初麹町区一番町18番地(通称厩谷)にあり、ささやかな借家で、椅子が並べてあった。その後、明治21年に梨本宮邸の真向かいの麹町一番町48番地に新築、移転した。そのころ憲法の改正が行なわれて、明治24年1月から実施され、日本基督一致教会が日本基督教会と改称され、この時から一番町教会となったという。

   一番町教会の付近には、漢学塾の二松学舎があった。麹町区一番町403番地(:現・千代田区三番町6番16号)。明治10年10月、三島毅(三島中洲)が設立した。黒木欽堂、入江雨亭、夏目漱石らはここで漢学を学んだ。

   ともかくも独歩にとって麹町一番町はゆかりの地で、一番町教会において明治24年1月4日、植村正久から受礼を授けられ、また佐々城信子との結婚式の司式を行なったのも植村であった

江戸城無血開城

Kitasirakawa     慶応4年2月9日、有栖川宮熾仁親王を東征大総督とし、西郷隆盛、広沢真臣、林玖十郎を参謀とする東征軍は、沿道諸藩の兵をあわせて総数は約5万の軍勢で、錦旗をひるがえしつつ東海道を江戸に向かい、2月28日、駿府に着陣した。

   その頃、江戸では幕臣の間で議論がたたかわされていた。主戦派は榎本武揚、小栗上野介、大鳥圭介、非戦派は勝海舟、大久保一翁、山岡鉄舟らであった。和宮や輪王寺宮公現法親王(北白川能久親王)など天皇家に関係深い筋からは、慶喜助命や徳川家存続の嘆願がなされたが、効果はなかった。2月17日には、上野東叡山寛永寺にいた輪王寺宮の京都行きが決定した。目的は、天皇に会い、慶喜の恭順の意を伝え、官軍の江戸城攻撃を食い止めることにあった。

 駿府の官軍の軍議は3月6日に開かれ、江戸城攻撃を3月15日とするとともに、徳川処分の方策も決定していた。3月7日、上洛途中で輪王寺宮は、数日滞在して、ようやくにして有栖川宮に面会できた。3月12日にも二度目の会見が行なわれた。有栖川宮はこう言った。「徳川慶喜が上野の閉居しているとしても、それだけでは今までの罪をつぐなうことは出来ない。」結局、輪王寺宮は、自分はひとりでも京都へ行くと言った。すると、有栖川は顔色をかえて「それはならぬ。宮の使命は、ここで終わっているではないか。これ以上何を聖に申し上げることがあるか」と強い口調で制止した。このとき、有栖川宮は33歳、輪王寺宮は22歳だった。

   そのころ、勝は西郷のもとへ山岡鉄舟を派遣した。しかし両者の間には大きな開きがあった。江戸城攻撃の期日を目前となったが、勝・西郷の会見は、3月13日と14日の2回にわたって薩摩藩邸で行なわれた。1回目はたんに挨拶だけにとどまり、2回目にいたって、はじめて徳川氏の降伏条件についての交渉が開始された。日本史の中では西郷・勝の江戸城無血開城が知られているが、駿府城での、有栖川と輪王寺宮の会見はほとんど知られていない。結局、輪王寺宮は上洛計画を諦めて、江戸に戻った。その後、上野に居合わせた輪王寺宮は彰義隊の総大将にさせられて、官軍の攻撃の矢面にさらされる。戦いに利あらず、輪王寺宮はさらに奥州に落ちることになる。(参考:有馬頼義「江戸開城異聞」『日本人の100年 2』)

パール・バック『大地』

180pxpearl_buck    パール・バックの「大地」(The Good Earth)は、「大地」、「息子たち」、「分裂した家」と3部作をなす壮大な.る大河小説である。「大地」は、1931年に出版され、ピューリッツァー賞を受け、1936年にはノーベル文学賞を受賞した。「大地」は中国では、あまり読まれていないが、日本では昭和13年にはじめて翻訳されたとき1年で60万部売れたといわれており、現在でも世界文学全集には必ずといってよいほど収録されている。

  バックは娘の病気を治すためにお金が必要としたので、そのために小説をかこうと決心したという。もっともアメリカ人らしいアメリカ人の一人として、人生の不幸を諦めたりしないで、お金の力を借りて強く乗り越えようと決意したのである。1973年3月6日に死んだ。(Parl Buck)

 

特殊潜航艇の悲劇

Img_0018

  1942年のこの日、海軍省は真珠湾に突入戦死した9人を軍神として発表した。NHKスペシャル「真珠湾の謎、悲劇の特殊潜航艇」(2009年12月6日放送)。真珠湾攻撃には飛行機による航空攻撃が知られるが特殊潜航艇5隻も加わっていた。戦艦アリゾナ撃沈は飛行機からの攻撃によるものであるが、海軍軍令部の有泉龍之助中佐が特殊潜航艇を軍神として讃え、巡洋艦セントルイス撃沈を戦艦アリゾナ撃沈として誇大に特攻の宣伝に利用していた。

    機密保持のため甲標的と呼ばれていた特殊潜航艇は、全長24m、2人乗り、2本の魚雷を持ち、5隻が出撃した。これまで4隻が発見され、うち1隻は江田島の自衛隊内庭にある。今年、真珠湾内に侵入した横山艇が沖合い6㎞、水深400mの海底で発見された。胴体は無惨にも三つに切断されている。そこに横山正治中尉と上田定二曹は今も海底に眠っている。乗組員10人のうち9人は戦死し、酒巻和男少尉は捕虜となった。

    番組を見て奇妙なことが一点あった。真珠湾攻撃は午前7時55分からであるが、6時37分には駆逐艦ウォードにより特潜1隻が撃沈されている。アメリカ側は既に日本軍の奇襲攻撃を知っていながら、何故戦闘態勢をとらなかったのか謎である。鯨との誤報が多いからという理由は不可解である。だが米司令部はこの件で追求されることはなかった。番組では真珠湾で散った9人は九軍神と讃えられ、太平洋戦争で特別攻撃で4000人の若者が亡くなったという痛ましい事実が報道されている。(3月6日)

日本初の映画興行は大阪で

History_4    日本で最初の映画興行は、1897年3月6日、東京神田の錦輝館といわれているが、稲畑勝太郎(左画像 1862-1949)が同年2月、大阪ミナミで上映している。これはリュミエール兄弟の発明したシネマトグラフといわれるスクリーンに映すもの。撮影者はリュミエールの技師ジュレールで、京都の歌舞伎俳優の所作事を撮った。なおホトトギス稲畑汀子(歌人)の亡夫は勝太郎の一族、稲畑順三(稲畑産業社長)。稲畑より1年前、1896年11月25日、高橋信治が神戸の神港倶楽部で上映しているが、これはエジソンのキネトスコープで1人づつ上から覗くものものだった。日本に早く伝わったのはエジソンのキネトスコープ(1896年11月)のほうで、カメラも輸入されて、1898年頃には全国にも数人の撮影者がいたらしい。なかでも東京の小西写真機店の浅野四郎は1898年に短編映画「化け地蔵」「死人の蘇生」を撮影し、1899年6月20日に歌舞伎座で公開した。映画興行者の駒田好洋は、当時話題になっていた稲妻強盗の逮捕を芝居にして柴田富吉に撮影させた。また柴田は1899年、銀座街頭風景や花柳界の名妓の舞踊を撮影している。歌舞伎「紅葉狩」は現存する最も古い日本映画である。

菊池寛忌

Img_3 

 1948年のこの日、文藝春秋の社長菊池寛が死去。横山めぐみ主演のテレビドラマで菊池寛(1888-1942)の原作「真珠夫人」がブームになったことが数年前にあった。原作は半世紀以上も前のもので、大正期の上流社会や富豪階級の家庭を背景に、第一次世界大戦後の市民社会の状況や風俗、流行を盛り込み、その中にヒロインの瑠璃子の激しい生き方を描いたものである。大正デモクラシーの時代思潮がうかがえるが、このような大時代の風俗小説が現代に何故か受けてヒットした。菊池寛はこの「真珠夫人」の成功により「貞操問答」「有優華」など多数の風俗小説を残している。小島政二郎(1894-1994)も戦前から戦後にかけて「人妻椿」などの多くの通俗小説で長い執筆活動であった。舟橋聖一(1904-1976)も戦後は「雪夫人絵図」などの愛欲小説で人気作家となった。丹羽文雄(1904-2005)はマダム物と呼ばれる風俗小説がある。そして丹羽は評論家・中村光夫と「風俗小説論争」を展開した。風俗小説と通俗小説、あるいは中間小説と区別はあいまいであるが、戦後における石坂洋次郎、梶山季之、源氏鶏太、井上靖、渡辺淳一などの圧倒的成功例の証明によって、中間小説は新聞や雑誌などのメディアの花形のジャンルとして隆盛しているといえる。(3月6日)

2016年3月 5日 (土)

スターリンと毛沢東の死

Kgrhqrigfeizohmmbrlubv9uq60_1「死は終わりを意味するが、残された者には始まりを意味する」(エドウィン・S・シュナイドマン)

    1949年、中華人民共和国の国家主席に就任すると、毛沢東(1893-1976)は人間が変わったように独裁者への道を歩み始める。彼はスターリンを訪問し、ソ連からの経済援助と技術指導者の派遣を依頼する。だが1953年スターリンが亡くなると、後継者のフルシチョフがスターリンを批判をはじめると中ソの関係が悪化し、ついに1959年に中国とソ連は決別する。1958年から発動した大躍進政策は完全に失敗し、2000万人から5000万人の農民の餓死者を出した。そして1966年から始めた文化大革命では、数十万人の殺戮者を出した。毛沢東は家庭生活には恵まれず、最初の妻は国民党に処刑され、3人の息子も朝鮮戦争で戦死した。第2の妻とは離婚し、延安時代に結婚したのが第4の妻、江青である。江青も文革終息後、裁判で死刑を宣告されたのち無期懲役刑に服していったん釈放されたが、1991年に自殺している。スターリン(1879-1953)も独裁下で数百万人を粛清したといわれ、最初の妻は結婚して3年後に1子を遺して病没し、2番目の妻は2子を遺して自殺している。スターリンは1953年のこの日、死去した。Stalin、3月5日

  ちなみに毛沢東、スターリンに関する我が国の最初の文献は以下の論文である。

槙冬彦「毛沢東の素描 学校と新聞」国民の歴史 1948.09

フィシャー・ルイス「ジョセフ・スターリン」日本公論3(137) 1948.09

山宣の産児制限運動

20090413_01_2   少子化社会の現在ではあまりみなれない状況だが、「貧乏人の子沢山」といわれた大正時代、労働者たちにとっては、子どもの多いことは苦難の種であった。このような彼らに正しい性知識をあたえようと奮闘する若き生物学者がいた。;彼はやがて衆議院議員になる。山宣の愛称で知られる山本宣治(1889-1939)である。 

    明治22年京都に生まれる。病気のために中学を退学したが、明治40年に単身でカナダに留学、明治44年帰国後、三高、東大をへて、大正9年京大、同志社大の講師となる。通常の生物学でない「人生生物学」の講義をおこない、性科学や優生学を教えた。大正11年3月10日にマーガレット・サンガー夫人の来日を機に、産児制限運動(山本自身は産児調節という語を使用している)にのりだし、労働者の中に入り、労働運動と結びついた。大正14年に雑誌「産児調節評論」(のち「性と社会」と改題)を刊行するが、同年京都学連事件で京都大学、同志社大学の教壇を追われる。昭和3年の総選挙では労働農民党から立候補。日本最初の無産党代議士となる。三・一五事件の後、労農党は治安警察法によって解散させられ、彼は治安維持法の改悪を痛烈に批判した。そのため昭和3年3月5日、東京神田の旅館で右翼の七生義団の黒田保久ニによって暗殺された。この山本の労農葬は全国で行なわれたが、大山郁夫が贈った追悼の辞、「われらの行くところは、戦場であり、墓場である」は有名である。この山宣の伝記映画がある。「武器なき斗い」(1960、大東映画)という作品だが残念ながら未見である。山本薩夫監督、西口克己原作、依田義賢・山形雄策脚本、前田実撮影、出演・下元勉、渡辺美佐子、東野英治郎、小沢昭一、宇野重吉、キネマ旬報ベストテン。山本薩夫は翌年には「松川事件」を撮っている時期であり大いに期待できる作品だろう。

江戸城無血開城の端緒を開いた男

Photo_2    山岡鉄太郎(1836-1888)は、慶応4年3月5日、徳川慶喜より恭順の意をあらわした征夷大総督府大参謀西郷隆盛に宛てた勝海舟の手紙を持参し、薩人益満休之助とともに駿府へ急行、西郷と会見する。

   朝敵となった徳川慶喜はすでに江戸城を出て上野寛永寺に移り、ひたすら恭順謝罪の姿勢をとっていた。陸軍総裁の勝海舟は、江戸決戦を唱えていきりたつ徳川の家臣をなだめつつ、官軍との連絡がつかずに苦慮していた。ここに飛び出していったのが鉄舟である。彼は、慶喜の恭順が本心から出ているものかどうか、疑っていたらしい。そこで単身、上野に慶喜を訪ね、恭順が本心であって他意はないという言質を取ったのだ。その足で海舟に会い、自分一人でも駿府に乗り込むつもりだが、何かいい策でも、と聞いてみたのだ。

   二人は初対面である。鉄舟は、尊王攘夷を唱えて暴れまわっていたころの自分の噂が海舟に知られていてはまずいと、内心では怖れていた。相手にしてくれなかったらどうするか。それも仕方なし、と思っていただろう。半分は死ぬ気ではじめたことだ。

    だが、海舟はすっかりうちとけ、鉄舟の決心を信用して、江戸攻撃は理において許されないと主張する手紙を預けたのだ。鉄舟は大任を果たした。官軍の見張っている六郷川の関所では、「朝敵徳川慶喜家来山岡鉄太郎、大総督府へ通る!」と宣言して突破した。薩摩人の益満がいっしょだったのも何かと都合がよかった。これは海舟の配慮である。もっとも、これですべてが解決して江戸無血開城になったわけではない。鉄舟が用意した交渉の舞台にのぼるのは西郷と海舟の、主役二人である。(引用文献:「明治維新百人」別冊太陽、平凡社、1973)

2016年3月 4日 (金)

ロープの結び目から生まれた「ノット」 

   ノットは船と飛行機の速度に使われ、時速1.852km(1海里)に当たる。昔、船のうきの綱につけた結び目で、移動した距離を計ったことによる。それが船の速力を表わす単位として使われるようになったのは16世紀頃のイギリスでのこと。

0721
ハンドログ(測定具)と砂時計

 

日本で最初にミシンを使ったのは篤姫だった!?

Balthasar_krems_1810_sewing_machine    本日は「ミシンの日」。1790年、イギリスのトーマス・セイントが世界で初めてミシンの特許を取得している。1810年、ドイツの靴職人バルタザール・クレムス(1760-1813)が実用化に成功。その後、1850年、アメリカのシンガーが量産をはじめた。1854年にペリー提督が来日したときの贈り物にミシンがある。13代将軍家定に贈られた献上品の中に「死ウイング・マシネ(sewing machine)」とある。おそらくミシンを初めて使った人は篤姫といわれている。「ソーイング・マシン」が日本人には「ミシン」と聞えたのであろう。大正時代から日本でもミシンが普及していった。(Thomas Saint,Balthasar Krems,sewing machine、3月4日)

日本の通貨

20090619     通貨の種類は、銀行券が千円紙幣、二千円紙幣、五千円紙幣、一万円紙幣。政府鋳貨が1円、5円、10円、50円、100円、500円、記念貨幣。板垣退助の百円紙幣など戦後発行の札はいまでも使える現行紙幣。日本の通貨を「円」と定めた人は?明治2年3月4日に、大隈重信が中心となり幣制改革が行われ、造幣局が設立され、通貨単位が両から円に改められた。

2016年3月 3日 (木)

六月燈の三姉妹

   佐々部清監督の「六月燈の三姉妹」。あまり期待せずに見たが、予想以上によかった。鹿児島で和菓子店を営む一家を舞台に、経営不振の店を再建すべく三姉妹が奮起するハートフルコメディ。三姉妹は吉田羊、吹石一恵、徳永えり。「ぼくたちの家族」石井裕也監督。突然の母の病気でバラバラになりかけていた家族が絆を取り戻そうとする様子を描く。妻夫木聡、原田美枝子、池松壮亮。「そこのみにて光輝く」呉美保監督。綾野剛、池脇千鶴。「WOOD JOB 神去なあなあ日常」染谷将太、長澤まさみ。最近の日本映画も地味ながら良い作品がある。

甘酒と雛あられ

07_amazake   今日は年に一度のお楽しみ♪春を告げる雛まつり~。甘酒は白米を柔らかい粥のように混ぜ合わせ、醸して甘くした飲み物。木花開耶姫が醸した天甜酒(あめのたむざけ)は今の甘酒であろう。甘酒は古くは醸酒(こざけ)と呼ばれていたが、慶長年間の書物に甘酒という名称が見える。江戸中期天明(1781-1789)のころ江戸横山町などで「三国一」とか「白雪醸」という名をつけて甘酒が売られた。神社仏閣の境内、縁日祭礼の盛り場などで販売されるようになったのは、天保の頃で、浅草本願寺門前の甘酒店は最も名高かった。また3月3日に桃の花を浸した「桃の酒」を飲めば百病を除くといわれる。

20101210_1733919   ひな祭りになくてはならない菓子が雛あられ。大豆または黒豆を炒り、これに普通の「あられ」を混ぜ、砂糖でまぶしたものである。ほんのりとした甘味が、いかにも女の子の節句にふさわしい。

雛あられ両手にうけてこぼしけり (万太郎)

耳の話

Ear    本日は「耳の日」。耳たぶが大きく肉の厚い耳を福耳という。映画解説者の水野晴郎のような耳のこと。聖徳太子は十人同時に話されても全て理解したということから、豊聡耳(とよさとみみ)と呼ばれた。ベートーベンは28歳の時、自分の耳が聞こえづらくなっていることに気づいた。耳硬化症ではないかといわれている。(3月3日)

inner ear     内耳

middle ear 中耳

external ear 外耳

ear canal  外耳道

earlobe   耳たぶ

plump ears ふっくらした耳 

pinna     耳介

tragus        耳珠

semicircular canals  三半規管

eardrum   鼓膜

eustchian tube  耳管 エウスタキオ管

to din in one's ears  耳にたこができる

earwax              耳垢

earpick              耳かき

トルコ航空エアバス墜落

    あまり知られていない事故であるが、1974年のこの日、トルコ航空エアバスがパリ北40kmにあるエルムノンビルの森に墜落炎上して、日本人乗客48人を含む344人全員が死亡するといういたましい事故があった。48人のうち38人は就職内定した22歳前後の若者であった。エルムノンビルは啓蒙思想家ルソーの終焉地として知られる。(Ermenonville,Jean Jacques Rousseau)3月3日

男雛と女雛の並べ方は?

  姫路に3月3日はひな祭り。気になるのは、最上段に飾る男雛と女雛の位置だ。伝統的な京式ではひな壇に向かって右側が男雛であった。雛人形の男雛、女雛の配座はどちらが上席か意見が分かれる。現在、商品として展示されている雛人形を見ると、向かって左側に男雛が配置されているのが一般的である。

Hina20121027
京阪風古今雛屏風飾り(江戸後期)

    江戸時代までは、男雛は向かって右側であった。これは古来日本では陰陽五行説に由来して、左側(向かって右)を上席とされてきたため、京風の時代雛では男雛が左側(向かって右)となっている。だが明治24年に全国の学校に置かれた御真影では、外国の皇室を見習って天皇は向って左であった。大正から昭和初め頃、三越や高島屋などデパートがこれらにならって男雛と女雛の配座を入れ替えた。東京雛人形卸商組合が、それにならい、またたく間に全国に広がり、今日に至っている。関西では、伝統的に京風を守り、向かって右に男雛を配置することもまだ残っている。では、左右どちらに配置したらよいのか?さぞや悩まれる方も多いのではないだろうか。各家庭の今までのしきたり等で飾っていかれたらよろしいのではないでしょうか

2016年3月 2日 (水)

アノミア「WOMEN'S MARATHON」

  3月13日に名古屋ウィメンズマラソンが開催される。リオ五輪はすでに伊藤舞が内定しているが、残り2枚の切符を賭けて42.195キロの激しい女の戦いが繰り広げられる。注目選手は、田中智美、城戸智恵子、野口みずき、木崎良子、早川英里など(福士加代子は欠場)。アノミア(未名辞)女子マラソン。

   女子マラソンのパイオニアはゴーマン美智子。佐々木七恵、増田明美、浅井えり子、荒木久美、小島和恵、小鴨由水、浅利純子、安部友恵、渋井陽子、有森裕子、宮原美佐子、野口みずき、坂本直子、原裕美子、甲斐智子、赤羽有紀子、重友梨佐、前田彩里、山下佐知子、真木和、松尾和美、大南敬美、土佐礼子、弘山晴美、橋本康子、中村友梨香、藤永佳子、加納由理、千葉真子、山口衛里、鈴木博美、松野明美、朝比奈美代子、川上優子、市橋有里、嶋原清子。、小崎まり、尾崎好美、大島めぐみ、中里麗美、松岡理恵、森本友、江田良子、野尻あずさ

ミニの日

Huthicoiitiran03   本日3月2日は語呂合わせで「ミニチュアの日」だそうです。ミニチュアや小さいものを愛そうという日。子供のころグリコのおまけを集めてました。ミニカーは結構高くて買えなかった。日本の民芸品には人形や縁起物の置物が多い。こけし、招き猫、ダルマ、福助、七福神、犬張子など無数にある。その頂点にあるのが雛人形である。最近はOL風の女性「フチ子」が腰をかけたりぶらさがる姿勢をとるフィギュア「コップのフチ子」が流行しているという。(miniature、3月2日)

 

2016年3月 1日 (火)

世界史におけるロマン主義

Frederic_chopin_photo_sepia
 死の直前に撮影されたショパンの写真

   フレデリック・ショパンは1810年3月1日、ワルシャワ近郊のジェラソワ・ウォラで生まれた。ロバート・シューマンは1810年6月8日、ザクセンのシウィッカウの書籍商の子として生まれた。音楽の分野では2人はロマン主義音楽といわれる。ここではロマン主義とは何か、世界史の歩みのなかで考えてみよう。 

     18世紀の啓蒙主義はアメリカの独立宣言(1776年)、またフランス大革命(1789年)のための思想的武器となったものであり、イギリス産業革命の基調たる経済的合理化主義にも大きな影響を与えた。だがドイツの哲学者カントはすでに「純粋理性批判」(1781年)において人間理性の認識能力の限界を批判論断し、啓蒙主義から超脱していた。今やフランス革命、ナポレオン戦争を経て、多年の戦乱に疲れ果て平和を求めること切であった。19世紀初めの欧州では、保守的復古的な反動が支配し、この反動と結びついたロマン主義が啓蒙主義に対する反動として隆盛をきわめた。フィヒテ、シェリングや弁証法で名高いヘーゲルの哲学のなかにもロマン主義的傾向が濃厚である。「アタラ」「ルネ」を著わしてフランス・ロマン主義の先駆となったシャトーブリアンや、義勇兵としてギリシア独立戦争に参加陣没したイギリスの情熱詩人バイロン、さらに未完成交響曲で知られるオーストリアのシューベルトなどは、代表的なロマン主義の芸術家である。しかるにロマン主義は極端に感情と空想とを重んじ、過去を美化しその栄光に溺れて、現実から全く遊離したものであったがために、19世紀中頃になると、その反動として、現実主義が台頭してきた。現実主義は、産業革命の所産と言われる科学的社会主義やコントの実証主義や自然科学の発展と結びついたものである。イギリスのチャールズ・ダーウィンの「種の起源」は、現実主義隆盛の序曲を奏でたものといえよう。現実主義は、文芸上は自然主義と称せられ、現実・理知・客観を追及して、人生の真理を白日のもとに暴露し世の批判を求めんとするものである。だが音楽の分野においては自然主義的傾向はほとんど認められず、シューベルト、ベルリオーズ、シューマン、ショパン、リスト、ワグナーとロマン主義が開花していく。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31