無料ブログはココログ

« 近頃ノラ猫や野良犬を見かけなくなった | トップページ | エドゥサ革命 »

2016年2月22日 (月)

忍者の火器と胴火

Photo    本日は「忍者の日」。忍者は今日でいうところの理化学の知識に長け、火薬などを自在にあやつることを得意していた。だが火薬の製法など秘伝で不明なところも多い。火縄の点火を目的とした携帯用容器を「胴火」(どうび)という。画像の胴火はかなり高級品である。もともとは忍者が発火用に麻殻などを小袋に入れて「胴の火」と呼んでいたことに始まる。防寒具としても用いられた。つまりライターとカイロとを兼用していたのである。(2月22日)

« 近頃ノラ猫や野良犬を見かけなくなった | トップページ | エドゥサ革命 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近頃ノラ猫や野良犬を見かけなくなった | トップページ | エドゥサ革命 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31