無料ブログはココログ

« サムソンとデリラ | トップページ | 17世紀チューリップ狂時代 »

2016年2月12日 (金)

賽は投げられた

Rubicon

   紀元前49年1月10日、カエサルはローマの属州ガリア・チザルピナと都ローマの境のルビコン川まで来た。ここで軍を率いて川を渡ると必ず市民戦争になる。だがカエサルは目的達成を前にひるむような男ではない。プルタルコスによると、カエサルはギリシャの詩人メナンドロスの言葉を引用した。Anerriphtho kybos (賽は高く投げられた) これをラテン語に翻訳して、アーレア・ヤクタ・エスト Alea iacta est.とプルタルコスは書いている。「賽は投げられた」という言葉はどんな結果になるかわからないが冒険に目をつぶって飛び込むようなときに、よく使われることわざとなった。(Caesar,Rubicon) 世界史こぼれ話

« サムソンとデリラ | トップページ | 17世紀チューリップ狂時代 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サムソンとデリラ | トップページ | 17世紀チューリップ狂時代 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30