無料ブログはココログ

« 最近あまり読まれなくなった昭和の作家たち | トップページ | 最初のアメリカ大陸の発見者は? »

2016年2月 1日 (月)

食い合わせと陰陽五行

07_27_1r_2    うなぎと梅干し、スイカと天ぷら、そばと田螺など古来から同時に食べるとよくないと言われている。こうした「食い合わせ」は古代中国の陰陽五行にもとづくもので、宇宙のすべては、木・火・土・金・水の5種類の元素からできているという五行説があった。この5種類の元素は、人間の5つの内臓と、5つの味覚に結びつけられ、そこから「食禁(食べると害になるもの)」と「食宜(健康によい食べ物)」という考え方が生れた。この考え方は日本にも伝えられ、その後、食禁は「食い合わせ」として、貝原益軒の「養生訓」にも登場した。「カニと柿」「ミカンとナツメ」「ギンナンとウナギ」などが紹介されている。しかし科学的にみて食品成分が化学反応して毒素になるということはなさそうだ。だが、食中毒の多い季節、消化のわるいものは十分に注意が必要である。現代の栄養学では、中華食堂定番の「ラーメンと焼飯」など炭水化物摂取量が増えるため「合食禁」の悪例といえる。 西洋では果物のイチゴとバナナがよくない食べ合わせと言われている。

« 最近あまり読まれなくなった昭和の作家たち | トップページ | 最初のアメリカ大陸の発見者は? »

料理」カテゴリの記事

コメント

Cheap Christian Louboutin pumps are surely a great accessory to adorn your feet
[url=http://www.wezor.com/replica-miu-miu-matelasse-lambskin-leather-shoulder-bag-it/]Antonio W. Burns[/url]
Antonio W. Burns

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近あまり読まれなくなった昭和の作家たち | トップページ | 最初のアメリカ大陸の発見者は? »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31