無料ブログはココログ

« コロンブスの卵 | トップページ | 戦後神戸の流行「おじゃみ」 »

2016年2月15日 (月)

招き猫伝説の由来

Img_1506662_63358785_0   近江彦根藩主、井伊直孝(1590-1659)は江戸で鷹狩りのさい、ある貧しい寺に立ち寄った。そこで手招きする猫のおかげで落雷から命を救われた。直孝は、この寺を菩提寺とし、のち招猫堂がつくられた。招き猫といって、座って前足を挙げて、人を招くようなポーズをとった縁起物の置物がある。今戸神社が招猫の発祥地の一つだが、ほかにも自性院、伏見稲荷などにも由来が伝わる。幸運と商売繁盛のお守りとして、商店では正月に買ったものを店先にかざる。この置物が一般的になるのは明治になってからである。彦根市のキャラクター「ひこにゃん」も白猫を元にイメージされたものである。一説にこの風習は中国唐代の雑記集「酉陽雑俎」が、俗に猫が耳のうしろまで顔をあらうと、客がくるとしていることに由来するという。

« コロンブスの卵 | トップページ | 戦後神戸の流行「おじゃみ」 »

「民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロンブスの卵 | トップページ | 戦後神戸の流行「おじゃみ」 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31