無料ブログはココログ

« 暖流と寒流 | トップページ | アダムのりんご »

2016年2月11日 (木)

カニの自切

   「トカゲのしっぽ切り」という言葉があるように、自然界では、動物が自分の体の一部を自分から切ることによって、外敵から逃避することがある。これを「自切(じせつ)」と呼んでいる。自切する器官はあらかじめ切り離しやすい構造になっていたり、喪失した器官を再生させる等の機能を持つ種が多い。カニは、敵に襲われたときに、脚を切ってそのすきに逃げる。自切後には新しい脚が再生するようになっている。

« 暖流と寒流 | トップページ | アダムのりんご »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暖流と寒流 | トップページ | アダムのりんご »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31