無料ブログはココログ

« びっくりぽん映画・ドラマ | トップページ | タスカロラ海溝 »

2016年2月 1日 (月)

リマン海流の語源

Kaisan_kairyu   日本列島には黒潮および対馬海流の2つの暖流と、親潮およびリマン海流の2つの寒流が流れている。橘南谿の「西遊記」(1800年)には「伊豆の沖、百三、四十里南へ出て無人島へ渡る海に黒潮というところありて、数十里が間大河の如く唯一筋逆巻きて流るるところあるとなり」とある。黒潮という名が古くから使用されていることがわかるが、リマン海流という用語はだれの創唱であろうか。調べたところによると、ドイツの地理学者レオポルド・フォン・シュレンク(1826-1894)がアムール川付近を調査した結果、1873年に対馬海流とリマン海流を発見命名したとある。「リマン」とはロシア語で大河の河口(三角江)を意味するが、この大河とはアムール川のことである。 Leopold von Schrenck

« びっくりぽん映画・ドラマ | トップページ | タスカロラ海溝 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« びっくりぽん映画・ドラマ | トップページ | タスカロラ海溝 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30